2018-02-20(Tue)

超私信パート2

ふふふ(*´ω`)
ブログランキング上位者にはゼッタイにできない芸当
「ブログの記事でコメントのお返事をしちゃうよ~!」のコーナーがやって参りました(笑)

いや~だって、もる・・・林檎印の母さまへのお返事は、いつも超長文になってしまうのです( *´艸`)
コメント欄の文字数制限にひっかからないように書くのは面倒ですし、何かと使いづらいコメント機能でお返事をするよりも
記事内で書いたほうが、読みやすいかと思いまして。
林檎印の母さまのコメントは、私自身もいつも非常に参考にさせていただいてますし
きっと、弊ブログの訪問者の方々も興味を持って読んでくださってると思うので
本日は、一つの記事としてダラダラビシ!っとお返事させていただこうと思います☆

>6年になったら手が離れちゃいました

200%アグリーです(※すみません、あまりにかっこよかったので、studyjournal2020さんのセリフをオマージュしてしまいました。一度でいいから言ってみたかったの・・・!studyjournal2020さん、ごめんなさいッ)

もとい
確かに、新6年生になると、一気に親の手を離れた感があります。
一番大きいのは、林檎印の母さんもおっしゃってるように、算数の新単元がなくなったためだと思います。
理科も2回(滑車、浮力圧力)で終了、社会もあと2回(公民)を残すのみです。

林檎印の母さま家の娘さんは、どうやらうちの長男王子よりだいぶ賢そうですが(笑)(C問題全部解くなんて無理です~!解説を読めば二度目は解ける・・・かな?テストだとトポポです)
そこまで行かなくても、Bの上位からCに届くくらい(Y偏差値で53~くらい?)のポジションで安定していられるお子さんは
たいてい、新6年生で親御さんの手を離れるような気がします。

すなわち
・1週間あれば、算数の演習問題集(1単元分)は1~2周できる(応用問題は任意)
・計算と漢字は、親が口を出さなくても毎日自主的に取り組むことができる
・上記を消化したのちに、週例テスト2回分を解くだけの時間が残せる。答え合わせは、解説を読むor塾で質問すれば事が済む

Cコースの他のお子さんをみていても、みんな、このくらいのスピードはついているような実感があります。
うちも、2年かけてここまでたどり着きました・・・長い道のりぢゃった(ノД`)・゜・。

このくらいになってくれると、親の出番は進捗を確認することと
苦手な単元をたまにテコ入れするくらい。
これからは、ひたすらスパイラルを回して苦手単元を絨毯爆撃するターンになりますから
その、地味で嫌な作業を、メンタルサポートしながら寄り添っていく任務になりそうです(ウッザー( ˘•ω•˘ ))
思い返せば、5年生は、大変だけど楽しかったなぁ。毎回毎回、新しいことが学べましたものね~

うちの場合は、地理分野と国語記述問題が圧倒的に弱いので
そこんところを地道に潰していく作業が残っています。
これは、地味すぎて子どもにはチト辛い作業なので、親の仕事はまだ残ってそう。
算数は、周期算のところの曜日の問題が穴になっているので、春休みを使ってしっかり埋めておきたいと考えています。

このように、自分のお子さんのどの部分が弱いのか、また、どういう性格なのかは
親が一番、寄り添ってあげられるかなーと思います。
塾の先生にそこまで期待するのは酷かとww(特にダンディ何某には期待できぬ(-_-メ))
なので、5年生の時よりは楽になりそうですが、手ぶらというわけにはいかなそうです。
まぁ、それよりもPTAのお仕事とか次男の受験勉強などに忙殺されそうな気もしますが・・・ハワワ、が、がんばりまっす!

>自分の実力を極力発揮できるようにメンタルコントロール出来るようになるかどうかって、大きいと思うんですよね。

以前、studyjournal2020さんのところでも書かせていただきましたが
うちの長男の場合、「試験で緊張しないようにする」のではなくて「試験できちんと緊張する」ことが成績UPの鍵でした。
じつはうちの長男、心臓にフサフサ毛の生えている子でして・・・(爆)

運動会のかけっこでは、ゴールした後に本気出すタイプの子でしたし
保育園のお遊戯会では、主役でありながら堂々と無心にハナクソをほじりだして、母を卒倒させるお子様でした_(:3 」∠)_

テストでは、慌てずにじっくりと取り組むだけの胆力はあるのですが
一方、時間内に帳尻を合わせるような要領の良さには欠けています。

私は、この辺りの「テストで点数を稼ぐ要領の良さ」には長けているほうなので
彼の「平常心すぎる」性格がまったく理解できません。

まぁ、林檎印の母さんがおっしゃるように「自分の実力を極力発揮できるようにメンタルコントロール出来るようになる」という点が、大事なのだと思います。
緊張するのも、しないようにするのも、結局は同じことなのかなと。
うちの場合は適度に緊張させたほうが良い結果が出ますが、これはご家庭によってさまざまですよね。

ちなみにうちの場合、彼に「テストモード」に入ってもらうために、こんな小細工をしています。

1、テスト当日の朝食は、毎回決まったメニューにする
通称「我が家のパワー飯」です(*´ω`)
ただのたまごかけご飯ですが、普段は禁止しているので(ちょっとジャンクすぎるということでパパが嫌ってます)
テスト当日の朝だけ許可しています。
「これを食べると、これからテストだなー!って気がするんだよね~」と長男は申しております。シメシメ
消化が良く、炭水化物リッチなので、テスト開始2時間前に食べさせています(マラソンでは定番の方法)。お米は正義ですね。

2、チョコレートドーピング
パワー飯は、美味しいけど消化が良すぎて、テスト開始1時間ほどでエネルギーが切れるのだそうです(笑)
なので、「糖分チャージ」と称して、普段は禁止しているチョコレートを支給しています。
理科社会のテストの前は、いつもチョコレートでドーピング。
「ダーツ」が彼のお気に入りです。

3、テスト開始直前の「定番勉強セット」
テスト当日の朝は、必ず2時間ほど勉強してから出陣しますが
この時、勉強の最後は必ず「漢字」と決めています。
こうした「定番スタイル」は、いわばおまじないのようなものでして
「これから試験だぞ~・・・!」というアドレナリンを引き出すトリガーにしています。
「学校でも、漢字テストが始まると妙に興奮するんだよね~??」と言ってましたので
母の小細工は、なかなかに成功を納めている模様です。

>他塾のテストをゲリラする
あぁ、良さそうですね~(*´ω`)さすがおかたま♡
でも、うちはやらないかな・・・田舎なので、受けに行くだけで一苦労なんですよねぇ
解きなおしをする時間をしっかりとれないと、逆にストレスになりそうですし(ホント手が遅いんですの、うち・・・。)
うちの場合は、そろそろ銀本かな~?絶対に受験しない学校(関東とか)の過去問を解いてみるのも良さそうです。
ちょいとクセの強い問題も多いから、塾長とも要相談ですね。

以上、長すぎるお返事編でした。
今週の社会、めっちゃ重いですね~ッ。四谷さ~ん、公民は全6回でお願いします~
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-02-20(Tue)

予習シリーズ6年上 第2回 結果

予習シリーズ6年上 第2回 結果

社会>55>>国語>45>4教科>算数≒理科>40

いやー、落ちました~(;´д`)=3

今回は、(とうとう!?)頼みの綱の理科くんに降られてしまいました。
後半、答案が真っ白(笑)
長男に理由を聞くと、前半の問題に時間をかけすぎて、後半は手付かずだったようです。
二年もテストを受け続けてきて、いまだに時間配分で失敗をするとは・・・(;つД`)
大問の数は毎回同じなのだから、一問あたりにかけてよい時間の上限を求めて
それを過ぎたら別の問題を先に解くようにする・・・という手順を毎回言い聞かせているのですが
なかなか、そう簡単にはいかないようです。「もうちょっと頑張れば解ける気がする・・・!」と思うと
どしても深入りしてしまう模様。

問題の難易度を見ると、時間さえあれば十分に長男だったら解ける内容でした。
つまり、演習量の不足ですよね_(:3 」∠)_演習量が充分でないから、手が遅くなるのだと思います。

算数も、そんな感じでした。
テスト後に解きなおしたら、なんと、最後の大問も解けました。
思考力、応用力は付いてきている気がします・・・付いてきてないのは、偏差値だけやん(爆)

国語は、(こんな偏差値ですがww)我が家的には上出来の部類でした。
これで、理科や算数が前回レベルなら、十分に目標レベル(Cの真ん中)に届くはず。

今週は、夜の勉強時間を見直して、演習量を増やしてみようと思います。

2年間テストを受け続けてきて、成績が下がった場合の対処法をいろいろと模索してきましたが
長男の場合、以下の二つの方法がそれぞれに大事であることが分かってきました。

プランA:勉強時間を増やす。ひたすら手を動かして演習量を増やす。勉強の失敗は勉強で取り返す。
プランB:演習を休む(もしくは大幅に時間を減らす)。単元の理解(理論)部分をおさらいする。勉強時間を減らしてゲームやスポーツなどに取り組み、気分転換を図る。

AプランとBプラン、まったく反対の方法ですが
週テストでの失敗はAプランで、組み分けテストでの失敗はBプランで挽回しています。(次男のアンポンタンにはAプランのみ。)
この二つのプランの組み合わせ方・タイミングが重要なのは、まぁごく普通のことだと思うのですが
うちの場合は、そんな難しい機微を測ることなく、単純に「週テスト→Aプラン、組み分け→Bプラン」で取り組んできました。
で、だいたいそれで良さそう。

受験生のセオリーでいえば、Bプランだけでも良さそうに思えますが
うちの場合(というか、私の場合は)、勉強の失敗を別の事で紛らわそうとしても
「こんなことしてていいのかな・・・」という、別の気疲れを呼びます。
たとえば、スポーツをして気分転換をしようとしても、汗をかいてスッキリした直後に「あぁ、でもそういえば勉強が・・・orz」とドンヨリしてしまう(´;ω;`)ウゥゥ
長男も、私のこの超小市民体質を受け継いでいるようで( ˘•ω•˘ )、勉強の失敗は勉強で取り返すほうが性に合っているようです。

ま、週テストの失敗は、ひと月もかからずにリベンジするチャンス(組分け)が訪れますのでね(*´ω`)!
目標が近いと、子どもでも踏ん張れるものです。
一方、次のリベンジまでの間隔が長い(同じ単元が出てくるまでが長い)組み分けで失敗すると、Bプラン発動。
気持ちを切り替えて「いまはBプランのとき!これからAプランに移行するための心の栄養!」と割り切って、全力で遊んでいます。
(栄養ばかりが潤沢で、プランAが滞りがちなのはご愛嬌)

Aだけ、Bだけに偏らないように、二人で声を掛け合って「よーし!次、がんばろー!」と励まし合ってます。
少なくとも、今回でも社会だけは良かったもんね(*´ω`)ドンマイ
やっぱり公民は楽しいですね~次は内閣と裁判所の単元ですヾ(≧▽≦)ノワクワク
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←同期受験生のみなさま&保護者さま、今週もお互いにがんばりっまっしょい
2018-02-15(Thu)

超私信

ブログ友達のもるもってぃさま(林檎印の母さん)のところで
某T中学のアレコレが紹介されていましたが
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←「某」って、地元のひとには、伏字の意味がまったくないほどの有名人気校なのですけどねww

それを読んで、以前コメントをくださった、とある方のことを思い出しました。
思い出した、というより、いつも忘れたことはありません。
すごく、嬉しかったからです。

以前、非公開コメントより、某T中学の現役保護者のかたからメッセージをいただいたのです。
もし何か知りたいことがあったら、お答えしますよ。という、超超ありがたいお申し出でした。

その節は、ほんとにありがとございました〇〇さま!(もうここは読んでないかもしれませんけれど)
いつも、その言葉を胸にポカポカと温めております。勇気、もらってます。

でも、結局その後一度も質問を出せないでいます。
だ、だって・・・全然T中学に届きそうもない成績なのですもの(爆)A判定まだか長男~~~!!!C取ってる場合かーーーー

いつかA判定に届いたら、お礼とご報告をかねてメールを出してみたいなと思ってます。
(Twitterでもフォローしてくださった、〇〇さん!あなたのことです~)
さー、そのためにも、今日も勉強がんばるぞー!オー
2018-02-14(Wed)

予習シリーズ6年上 第1回 結果

3連休、みなさまいかがお過ごしでしたか?
優秀なお子様方は、貴重なお休みの時間を有効に活用されたことと思います。
うちのボッチャマは、社会の穴埋めをしただけで力尽きてしまわれました・・・_(:3 」∠)_
あぁ、国語の記述、100題くらい一気に解いてほしいのに・・・!←
(でもさ~、今週の社会、かなりキツくないですか!?公民、全4回で終わらせるとか、ちょっとマジで詰め込み杉!!)

予習シリーズ6年上 第1回 結果
理科>55>>算数>4教科>社会>45>>国語>35

こ、こ、国語ーーーー( Д ) ゜ ゜ポンッ

理科は偏差値55を超えました。
Cコースであることを考えれば、これはかなり上出来♡
長男自身は「滑車の問題、嫌い~!」と苦しんで取り組んでいましたが(ほんに嫌らしい問題ぢゃった・・・←嫌すぎて解説作業をパパに丸投げした人)、前回は年度の切り替わりで2週間の勉強時間が確保できましたので、なんとか間に合いました。
今週は浮力と圧力の単元ですが、一部滑車の単元で得た知見(要するに、ギアの一種なのだと気づいたらしい)が応用できますので
少しは楽ができそうです。
勉強時間はいつも一番短いのに、偏差値平均を押し上げるのに一役買ってくれる理科くん。
ありがとう、大好きよイケメン理科くん!
内心、ちょっとだけ(これが国語くんだったら、もっと激しく愛せるのに・・・)と不実なことを思ったりもしますけど
まぁ、仕方ありません。遠くの国語くんより、近くの理科くんです。ありがたやありがたや。

今回、B→Cコースにあがったので、正直なところもっと苦戦を強いられると予想してました。
でも、年度初めで2週間の勉強時間が確保できたことと、学習が(社会以外は)本格的なスパイラルに入った=新単元がなかったおかげで、覚悟したほどひどい結果には至りませんでした。よかった・・・(*´ω`)=3フー
我が家の目標は「Cコースで偏差値50」ですので
現状のレベルなら、十分だと思います。え?小市民!?えぇえぇ、小市民バンザイでございますとも(*´ω`)
国語だけはちょっとまぁ、アレですけども(モニョモニョ)、このレベルを維持できるように、今週のテストも頑張ります!

みなさまにもご心配をおかけした塾トラブルの件ですが
本人いわく、あれ以来落ち着いたそうです。
意外と根が浅い問題だったのか、それとも塾長のカミナリ&席替え配慮が効いたのか
よく分かりませんが、とりあえずよかったです(*´ω`)
本人がケロリとしているので、「こんな程度の対策で良かったのか!?」と拍子抜けする気分ではありますが
深刻にこじらせて心を病んでいただいては困りますので、まぁ、この程度で済んだことを素直に喜んでおきます(`・ω・´)
いまは、それよりも長男の学校の担任問題のほうが厄介でして・・・
(ふぅ・・・そのうちまたブログのネタにするかもしれません・・・)
彼も、毎日イロイロなものと戦っております。
たまにビックリするくらアホ男子ですけれど(-_-メ)、母として、大きな目と心で認めてやらねばな・・・と思います。

えぇぃ!ボーリングで小3弟に負けたからと言って、本気でごねて拗ねて爆発するアホ5年生がどこにおる!!!お前は保育園児かっつーの!!!
長男、弟に負けるとは思いもよらなかったどころか、あわよくば母にも勝とうと思っていたようですよ!
フハハ、愚か者め!!この母が、小学生相手に手加減するとでも思ったか!ハハハハ←外道がここにいます
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-02-08(Thu)

長男の受難

関東の5年女子の母さんのご家庭でも、Mr.トランプ氏の”頭の問題”が話題になっているそうです。
ねーッ、気になりますよね!?( ゚Д゚)
どうしてもっと上手なアレにしないんでしょうか。逆に、下手すぎるので地毛なのかも?
などと我が家でも話題が尽きません。(パパからは「いいからそっとしておいてやれ」と言われました(笑))
おかげで、トランプ氏の核政策のこと、北朝鮮との関係、日本の国際的立ち位置、からの~憲法9条問題、自衛隊について
連立与党における9条改正への取り組みの差異、東京オリンピック、天皇の国事行為、政教分離、などなど。。。
一気にいろんな話題について楽しく話し合うことができました。植毛と育毛の違いとかね(それはもういい)。

公民や時事ネタって、「今ホットな話題だぜ☆イエー」という意味で最高に面白い単元だと思うのですが
なぜか、地理や歴史に比べると、人気が薄いような気がします。不思議・・・。
あと、学生時代、「私は公民が好き」と発言すると「え、女子なのに?」とよく言われたのも、いまだに不思議です。
なんだか、「社会」=「男子の好むもの」というイメージがまん延していた気がする・・・最近でこそ、「歴女」がメジャーになりましたね~
歴史オタクが「歴女」なら、地理大好きな娘さんは「地女」ですかね。チヂョ・・・。あらやだ・・・。

さて。今日は、登塾時間の話題です。

もっと中学受験に熱心な地域の方には、驚かれる話かもしれませんが
我が家は、17:00-18:30の平日4回+土曜日午前のテスト、という通塾時間です。

なので、塾弁はありません。
夕食後に自宅で塾の課題をこなし、就寝時間は21:00です。

まぁ、もっと早くに寝ているご家庭もあるでしょうし、勉強時間の多い少ないについてはいろんなご意見があると思いますが
我が家では、2年かけて今のペースに落ち着きました。
これでちょうどいい、と感じています。
(こういう話をうっかりリアルですると、”えー!長男くん、すご~い。うちなんて20時に寝てるよ~。小学生だもん~。受験ってすごいね~”とか言われるんですよね・・・疲れる・・・)
(でも、2年かけて”ぢゃー、こちらが一切なにも話さなければいい”という境地にたどり着いたので、今では何を言われても菩薩の笑みwithノーリアクションで乗り切れます。ブログで発散してるおかげですね。受験母はこうして強くなっていく)

ところで、ですね
今年の4月から、うちの長男が通学班の班長に就任することになりました。

ま、たいした仕事ではないのです。
集団下校のチームリーダーです。リーダー、っていってもただの点呼係。
チームの規模も10人弱ですし、6年生の伝統的業務ですから、ま、覚悟はしていました。
していました、のですが・・・困ったのが、登塾時間です。

今までは、家に帰ってから塾に向かうと間に合わない間合いなので、下校途中に直接塾に寄っていたのです。
(帰りは私が送迎)
班長になると、この「下校途中に通塾」作戦がとれなくなります
班長は、みんなが集合場所まで下校するのを見届ける義務があるからです。
途中離脱、できぬのぢゃ・・・!

同じ班内には他にも6年生がいるので、運よく班長くじ引きから漏れたらいいな~・・・と静観していたのですが
ま、ダメでしたね(笑)シカタネ

「うちのボッチャマはお塾があるザマスから、班長なんてできないザマース!」と突っぱねても良かったのですが(パパからは、そうアドバイスされました(笑))
それはそれで、陰に日向に息苦しくなりそうなので、なんとか自前の努力で乗り切れないものかと、思案しました。
(キミのそーゆー事勿れ気質が、いいように仕事を押し付けられる原因なんぢゃね?とパパには呆れられました。リケダンは正論しか言わぬ!はらたつー!)(あ、ちなみに私自身も、4月からぴーちーえーでびゅぅです♡)

リケダン候補生(長男)は、現役リケダンよりもずっと穏健派なので
「大丈夫だよ~。ちゃんと班長するよ、6年生だしね。しょうがないじゃん。帰り道?うーん、途中で抜けても、きっと誰も怒らないよ。なんとかなるって」
と、超楽観的です。
(単に楽観的なだけで、何もリスク回避しとらんけど・・・ブツクサ)まぁ、たぶん長男の言うように、ほとんどの人は生ぬるく見逃してくれると思うのですが
なかには、そーゆーグレーな状態を許せない気質の人もいます。もめたらメンドクサイ。
それに、最高学年ともなれば、運動会準備やら委員会活動やらで放課後に残されるパターンも考えられるので
塾の時間のほうを、ずらすことにしました。

あ、うちの塾の時間は、平日に2枠あるのです。
17:00-18:30の早枠と、19:00-20:30の遅枠。

いままでは、遅枠を利用したことはありませんでした。
できるだけ家族みんなで揃って夕食を食べたかったからです。
塾の前だとバタバタしちゃうし、20:30より後だと遅すぎる。
塾の後に勉強する時間も確保したかったし、21時就寝は死守したかったので、遅枠は嫌だったのです。
同じような理由で、小学生たちは早枠の子がほとんどです。遅枠は、中・高校生たちがメイン。

でも、こうなれば仕方ない。
今こそ、遅枠を活用するときが来たのです~!

・・・はぁε-(‐ω‐;)←

定時までフルに仕事して、次男を学童に迎えに行って、それで18:30までに夕食を終えられるのだろうか・・・_(:3 」∠)_
支度の時間を最小化しないといけないから、朝早起きして下ごしらえする?
でも、それって夏場は危険だしな~。だから塾弁も避けてたわけだし・・・。
っていうか、わたくし、こんなですけど(どんなだww)フルタイムで働くワーママですので、毎日必ず定時でブッチギって夕食作りとか
かなーりハードルが高いのです。品数を減らすしか!(いや、それはいまでも最小限だ!)←オイ
塾前にサンドイッチなどの軽食(腐食対策)+塾後に軽い夕食、というコンビネーションにするか
母が朝4時起きで夕食用意(冷蔵庫管理)+定時ダッシュで18:30までに夕食完了、というパワープレイに走るか
・・・悩みどころでございます"(-""-)"

さぁさぁ!盛り上がってまいりましたよ!!(笑)
いろいろと大変ですが、こういうものはスパパパパン!っと華麗に打ち返して
なんとか受験に適した環境を作り上げていかねばなりません。
朝4時ーーーーヒィィィヽ(´Д`;)ノ
ぐ、ぐわんばりまっす!!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-02-06(Tue)

我が家のジジモンダイ

ボディビルなどでピクピクと胸筋を遊ばせているオヂサンには興味ありませんが
ロードレース(自転車)で世界を戦う選手の、あのとてつもなく鍛え上げられた筋肉とエロス(主成分:汗とヒゲ)にはハァハァしてしまいます。
筋肉は美しいですよ。正義ですとも!>林檎印の母さん
え?誰も聞いてませんかそうですか

4年生の頃に買ったまま、数回だけ開いて静かに放置されていたこの冊子

KIMG0723.jpg

(早く買い過ぎたから、まだオバマ時代・・・Yes!良いママは真似しないようにね☆)
そうだ、今月は公民の勉強をするのだから
時事問題と公民は、セットで学習してしまおー!と思い立ちまして
久しぶりにページをめくりました。

この教材、とても有名ですよね
時事問題対策では、定番というか。もはや教科書的ポジション。

カラーが多くて、解説が丁寧で、とても良い教材だと思うのですが
購入当時、我が家では定着しませんでした。

何故かというと
文章が割と難しくて、親が間に入らないと、小学生には難読な部分が多かったからです。
私は私で、「いまそれどころぢゃないッ!」っていうくらいに地理・歴史問題に振り回されていまして
時事問題まで先取りする余裕なんて、ナイ。
偏差値50~60程度の子の実態なんて、だいたいこんなものかと思います。先取りなんて、賢い子&親のペアぢゃないと無理なんでぃ~

でも、いま改めて冊子を見直すと
(当たり前ですが)時事問題って、地理や歴史に深く関わってくるのですよね~
だから、「時事問題」と切り分けてしまわずに、地理や歴史を習っている最中に
それらの単元を深堀りする題材として時事ネタを織り込んであげられていれば、お互い楽だったな~・・・と反省しています。
「あ、3・1事件といえばね、朝鮮という国は今は韓国と北朝鮮に分かれてて、北朝鮮の核問題というのは・・・」ってな風に。
次男の時は気を付けようっと。
地理はまだしも、歴史の勉強は時事ネタが満載ですね。がんばれ2年後の私。

2019年受験の長男が注意すべき時事ネタとしては
やはり、今上天皇の生前退位と、憲法改正がメインだろうと思います。
火山の噴火と絡めて、気象問題も出てくるかもなぁ~( ̄ヘ ̄;)ウーン

時事問題を、自分自身で興味を持って調べて覚える小学生、というのは、あまり多くないように思います。
これってやっぱり、面接の一種なのではないかと。
「おうちで、こんなこと話し合ってますー?」という、学校側からの問いかけなのだろーと解釈しています。
つまりつまり、ハハのわたくしも時事問題を勉強せねばならない・・・_(:3 」∠)_
我が家で話し合う時事問題なんて
「ねーねー!トランプ大統領の頭って、超怪しくない!!?」
くらいです(爆)
なんなの、あのヅラっぽい髪型!!っていうか絶対ヅラ!!!もっといいヅラつけなさいよお金持ちなんだからさ~気になって気になってしかたないぢゃないか!!!(←いいからほっといてやれよ)

と、夕食時に熱弁をふるってたら、サピの冊子を読んでいた長男から質問が飛び出しました。
「お母さん、ヅラ問題は試験に出ないから。大丈夫だから落ち着いて。ところで、イギリスのEU離脱問題って何?何が問題なのか、よくわかんないんだけど」
とのこと。

EUって何?どうしてEUが必要なの?EUを離脱すると、何が問題なの??
と、まぁ・・・大事だけどメンドクサイ問題がてんこ盛りの、この話題。

冊子を読むと、その辺りの疑問に対する答えが、丁寧に解説されています。
大人の私でも、とても勉強になりました。サピ、すごいね~

えーと、通貨が共通で関税もかからないから流通がスムーズなんだよ、とか、パスポートなしで行き来できるから出稼ぎに行きやすいよね、とか(EUのメリット)。
でも、行き来しやすいぶん難民問題が起こるよね、とか、失業問題も大変なんだよ、とか、通貨を自由にコントロールできないからイギリスは不満なんだね、とか(EUのデメリット)。

解説は簡潔かつポイントは抑えている感じで好印象なのですが
その一方、時事という性質上、小学生には複雑すぎる(※当社比です。カシコイお子様なら大丈夫?)問題も取り上げられています。
EU問題でいえば、たとえばスコットランドの独立問題。
スコットランドはイギリス(この場合はイングランドでしょうか)から独立したいんだけど、EUには残りたかったのね
だから独立せずに我慢してきたんだけど、イギリスがEUから離脱するならば、これを機にイギリスからバイバイしちゃうぜ☆
って世論がなってる・・・でもそうなると、スコットランドはデッカイし水産資源も地下資源もあるから、イギリスとしては面白くないのよね~
というようなことが、もっとまじめな文章で解説されているわけですが
これが、まったく理解できないようなのです( ̄△ ̄;)エ!
「・・・なんか、文章が長いし・・・離脱するとか残留するとか、ややこしいなぁ。スコットランドって、どこにある国なの?イギリスに関係あるの??」
・・・えーーーーーーー( д) ゚ ゚ポンッ

そ、そこからかよ~!
っていうか!解説に書いてあるし!!
文章が長いから、さては読み飛ばしたね少年!!!
そうかそうか、お前さん、これまでもそうやって国語の読解問題を落してきたのだね・・・"(-""-)"

国語はすべての科目に通ずるのですね・・・でもまぁ確かに、小学生が自力で読み解くには、チト難解であるような気もします。
サピ、意外とキビシイですね。いや、四谷の国語問題も十分オニですけどもね・・・。

今週は、ちょうど社会で「天皇は象徴」のところを学ぶので、生前退位について長男と話し合いたいと思います。
上皇、ってめっちゃワクワクしません?(*´ω`)ろまんよ、ろまん~
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-02-02(Fri)

もみあげへの誓い(違

Twitterでフォローしてくださってる方には既出のネタなのですが
我が家では、1週間の夕食のメニューをホワイトボードに書き出しています。
こんなの↓
KIMG0721.jpg

以前、ADHDに関する本を読んでいたら、「行動の見通しが立たなくてパニックに陥りやすいタイプの子には
絵や図で一日の行動を可視化してあげると良い」というような趣旨のことが書かれていました。

まぁ、これはその応用といいますか(ただの勝手アレンジww)
図ではなくて文章でも、何かしら先行きの行動を可視化しておくと落ち着くかなー?と思いまして。
食の細い次男を応援する意味も込めて設置してみました。
「今日のご飯は苦手だけど、明日は好物だから我慢しよう」とかね。
朝、学校に行くのが憂鬱な日でも「今夜はから揚げだ!よしがんばろーッ」みたいな。
(我が家のメニューが貧相な件については、スルーの方向でお願いしますwww)

おかげ様で、現在の次男は、普通に普通学級へと通っています。
以前、支援学級のことを仄めかされたのがウソのように落ち着きました。(ま、成績は相変わらずです(笑))
そういう成長速度の子だったのかな、と思います。

水曜日のメニューは「伝説のスタミナ丼」だったのですが
なぜ「伝説」なのかというと、品数の少なさを誇大広告で誤魔化そう♡という母の陰謀です(`・ω・´)
団子汁に至っては、前日の残り物だ!ドヤー
や~、この日は、長男も次男もそろって塾に行く日で、しかも送迎時間がずれていたので
母が非常に忙しい日だったのです。お風呂掃除の途中で宅配便を受け取って、返す刀で夕食作りをせねばらならん!忙しい!!副菜とか作ってられっかテヤンディ(※さすがに月曜日は常備菜を足しております。ひじきの煮物は正義。)

というわけで、ただの豚肉スタミナ丼を「伝説」と銘打って演出しただけなのですが
意外にも「伝説サイコー!」「さすが伝説!!」と男子どもの評判は上々でしたwww
まぁ、あれだ。男子の飯は、ご飯の上に目玉焼きとニンニクが乗ってれば、それだけでご馳走なんだよねウン。

さて、一部のおかあさま方に謎の人気がある、次男の話(笑)

昨年12月に母がうっかりしていて漢字検定を受け損ねた次男ですが
今度は、塾長がうっかりしていて検定を受けられませんでした。

前回、検定が受けられなかったときに「次回受けられるように手配しておきますね」と塾長が口約束したので
そのまま信じてお任せしていたところ
なんと検定前日になって「え?申し込み、してませんよね、鳩子さん」と塾長が言い出したのです。
「・・・はい?前回、塾長ご自身が、申し込んでおくっておっしゃってましたよね?そうしてくれたほう(検定をパスするより次回受験したほうが)塾としても助かるから、って。」と聞き返すと
「えーっと・・・今回の検定、申し込みをお受けした記憶がなくって・・・でもそういう話は、そういえばしましたかね・・・」と目を逸らしてモゴモゴモゴ。

こら、ダンディ。もみあげブッコ抜かれたいのかね?

なんなんスかね?その「あくまでも悪いのはそっち」的態度(怒)
鳩子、戦闘態勢とっちゃうゾ。

あぁ、でもダンディのもみあげなんか、この際どーだっていいのです。
かわいそうなのは、次男。
ずっと検定の勉強してきたのに・・・。次の検定、半年後なのに・・・_(:3 」∠)_

静かに、しかし激しく闘気を燃やした私を見て、「えーっと・・・さてどしようかな・・・」
などとあいまいに目を泳がせるダンディ塾長。

でも、怒っても怒鳴ってもどうしようもありませんから
「・・・わかりました。」
と静かに挨拶し、対決を終結させました。
大きな声はあげていませんが、静かな中にもただならぬオーラが漂っていることを察知したのか
周囲の小学生男子どもが此方を凝視しておりましたwww少年よ、殺気とはこうして放つのだよ。

なお、この事件がきっかけかどうかは分かりませんが
翌日、検定申し込みに関する手順書が塾から配布されました。
いわく、これまでは口約束だけでも申し込みを受けてきたけれど、今後は書面のみにて受け付けると。
「っていうか、もともとそういう手順だったけどね」と言わんばかりの内容でした。
ぢゃー最初から申込書を出せっての!(怒)「申込書?いや、要らないですよ。こちらで手続きしておきますから」ってそちらが言ったんぢゃないかーーー!!!(怒怒)

大人は、安易に口約束を信じてはイケマセン、という教訓でした。ごめんなさい次男~~

そして、次男の通塾についても、塾からは何も言ってこなかったので
12月の面談のときに依頼しておいたように手配してくれてるのかなー、と思っていたら
「え?何も手配してませんけど」とキッパリした返事が返ってきたのでした。
こちらから催促しておかないとダメだったか・・・でも一か月以上も前に一度催促しておいたぞ塾長・・・すっとぼけやがったな"(-""-)"

というわけで
2月は申し込みが間に合わなかったので、週2回の通塾と相成りました。
しばらくは2教科で様子を見て、ついていけそうなら4教科に変更します。
コースは、組み分けテストを受けないタイプを選択。月例テストを受けます。
次男の最終目標はY偏差値45~50程度なので、組み分けテストは要らないかなと。
(月例テストは、Aコース相当なのだそうです)
3月からは、当初の予定通り週3通塾になります。
公文(英語単科)が週2回あるので、これで次男の平日は埋まりました。
とは言っても学童通いも続けるので、宿題をしたり友達と遊んだりも、今まで通りできます。

ゆっくりとですが、次男も成長しています。
宿題は、ほぼ完ぺきに学童で終わらせられるようになりました。
学校の支度も、ほぼ・・・だいたい・・・なんとなく(←)自分でできるようになりました♡
昨夜などは「ボク、身体を鍛えるのよ」と言いだして、腹筋10回にチャレンジしていましたよ~
4回目でプルプルしていたので、コチョコチョを脇をくすぐったら
「これだからお母さんは・・・」と真顔で叱られました(;´・ω・)母さんサビシー

はー、一番下の子って、いつまでも赤ちゃんでいて欲しいです~
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-02-01(Thu)

コメントの補足事項

ふぅ・・・やっと、コメントのお返事を返し終わりました
(抜けているかたがいらっしゃったらご一報ください!頭を丸めてお詫びします。長男が。)
楽しかった・・・(笑)

やや、当ブログはとーっても僻地な(アクセス数の少ない)ブログなので
こんなに一度にコメントをいただける機会って、これまで経験がなかったのです。
なんだろ、泣いたりしたから、心配してもらえたんですかね?ww女の涙、初めて有効活用か!?
嬉しくてまた泣いちゃうよwww(大丈夫です、今度はハンカチ噛みしめて我慢します!)

なお、コメントにて書き損ねた件について補足です。

「なぜテスト結果は男女別で集計されるのか」について

コメントをくださった、とある訪問者さん情報によると
共学でも、男女別に入学者を決める場合があるのだそうです。
大学の入学者の男女比に合わせるために、男女別に競争率を算出する学校もある、と。

ほぅほぅ(´・ω・`)
当家の第一志望校(共学)の説明会では、男女の別を分けることなく合格者を出すと言ってましたが
正直「ンなの当たり前でしょ??何をわざわざ説明してんの???」と思ってました。
ダガシカシ、世の中には、男女別に集計する学校もあるのですねぇ。なるほどなるほど(←イマサラ!!?)

と、すると
個別の志望校に応じてデータを選り分けるなんて、ものすごくメンドクサそうですから
最大公約数的に、メインの利用者(つまり私学トップ校≒別学志望者)に合わせて
男女別に集計するね☆
ということなのかもしれません。知らんけど。←

ふぅ・・・やっぱ、別学ですかね(そんな理由!?)
「ほぼ男子校」出身の私からすると、どうせなら自分の子どもには超お嬢様学校に通ってもらって
憧れの「禁断の園」を体験レポートしていただきたいところです。んで、学園祭に関係者として呼んでもらうのだぁ!
うん。
無理なんですけどね(笑)
いいなー女の子・・・。一人くらい産んでおくんだったか・・・。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-01-31(Wed)

公開組分けテスト5年 第9回結果(詳報)

※弊ブログへのご訪問、誠にありがとうございます!
コメントのお返事、遅れていてすみません~ッ
少しずつ返していきますので、ご容赦いただければと思います


週報がWEBにUPされるのは、テストの翌々日なんですけど
(組分けテストだと、日曜日に受験して火曜日にUP)
実は、組み分け履歴だけは翌日中にひっそりUPされるのだそうです・・・これ、豆ね

というわけで、実は月曜日の夕方の段階で、組み分け履歴を把握していたのでした。
月曜日の会社のお昼休みに(前回の)記事の下書きを書いたので、消すのももったいなくてそのままUPしたのですが・・・

まぁ、そんなことはどーでもよくて

はい。




C、上がりましたワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!

やった~
よかったよぅ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。

でも、11組なので、ギリッギリです(笑)
4教科偏差値で56以上がCコース基準ですが
なんと、今回は56台でした(笑)スリルあり杉。。。

算数は、安定して(!?)最後の大問を落していましたが
計算問題と一行問題は、ほぼ解けていました。
ケアレスミスにさえ気を付けていけば、今後も安定して7~8割取れそうです。

現状の志望校の入試問題だったら、算数と理科はこれ以上の高望みは必要ないかも、と考えています。
もちろん、入試問題はもっと高度なので、応用問題が全然要らないってわけではありませんが
基礎は十分固めたので、ここから先は過去問や銀本を軸に、精度を高めていく練習になるかな、と。
あ、でも理科の「生物」と「天体」のところは、春休みに特訓だな~^^;

社会は、なんと偏差値60超え
漢字指定の問題をいくつか落としましたが、まぁ、上々ではないでしょうか。
小学生男子の定番としては、安土桃山時代とか江戸幕末時代が人気なのだそうですが
うちの長男は、なぜかその辺りは興味が薄くて、明治~昭和時代(暗ッ)で力を発揮したのでした。
「魏志倭人伝」は覚えられないのに「青鞜」は覚えるのねキミ・・・。

さて、問題は国語。

今後もBとCとを逝ったり来たりしそうな長男ですが
その鍵となる(鍵、っていうか単なる主因?)のは、国語ということになりそうです。
国語が良ければCに届くし、ダメならドボン。シンプル~

今回の国語も、、記述問題はほぼ白紙でした。
一問だけ書けていましたが、それも加点は半分。
漢字と語句はよく取れていただけに、実にもったいないです・・・。

どうして書けなかったのか、設問の意味が分からなかったのか、それとも時間が足りなかっただけ?と彼に尋ねてみたところ
「うん。両方。
という、実に救いようのない返事が返ってきましたΣ(´Д`lll)
「もうちょっと時間があれば、書けたような気がする」ということで
読解力もスピードも記述力も、足りてなさそうです(爆)
いま取り組んでいる教材が終わったら、林檎印の母さんご推奨の「塾技」でも買ってみようかなぁ・・・
どうも、今の塾の国語の先生が、イマイチな気がします。
え?先生のせいにすんなって!?
(えーーーでも、国語と社会は同じ先生なんですよ~。どっちも長男の苦手科目ぢゃないかッ。対策が効いてない気がするんだよ~)

さて。一年間の総括。

仲良し(!?)の林檎印の母さんとstudyjournal2020さんのブログで、一年間の総括に関する記事を拝見しました。
お二人とも「私は理系じゃないです~」的なことをおっしゃってますが
しっかりExcelを使って成績管理しているあたり、お仲間の匂いを感じます(笑)
私だって、言うほど理系ぢゃないですよ~~でもExcel使いだしたら理系の沼から抜け出せなくなるんだぉ?www(さぁ、Accessまでもう少しだ♥)

というわけで、私も真似っこして(チビッコか!)、Excelでビビビっとグラフ化してやんよ!!!
本職のリケジョのセンスを魅せてやろーじゃないのhahahaha・・・・と一度は思ったのですが
そういえば、四谷大塚くんが「成績管理」というお便利タグを持っていることをふと思い出したのでした。
これこれ、こういうの↓
成績管理

私が作ったグラフよりも、圧倒的に綺麗(*´ω`)

や、だってさ~
「組み分け」とか「週テスト」とか「合不合」とかの切り替えも、プルダウンで一発OKなんです~
もちろんそれらの合成も自由。
「社会」や「算数」、「4教科」などの科目ごとの表示も自在だし、入塾した2015年当時のデータも残ってるし
もう、私の仕事なんて残ってない
ありがとう、四谷くん。あなた、私をダメにする悪い男ね?www

画像のグラフは、組み分けテストの履歴です(週テストは、2つのコースを行き来してるのでジェットコースターになってるww)。
これを見ると、国語を除く3教科の成績は、ほぼ横ばいの一直線であることがわかります。
「うちの子かわいー!かわいー!」という色眼鏡で見れば、びみょう~~~~~に右上がり。と、言えなくもない。気がする。
(異論は認めます)

そして、国語だけがピョコピョコ乱高下しています。(ピンクのラインが国語です)
これが心電図だったら、私は即入院です。危険危険(実際、彼の答案を見た母の心臓は危険な波形でしたけども)

ま、国語さえ対策すれば未来は明るい、ってことです^^
前向きにとらえて、明るく6年生カリキュラムに突入したいと思いまっす
公民だ~~~大好きな公民が勉強できるよ~~ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-01-30(Tue)

公開組分けテスト5年 第9回結果(粗点ベース)

公開組分けテスト5年 第9回結果(粗点ベース)
算数 7割弱
国語 5割強
理科 8割弱
社会 9割弱

組分けの結果は、今日の昼に詳報がUPされます(現在朝4時半)。
理科と社会の出来は良かったのですが、国語での失敗が痛い・・・。
総得点でいうと、BとCとのボーダー付近かな~と思います。
Cに上がれるかどうかは微妙です・・・上がってるといいな(´・ω・`)

長男が、6年生のテキストを持って帰ってきました。
カバンの中には絶対に入らないし、両手で持っても手が震えるほど(笑)の重量感です。
塾からは「丈夫な袋を持たせてあげてください」と指示がありましたが、
男子どもはほとんどの子が袋の底を抜けさせてしまい、本を頭の上に抱えて親元に走ったそうですwwかわいいwww

よれよれになった5年生のテキストを整理しながら、不覚にもホロリと泣いてしまいました。。

あー。5年生、楽しかったな~

一緒に取り組んだ歴史の勉強、ほんっとに楽しかったです。
電気、てこ、ばね、てんびん・・・理科も楽しかった!
国語!!苦しんだけど、一緒に読み進めた題材文の数々は、なかなかの良文揃いでした。
算数は、もう私の手を離れてしまいましたけど、二人で火花を散らした計算バトルは
私がおばあちゃんになっても、何度も繰り返し思い出すと思います。

長男が、私に追いついて、追い越していくさまを見守るのは
ほんとに、ほんとに楽しかったです。

・・・って
今から泣いてどうする!( ノД`)オ~イオイオイ

まさにこれからが本番で、まだ助走期間を終えただけだというのに
もう涙が止まりませんよ。来年の今頃は、いったいどうなってしまうことやら(( ;゚Д゚))ブルブル

さーて
泣いてる場合じゃありません!
少しはテキストを開いて予習しておかなくっちゃ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ
管理人へのメッセージは此方にお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク