2019-02-18(Mon)

予習シリーズ5年上 第1回・2回 進捗

次男の場合は、四谷大塚の正規ネット生ではないので
タイトルが紛らわしいかもしれません。
タイトルで検索してきてくださったかた、ご容赦くださいね。
次回からは、もうちょっと考えます。


さて、次男との受験勉強がスタートしました。
先週末は、予習シリーズ5年上の第2回を一緒に勉強しました。
第2回は
算数:平均
国語:説明文
理科:天気の変化
社会:暮らしに役立つ資源~地下資源と電力
です。

次男の学習は
週3回(1回90分)の授業と、週テストなし
という組み合わせでやっています。

自宅での週テストは、過去の週テスト問題集を自宅で解いています。
ただし、問題集は国語が無いので、3教科だけです。
塾では週3日を、算/国、算/理、理/社という配分でやっているようです。
週テスト問題集はa問題のみです。
長男に比べ、非常に緩やかに取り組んでいます。

自宅では、漢字を毎日の日課にし、夕食時にテキスト(理科・社会)の読み合わせと、要点チェックの確認をやっています。
こんな緩やかな進め方で、本当に受験に間に合うのかどうか不安ではありますが
長男との受験生活を通して「子どもの処理能力を超えた課題は、無意味」ということを骨身に沁みて学びましたので
この勉強量で届かない学校には行かない。ということで納得しています。

現状の彼の能力ではここまでですが
もうちょっと処理できるようになったら、月に一度はテストを受けさせたいと思います。
それが、四谷の組み分けテストなのか、他のテストなのか(例えば月例とか)は検討中です。

長男との受験で、つくづく感じたのは
子どもには、どのくらい理解できるかという頭の良しあしの他に、心の成熟度合いという大きなファクターがあって
(高校受験しか経験していない私には思いもよらなかったほど)その影響力は大きいと痛感しました。

どれだけ性格が良くて素直でも、志望校に行きたいという強い思いを持っていても、努力をできる子であっても
それとは別に「心が成熟しているか」という因子があるように思います。

うちの長男は、まだ反抗期らしい反抗期を迎えていませんが(それって多分、未成熟なほうなんだと思う)
それでも、6年生冬のある時期から急激に本を好むようになり、国語の能力が飛躍的に伸びました。
読解力が、一気に深まったのです・・・なんなんでしょうね、あれ??
それまで、文字を追っていただけの読解が、急激に頭の中でつながってきたというか・・・断片的だった社会や理科の知識が、有機的に結びついてきたようです。

なにかそういう・・・スレッショルドがやってくるまでは、どんなにキリキリ頑張ってもこぼれていくばかりな気がして
それでもし、次男にそういう「スレッショルド」が入試日までにやってこないのだとしたら
それはそれで、高校受験で頑張ればいいのじゃないか・・・と思うようになりました。

中学受験を通じた勉強は、とても大事だと思うのです。
だから、受験勉強だけは続けます。
次男と一緒に、エネルギー問題を論じたり、台風の渦巻き方向について考えてみたり
平均点の出し方について「できたね!やったね!」と手を取り合って喜ぶ時間は、大事だと思っています。

で、その結果、公立中学に進学することになっても
きちんと学習習慣を身に着けて、まとまった受験勉強を今のうちにしておけば
その経験が高校受験で彼を助けてくれる・・・のではないか、だといいな(笑)と思っています。

なんつーかねぇ
次男は長男よりも、もっと幼いんですよね・・・すべては「下の子はいつまでも小さい」と思い込んでいる母のせいかもしれませんが!?
こやつは、私が一緒に机について面倒見てれば解ける問題でも、テストを受けさせたらメタメタのヨレヨレじゃろう・・・という気がしてなりません。

はてさて、どうなりますことやら
来月の組み分けテストが、いまから楽しみなような怖いような・・・複雑な気持ちです
2019-02-11(Mon)

長男、中学受験終了!!

長男の記事は、これからどんどん減っていきます。
おそらく、ほとんど書かなくなると思います。

楽しい3年間でした。
締めくくりとして、総括記事を書いておこうと思います。

まず、合否報告から。
(今さらですが)複数校を受験し、合格しました。
不合格の学校があったかどうか、どの学校に合格したのか、どの学校に進学するのかは
残念ながらご報告できません。
うちは、地元のかたがご覧になったら一目瞭然の志望校ラインナップでしたので^^;
今後の長男の生活のことを考慮して、非公開とさせていただきます。

ただ、これだけは、応援してくださったかたにご報告したいので、書かせていただきます。

長男は、進学先の学校の制服を試着したとき、とても良い顔で笑ってくれました。
「母さん、やっぱ、テンションあがるね」だそうです。
進学先の学校を、誇りに思ってくれているようです。
笑顔で、胸を張って校門をくぐることができそうです。
そんな学校にご縁ができて、本当に良かったと思っています。

長男は、5年生の終わりには四谷大塚の偏差値で50台の後半に位置していました。
その段階では、第一志望の学校でも良い判定をいただいてました。

そして、6年生になってから、ゆっくりと成績が下降していきました。
勉強時間は減らしていません。
睡眠時間も、きちんと確保していました。
学校で大きなトラブルがあったわけでもなく、友人関係も良好で
塾での勉強も宿題の消化量も減らしていません。

なのに、どうしても模試で成績がでないのです。
それは、今思い出しても涙が出るくらい、本当に辛くて長い我慢でした。
何が悪いのか・・・各所のブログを読み漁って、塾で面談を受けて、毎晩毎晩布団のなかで考えに考え抜いて
それでもどうしても抜け出せない、長くて暗いトンネルでした。

自信を無くしてはいけない。自棄になってはいけない。明るく、前向きに、地道にがんばろう!
そんな努力を一年、へこたれずに継続した長男を私は、心より尊敬します。
そんなことができる小学生がいたんだと、我が子のことながら、驚きました。
彼に引っ張られるようにして、私も、明るく前向きに踏ん張って来られました。

成績は、ゆっくりと下がり続けました。
最終的には、5年時の持ち偏差値の-15の学校で「再考」の判定でした。
第一志望から第四志望まで、全て「再考」だったのです。
日能研の模試でも、四谷大塚の模試でも、名進研の模試でも「再考」でした。

あの時、私は、長男に結果を報告できませんでした。
「ちょっと、良くなかったよ。でもまぁ、ここからは模試よりも過去問対策だね。仕方ないよ、頑張ろう!」と言って
模試の結果を机にしまいました。

たまには悪い判定も出る?
たまの一回の悪い判定にキリキリしてはいけない?

いやいや・・・でも一年間です。
一年間、ずっと調子が悪かったのです。

調子が悪い、のではなくて実力がないと判断するべきでした。
そう思って基本問題を解き、週テストを解きなおし、メモチェを回してみたら意外とちゃんとできたりする・・・
かと思ったら、びっくりするような知識の穴が見つかったりする。

本当に実力がついてないのか
それとも、長い長いスランプなのか・・・

いま思い返しても思わず過呼吸を起こしそうな^^;苦しい日々でした。

結果的には
「模試では実力が発揮できないけど、本番になると実力が出せる」
という・・・非常に心臓に悪いタイプだったようです。
彼の、その途方もない悪癖(これは悪癖です。極めて親の心臓に悪い悪癖ですとも!)は、大学受験のときまで覚えていようと思います。
すなわち、「最後まであきらめない」ということかと思います。
あきらめずに努力すれば、花が咲く子なのだと思います。

ただ、これだけは書いておいたほうがいいかと思うのですが
私は、チャレンジ受験は良くないと思っています。
数字だけで見ると、我が家はまるで「チャレンジ受験」をしたかのような結果ですが
(ただの親ばかかもしれませんが)決して、そうではなかったと思っています。
彼の実力を、5年模試の結果で測ることはできませんが
それでも、四谷大塚のBコース生(偏差値50台)ではあったと思います。
課題の消化スピード、集中力、モチベーションなどを総合的に判断して
模試の結果よりも、もう少し上の学校を狙っても大丈夫だと決断しました。

なので、決してチャレンジ受験を勧める記事ではないつもりです。
そのうえで書きます

これから受験に挑む方々へ
どうぞ、最後まで諦めないでください
全力でやりきったら、きっと親子ともども、爽快な気持ちで春を迎えられると思います
どうか、みなさまが笑顔で受験を終えられますように・・・新年度を明るく迎えられますように
そう願って、長男の受験記録の終わりとさせていただきます。

3年間、読んでくださってありがとうございました。

あ、次男の記事は続きます^^
どうぞ、また一年間よろしくお願いいたします!

2019-02-07(Thu)

最後の挨拶品選び

進学先が決まったので、そろそろ目を背けていた難題に取り組む時がやってきました。

「塾への最後の挨拶」です。

まず、いつにするかの問題があります。

塾に最後に参加する日(入試の前日)にするか
全部の入試結果が出そろった日にするか
中学受験講座が終わる日(最終登塾日)にするか
もういっそ、なんでも無い日にするか(←めんどくさくなった…でもほら、先生がたもお忙しいですからね、なにもない日のほうが…)

それから、なにを持って行くかの問題。

N能研は、日本酒という伝統があるそうですね。
あとは、菓子折りあたりがポピュラーかしら・・・
でもねぇ、ぶっちゃけお菓子が余り過ぎて先生たちも毎年困ってるの、知ってるからねぇ
そしたら・・・「山吹色のお菓子」←!?
いやーーーーいくらなんでも!(とかいいつつ、実は毎年あるらしい。商品券とかね。)

その点、女子は有利なものでして
「もうすぐバレンタインだから~手作りでチョコ作ってきましたー♡」
とか言ってトリュフなんか持ってきたりして(笑)「女子は便利だねお母さん」と長男はボヤいてましたww手作りには敵わんなwww

でも男子にはその大技は使えませんから
(いやいや、いっそダンディ塾長に私の手作り♡チョコレートを渡して熱い思いを伝えるか。そして心底嫌がる塾長の顔を眺めて楽しむ、と…←)
ネクタイとかブランドハンカチを買うご家庭もあるそうです。男子から、っていうよりソレ、絶対オカンのセレクトやんね…(´・ω・`)

なかなかに悩ましい、そして楽しい悩みですが
我が家は結局、進学先が決まった時点(複数の学校で合格をいただきましたが、そのうち、進学する学校の合格が決まった日)で塾に行くことにしました。
連絡してみたら、その日は塾長が不在だったので、結局数日前後しましたが・・・まぁ、日付はあまり気にせずに、合否が分かったらなるべく早く、というタイミングが良いようです。
(注:合否情報は、メールで即日報告しています。それは最低限の仁義かなと)

持って行くものは、長男と一緒に選びました。
無難に菓子折りです。
塾生や先生方で簡単に小分けできるように、個包装のものを選びました。
男の先生のほうが多い塾なので、ちょっと塩味のするおかき類も混ぜました。
山吹色のお菓子(笑)は渡しませんでした・・・うちはまだ次男が控えているので、それでカンベンしてもらいます(笑)(あいつもだいぶ塾に投資するんだろうなぁ・・・)

一番のお礼の品は、受験生本人の笑顔を届けることかなって思います。
さーて、満面の笑みの長男を届けてきます(*´ω`*)
待っててダンディ!そして次男もよろしくね!
2019-02-06(Wed)

5年生カリキュラム、スタートしました

お久しぶりです~!

長男のすべての受験結果が、出そろいました。
今日からは、次男の受験記録に本格的に移行したいと思います。

いやぁ~
凄かったです、6年生の最後の半年間^^;
詳しくブログでご報告できないトラブルがてんこ盛りでした~~
楽しいことばかりとはいきませんでしたけれど、終わってみると、親子ともどもとてもよい経験ができたと思えています。
その経験を基に、次男との受験生活も楽しくて実りあるものになりますように・・・祈りを込めて、書き始めたと思います。


とは言え、実は、受験自体を迷っている部分もあります。
公立中学への進学、ですね・・・
長男は、早い段階で受験一本に絞りましたが
次男は、この一年の推移をみて決断したいと思っています。

たとえ受験しなくても、受験勉強自体は続けるかもしれません。
そういう意味では、位置づけが曖昧というか、どなたかの参考になるような意義のあるブログにはなりにくいと思います。
その辺り、ご了承いただけると幸いです。

さて、次男の進捗。
長男の時は、公文(英語)と水泳、進学塾を同時進行させていましたが
次男は、公文も水泳もやめて、塾一本に絞りました。
それだけ勉強に打ち込んでいる・・・というわけでは(残念ながらwww)なくて、本人の希望です。
水泳も公文も、彼はあまり好きではないそうです。
英語は三単現のあたりまで終わりましたし、水泳も25mが泳げるようになったので
まぁ、最低限のレベルは習得できたかなと思います。
どちらも通わなくなったらすぐに忘れそうですけれど^^;、無理して通わせるのも、もったいないかなと。

通塾は、週に3回にしました。
土曜日(週テスト)は受けずに、月例テストだけ受験させます。
週テストは、過去問を自宅で解いて、自宅で採点。
四谷大塚の中学受験コースの授業カリキュラムを受けつつ、テストは受けない方針です。

まぁ、今の状態で受験しても、なにか評価ができるようなレベルでもありません・・・Aコースでも、半分以上白紙という実力です。
一年かけて、なんとかAコースで8割がた答案を埋められるレベルを目指して、それが叶わないようなら受験撤退と考えています。
長男との受験勉強が無くなった分、私が次男の勉強を見る時間は格段に増えますので
なんとか一年で軌道に乗せられる・・・んじゃないかな・・・だといいな(;´∀`)と思ってます。

と言うわけで、ざっくりと方針を決めて漕ぎだした第一週目ですが
予習シリーズテキスト(演習問題ではないよ~!)の基本問題で、さっそく難航しております(爆)
まぁ、気長にやるしかありませんね・・・とりあえず、1時間机に向かって我慢できるだけの力はつきましたので(これでも格段の進歩!ありがとう、塾の先生!!)、勉強の基礎の基礎くらいは教えられると思います。
昨日の勉強の、一番の成果は
「ノートには日付、テキストのページ数、問題の題字を書きましょう」
を理解してもらえたことですかね(笑)
あと
「全てのテキストにパラパラ漫画を書くのは辞めろ!」
を徹底したことです(教科書は諦めた。もうすでに消すに消せない数の変キャラが踊っとる)。
「わかった。ノートには書かないように我慢する」と本人も反省しておりました。

長い道のりになるのか、はたまた1年で終了するのか・・・
どうなるか分かりませんが、しばらくの間、弊ブログにお付き合いいただければと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします
2019-01-04(Fri)

恭賀新年2019

あけましておめでとうございます!
謹賀新年

昨年は、弊ブログにお越しいただき誠にありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします



だいぶ更新が空いてしまいました~
昨年は、年末のご挨拶もできずに失礼いたしましたm(_ _)m

模試の結果が、予想以上に悪かったです(泣)
ずっと真面目に頑張ってきて、サボっていたり油断していたつもりはなかったのですが
それでもうまくいかないときは、そういうもののようです。

それでも、入試の日は刻一刻と迫ってきていますので
落ち込んでいる暇はありません。

今は対策に追われています。
過去問の出来は、第二志望で6~8割、第一志望で4~6割、それ以降だと8割くらいなのですが
ふと油断したときにドボーン!とビックリするような低い点数を出したりもするので
一日たりとも油断できないスリリングな^^;;;毎日を送っています。

中学受験の勉強を始めて、早3年
始めたときには途方もなく長く感じましたが、月並みな感想ですけども、本当に一瞬のことのように短く感じています。

ここまで追い込まれるとは(うかつにも)当初は思っていなくて
何がいけなかったのか、どうすればよかったのかを自問自答する昨年末でした。

それで、年が明けてから、その問いに対する自分なりの回答を得たのですが
結局のところ、何をどう頑張っても、精一杯やったのなら今が一番いい状態のように思い至りました。

志望校が違っていたら、とか
もっと勉強していたら、とか
もっと私に知識があったら、とか

いろいろと悩んでみましたが、結局道はここにつながっていたと思います。
誰でもない、長男(と私)自身が選んだ道です。
あとは精一杯やり切って、結果を受け止めたいと思います。
胸を張って新学期を迎えたいです。

週が明けたら、学校が始まります。
学校を休むのか、塾で過ごすのか、それとも自宅で受験勉強するのかは、まだ決めていません。
明日の最終日に、長男と一緒に塾長&担任の先生に報告したいと思います。

コメント欄に暖かいメッセージを頂きまして、誠にありがとうございます。
あと2週間で、最初の入試がスタート致します。
塾友のなかには、来週からさっそく始まる子もいるようで
いよいよという感じが迫ってきています。

ここから先は、なかなか平常心ではいられませんので
入試が終わるまでは、弊ブログの更新もお休みするかもしれません。
ふと気が向いて更新することもあるかもしれませんが
そんな気持ちの余裕が、持てない気がしています。
いやいや・・・むしろブログでも書いて己の平常心を取り戻したほうが・・・とも思うのですが
ぎゃぁぁーーー!とかキェーーー!!!などという奇声を発するかもしれませんので(笑)
ちょっとネットとは距離を取っているかもしれません。

いま確実なのは
2月には入試が終わってるということと
そこから次男の受験勉強がスタートするということだけです(爆)
2月からは、次男の受験ブログとして再起動させます。
お時間と余裕のある方は、よかったらまた遊びに来ていただけると嬉しいです。

長男の受験結果については
ブログ上ではご報告できません。
うちの志望校は、地元の方には一目瞭然なので
受かっても受からなくても、いろいろな方の気分を悪くしてしまうと思います。
次男のブログを続けていくなかで、ほんのりと(?)長男の進捗を書くとは思いますが
ネット上で学校名を記載することはありませんので、ご理解いただければと思います。

それにしても
こうして久しぶりにブログを書いてみると
やっぱり楽しいなぁと思いました。
頭の中でモヤモヤしていたことを、整理するいいきっかけになるようです。

コメント欄を通じて、相談に乗ってくださったすべてのかたに、深く、深く感謝を申し上げます。
3年間、本当にありがとうございました。
皆様の受験の成功と今後のご健闘を、心よりお祈り申し上げて、末筆とさせていただきます。
どうぞ、皆様が素敵な一年を過ごされますように・・・
ありがとうございました

SV鳩子
2018-12-25(Tue)

クリスマス模試と、冬期講習

さきほど、長男を塾に送迎してきました。

去年の今頃は、彼は自分で塾に通っていました。
5年の講習は午後からなのに、自主的に午前中の自習室にも行くとか言い出して
母さん、白目を剥きながら毎日お弁当を作っていた記憶があります。
でも、そのやる気がすごく嬉しかったっけな。
ほんと、キミはとてもよく頑張る子だよ長男(涙目)

外は車の窓が凍り付くほどの寒さで、こんな寒い中を、自転車に乗ってお弁当担いで塾に通っていた1年前の長男を想って
ちょっと目頭が熱くなったクリスマスの朝でございます・・・はぁ、歳をとると涙腺が弱くなっていけないよ( ノД`)シミルゼ

そして
私が長男を塾に送迎しているほんの数分の隙に、次男が自転車で遊びに行ってしまっておりました。
家の鍵は開けっ放し、子どもケータイは置き去り、コタツはつけっぱなしでおもちゃは床にだしっぱなし。
親の顔を見たかったので鏡を覗いてみたら、漢字書き取り200文字の刑を決意した母の( ˘•ω•˘ )がありました。

まぁ・・・収入は減るし再就職は叶うか不安はいっぱいだけれども、
あのトンデモ坊主の面倒見るには、専業主婦くらいガッツリ家にいないと難しいかもしれん、と改めて主婦生活の有難さを実感しましたよ_(:3 」∠)_
あいつめ…あたくしの年収分相当の悪ガキだよ!!!結婚式の親スピーチでこのエピソードを話してやる!覚えてろ( `ー´)ノ

でも二人も私立中学に通わせて大学に放り込もうと思ったら、やっぱり外貨も稼がないといけません。
年が明けたら、就職活動も再開します・・・油田、庭から出ないかなぁ(゚∈゚ )


クリスマスイブの昨日は、最後のN模試に参加してきました。
結果はまだ出ていませんが、あまり自信はないそうです。
手の遅さがどうしても克服できない模様・・・遅さが克服できないなら、あとは正解率で稼ぐしかないわけですが
過去問対策については基本的には塾にお任せしています。
家ではあまり口を出さずに、淡々と解きなおしに専念したいと思います。出したい・・・けど我慢だ・・・^^;

最後の模試では、入試における行動セットを見直しました。
起床時間、朝食メニュー、持ち物の確認などです。

・テスト開始3時間前に起きる
・テスト開始2時間前に朝食を食べる
・朝食メニューは、消化の良い炭水化物(シチュー、リゾットなど。大好きだった卵かけご飯は封印。消化に悪いからね~)+暖かい飲み物+ヨーグルトorフルーツ
・お茶、時計、受験票、ICカード、上靴、筆記用具を前夜and当日朝に確認
・テスト会場まではメモチェで時間を潰す(ゲーム禁止)
・トイレの場所とタイミングを確認
・チョコレートとスポーツゼリーとマスクは三種の神器

ありきたりですけど、こんな感じの対策をしています。
何を、いつ食べるかは、ここ半年の怒涛の模試スケジュールの中で試行錯誤してきました。
単純なようでいて、結構大事なメソッドだと感じています。
(子どもの性格や趣向にもよりますが)集中力を高めるスイッチにもなりますし、「いつもと同じもの」という安心感がテスト前の清涼剤(鎮静剤?)にもなります。
私も、来年のフルマラソン出走の時には、チョコレートとスポーツゼリーを持って行きたいと思います。
そしてチョコレートがポケットの中で反乱を起こして悲鳴を上げるのねきっと(遠い目)
母さんが持って行くゼリーは、長男に渡したものより数倍高くてコンパクトなものであることは、ここだけの秘密です♡

あ、長男の冬期講習は、大みそかが半ドン、元旦がお休みである以外は
基本的に土日も平日もずっと9:00-18:00です。塾長、お疲れさまです・・・。
気合い入ってんな~・・・と他人事のように思いましたが、大手塾はホテル合宿とかやってますから
それに比べれば可愛いものかもしれません。
と思っていたら
「ということは、塾から帰ってからも過去問やれるね、お母さん!」と明るく長男に言われたので
どうやら、塾以外にもさらに勉強する気のようです・・・おぉぉ、すごいけど、付き合うのは私か?私だよね?!!(ほかに誰もいない)
でもまぁ、勉強時間は、長けりゃいいってものではありません。
長い時間集中するのが効果的な子と、短時間でギュッとやるのが向いてる子といます。
だからそこまで勉強しなくても、塾に居る時間だけ頑張ればいいと思「ボクは、スパートは苦手だけど、持久力には自信があるんだよね」(意訳:夕食後も勉強するから付き合ってお母さん)

それもダンディの戦略ですか、長男?
もーーーーそういう言い方されたら、付き合うしかないじゃんか~~( ノД`)シクシク…
がんばりますよ~~しっかりサポートしますともッ

結果はどうあれ、最後の最後まで全力で駆け抜けたいと思います。
みなさまも、よいお年をお迎えください
それでは、よいお年を
2018-12-21(Fri)

ダンディとの和解と、まさかの長男の決意

主婦になったら毎日でもブログを更新できるかな~と思っていたのですが
家にいると、自分の時間と家事の時間との区切りが付けにくいので、むしろ更新頻度は下がっています。
外での仕事をしているときは、昼休みに、ブログの文章を組み立てるための時間を(更新は家でやってましたけど)きちんと確保できてたからなぁ~
その代わり(というのも変ですが)、自分の資格取得のための勉強は順調に確保できています。
英検2級って、TOEICに比べるとリスニングがすっごく楽ですねぇ。でも英作文がメンドクサイ~
あとは乙4と、大学の卒業単位と、息子の願書づくりに励んでいます(笑)手書きの願書が減って嬉しい♡
そんな感じで毎日楽しく主婦生活を満喫しております。受験生父母のみなさま、お元気ですか?

さて、面談を断って以来、なんとなく塾との空気が悪くなっていたので
先日、意を決して塾に突撃してきました。
マスクをつけて、うがいして、変な人が出没していないことを確認して、もう完全防備です~(笑)
心因性の咳というドクターの診断だったので、人にうつす危険は少ないとは思うのですが
それでもやっぱり、ゴホゴホしている人間が受験生のいる場所に行くのって、受験生のほうも気分が悪いと思うし、こちらも気を遣うしで嫌だったんです。
・・・ということを塾長には丁寧に説明して、面談場所には配慮してもらって、顔を合わせて話をしてきました。
実際に顔を合わせると、電話やメールでは伝わりにくい気持ちも濃やかに伝えられる気がします(反対のパターンもありますけどね^^;)
私は、人づきあいって苦手で億劫に思う性格ではありますが、その分、少ない出会いは大切にメンテしたいと思っています。
つまり、塾長は苦手だし濃ゆいキャラだなーとは思うけれど、でもできれば仲良くしていたい^^;
ほんと、有能だしいい人なんですよね~友達にはなれないけど(向こうが全力でオコトワリするでしょうww)、できるだけ誠意は伝えておきたいです。感謝してますのでね。

そんで、「面談行かなくってごめんねー。過去問、どうしよう?」という主旨のことを伝えてきたところ

・第一/第二志望の過去問は塾で管理する(家には点数も知らせない)
・第三志望以降は自宅で取り組んで欲しい
・家で取り組んだ過去問は全て綺麗に取りまとめて塾に提出すること
・家では基礎問題を重点的に取り組むこと

ということに決まりました。
塾で点を管理するのは結構なのですが、なぜ家には点数を知らせないのか(第一・第二ね)・・・不思議に思って聞いてみたところ
素人は口出しするな、という主旨のことを言われました。

そうなの・・・それがプロのやり方なのね・・・?(´・ω・`)

でもそれって、つまり塾が全責任を負うってことだから、万が一にでもうちが全落ちしたらものすごくハイリスクだよね~( ˘•ω•˘ )ダイジョブカ
と他人事ながら心配になりました。
ま、もちろんうちは塾に責任を押し付けたりしないし(そんなもん、うちの受験なんだから誰の責任でもないよ)、全落ちは万が一にも億に一にも!ありませんけれど!!
それにしたって、もうちょっと家庭と責任や作業量を分担する姿勢にすれば楽だろうに・・・と余計な心配をしちゃいました。
ほんと、余計な心配でしょうけどね。人の心配、してる場合でもない(;´∀`)

というわけで、家では
・メモチェ3周目(社会)
・5年生BC問題総復習(理科)
・5年生A問題総復習(算数)
に取り組んでいます。
メモチェは「四科のまとめ」という塾の指示だったけど、こっそり入れ替えました!?(メモチェ大好き♡)
第一志望の問題も、倍くらい時間を使えばちゃんと解けるんだけど、時間がね・・・うちの長男は、時間が足りないのが最大の欠点なんだ_(:3 」∠)_
だから基本問題を淡々とこなしています。基本問題に時間を使わないように、少しでも応用問題に時間を残せるように・・・
最後まで、諦めずに努力したいと思います!



そして。
明日から冬休み、という終業式の朝。
突然、長男が「お母さん、僕、1月に学校を休んでもいいかな」と言い出しました。

え・・
え・・・・・
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

ちょ、ちょっと待って!!

世間には、そういうことをする人もいるらしいし、実際、去年の6年生(同じ学校)にもいたらしいけれど
まさか、自分の子がそんなトンデモナイことを言い出すなんて!!!

いや~
だって!!!
小学生ですよ??
そこまで自分を追い込んだら、逃げ道なくなっちゃうよ??
だいたいね、学校を休んだからって全部受験勉強に時間を使えるわけじゃないよ?
そんなの、無理だよ・・・気持ちも身体も付いていかないよ
そこまでしなくたって、手が届く学校がご縁のある学校なんだから、それでいいじゃん。
そのための第三・四・五志望だと思うんです。我が家は、運よくも素敵な第三・四・五志望に恵まれているのです。

私は、これまで、ほんとに一度もそんな(学校を休むだなんて)ことを考えたことはありませんでした。
学校が一番大事。
友達との関係もあるし、学生の本分というものがあると思う。
ブログ友達のもる様が書いていた記事(「学校を休むのかどうかのハナシ」参照。もる様、無断リンクごめんなさい。問題あれば削除します)を読んでいても、全面的に賛成でした。
学校を休むだなんて、そんな選択肢は存在すらしてない(´・ω・`)


というようなことが、一気に心と頭に溢れてきて
まさに私の口から飛び出そうとしていたのですが、その時長男が
「・・・僕、やりたいんだ、お母さん。いいかな」
と言いました。

子どもってズルい。そして賢い。

長男は、私が彼に全面的に弱いことを・・・滅多におねだりをしない彼が本気でお願いしたら、私が絶対に断れないことを
知っているような気がします。
(っていうかキミ、塾長に何か吹き込まれてないか!!?その話の持って行き方は、なにか作戦を感じるぞ!!!)

そしてなぜ、そんな大事なことを終業式の朝に言うのだね少年よ!!!
もっと早くに言ってくれてたら、学校の先生とも塾長とも穏便に相談できたのにさ~~
今日から冬休みだよぅ~~学校と相談できないじゃん(号泣)
(もっと早く言うように塾長からはアドバイスされてたけど、すっかり忘れていたのだそうです。お、お前というやつはーー!)


さて。どうしようかぁ(ノД`)・゜・。
そんなことをしたら、もう後戻りはできないというリスクは、十分に彼も分かっているようです。
そのうえで、親としてどう対応したら良いものか・・・。
止めるべきか、認めるべきか。


これから少し、考えてみたいと思います。
あぁぁ・・・冬休みぃ(号泣)
2018-12-17(Mon)

泣きの一回と、クリスマスカード

お久しぶりです。
いろいろと嫌なことや大変なこともありますが、ブログに寄せていただけた暖かいコメントに心救われて頑張れております。

昨日は、録画しておいた「ホーム・アローン」をみんなで観てのんびり過ごしました。
息子たちは大喜びでした・・・が、大人になって改めて観ると「それ、やりすぎΣ(´Д`*)」と冷や汗をかいてしまった(´;ω;`)ウゥゥ
別に子供が真似をするとは思わないけど、相手が泥棒だからって人間をバーナーで燃やしたらイカンだろうよ~

さてさて
前回のY模試は大撃沈でした。
模試の結果は、もう今の時期になったらあまり気にせずに・・・とはいうものの
下がり調子なのは事実なので、手当ては必要かなと思います。
このまま自信を無くして冬休みに突入するのが、いいのか悪いのか判断が付かなかったので
塾長に相談してみたところ
「気になるんなら12/24の模試を受ければいいんじゃないですか?」
と言われたので、一応申し込むことにしました。

でも、どうなんでしょうね~。
塾としては、受けても受けなくても、どーでもいいし好きにすれば?という言い方でした。
受けなくても入試に影響がないのなら、受けないほうがいいんだろうなぁ・・・と悩みつつも
長男が受験を希望したので、敢えて申し込みました。
長男の体調が悪かったり、インフルエンザが大流行するようなら模試は見送りたいと思います(お金はもったいないけどね)。
でも、これ以上下がることもないだろう・・・というような前回の結果だったので、少しでも自信が取り戻せるなら受けてもメリットあるかと思います。
私としては、もう、あとは心穏やかに入試を迎えるだけですので、次回の模試(もし受けるならですけど)の結果は、おまじない程度に受け止めようと思います。

で。
模試は、それでいいと思うのですが
懸案は入試プランです。

このまま下がり調子で入試に突入したら、第三志望校も危ないと感じました。
そこで塾に相談してみたところ
「家で過去問は一切しないでください」「不安ならすればいいけど、第二志望校は手を出さないでください」「受験プラン?不安なら〇〇(第一志望校と入試日が同じ学校)に出願すればいいんじゃないですか?」
というコメントでした。

うーむ
こちらが不安なのは、もう、当たり前といえば当たり前だと思うので、それはともかくとして
気持ちではなくて実作業として家庭がどう対処すればいいのか、相談したかったんですけど・・・
面談を断って以来、塾の対応が剣呑なのでちょっと反省してます。
やっぱり、体調不良を押しても面談に行くべきだったね・・・。
いまさらという気もしますけど、今日はマスクをして塾に行ってこようと思います。
あまりに塾との空気が悪いと、長男も居心地が悪いだろうしね~

最近、塾の周りに変な人がうろついてて、前回も変に絡まれて警察が出動する事態になったので(怖かった(´;ω;`)ウゥゥ)
送迎するのも一苦労なのです。子供には絡まないみたいだけど、やっぱり親も子供も怖いよぅ
そんな中、マスクつけてフラフラしながら乗り込まなきゃいけないのが、なんとも物悲しいですけど
魔除けにお経でも唱えながら(第一志望校が仏教系なのでww)、がんばって突撃してきたいと思います。
プランがどうのこうのよりも、塾の心証を悪くしたくないもんねぇ(今さらだけどさ・・・ゲホゴホ)
ちゃんと顔を見せて謝ってこなくちゃだわ~


そんな感じで
勉強とは違う部分で無駄に苦労してますけども、こんな素敵な贈り物もいただきました
クリスマスカード

名古屋中学からの、クリスマスカードです(*´ω`*)
いや~ん、嬉しかったです~!!
オープンキャンパスに参加した家庭に、全配布してるんでしょうねぇ。すごいなぁ
こういう心遣い、私は好きです。

で、話は入試プランに戻るのですが・・・
我が家は、第一志望と第二志望が手が届かなくなったので、現在は第三志望対策に注力しているのですが(家庭ではね。塾では第二志望対策が中心です)
試験はミズモノですので、第三志望を落ちたときのことも考えているところです。
当初は、入試日が重ならない第四志望を受験すれば充分と思っていたのですが
第四志望は共学校なので、長男としては男子校への未練があるようです。

とすると、第一志望と入試日が重なる第五志望(志望順位は低くないのですが、受験できないと思っていたので、便宜上数字は五としています)を受験するプランも再浮上してきました。
第五志望は、進学率や偏差値から言うと、第三志望より少し上なのです。
しかも男子校なので、私としては申し分のない進学先なのですが(でもちょっと遠いんだけどね・・・)
ここを受験すると、第一志望チャレンジは棄権することになります。

せめてチャレンジだけは・・・と思っていたので、これまで一度も説明会にすら行ってなかったのです。
でも、塾長に相談した結果、「出願だけはしておいて、第三志望に落ちたら第五志望を受ければいい」と言われました。

なるほど。確かに、第三志望に落ちたら(入試日は第三志望→第一(五)志望)、第一志望は全くと言っていいほど可能性がありません。
そのための第四志望ではありますが、それくらいなら第五志望を・・・というプランは、悪くありません。
第三志望と第五志望とでは、差はありますが第一志望ほど大きくありません。
つまり、まだ可能性はある(第一志望より高い)。

ということで、第五志望に出願することも検討し始めました。

もし第三志望に受かったら、胸を張って第一志望にチャレンジする。
それでダメなら、腹を括って第五志望に挑戦しなさい。

長男は、第一志望へのチャレンジを諦めていないので(ブレないオトコだねぇ)、「それならいいよね!」と第五追加に前向きでした。
彼の中では、全合格に向けてやる気満々のようです・・・。強いメンタル・・・。

お金はかかるけど、やっぱ第五も追加かなぁ・・・
あ、第四志望をやめるか?(いやでも、第五もダメだったときのこともあるし・・・)←母はメンタルヨワヨワ

悩みは尽きませんが、せめてクリスマスは、美味しいケーキを食べて元気を出したいと思います!
ちなみに、こんなにショボショボしてますが、一月は学校を休みません~~まだ学級閉鎖も出てないですしね
人それぞれですが、うちはいつも通りの生活をしているほうが、調子が良いように思います。
どのご家庭にも、暖かくて楽しいクリスマスが訪れますように・・・☆
今年は久しぶりに、自宅でチキンを焼こうと思っています。プレゼントも買いに行かなくちゃね~~

それではみなさま、よいクリスマスを☆☆


2018-12-10(Mon)

最後の模試と、受験祈願

最後の模試が終了しました~

まだいくつか受けられる模試も残っていますが
通っている塾が推奨している模試は、第六回合不合テスト(四谷大塚)のもので最後です。
何度受けても結果は安定してきましたし、人ごみにでかけて風邪を引くのも怖いので
我が家はこれで模試終了と決めました。

いろいろと気にかけてくださる方もいらっしゃいますので
我が家の現状を、正直にご報告したいと思います。

今のところ、第一・第二志望は記念受験で終わりそうです。
5年生の終わりごろは、第一志望でもイイ線いってる判定だったのですが
それからゆっくりと下降し、いまはR2とR3の間をいったりきたり(R2のほうが多い)です。
問題の内容によって大きく上下動しますので、たまにはちょっといい点を取れたりもしますが
本番入試では、歯が立たないだろうと思っています。

塾のほうでも、第二志望にターゲットを絞った対策に変わりました。
第一志望をあきらめた、というわけではない(と長男には説明している)のですが、第二志望にすら手が届いてない現状では
第一志望の対策をしても仕方がないという判断のようです。
うちの長男が、努力を怠ったわけでは決してないのですが、6年生は後追い組(5年生以降に塾通いを始めたとか、後半で成績が伸びたとか)が猛烈に追い上げてきますので
相対的にポジションが下がったという結果です。
それに、一度は覚えたはずの内容でも(とくに社会)、小学生は中高生と比べると驚異的なスピードで忘れていくお年頃ですので(笑)、一度は埋めたはずの記憶の穴が猛烈な勢いで再度空くという・・・"(-""-)"
それを再び埋めなおす作業が、間に合わなかったという感じです。

ただ、第三志望校は納得の進学先で、ずっと安定して良い判定もいただいていますので
あまり悲壮になることもなく、前向きな気分でチャレンジしています。
いつも第一・第二が手の届かないところにあったので、途中でダレることもありませんでした。
それでも最終的に手が届かなかったのだとしたら、それは順当な結果だと思うので、ご縁が無くても仕方がないと思います。
最後まで、親子で明るく諦めずに頑張りぬきたいと思います(^^)


というわけで。
先週は、最後のY模試にでかけて参りました。

今回の模試会場は、名古屋市千種区光が丘にある愛知学院愛知中学です。
名城線自由ヶ丘駅が最寄り駅です。
光が丘周辺には希望が丘や自由ヶ丘などの多くの団地がありますので、活気があって賑やかな場所です。
繁華街ではなくて住宅街なので、非常に綺麗で治安がいいのもGoodポイント。
私が、個人的にとても気に入っている学校です。
家からはちょっと遠いので、志望順位は低いのですけれどね。

最後の模試なので、有難い説明会をきちんと拝聴しなくては・・・とも思ったのですが(実はYの説明会は一度も参加してない(汗))
愛知学園から徒歩でいける範囲内に、上野天満宮という有名な神社があると判明しましたので
Yの先生にこっそり頭を下げておいて、説明会を抜け出しました(先生ごめんなさい)。
上野天満宮は、名古屋の3大神社と言われるほどのお社で、合格祈願で有名なのです。

私、実は密かな神社フェチ♡でして、お寺も好きだけど神社はもっと大好きなのです(*´з`)
上野天満宮は、たしか安倍の晴明さんが「菅原っち、めっちゃカワイソウ!!ボクが祀ってあげるよ!」と申し出て自分ちに建てたお社じゃなかったかな(←大雑把すぎる歴史解釈)
天満宮、ってそもそも菅原っち(友達か!)のお社ですもんね~。
菅原さんは、学問の神様ですものね。これはご挨拶しなくちゃ!です~~
天満宮

お社

愛知学園から、てくてく歩いて20分。
閑静な住宅街の真ん中に、どどーんと建っておりました。
晴明さんのおうち跡もありましたよ
晴明さん

そして、天満宮にいくと必ずお目にかかる丑さんの像♡
かわいい♡♡
牛さん

なんで天満宮で牛なんだっけ・・・たしか、道真さんが丑年生まれで丑年にお亡くなりになったんだったか、遺骸を牛で運んだんだったか・・・(´・ω・`)ワスレタ
故郷の太宰府天満宮では、梅が枝餅を必ず買ってました。あれ、めっちゃおいしいよヾ(≧▽≦)ノ
梅は、たしか菅原家の家紋でしたよね。雪に耐えて咲く麗しい花ですね~

絵馬

人気のお社なので、絵馬もいっぱい。半分くらいは合格祈願の絵馬でした。

私は、悩みに悩んで、これを買いました。
おまもり1

お守りと、合格消しゴム(*^▽^*)
入試の日に持たせます~
お守りは、合格祈願ではなくて必勝祈願のお守りにしました。
おまもり2


前回、南山中学の先生が説明会で話してくださった逸話を思い出したのです。

合格を願うのではなく、己の力を出し切れるように祈りましょう。他人を蹴落とすのではなく、自分が全力を尽くせることを願うのです、っていうお話。

そうだな~~~ここまで来たら、合格はカミサマにお祈りするものじゃなくて、自分で引き寄せるものだよねッ
と、聞いてて感動したので、「長男が全力を出し切れますように」と願って必勝祈願のお守りを買いました。

2礼2拍1礼で、できるだけ丁寧にごあいさつしてきました
手を打ったとたん、4年生の頃の、小さな身体に大きな塾カバンだった長男が脳裏に浮かんできて
ちょっと目頭がツーンとしました(笑)
至らない親で、ちゃんと上手に導いてあげられなくてごめん・・・って、泣いてる場合じゃない!!( ゚Д゚)
まだ一か月ありますものね~!
さ、今週もがんばります!
2018-12-03(Mon)

神をも恐れない年頃

その昔、日の本(日本)を造ったとされる大国主命とは、全国を一緒に旅しながら数々の苦難を乗り越えてきたそうなのですが
旅の途中で、ちょっと退屈になってきたんで、「どっちがスゴイ奴か対決をしよう」という話になったのだそうです。
それで、少彦名神っていうのは身体がちっこい(一寸法師のモデルになった)神さまだったので「じゃ、ぼく粘土を背負って歩くわ!身体ちっちゃいからむっちゃ大変!」となり
大国主命は「じゃ、俺、う〇こ我慢して歩くわ!」「うわー!それむちゃくちゃ大変!!」となったそうです。
これ、『播磨国風土記』という歴史書にホントに載ってる話なのだそうです・・・

ねぇ、ちょっと待って。日本の国を造ったカミサマって、小学生男子だったの?( ˘•ω•˘ )
この話、息子たちに話して聞かせたらドッカンドッカンでした・・・orz
歴史って、奥が深いですよね(違


昨日は、N能研主催の模試に参加してきました。

通っている塾の推奨通りに受験すると、先週の学校別模試(Nのほう)を受験した後は、来週のY合不合まで何も受けず、そこで模試が最終日となるプランでした。
それだけだとちょっと物足りないと感じたので、塾申し込みではなく個人申し込みで模試を追加したのですが
ブログ友達のもる様によると、同じ日に第二志望の学校別模試が開催されていたようですΣ( ゚Д゚)
だったらそっちのほうが絶対に良かった~(涙)見落としてたな~

塾に通っていると、模試や学校の情報がいろいろと手に入りやすい面はありますが
系列が違う塾の情報はシャットアウトされます。
そして、ついそのことを(手に入りにくい情報もあるのだということを)忘れやすいので
大事な情報を漏らすこともあります。
私がとくにトンマだという面はありますが、しっかりもののママさんでもついやってしまうことはありますので
どうぞ、来年以降の受験生ママ&パパはご注意くださいね。関東方面のかたはとくに大変そうだねぇ

あ、願書の写真については、おかげさまで(ようやく)きちんと確認できました。
なんでこんなに小さいんだよROUGAN仕様にしてくれよ・・・という文句はさて置いて、教えてくださった方、どうもありがとうございました!
来週こそは撮影に行きます~

で、N模試の話。
テストの結果はまだ分かっていませんので、そちらは追々ご報告するとして
今日は、南山男子の説明会の話。

昨日模試に使われた会場は、南山中学男子部の体育館でした。
東海地区にお住まいの方には有名な中学校ですが、一応説明を補足しますと
当地域では、T海と共学Tに次ぐ偏差値だと言われている名門男子校です。
この学校には女子部もありますが、それぞれ別学となってて、普段の授業は別々に行われています。

余談ですが、この学校の女子部は、当地区のトップ校@女子です。
うちの塾に通う天才系女史は「N女の問題のほうがT海の問題より意地が悪い」と言ってます。
女子と男子とでは得意科目が違う・・・というだけの話かもしれませんが、まぁ、T海に劣らない超カシコイ系の女子が通う学校です。
医師とか弁護士を目指すバリバリ系女子が多いので、関東でいうとO蔭っぽい感じ(?)かな。
私のリアルお友達の息子さんが南山男子部に通ってらっしゃるので、いぜん興味本位で「ねーねー、女子部の女の子と交流ないの?^^」って聞いてみたら
「・・・うちの女子、そんなカラーじゃないっす。超コエェ」と白い目で反論されました(笑)そうか、怖いのかww

うちからのアクセスは、少し遠くて、ドアツードアで90分くらいです。
でも電車を選べば乗り継ぎなしで通えるので、ギリ通学可能圏内。
過去問を解いた感触だと、とても相性も良く、できれば受験したい学校の一つなのです。

ダガシカシ、入試日が第一志望校と被ってる・・・orz
なので、第一志望校が決まって以来、模試以外では来ることのない学校なのでした。
そういう次第で、説明会参加は今回が初めてです。

説明会と言っても、模試の保護者説明会に付属しているもの(南山男子を受験するとは限らない人の集団)であることは先生がたも承知しているので
「今日は、進学率とか学校の教育方針だとか、そういう難しい話はカットしますね」
という前置きからスタートしました。
広報部長という肩書のかたがスピーチしてくださいましたが、この学校の広報さんも、これまた面白かった~
先週参加した名古屋中学の広報さんもめちゃくちゃ面白かったし、やっぱ、私立校の広報さんって、教師というより企業の広報部って感じだと思いました。スピーチ、面白いッ

先生のお話では、キリスト像の話が興味深かったです。
南山中学は、カトリック系の学校なのでクリスマスにキリスト像を飾るらしいのですが
「本来は25日に飾るんですけど、うちではそれだと冬休みになっちゃって誰も見てくれないんで、一か月早めにキリスト様に生まれてきてもらいます(像を飾ります)」
というお話でした(笑)意外とユルいww
「ただ、毎年、キリスト像が隅っこに放置されたり、神隠しされて行方不明になったりというアクシデント(!?)が起こります。まぁ、生徒のちょっとした悪戯なので、すぐに見つかるんですけどね・・・ちょっと申し上げにくいことですが、中学生男子は、神をも恐れない年頃のようです
会場中のお母さん&お父さんたちから
「あぁ・・・」
の失笑が(笑)身に覚えがありすぎ(笑)(もちろん私も笑いました。神をも恐れない中学生男子候補生が一名)

あと、「当校の生徒が詠んだ、俳句をひとつご紹介します」
という話も面白かったです。
てっきり感動的な・・・お母さんありがとう的な・・・句が紹介されるのかと思ってハンカチを用意したところ
「お母さん 期待させて ごめんなさい」

・・・(´・ω・`)
どうした?中間試験で失敗したのか?
と感じさせる一句でした。
もはや俳句ではないだろ、それ・・・。

あ、そうそう
N能研の先生も講話をしてくれましたが、それも面白かったです。

入試準備の話について
「いいですか、お父さんお母さん。息子さんに、ぜひ”ねぇあんた、入試の日程、知ってる?電車のアクセス、分かってるよね??”って聞いてみてください。知ってるはずですよね。分かってるはずですよね。でも驚かないでください。彼ら”あ?2月くらいじゃね?車で送ってくれるんでしょ?”って言うかもしれませんよ!これ、マジの話ですからね!!」
と言うのです。

あっはっは、まさかね~そんなバカな!ヾ(≧▽≦)ノ
と思って聞いていたのですが
会場のお父様お母さまがたは
ザワザワ・・・
ザワザワザワ・・・・・・
え・・・まさか・・・・ねぇ?・・・・え?・・・
という感じで、「やだウソ、ありえるかも・・・」という雰囲気でした(爆)
(※うちの長男は「えーと・・・春になる前。」と答えて私を爆死させました(爆))

今回は男子の会場だったのですが、男子母(父)には衝撃的で役に立つ話だと思いました。
女子会場では別の話をするんだって~。そうか、男子ってみんなそうなのか(安堵)←

模試に参加してる男子たちのGAP率の高さにも笑っちゃった(※えぇえぇ、うちもGAP)。
GAP、いいよね。破れにくくて安くて、手ごろなデザイン。GAP大好き♡
小学生女子たちの服装は、個性が現れててバリエーション豊かなんですけど、男子たちは「服はオカンが適当に買ってきた」感が溢れてます。
うむ。お洒落男子より楽でヨロシイwww
そんで、男子たちの母は総じてお洒落なんですよねぇ。
あぁいうお洒落なお母さまがたには、息子をお洒落にしようと挑戦して敗れ去った歴史があるのかもしれませんね・・・。

さて、次はYの合不合ですね!
最後の模試、がんばります~

最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク