2018-05-19(Sat)

男子校希望の長男、そして母の苦悩

林檎印の母さん様(もる様)

文字数の制限がありますので、本文にて返信させていただきます。
もる様からのコメントに対する私信ではありますが
当家の受験スタンスが如実に表れる一文となっておりますので
もしよかったら、ご一読いただければと思います。
そして「うちの子も別学希望だよー!」というかたがいらっしゃいましたら、アドバイスいただけると幸いです♡

なお、返信元は非公開のコメントでしたし、同じ地域の方も読んでくださってますので
特定の学校名については伏せさせていただきます。

・男子校希望について

長男が男子校を希望するのは、女子に対する不公平感があるからだと思います。
私自身も、男子校に特有の気楽さは実感として理解できますし、長男の気質にも合っているように思います。

ただ、彼は何事に対しても、自分が認めたものに対する努力は厭いませんが、認めていないものに対する努力、理解を避ける傾向があります。
女子に対する不公平感は、その最たるものではないでしょうか。
自分とは違う価値観、性差、社会的立場の違い、役割の分担などなど
これらは、実際に飛び込んで人と人との関係性の中でしか磨かれていかない感性だと思うので
いま、彼を別学に放り込んで、(ある意味)楽をさせてもいいのかな?という気はしています。
(※あくまでも、拙宅の息子に限定した話です。他の方々には、各々のメリットがあると思っています)

たとえばもる家のお嬢様のように、学業も優秀で、人好きがして、男女の別なく友人になれるような
そんな女性が近くにいたら、彼にとっても、非常に刺激的だし勉強になると思います。
息子に欠けているものがテンコモリですから・・・自分にないものを、もっと尊敬して目を向けてみてほしいのです。
6年間の中高生生活は、時期的にも期間的にも、異性を勉強するに適していると思います。
これを知らずして大学工学部(ダンスィの園)に放り込むのが、大変不安なのでございます・・・。

・校風について

私自身は、ずっと下っ端のサラリーマンだったものですから
実は、校風というもののありがたみがよく分かっておりません。
サラリーマンたるもの、環境は自分が合わせていくもので、選んだり変えたりするものではない(そんな労力を払うくらいなら、自分を合わせた方が楽!?)というカメレオン思想^^;;;
でも、たとえサラリーマンであっても、優秀な人は環境は自分で作り変えていくものなのね・・・私はその努力をスルーしちゃってたかな、とちょっと反省中です(鳩子氏、ぴーちーえーに泣くの図)

話を長男に戻します
学校が厳しければ鼻をほじって従えばいいと思いますし(部活や予備校など、課外活動を充実させればヨロシーかと)
学校が緩ければ、好きに自己主張して学生生活を堪能すればいいと思います・・・その代わり、決して流されないよう自己プランニングはしっかりと。自由と自律はセットなので。

ただ、同じような方向を向いている学友がたくさんいると、何事もやりやすくて情報も集まるだろう、とは思います。
中高生時代は、どうしたって学校での時間が一番長くなりますから
できるだけ学力が近くて、向いている方向が同じ子(可能なら、家庭の経済レベルも近い方がベター)のほうが
共感しやすいし、情報交換も容易かな?と。
正直、N男子部は、ちょっとお金持ちの子が多い印象があります。私立大学への進学率とか、寄付の話とか。
N男子部のほうが、国公立理系一本!って印象が強くて(当てにならない印象かもしれませんが)
部活をするにしても予備校に通うにしても、同志が得られやすい気がしています。

いずれにしても、ある程度偏差値の高い学校ならば、授業のレベルも高いし意識高い系の友人も見つけやすいと思います。
できれば宿題が少なくて高校以降の部活動が控えめな学校が、親の希望です(←鬼母の微笑)
その点は、いまのところ長男も同意しています。
意に反して部活動に熱中して、青春を謳歌☆しちゃても、それはそれで喜ばしいですね^^

・以上を踏まえた上で、どの学校にチャレンジさせるか
まだ長男も12歳ですから、校風の合うあわないは、今の時点では親ですら分かっていない部分はあるのですが
「チャレンジしたい!」というその気持ちは、潰してはいけないと思っています。
だから、息子がT中に挑戦したいのなら、そのサポートは惜しまないつもりです。

もしチャレンジに失敗したら、潔く滑り止めに・・・とは言っても、滑り止まらなかったら大問題^^;;;
併願校が悩みの種ですねぇ。男子校っていう制約があると、選択肢が限られます。
入試日の早い男子校への合格が、一つのカギになります。そこへの合格が、T中へのチャレンジ権かな
どこかのスカラー合格がいただけるようでしたら、それもチャレンジ権とするかもしれません。

妥協させたらモチベーションが・・・のお話、身につまされます。ヤツは、まさにそういう男です_(:3 」∠)_
どーして私のようなペシミストから、あんな楽観主義の自分大好きイケイケ男が生まれるのでしょうか・・・
やっぱり、夫の遺伝子を正座で説教しようと思います
2018-05-16(Wed)

経験という財産

Twitter上で、南海キャンディーズの山ちゃんが母親から受け取ったLINE内容が感動的だ、と評判になっています。

(落語会を前にして、不安を抱えている山ちゃんへ、山ちゃん母が送ったメール)
「努力して結果が出ると自信になる。努力せず結果が出ると驕りになる。努力せず結果も出ないと後悔が残る。努力して結果が出ないとしても経験が残る」
「努力をしてその日を迎えたんだったら、何も残らないことはないから行っといで 母」

山ちゃんは、誰かの言葉の引用かもしれないと説明しているそうですが
こういう言葉が、必要なタイミングで適切な相手にササっと引用出来たら、素敵だなーと思いました。

まぁ、ね
大人の中には、努力もせず結果も出なくても、何も後悔せずノホホンとしている人がいっぱいいますし
努力して結果が出なかったら、経験も得られず挫折だけが残ってしまう人もいるとは思います(´・ω・`)ザンネン

でも、努力して結果が出ると自信になる。努力せず結果が出ると驕りになる。といのは、すごくわかる。
そして、努力しても結果が出ない場合、そこで折れた心だけを残すのか経験という財産を残すのかは、中学受験においては
親のハンドリング次第かな、と。

よくお聞きなさい、鳩家の男子どもよ。
我が家の母は、努力もせずに結果も出さないオトコを決して許しません。
努力しても結果が得られないのは、OK。
なにはともあれ、努力だけは絶対にさせますからね・・・さもないと、キミタチが一番嫌っている「母の熱いベーゼ」をお見舞いしてやるんだからなぁぁぁぁ


さて、先週末は週テストをお休みしたので、代わりにN男子部の過去問を解いてみました。

N男子部は、偏差値的には男子校Nと同じくらいですが
入試問題の傾向は、大きく違います。
N男子部のほうが、算数は非常に素直なので、塾長にもおススメされました。
(社会は男子校Nの方が素直だと思う。個人的な趣味の問題かもしれませんが。)

男子校Nのほうは、学校紹介の場で学生さん自身が「うちはT中に落ちた子が残念な気持ちで来てることが多いので・・・」
と言っていましたが、なるほど地理的にも近く、男子校という点も共通しているので、T中を目指した子が多く来ている学校なのかもしれません。
一方N男子部は、T中と入試日が同じなので、敢えてT中(愛知県TOP校)を受けずにN男子部にほれ込んで入学した子が多いように思います。
校風でいえば、男子校Nは若干管理系寄り、N男子部は自由系かな?と感じました
うちの長男は管理系よりも変・・・あ、いえ、自由放任を愛するタイプなので、
そこも含めて塾長にはおススメされていました。

でも、当の本人がT中を受ける気満々なので
入試日の問題は如何ともしがたくて、過去問対策としてはこれまで後回しにしていました。
このまま塾にお任せして、家では共学T対策に特化しようかな・・・と考えていたのですが
先日、ふとしたことから長男の希望が「絶対男子校」だと知りましたので
それなら志望校に加えるべきかと思い直し、四谷大塚の過去問サイトからダウンロードしてみたのです。

余談ですが、A県に在住でない方のために蛇足を付け加えますと
偏差値順
男子校T>共学T>男子校N≒N男子部
となっています。
男子校Nのほうが若干N男子部より高い、かな?(間違ってたらご指摘ください)
男子校Nにはスカラー制度がありますが、N男子部にはありません・・・多分。

どーしても男子校、という条件が譲れないのなら
偏差値が伸びない場合は、男子校Tでの受験を諦めてN男子部を受験する・・・という可能性もでてきました。
本人は嫌がるだろうでしょうけど・・・まぁ、受けるにしろ受けないにしろ、入試問題を解いてみることはいい勉強になります。
四の五の言わせずに、とっとと解かせてみました。

結果
算数、7割五分取れました(´ω`)=3
最後の大問も仕留めました・・・ヨカッタ・・・

男子校NとN男子部、どちらも5年生の時からずっとA判定をいただいているのですが・・・
入試問題を解いてみたら、実際はドエラい点数差があります。
判定って、ムズカシイですね~

今の段階でこの点数なら、丁寧に過去問に取り組めば、比較的堅実に合格に届きそうな気がします。
いいな~N男子部。母心ゆれゆれです。
でも入試日のことがあるから、親子バトル必須だ~^^;
塾長も強気の男子校T推しだし(まぁ彼は商売人ですから、そう言わざるを得ないでしょうけども)、うちのパパも長男の味方!でT校推しです。
どうして男子というイキモノは、こうも強気なんですかねぇ??
というか、母はまだ共学Tへの憧れも捨てきれてないのですけれど・・・
誰か、あの頑固者に付ける薬を売ってくれないでしょうか。
困ったもんです_(:3 」∠)_
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-05-08(Tue)

惨敗!過去問撃沈

※コメントへのお返事は、今夜じっくりとさせていただきます!ご訪問、ありがとうございます


今年のゴールデンウィークは9連休☆
・・・なのは親だけで、子どもたちは中日に登校日がありましたし、長男は塾のテストや講習もありましたので
近場の公園とか、夫の単身赴任先へのお泊りサイクリングなどでチマチマと遊びました(*'ω'*)

でも週テストはなかったし、学校の宿題も控えめだったので(今年の先生は宿題が少ないッ素敵ッッ)、日ごろの睡眠不足も取り戻せて
長男のご機嫌は常にMAXでした♡
まぁ、単に花粉が減っただけかもしれませんがね(笑)(まだ飛んでます?ちょっとだけグズグズが残ってるんですよねぇ。風邪かしら??)

組み分けの結果は残念でしたが、理科は良かったですし、全体でもY偏差値55は超えました。
なので「伸び悩んでる」とか「不調」という印象は持っていない、現状の我が家。
とはいえ、志望校判定もコース分けも不調に終わりましたので、少しは自信をつけさせてあげたいなーと思いまして
第三志望校の過去入試問題に取り組んでみました。

第三志望校は、偏差値的には5年生時よりずっとA判定をいただいている学校です。
男子校ですし、校風も進学率も申し分ない名門校なので、現実的には一番進学可能性の高い学校です。
(※SV鳩子女史は、相変わらずテッパン安全校での安心受験を目指しています)

実はGW初日、テストが終わった直後に、第一志望校の古い社会の問題を解いてみたのです。
結果、惨敗_(:3 」∠)_

長男の名誉のために、素点は秘密にしておきますが・・・まぁ、その・・・3割とか4割とか、そういうオーダーです"(-""-)"
時間が足りなくて問題文を読み終わらないのは、まぁ想定内として
その他にも「和宮親子内親王」だとか「江」だとか、歴史好きなら当然知っているはずの人名(歴史音痴の私でも、チャチャとハツとゴウくらいは知ってますからねぇ。だからあれほど一緒に真田丸観よう!って誘ったのに・・・大河ドラマも時代劇も観ないヤツなんです)がまったく答えられず
「なにこれ!四谷大塚でも学校でも習わない単語がいっぱいでてくる!」と悲鳴を上げていました。
ははは( ;∀;)
せめて落ち着いて公民問題から解けばよかったのに・・・。馬鹿正直に第一問(地理)から解くから自信無くすんだよ-y( ´Д`)。oO○

こんだけ穴だらけだと、真面目に採点してもあまり意味はないので
一緒にテキストを開いて、じっくりみっちり解きなおしをしました。
公民と歴史は、まぁまぁ意義があったかな。
地理は鬼門だなぁ~。また解きなおしても解答できるかどうか・・・。
もう5月になったというのに、暗雲モクモクの我が家でございます。

と、いうドタバタがあってからの、第三志望校です。
長男に自信をつけさせることが主目的ですから、まずは一番得意の算数から解いてみました。

が、結果は・・・

大 惨 敗

あぁーーー!しまったーーーー!!
長男のデリケートなハートを、粉々に砕いてしまったーーー\(^o^)/

計算問題もボロボロ(ケアレスミス)、大問もズタズタ(図形問題だけは完璧に解きおった)
単純な穴埋め問題(算数に穴埋めがある!)も、漢字間違いで落としています。

うーん
ダンディ塾長は、第三志望校ならまず安全、第二志望校は調整次第、第一志望校はチャレンジだけど芽はある、と言っているのですが
この結果を見ると、私にはとうてい信じられません。
一生懸命やっても、第三志望校に届くかすら怪しいと思います。

・・・とかいいつつ、己の受験を振り返ると(あんなもん、参考にしたら危険しかないとも思いますが)、まだ諦める段階ではないとは思いますが
一つくらいは確実に合格をいただける学校がないと、親も本人も神経がもたないです。
持ち偏差値-10まで広げるか・・・-5なら安全かと思ったんだけどなぁ。甘かった~

ダンディ塾長はさらに、「第三志望校の算数は、ちょっと癖があります。同じくらいの偏差値なら、男子部Nの問題のほうがいい」ともアドバイスしてくれましたが
私個人は、偏差値60以下の学校を受験するのなら、「試験問題(その学校)との相性」や「問題の癖」というものは
考慮すべきでない、と考えています。
どんな癖があっても、多少の向き不向きがあったとしても、きちんと基礎をこなしていれば対応していける状態というのが本分だと思うからです。
長男も、口が裂けても「ここの学校の問題は、僕には合わない」などとは言わない男ですので(そこんとこは厳しく育てました@オニ母)
「ぼくの力が足りなかった。」と正直に認め、勉強時間を増やすことで親子の合意が取れました。

さーて、受験ブログらしく悲壮感が出てまいりましたね^^;
しっかりご飯を食べて、しっかりと睡眠もとって、でも勉強の密度はギュっとあげて6月の組み分けに挑みたいと思います!
それではみなさま、今週もがんばりまっしょい

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←とかいいつつ、今週の週テストはお休みする予定です。静岡のホビーショウに行ってきます!車の中でもメモチェ回すわよ長男~
2018-05-02(Wed)

公開組分けテスト6年 第2回 結果

公開組分けテスト6年 第2回 結果

理科>60>国語>4教科>55>社会>算数>50

Bコース残留しました\(^o^)/ギャボン

いや~、4教科の偏差値、55を超えたのですけど~Cには上がれませんでした。
これまでは55を越えたらCだって言われていたんだけどな~。残念~

志望校判定は、第一・第二志望がD⇒Cに上がっていました。
でも判定できる学校の種類が少ないので、第三志望以下はよく分かりません(たぶんA)。

塾長からももる様からも繰り返し「今の時期にA判定にはこだわらなくていいよ~」と言われましたので
あまりキーキー言わずに「ドンマイ♡」と息子には言っておきました。

当の長男は、ものすごく悔しがっていました。
「計算の見直しが甘かった!社会で、つまらないミスをした!あの2問があればCに届いたのに・・・」と目から火を噴いて悔しがっていました。
そんなにメラメラするくらいなら、最初からホンキだせよ・・・本番でも同じ言い訳をするつもりかね?
と黒い鳩子は思いましたが、今回はダンディ塾長やもる様の話を思い起こして
「まだ春だからね!7月の合不合までに精度を上げよう!!」
と白い鳩子で応対しておきました。

で、詳しい感想なのですが。

うーん
Y偏差値で55なら、「失敗」とまでは言えない気がします。
Cコースには上がれなかったし、志望校判定も今一歩(今の時期せめてBには届いて欲しい)だとは思うのですが
実際の長男の答案を見てみると「これでB?めっちゃよく解けてるのにー」という感じです。

あ、ただしそれは国語のみです。
国語は、今回偏差値55を越えました!!快挙\(^o^)/
前回の組み分けでは30台だったのに!!!大躍進です!!!!
週テストでも3回連続50を越えましたから、もうまぐれ扱いしなくても良い気がします。
もる様メソッド、本当に効いたと思う。
関東の6年女子の母さんのアドバイスも、studyjournal2020さまの励ましもめちゃくちゃ効きました!!!
みなさんに感謝のベーゼを贈りたい気分ですよ(←やめれ)
なんだか、あんなに長いこと頑張ってもあまり効果が出なかったのに、ちょっとしたきっかけで急に伸びることがあるのだと実際に経験して
「やっぱり、親や塾の力は偉大なんだ・・・ただしく導いてあげないとな・・・」と改めて思いました。
えーと、こういうの「ふんどしを締める」っていうんでしたっけ?
うん。もう、3本くらい一気に締めたいです!

で、理科。
偏差値60を越えました・・・ちょ、長男、これ週テストじゃなくて組み分けテストなんですが・・・?( ゚Д゚)
力学かー。みんな、ほんとに力学嫌いなんだねー(天体と生物の回だったら撃沈必定でした)
前回の週テストは失敗しましたが、今回はよくとれていたと思います。
落としたのは、正答率30%以下の難しい問題ばかりだったので(でも最後の大問は射止めてました。途中を落としたのになぜ最後は正解できるんだ・・・?)、まぁ、順当なところだと思います。

社会。
単純な問題文の見落とし、漢字間違いなどで細かく落としました。
ここがもうちょっと精度よく仕上がってたら、Cコースに上がれていたかなと思います。
ただ、国語も同様なのですが、最近、最後の問題まで残さず解けるようになりました。
問題文を読む速度があがったようです。
最後まで読めれば、間に合えば解ける。ということが分かって、すこし自信になりました。

算数。
得意、のはずの算数
今回、一番調子が悪かったです・・・"(-""-)"
とはいえ、偏差値50は超えています。
解答内容を確認しましたが、定番の計算ミスと最後の大問を落としている程度で
特段、大きく傾向が変わった感じではありませんでした。

「定番の計算ミス」・・・簡単に言ってはいけませんね。中学受験は、精度が大事なんだもの・・・
ここが乗り越えられない子は、難関校は狙えないのだと思います。
フンドシを引き締めて(あ、こっちの使い方が本筋?)、計算練習に精を出したいと思います。

今回は、大きく失敗した科目が無く、全体的にバランス良く得点できたと思います。
欲を言えば、得意の算数をもう一息がんばり、社会のケアレスミスを失くし、国語と理科は細かい語句や漢字を落とさないようにして・・・
なるほど。これが以前もる様の言ってた「4教科を全体的に薄っすらと頑張る」という状態なのですね( ˘•ω•˘ )

やっとここまで来たかー。
全体的にうっすらと・・・いや~それ絶対難しい(笑)
「ここさえ対策すれば!」って状態の方が集中しやすいですねぇ

またダンディに面談を申し込もうと思ってますので、これはあくまでも素人母の独断なのですが
Y偏差値で安定的に55@組み分けを出せるようになったら、そろそろ組み分けの役割は終了かなと思っています。
ここから先は、志望校対策と、でる順&メモチェで基礎知識の精度を上げていく作業時期かなと(まだポロポロ落としよる!)。
幸い、長男のモチベーションは尻上がりに上がってきていますので、このまま上り調子で天王山(6年夏)に突入できるよう、コンディション作りに気を付けていきたいと思います。

むぅ、でもそれだと秋に疲れを溜めて、冬に調子を落としちゃうかなぁ( ˘•ω•˘ )
夏は、あまり頑張りすぎないことが肝要ですね。
あともう一回くらいは下がり調子の波が来そうですから、その波のピークを夏の後半くらいに持ってきて、秋と冬は上り調子で乗り切りたいと思います(とらたぬ皮算用)。
さーて、連休はバッチリ遊ぶぞ~♡\(^o^)/
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

2018-04-25(Wed)

予習シリーズ6年上 第8回 結果と、御礼のお賽銭

予習シリーズ6年上 第8回 結果

60>社会>算数>55>4教科>国語>50>>40>理科>35

算数が復調したら、理科が大沈没しました_(:3 」∠)_

理科は、得意中の得意である力学分野だったので、本人、たいそう落ち込んでおりました^^;

あとで解きなおしたら、解説ナシで全問正解したので、定着度については問題なさそうです。
今回は時間配分をミスったようで
相変わらず、あっちを対策したらこっちが沈む(-_-メ)というシーソー状態から抜け出せません~

思うに、個々の理解度とか演習量というよりも、4教科を受験する上でのコンディション作りが下手なのではないかと。
今回、算数も国語も奮闘して、かなり集中できたようです。
特に、これまでずっと苦手にしていた国語が大躍進してきた(もる様メソッドのおかげです♡あと、いまBコースなので、点数の割には偏差値が高めに出るのだと思われ。)ので、そこでパワーを使い果たしてしまったようです。
受験順は算数→国語→理科→社会となっていて
算数と国語で全力を尽くし、灰になった状態で理科を受け、社会で「おっと、いけねぇ!」と集中力を取り戻したとのこと(笑)
(なるほど、これまでは国語で灰になってたから理科が良かったんだねww)

でもさー!
もう、キミ、何回受験してきたよ!?って感じですよね~ッ
なのにいまだにコンセントレーションのコントロールで失敗すんのかよ!と個人的には思いますが
そこはまぁ、小学生だから仕方ないというか・・・逆に毎週毎週テストを受け続けていることで、慣れ過ぎててモチベがあがらないというか。ゴニョゴニョ

今回、Bコースなのに一回も成績優秀者になれませんでした。
こんなんでCコースに戻れるのかなぁ・・・と不安です。
最近は「なにがなんでもCコースになるぞ!」という意識も薄れてしまったので
次回の合不合に向けて、親子ともども、なんとかして立て直したいと思います。

理科はヤっちまいましたが、国語は、前回に続いて偏差値50overをキープしました♡
今回の素材文は、けっこう長くてややこしかったので、記述までしっかり取れて一安心(*´ω`*)
これでホントに、国語不調の長い長いトンネルを抜けられたのならいいのですが・・・
次回で、その真価が問われるところです。
もし次回以降も国語が6割以上解けていたら、もる様のいる南の方角へ向けて、御礼のお賽銭を投げておこうと思います☆
もる様ー!感謝の平等院を投げますからね~♡(諭吉は飛ばないよ?ww)
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ
管理人へのメッセージは此方にお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク