受験終了後の長男のチャレンジ

長男はただいま、父親と一緒に四国自転車旅行に出かけております。

小学生のうちに琵琶湖到達、琵琶湖一周、日本海到達を自転車旅で成し遂げた長男。
小学校の卒業旅行は、自転車乗りにとっての聖地のひとつである「淡路島」でアワイチ(淡路島一周)にチャレンジしてきます。

そのまま四国に渡って、かの地も廻ってくるそうです・・・さすがに四国を一周する時間はなかった(笑)
男の二人旅。
じつ~に地味ですwww
ブログ友達のもる様なんて、海外で海水浴だそうですよ!!!なんてお洒落なの!!!!

まぁ、でも
それでこそ鳩家という気もします。地味で結構!
自転車で山道を一日180kmも走れる小学生なんて、立派なもんじゃないですか!!(主に体力が。)

母さんは「海外のお洒落なビーチでキャッキャウフフ」のほうが羨ましかったりもしますが(本音かよ)
汗臭い男子を二人も産んでしまったのだから、ある意味仕方ないかなー…と思うことにしました。

もう、家族旅行を喜んでくれるお年頃でもないんですよね~
パパと二人の自転車旅行、たっぷり楽しんできて欲しいものです。。。


さて、そんな長男ではありますが
受験終了、新生活を迎えるにあたって
ダイエットをすることにしました。

小学生がダイエット???しかも男子なのに???
と思われるかもしれませんが、
うちの長男、受験最後の7か月間で、なんと11kgも太ってしまったのです

うちの長男、姿勢が良くて動きが軽いので、ぱっと見は肥満児に見えません。
お菓子もジュースも一切口にしない生活(夕食以後は間食もゼロ)なので、私もパパも油断していた(ちょっとふっくらしてるけど、そんなに肥ってるとは気が付いてなかった^^;)のです。

でも現在、私より8cmも身長が低い(8cmしか、とも言えますが)のに、体重はほぼ同じなのです:(;゙゚'ω゚'):
これから成長期を迎えて身長が伸びていくとしても、
あまりにも急激に体重が増加すると内臓への負担が心配です。
なので、少し体を絞ることにしました。

ダイエット、というと「子どもにはダメ!」という印象があるかもしれませんが
適正な栄養管理と運動管理は、健康の基本だと思います。

生活が健康的であれば、(病気とかでなければ)過剰には太らないはずだと思うのです。
現状の長男の体重増加は、明らかに健康の範囲を逸脱してますから
まずは食事内容の見直しと、適度で規則的な運動を心掛けることにしました。

というわけで、今は食事の内容を全て書き出す「レコーディングダイエット」に取り組むことにしました。
アプリを使って、栄養素の内容もチェック。
一日のカロリーを1800kcalまでに制限し、
①減らしすぎないこと。1600kcal/日以上は死守
②1800kcal/日を超えた場合は、一週間単位で調整する「(別の日の食事を減らす)
③タンパク質、炭水化物、ビタミン、脂質のバランスに気を付ける(極端に減らしすぎない)
④運動した場合は、消費したカロリー分だけ多めに食べても良い
という点に気を付けて食事を採るようにしました。

うちの長男はメンドクサイちょっとこだわりが強い子なので
「ダイエットする」と決意したら、極端に食事を減らしてしまう懸念がありました。
お菓子を一切食べない、とか一日一食にするとか・・・
すぐにそういう極端なことをやってしまうのです。

しかも、強い意志でやり遂げてしまう(;´∀`)バランスワルイ
なので、とりあえず食べたものを記録させるだけで、ダイエット(食事面)では大丈夫かと思ってます。
記録すれば、自然と意識できます。
摂取量を超えないように食べるものを選びますし、逆に「あ、もうちょっと食べていいんだ」と食事に対して前向きな気持ちにもなれます。

そして、運動面では、水泳を取り入れることにしました。
本当は、毎日ジョギングをしたかったんですが・・・彼、一回やってすぐに挫折しました(笑)
自転車なら一日180kmを走れるのに、ジョギングは3kmで挫折ww走るの嫌いすぎwww

ま、身体が重いと、走るのはおっくうになるものです。
関節も痛めやすいですから、手軽に思えますけど実は難しい。
その点、プールはなかなか良いチョイスだと思います。

というわけで、週に3回、1時間/回でザブザブ泳いでいます。
1時間で、2kmくらい泳いでいるそうです(私は1kmがやっと・・・)。水の中なら身体が軽いのか・・・。
「泳いだら、ご飯お代わりもOKだ!」と目をキラキラさせて泳いでいます。
ご飯どころじゃない、ケーキだって食えるんでは・・・と呆れてしまいます。。。

あとは、中学生になったら運動部に入るそうです。
もうね、運動部に入ったら、絶対痩せますよね^^;
そんならもう、ダイエットも要らないんじゃないかと思うのですが
ま、健康にもいいことなので、しばらく続けてみようと思います。

さて、長男は果たして何か月で適正体重まで戻せるのでしょうか。
中学生男子のダイエットチャレンジ、気長に見守っていこうと思います(一緒に私も痩せる計画)

長男、中学受験終了!!

長男の記事は、これからどんどん減っていきます。
おそらく、ほとんど書かなくなると思います。

楽しい3年間でした。
締めくくりとして、総括記事を書いておこうと思います。

まず、合否報告から。
(今さらですが)複数校を受験し、合格しました。
不合格の学校があったかどうか、どの学校に合格したのか、どの学校に進学するのかは
残念ながらご報告できません。
うちは、地元のかたがご覧になったら一目瞭然の志望校ラインナップでしたので^^;
今後の長男の生活のことを考慮して、非公開とさせていただきます。

ただ、これだけは、応援してくださったかたにご報告したいので、書かせていただきます。

長男は、進学先の学校の制服を試着したとき、とても良い顔で笑ってくれました。
「母さん、やっぱ、テンションあがるね」だそうです。
進学先の学校を、誇りに思ってくれているようです。
笑顔で、胸を張って校門をくぐることができそうです。
そんな学校にご縁ができて、本当に良かったと思っています。

長男は、5年生の終わりには四谷大塚の偏差値で50台の後半に位置していました。
その段階では、第一志望の学校でも良い判定をいただいてました。

そして、6年生になってから、ゆっくりと成績が下降していきました。
勉強時間は減らしていません。
睡眠時間も、きちんと確保していました。
学校で大きなトラブルがあったわけでもなく、友人関係も良好で
塾での勉強も宿題の消化量も減らしていません。

なのに、どうしても模試で成績がでないのです。
それは、今思い出しても涙が出るくらい、本当に辛くて長い我慢でした。
何が悪いのか・・・各所のブログを読み漁って、塾で面談を受けて、毎晩毎晩布団のなかで考えに考え抜いて
それでもどうしても抜け出せない、長くて暗いトンネルでした。

自信を無くしてはいけない。自棄になってはいけない。明るく、前向きに、地道にがんばろう!
そんな努力を一年、へこたれずに継続した長男を私は、心より尊敬します。
そんなことができる小学生がいたんだと、我が子のことながら、驚きました。
彼に引っ張られるようにして、私も、明るく前向きに踏ん張って来られました。

成績は、ゆっくりと下がり続けました。
最終的には、5年時の持ち偏差値の-15の学校で「再考」の判定でした。
第一志望から第四志望まで、全て「再考」だったのです。
日能研の模試でも、四谷大塚の模試でも、名進研の模試でも「再考」でした。

あの時、私は、長男に結果を報告できませんでした。
「ちょっと、良くなかったよ。でもまぁ、ここからは模試よりも過去問対策だね。仕方ないよ、頑張ろう!」と言って
模試の結果を机にしまいました。

たまには悪い判定も出る?
たまの一回の悪い判定にキリキリしてはいけない?

いやいや・・・でも一年間です。
一年間、ずっと調子が悪かったのです。

調子が悪い、のではなくて実力がないと判断するべきでした。
そう思って基本問題を解き、週テストを解きなおし、メモチェを回してみたら意外とちゃんとできたりする・・・
かと思ったら、びっくりするような知識の穴が見つかったりする。

本当に実力がついてないのか
それとも、長い長いスランプなのか・・・

いま思い返しても思わず過呼吸を起こしそうな^^;苦しい日々でした。

結果的には
「模試では実力が発揮できないけど、本番になると実力が出せる」
という・・・非常に心臓に悪いタイプだったようです。
彼の、その途方もない悪癖(これは悪癖です。極めて親の心臓に悪い悪癖ですとも!)は、大学受験のときまで覚えていようと思います。
すなわち、「最後まであきらめない」ということかと思います。
あきらめずに努力すれば、花が咲く子なのだと思います。

ただ、これだけは書いておいたほうがいいかと思うのですが
私は、チャレンジ受験は良くないと思っています。
数字だけで見ると、我が家はまるで「チャレンジ受験」をしたかのような結果ですが
(ただの親ばかかもしれませんが)決して、そうではなかったと思っています。
彼の実力を、5年模試の結果で測ることはできませんが
それでも、四谷大塚のBコース生(偏差値50台)ではあったと思います。
課題の消化スピード、集中力、モチベーションなどを総合的に判断して
模試の結果よりも、もう少し上の学校を狙っても大丈夫だと決断しました。

なので、決してチャレンジ受験を勧める記事ではないつもりです。
そのうえで書きます

これから受験に挑む方々へ
どうぞ、最後まで諦めないでください
全力でやりきったら、きっと親子ともども、爽快な気持ちで春を迎えられると思います
どうか、みなさまが笑顔で受験を終えられますように・・・新年度を明るく迎えられますように
そう願って、長男の受験記録の終わりとさせていただきます。

3年間、読んでくださってありがとうございました。

あ、次男の記事は続きます^^
どうぞ、また一年間よろしくお願いいたします!

最後の挨拶品選び

進学先が決まったので、そろそろ目を背けていた難題に取り組む時がやってきました。

「塾への最後の挨拶」です。

まず、いつにするかの問題があります。

塾に最後に参加する日(入試の前日)にするか
全部の入試結果が出そろった日にするか
中学受験講座が終わる日(最終登塾日)にするか
もういっそ、なんでも無い日にするか(←めんどくさくなった…でもほら、先生がたもお忙しいですからね、なにもない日のほうが…)

それから、なにを持って行くかの問題。

N能研は、日本酒という伝統があるそうですね。
あとは、菓子折りあたりがポピュラーかしら・・・
でもねぇ、ぶっちゃけお菓子が余り過ぎて先生たちも毎年困ってるの、知ってるからねぇ
そしたら・・・「山吹色のお菓子」←!?
いやーーーーいくらなんでも!(とかいいつつ、実は毎年あるらしい。商品券とかね。)

その点、女子は有利なものでして
「もうすぐバレンタインだから~手作りでチョコ作ってきましたー♡」
とか言ってトリュフなんか持ってきたりして(笑)「女子は便利だねお母さん」と長男はボヤいてましたww手作りには敵わんなwww

でも男子にはその大技は使えませんから
(いやいや、いっそダンディ塾長に私の手作り♡チョコレートを渡して熱い思いを伝えるか。そして心底嫌がる塾長の顔を眺めて楽しむ、と…←)
ネクタイとかブランドハンカチを買うご家庭もあるそうです。男子から、っていうよりソレ、絶対オカンのセレクトやんね…(´・ω・`)

なかなかに悩ましい、そして楽しい悩みですが
我が家は結局、進学先が決まった時点(複数の学校で合格をいただきましたが、そのうち、進学する学校の合格が決まった日)で塾に行くことにしました。
連絡してみたら、その日は塾長が不在だったので、結局数日前後しましたが・・・まぁ、日付はあまり気にせずに、合否が分かったらなるべく早く、というタイミングが良いようです。
(注:合否情報は、メールで即日報告しています。それは最低限の仁義かなと)

持って行くものは、長男と一緒に選びました。
無難に菓子折りです。
塾生や先生方で簡単に小分けできるように、個包装のものを選びました。
男の先生のほうが多い塾なので、ちょっと塩味のするおかき類も混ぜました。
山吹色のお菓子(笑)は渡しませんでした・・・うちはまだ次男が控えているので、それでカンベンしてもらいます(笑)(あいつもだいぶ塾に投資するんだろうなぁ・・・)

一番のお礼の品は、受験生本人の笑顔を届けることかなって思います。
さーて、満面の笑みの長男を届けてきます(*´ω`*)
待っててダンディ!そして次男もよろしくね!

恭賀新年2019

あけましておめでとうございます!
謹賀新年

昨年は、弊ブログにお越しいただき誠にありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします



だいぶ更新が空いてしまいました~
昨年は、年末のご挨拶もできずに失礼いたしましたm(_ _)m

模試の結果が、予想以上に悪かったです(泣)
ずっと真面目に頑張ってきて、サボっていたり油断していたつもりはなかったのですが
それでもうまくいかないときは、そういうもののようです。

それでも、入試の日は刻一刻と迫ってきていますので
落ち込んでいる暇はありません。

今は対策に追われています。
過去問の出来は、第二志望で6~8割、第一志望で4~6割、それ以降だと8割くらいなのですが
ふと油断したときにドボーン!とビックリするような低い点数を出したりもするので
一日たりとも油断できないスリリングな^^;;;毎日を送っています。

中学受験の勉強を始めて、早3年
始めたときには途方もなく長く感じましたが、月並みな感想ですけども、本当に一瞬のことのように短く感じています。

ここまで追い込まれるとは(うかつにも)当初は思っていなくて
何がいけなかったのか、どうすればよかったのかを自問自答する昨年末でした。

それで、年が明けてから、その問いに対する自分なりの回答を得たのですが
結局のところ、何をどう頑張っても、精一杯やったのなら今が一番いい状態のように思い至りました。

志望校が違っていたら、とか
もっと勉強していたら、とか
もっと私に知識があったら、とか

いろいろと悩んでみましたが、結局道はここにつながっていたと思います。
誰でもない、長男(と私)自身が選んだ道です。
あとは精一杯やり切って、結果を受け止めたいと思います。
胸を張って新学期を迎えたいです。

週が明けたら、学校が始まります。
学校を休むのか、塾で過ごすのか、それとも自宅で受験勉強するのかは、まだ決めていません。
明日の最終日に、長男と一緒に塾長&担任の先生に報告したいと思います。

コメント欄に暖かいメッセージを頂きまして、誠にありがとうございます。
あと2週間で、最初の入試がスタート致します。
塾友のなかには、来週からさっそく始まる子もいるようで
いよいよという感じが迫ってきています。

ここから先は、なかなか平常心ではいられませんので
入試が終わるまでは、弊ブログの更新もお休みするかもしれません。
ふと気が向いて更新することもあるかもしれませんが
そんな気持ちの余裕が、持てない気がしています。
いやいや・・・むしろブログでも書いて己の平常心を取り戻したほうが・・・とも思うのですが
ぎゃぁぁーーー!とかキェーーー!!!などという奇声を発するかもしれませんので(笑)
ちょっとネットとは距離を取っているかもしれません。

いま確実なのは
2月には入試が終わってるということと
そこから次男の受験勉強がスタートするということだけです(爆)
2月からは、次男の受験ブログとして再起動させます。
お時間と余裕のある方は、よかったらまた遊びに来ていただけると嬉しいです。

長男の受験結果については
ブログ上ではご報告できません。
うちの志望校は、地元の方には一目瞭然なので
受かっても受からなくても、いろいろな方の気分を悪くしてしまうと思います。
次男のブログを続けていくなかで、ほんのりと(?)長男の進捗を書くとは思いますが
ネット上で学校名を記載することはありませんので、ご理解いただければと思います。

それにしても
こうして久しぶりにブログを書いてみると
やっぱり楽しいなぁと思いました。
頭の中でモヤモヤしていたことを、整理するいいきっかけになるようです。

コメント欄を通じて、相談に乗ってくださったすべてのかたに、深く、深く感謝を申し上げます。
3年間、本当にありがとうございました。
皆様の受験の成功と今後のご健闘を、心よりお祈り申し上げて、末筆とさせていただきます。
どうぞ、皆様が素敵な一年を過ごされますように・・・
ありがとうございました

SV鳩子

クリスマス模試と、冬期講習

さきほど、長男を塾に送迎してきました。

去年の今頃は、彼は自分で塾に通っていました。
5年の講習は午後からなのに、自主的に午前中の自習室にも行くとか言い出して
母さん、白目を剥きながら毎日お弁当を作っていた記憶があります。
でも、そのやる気がすごく嬉しかったっけな。
ほんと、キミはとてもよく頑張る子だよ長男(涙目)

外は車の窓が凍り付くほどの寒さで、こんな寒い中を、自転車に乗ってお弁当担いで塾に通っていた1年前の長男を想って
ちょっと目頭が熱くなったクリスマスの朝でございます・・・はぁ、歳をとると涙腺が弱くなっていけないよ( ノД`)シミルゼ

そして
私が長男を塾に送迎しているほんの数分の隙に、次男が自転車で遊びに行ってしまっておりました。
家の鍵は開けっ放し、子どもケータイは置き去り、コタツはつけっぱなしでおもちゃは床にだしっぱなし。
親の顔を見たかったので鏡を覗いてみたら、漢字書き取り200文字の刑を決意した母の( ˘•ω•˘ )がありました。

まぁ・・・収入は減るし再就職は叶うか不安はいっぱいだけれども、
あのトンデモ坊主の面倒見るには、専業主婦くらいガッツリ家にいないと難しいかもしれん、と改めて主婦生活の有難さを実感しましたよ_(:3 」∠)_
あいつめ…あたくしの年収分相当の悪ガキだよ!!!結婚式の親スピーチでこのエピソードを話してやる!覚えてろ( `ー´)ノ

でも二人も私立中学に通わせて大学に放り込もうと思ったら、やっぱり外貨も稼がないといけません。
年が明けたら、就職活動も再開します・・・油田、庭から出ないかなぁ(゚∈゚ )


クリスマスイブの昨日は、最後のN模試に参加してきました。
結果はまだ出ていませんが、あまり自信はないそうです。
手の遅さがどうしても克服できない模様・・・遅さが克服できないなら、あとは正解率で稼ぐしかないわけですが
過去問対策については基本的には塾にお任せしています。
家ではあまり口を出さずに、淡々と解きなおしに専念したいと思います。出したい・・・けど我慢だ・・・^^;

最後の模試では、入試における行動セットを見直しました。
起床時間、朝食メニュー、持ち物の確認などです。

・テスト開始3時間前に起きる
・テスト開始2時間前に朝食を食べる
・朝食メニューは、消化の良い炭水化物(シチュー、リゾットなど。大好きだった卵かけご飯は封印。消化に悪いからね~)+暖かい飲み物+ヨーグルトorフルーツ
・お茶、時計、受験票、ICカード、上靴、筆記用具を前夜and当日朝に確認
・テスト会場まではメモチェで時間を潰す(ゲーム禁止)
・トイレの場所とタイミングを確認
・チョコレートとスポーツゼリーとマスクは三種の神器

ありきたりですけど、こんな感じの対策をしています。
何を、いつ食べるかは、ここ半年の怒涛の模試スケジュールの中で試行錯誤してきました。
単純なようでいて、結構大事なメソッドだと感じています。
(子どもの性格や趣向にもよりますが)集中力を高めるスイッチにもなりますし、「いつもと同じもの」という安心感がテスト前の清涼剤(鎮静剤?)にもなります。
私も、来年のフルマラソン出走の時には、チョコレートとスポーツゼリーを持って行きたいと思います。
そしてチョコレートがポケットの中で反乱を起こして悲鳴を上げるのねきっと(遠い目)
母さんが持って行くゼリーは、長男に渡したものより数倍高くてコンパクトなものであることは、ここだけの秘密です♡

あ、長男の冬期講習は、大みそかが半ドン、元旦がお休みである以外は
基本的に土日も平日もずっと9:00-18:00です。塾長、お疲れさまです・・・。
気合い入ってんな~・・・と他人事のように思いましたが、大手塾はホテル合宿とかやってますから
それに比べれば可愛いものかもしれません。
と思っていたら
「ということは、塾から帰ってからも過去問やれるね、お母さん!」と明るく長男に言われたので
どうやら、塾以外にもさらに勉強する気のようです・・・おぉぉ、すごいけど、付き合うのは私か?私だよね?!!(ほかに誰もいない)
でもまぁ、勉強時間は、長けりゃいいってものではありません。
長い時間集中するのが効果的な子と、短時間でギュッとやるのが向いてる子といます。
だからそこまで勉強しなくても、塾に居る時間だけ頑張ればいいと思「ボクは、スパートは苦手だけど、持久力には自信があるんだよね」(意訳:夕食後も勉強するから付き合ってお母さん)

それもダンディの戦略ですか、長男?
もーーーーそういう言い方されたら、付き合うしかないじゃんか~~( ノД`)シクシク…
がんばりますよ~~しっかりサポートしますともッ

結果はどうあれ、最後の最後まで全力で駆け抜けたいと思います。
みなさまも、よいお年をお迎えください
それでは、よいお年を
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク