2016-07-28(Thu)

海陽中学潜入レポート3

というわけで、長男はラグーナ遠足を堪能してきたようです。

飲食物の持ち込みは禁止されているというので、昼食や飲料代として3000円を持たせました。
ちょっと多すぎるかな・・・と思いましたが、ラグーナはパスポートで入れないアトラクションも多く、飲食物も高めの設定なのです。
ちょっとはお土産も買いたいだろうし、飲み物をケチって脱水になっても困るから・・・と、つい甘めに渡してしまいました(でも他の子はもっと持ってきていたそうです。みんなお金持ちねぇ(´・ω・`))

でも、一応怖い顔をして
「無駄遣いしちゃダメだよ!全部使っちゃダメ!お土産なんて、買わなくていいんだからね!」
と言い聞かせて送り出しました・・・・が。

umiushi.jpg

こんな、泣かせるような綺麗なお土産を買ってきてくれました。
家族四人分、しかもお土産用のお菓子まで!
残金100円!!しっかり使い切りおった!!!

無駄遣いしちゃだめ、って言ったでしょ・・・と小言を言おうとしましたが
まぁ・・・

無理ですよね。

息子が買ってくれたものですよ・・・?
これで泣かない母親が、いるでしょうか?( ;∀;)
いまきっと全米が、いや、全オカンが泣いた。・゚・(ノД`)・゚・。

息子が買ってくれました!息子が買ってくれました!!(ウザいですか。そうですか)←反省ゼロ

全国の、男子を子育て中のお母さん
この先、思春期の男子どもは「あぁ」とか「うん」くらいしか口を開かず、汚いすね毛を生やしていずれ家を出ていくのかもしれませんが
それでもあたしたち、きっと一生、彼らのこういう気まぐれな優しさに癒されて、勝手に報われちゃうんですよね
お互い、がんばりましょうね・・・くぅ、攻撃力高いわーッ!ポケモンより可愛いじゃないのッ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン


さて!
今日は海陽中学潜入レポート第3弾です!

まず、学費の話。
結論からいうと
海陽の学費は年間約280万円です。月額23万円。
奨学・特待生は50万円/100万円(年間)の2種類。成績によって上位20名程度が選ばれます。
ということは、仮に100万円の枠を獲得したとしても、月あたり18万円の学費が必要です。

あら
これだけの設備環境で月23万円?
割とお安いじゃない?

・・・なんて、一度でいいから真顔で言ってみたいものです。
(すみません、口が裂けても言えないのでブログの場を借りました)

ちなみに、昨年度の進学実績は、東大1名、名大も1名です。(詳しくは此方

次。
寮の話。

寮は、10に分けられています。
4つじゃありません(グリフィンドーーール!)

最上級学年は下級生とは別寮(受験対策)なので、それ以外の下級生が8つの寮に振り分けられます。
全て独立棟で、完全個室・冷暖房・シャワー完備です。
ゲーム機器や携帯電話は持ち込み禁止。
夜は授業とは別に自習時間が設けられていて
ゲームも携帯も禁止された男子たちは、いやおうなく学習机に向かう環境だそうです。
それだけ勉強してて、なんであの進学実(自粛)

講師陣も上級生も、いつでもすぐに質問に答えてくれるし、自習のメニューも自由に組んでよい(もちろん相談には積極的に乗ってくれる)、
洗濯やベッドメイキングのやり方、お金の管理なんかも完璧に仕込んでくれるということなので
躾の行き届いた、良家のご子息を育んでくれると思います。うちもお金さえあれば通わせたい。

学内業について。
学園全体で取り組む3大行事は
寮対抗のスポーツフェスタ(5月)、演劇祭(11月)、マラソン大会(1~2月)
だそうです。

私の空耳かもしれませんが
マラソン大会は、10km程度のコースで
走り切れる自信がない生徒については、前日までに個別の特訓も請け負ってくれるそうです。

・・・
・・・・・
50km、の聞き間違いですかね・・・?マラソンで10km・・・。
うちの長男・次男は、3歳にして10kmを踏破しておるのですが・・・。個別特訓て・・・良家のご子息って、そんなに足腰が弱いのかしら・・・。

男子校での演劇祭ですが、映像を拝見すると、ちゃんと女性役も活躍する普通劇でした。すね毛のあるお姫様がチャーミングでしたともww

寮で6年間も共同生活するわけですから
卒業生同士の結束は、普通校とは比べ物にならないほど強いのだろうと思います。
いかんせん2006年開設の新設校ですので、OBがコネクションとして機能するほど広がっていないのが残念ですが
将来的には、各企業に散った卒業生から密なつながりで引っ張ってもらえるのだと思います。
肝は、やはり進学実績ではないでしょうか・・・そこさえ改善されれば、無敵の名門校になると感じました。

え?うちですか??
うーん・・・よくて15万円、悪くすると23万円ですよね・・・あ、玄関に誰かきたみたい。宅配かしら?(露骨に席を外す)

あ、これだけはちゃんと書いておかなきゃ。
埋め立て地にオーシャンビューで建てられている学園ですが(つまり、海に対してフルオープン)
防災対策は万全でした。
避難経路はしっかりと明記されているし、学生に対する避難指示も濃やかでした。
建物の耐震・津波対策も強固なもので、とても好感が持てました。
ほんと、お金と進学実績の問題さえなければ、こんな素敵な学園に息子を預けたいものです。

以上、海陽学園の潜入体験レポートでした!
いい学校でしたよ~~~
2016-07-27(Wed)

海陽中学潜入レポート3、の、その前に・・・

今日は、長男が塾遠足で蒲郡のラグーナに行ってきます。
園内は持ち込みのお弁当も水筒も禁止なので、お金と水着を持たせるだけでOK。なんとも楽チン・・・!
マイクロバスを借りて(運転手は、大型ライセンス持ちの塾講師だとか・・・便利な塾だこと)子供同士で一日中アトラクションを堪能するそうです。
いいな~。楽しそうだな~

・・・と、以前はただ無邪気に喜んでいたのですが
今回、海陽中学に見学に行って、ふと思いました。

どうして、ラグーナなのかな?って。

というのも
うちの近所、他にも手ごろなレジャー施設がいっぱいあるんですよね
猿専門の遊園地(うらびれてるけど)とか、世界各地の食べ物と建物が集積されたテーマパーク(うらびれてるけど)、明治の時代をコンセプトにしたテーマパーク(うらびれてるけど)とか・・・
ま、うらびれてるのが嫌だとしても
アクアトト岐阜、名古屋港水族館、名古屋市科学館、長島スパーランド、小牧のおかしの城(デタ!”うらびれてる選手権No1”)←おかしいやろ
などなど。

もっと安くて手ごろなテーマパークはたくさんあるのに、なぜラグーナなのか。
不思議に思いました。

で、海陽中学に見学に行って、気が付いたんです。

海陽中学って、ラグーナの隣に建ってるのね。

(゜∀゜)ま、まさか・・・
塾的情操教育の一環なのか?
ほーら、男子ども~
これが、日本でも数少ない全寮制名門男子校だぞ~
ちょっと偏差値は物足りないけど、特待生で入れば学費も優遇されるし、教師陣も豪華だぞ~

ま・・・まさか、ね。
東海や南山に毎年合格者を出してる塾なんだから、よもやそんな理由で海陽を見学にこさせたりなんかしないよね・・・
(っていうか、ここは特待とったって学費高いんだよ!そんなインプリンティング、親が死ぬからやめてください!!)

ちなみに、うちのご長男は
「いやー。この間見学に行ったばかりなのに、また海陽のすぐ近くに行くなんてね~。なんだか、縁を感じちゃうね。ラグーナが毎日眺められる中学って、なんかいいね」
などと申しておりました・・・
キミ、塾の情操教育にまんまとハマってないか?
簡単に縁やら運命やら感じないでくれ、少年よ!

はぁ~
まぁ、ただの偶然だとは思うのですが、怖い偶然もあったものです。
来年も体験宿泊に行きたいというし、塾遠足も毎年恒例でラグーナだというし
ということは、また来年もこの冷や汗を体験するわけですから、ちょっと憂鬱ですww

東海や滝の隣には、なにかテーマパークがなかったでしょうか・・・オープンキャンパスに行って、トースト加えた美少女上級生と曲がり角でぶつかってくれたりしませんかね?(あ、東海って男子校だった!)
2016-07-22(Fri)

海陽中学潜入レポート2

さて、海陽中学潜入レポート第二弾です。

図書館が此方
DSC_1069.jpg

ちょっと分かりにくいですが、右手のガラス張りの施設が図書館です(生徒さんが写り込んでしまうので、中途半端なアングルしか撮れませんでした。失礼しました(;д;))

ガラス張りの壁、DVD視聴専用コーナー、専門書の数・数・数・・・
中高一貫なので、この手の施設は豪華です。

そのぶん、実際に生徒として利用しようとすると、「上級生が怖くて入りにくい」などの問題がありそうdすが
どうせ本格的に利用が必要になるのは上級生に(受験生に)なってからでしょうからww
運用上は支障ないものと思われます。
それにしても豪華だぎゃー

プールは此方
DSC_1073 (1)

屋上の一角に設けられており、一面のオーシャンビューです。
豪華すぎて意味が分からない・・・。
広さはさほどでもありませんが(っつっても50mはありそうだったけど)
水平線を眺めながらの水泳授業とか・・・どこの御曹司だよ!という感じです(実際、生徒はホンモノの御曹司なんでしょうけども)。

そして、校長先生肝入りの施設が此方
DSC_1074.jpg

天  文  台
学校に天文台がある!?
もちろん、望遠鏡も投射機も完備!!?
マッタクイミガワカラナイ

どうやら、現校長先生の趣味の産物だそうです。まさにハリー・ポッター(あちらは占星術の授業でしたっけ??)

その他にも、保険棟が独立棟だったり、体育館と武道場が別棟だったりと
開いた口の塞がらない豪華さでした。素晴らしい!

確かに学費はお高めですが、これだけの施設なら、納得です。
お金の問題さえなければ、こんな学校で息子を学ばせたい・・・かも。

いや、でも設備の豪華さばかりに目を奪われてはいけませんよね。
進学実績や校風なども大事なポイントです。

というわけで、次回はそのあたりの学校情報を中心にUPしたいと思います。
(次回はすぐにUPします!)
では、また次回!
2016-07-20(Wed)

第四回組み分けテストの結果&海陽中学潜入レポート1

気合を入れて臨んだ、第四回組み分けテストの結果は・・・!

無事、Bクラスへの昇格を果たしました.゚+.(・∀・)゚+.

といっても、偏差値は4科目平均で49.5。
(週テストと違って、全クラス共通問題で受験する組み分けテストなら、55を超えれば御の字です)

理科は59をマークしたのに、国語で39をたたき出しおったww
「国語がアレでBクラスなの・・・?」と、長男の反応も微妙な感じでした。
よし、夏休みは国語の大特訓じゃ~!

今回は、理科で高得点だったのが嬉しかったです。
「デ(ネ)ブ!デ(ネ)ブ!!」と連呼しながらテスト勉強した甲斐があった!!(でも出なかったらしいwwwお約束すぎる)
星の単元について、泣くほど苦手意識を持っていた長男ですが
今回の成功で「も~、全部星の問題だったら良かったのにさ~?」と完全に気をよくしておりました。
ほんと、男子ってアホで可愛い(´∀`*)

ただ、残念なことに
今回のクラス分けは、夏期講習にしか反映されません。
都会の大きな塾だと、夏期講習だけの単独クラスがあって(外部生も受け入れるからね)
講師陣もクラスごとに違ったりするそうです。
が、うちのご長男の塾では一クラスしかないので
クラス分け、あまり関係なかったりします^^;

その分、講習代も格安ですし、それでいて過去の合格実績は素晴らしい塾なので
今年は塾の方針を信じて、お任せしようと思っています。
それにしても数千円の講習代で、ほんとに成果が上がるのでしょうか・・・これで本当に成果があがるなら、適正価格っていったい・・・??

さて、話は変わって
海陽中学の体験宿泊、参加してきました!

このたび晴れてブログ村にも登録したことですし
全国でも珍しい全寮制男子校の貴重な生情報に触れましたので
本日より数回に渡って、レポートをご報告しようと思います。

全寮制男子校・・・というと、みなさまは何をイメージされるでしょうか。

私は、まず最初に「イートン校」を想像しました。
イートン校は、イギリス王室御用達と言われる超・超・超名門校です。

当然学費も超名門級で、日本でいうと「慶応ボーイ」的な位置づけになります。
ただし、貴族階級が実在する国での「超名門」ですから
ちょっと父ちゃんが株で一発当てて小金持ちになってさ・・・程度のお金持ちではなく、リアル「皇室級」のメガトンブランドボーイなのだそうです(昔、イギリス人の友人がそのように力説しておりました。”小金持ち”なんて日本語、どこで覚えたんだろ)。

つまり、少々のお金を積んでも、庶民には入れない禁断の男子の園。
これまた制服がオシャレでね・・・普段は詰襟派のワタクシですが(お母さん、何のカミングアウト)、イートンのブレザーだけは
よだれと目まいが止められない素敵さでございます(おまわりさん、この人です)。

あとは、「ハリーポッター」とか(あれは共学か)、「飛ぶ教室」あたりがメジャーどころでしょうか?
日本だと鹿児島のラサール学園が有名ですよね。

海陽中学は、世界のTOYOTAやJR東海、キャノンなどの超大手企業が協賛して設立した中高一貫の男子校です。
設立は2006年。
去年第一期生がようやく就職したばかりの、新設校です。

DSC_1072.jpg

エントランスは、こんな感じ。
これね、エントランス専用の建屋です。
エントランス専用の建屋がある中学校って・・・豪奢すぎて笑いがでます(*σ´Д`*)←呆れて口が空きっぱなしだった母さん

学園は、三河湾(だったよね?外してたら息子に叱られるッ)の埋め立て地に建てられており
校内の至る所から水平線を一望できます。
窓が大きく、トップライトを多用した現代的なデザインで統一されているので
内部はどこもかしこも明るくて、解放感に溢れていました。

写真撮影は禁止されていませんでしたが、他の保護者さんが写り込むとご迷惑をかけてしまうので
あまりじっくりとご紹介できないのが残念です。
とりあえず、説明会の食堂(の天井)を載せておきますね
DSC_1071.jpg

これが中学校のカッフェテリアですのよ、奥様・・・(*σ´Д`*)
公立中の質素な建屋しか知らない私からすると「私立ってみんなこんな風なの!?ほんとなの!!?」と目を疑いたくなる風景でした。
そもそも「カッフェテリア」て!!なんだその「ッ」!!!(錯乱中)
さすが天下のTOYOTAさんです・・・気合の入り方がハンパない。

体験入学に来ているご家庭の保護者さんは
どなたもホンモノのセレブってやつでした(下衆な表現)。
着ているものも上品だったし、物腰も品性が有り余ってる感じ。

多くのご家庭が、奥様は「これから入学式ですか?」と聞きたくなるくらいのドレスコードで
旦那さまはTシャツ&ハーフパンツの「これからショッピングモールですか?」というドレスコードだったのが印象的です。
ママ、気合入ってますね・・・女はいろいろと大変なのでございます。

まぁ、どこのお父さんも、ショッピングモール風のいで立ちではありますが
「平日はどこぞの大企業の企業戦士なんだろうな」という威厳がただよっておりました。
(たとえば目の下のクマとか剃り残しのオヒゲの辺り。お疲れさまモード。)
茶髪にどくろTのイナヤン系パパは居ないですね。公立中だとわんさかいるんですけど。むぅ。

いろいろ迷いましたが、私はあえて、ショッピングモール級のドレスコードで説明会に挑みました。
だってさ、どうせ冷やかしだもんww
こんなお金持ち校、本気で通うわけが、ない。
もし万が一通うことになったとしても、その時は特待生しかあり得ませんから
下剋上を狙う庶民代表ママとして、あえて普段着で挑みましたん(ほかに持ってないとも言う)。
でも大丈夫!
上品なママ達は、他人の服装をジロジロみたりしません~意外と気楽でしたよ~(´∀`*)

というわけで、レポートは次回へと続くのでした。
食堂までたどり着いたところで第一回終了・・・疲れました(笑)
では、また次回!
2016-07-14(Thu)

甘ったれの次男が意外とクールだった件

Z会の国語のドリルを終わらせた次男。
「今日は自信があるんだよね~」と呟いて、採点を待たずに動画を見出しました。

実際、えらそうに言うだけあって、国語も算数も大変よくできている。
ほぼノーミス、すごい!
次男、君はやればできる子!(でもやらずにサボるアホ男!)
よしよし、たまにはたっぷり褒めてやるか・・・と思ったのですが、
一問だけ、やり直しを指摘しておきました。

問題文は、空を飛ぼうとする子ぎつねの話。
一生懸命に手をパタパタさせて、空を飛ぼうとする子ぎつね。
仲間の動物たちは、そんな子ぎつねを見て
「鳥でもないのに飛ぼうとするなんておかしい」とからかう・・・というお話。

設問は
「あなたなら、どんな言葉を子ぎつねに言ってあげますか?」
というものでした。

まぁ・・・ある意味、いかにも学校的国語の問題です。
「仲間の動物たちは、(子ぎつねが)飛べないと言っているけれど、僕は頑張れって言います」
というような回答を想定しているのだと思います。

この手の問題は、決まった解答がないので
文法的、語彙の使い方などに間違いがないか。また子供の回答に対して「ここが面白い」「お母さんならこういう」というようなアクションを返すこと。
などに気を付けて採点するべきかしらね・・・とメンドクサク思いながら(面倒くさいんか)、彼の回答を読んでみたのです。

すると、彼の回答は
「まぁ、それでとべたらしょせんきせきだよね(所詮奇跡だよね」
でした。

・・・
なに、その無駄なクールさ(´・ω・`)

決まった解答はないのだから、何を書いても丸にしてあげてもよい・・・のかもしれませんが
語彙の選択がちょっと甘いかと思い
「次男~、この問題、”しょせん”じゃなくて”まるで”にしたほうがいいよ?」と三角を付けました。

すると、彼は気のない様子で
「でもお母さん、”まるで”って言ったら、きつねを褒めているみたいじゃん。飛行機を作って飛ぶなら凄いと思うけど
奇跡で飛んでもぜんぜんすごくないでしょ?」

と言うのです。

次男・・・
君の”しょせん”の使いかたは、大変正しい(´・ω・`)
(まぁ・・・の出だしは、我が家の家風なのか?)

甘ったれで、幼稚で、決して出来の良い方ではない次男ですが
この回答は、実にCoolだと思いました。
そうそう~母さんも、奇跡をあてにするヤツはダメだと思うのよ~(`・ω・´)←七夕の短冊に「きょまんのとみ」と書いた母(”きょに・・”と書きかけて直した)

今日のところは、△→○にしておきました!

年に数回、ごくたまに賢さをみせる次男(残りの数万回はアホしか見せない)
受験のときは、その非客観的な論旨は邪魔になるんだけど
今の段階では素直に褒めておきました。
「ただしい”しょせん”の使い方ですね。まる。」
2016-07-14(Thu)

悪事

今週末は海陽中の体験宿泊があるので
土曜日のテストが金曜日の夜(前夜)に振り替えられます。
だらに、今週のテストは週例テストではなく、月例テスト。
テスト範囲が広くなるだけでなく、2科目→4科目の試験になります。
勉強時間が短くなるうえに、ボリュームも増大する・・・
長男、大ピンチです(; ・`ω・´)

しかし、エンジンのかかりの悪さが最大の弱点である彼。
こんなに追い詰められた状況でも、どうしてもケツに火が付きません。
真面目だから、言えば机に向かうんですけどね・・・モチベーションの低さだけは如何ともしがたく。

先週の日曜日、そんなローテンションの息子を無理やり机に追い立てて演習問題を解かせたら
私が席を外したすきに、とうとうアレをやらかしました・・・
カ ン ニ ン グ

キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

人によっては「カンニングくらい、子供ならだれでもやるでしょう?」と思うかもしれませんが
実は私は、ほとんどやったことがありません。
学生時代、クラスぐるみでカンペをまわしっこした経験はありますが
そのテストでは、結局私は通過し、同じカンペをみた男子達はことのごとく単位を落としました・・

別に、私が女子だったから優遇されたわけじゃないですよ!(注:鳩子母は電気工学科出身のため、男子40人女子4人の臭いクラス構成でした)
カンペは見てしまいましたが、丸写しせずに自分なりの勉強の成果を書き足したからです。

一緒にカンペ作戦に参加した女子友も、無事通過しました。
だけどあまりにも後味が悪かったので、二人で先生のところに出頭したのです(この辺が学生の青さですよね~。先生だって迷惑だったろうに^^;)

そしたら、先生は困ったように頭を掻いて「カンペの件は、僕にはなんとも言いようがないけど
確かに、今回のテストは、似たような回答が多かったよね。でも君たち二人の回答は、そのなかでもきちんと自分なりの工夫が見られたし
同じような答えを書いた人が他にいなかったから、合格をあげたんだよ」と。
そのあと
「君たち二人は、いつも一緒で仲がいいと思っていたんだけど、実は仲が悪いのかと思って心配したよ」
と言われてみんなで大笑いしました。
私と、その女子友の回答がお互いに(ほかの人とも)全然違ったのだそうです。

そういえば昔、漫画でそういうネタがあったなぁ。動物のお医者さんだったかしら。カンペの系譜で友人関係が分かる、とwww

そのあと二人して「二度とやめようね。やっぱ、落ちても自力が一番だよね」と話し合いました。
(っていうか単位落とすなよ!って話ですがwww)

まぁ、そんな余談を踏まえつつ
学生時代の私と息子との、最大の違いは
「カンニングしても、メリットがない」
点にあることを彼に話しました。

卑怯だからダメ、悪いことなんだよ、という精神論も一応したけれど
それは息子も百も承知していることなので、軽く流しました。

それよりも、単位さえとれば卒業できる身分の学生と違って
息子の勉強は、これからが本番なのですから
いまここで多少点があがっても(カンニングしても)、次の問題には対応できません。
理解できていないことは、すぐにバレます。
バレれば、それまでの信用もすべて失って、受験だったら「即退場」です。大いなる恥とともにね。

では、バレないように一生カンニングし続けるか?
その度胸と、運と、技術に自信があるか?
大人の経験と観察力と技術を駆使して君たちのカンニングを阻止するけれど、それら全部に何年間勝ち続ける予定か?と。

それよりも一言「お母さん、この問題わからないから、解き方教えて」
と口にするほうが何倍も有益ではないか?と。

長男は、一瞬にして理解したようです。彼は理論の男www

まぁ、そのカンニングの結果をみると
「解答ページを盗み見て急いで書き写したら、答えは合ってるのに式を写し間違えた」
という酷いもので、一発で「カンニング慣れしていないトーシロー」の仕事だったので
私も「これは初犯(´ω`)」と判断して許しました。

むしろ、こんな初歩の段階で説教する機会ができたのは
幸いだったかもしれません。
何度も成功して味を占めると、二度とは戻れない道に踏み込んでしまったかも。

そして、願わくば
彼に、「自分に恥じない行為」の規範を持ってほしいと思います。
正義は、他人に振りかざすものではない。自分自身の心に照らし合わせるものだ・・・というのが私の持論です。
あ、俺いまイイこと言った?ww
(訳:カンニングに費やす労力が余ってんなら、その分とっとと勉強しろ!)

さて、
私の仕事は、彼がカンニングしなくて良いように、勉強を仕上げてあげることですね
今夜は社会と算数に取り組みます!
さぁさぁ!がんばるわよ~ヾ(*´∀`*)ノ
2016-07-12(Tue)

瞬間最大失速

(; ・`ω・´)ナン…ダト!?
前回最高記録をマークした翌週のテストで、過去最低点をマークしました!(笑)国語、44点て!

算数も60点台。こちらも多分、過去最低点です。
今回の単元は三角形。
四角形よりも頂点が少ない分簡単じゃん・・・と思いきや
当然そんなわけはなくてww四角形と台形の中に三角形が隠されている(混じっている)ので、これまでの単元の理解度の深さを試される単元でした。

さーて、
悪い点を取ったとき、母さん先生はどういう顔をするべきでしょうか。
「まだ先は長いからね~元気出して~」と菩薩の顔をするべきか
「フンドシ締めやー!気合抜けてんぞ!!」と般若の顔をするべきか。

まぁ、本人がヘラヘラしてたら般若パターンで、落ち込んでいたら菩薩パターンで・・・と以前から決めていました。
(決めていたのに、これまでずっと予想外に良くて菩薩も般若も発動しませんでした。頑張ってるよね、長男!)
長男の反応は、というと・・・
「えー!」という意外そうな声を上げた後、「まぁ、そうだと思った~」と(無駄に)余裕を見せた態度でした。


はい。
般若モード決定。

まぁまぁお母さん!彼、表には出さないだけで
実は10歳のハートのなかに大きすぎるほどのプレッシャーとダメージを抱え込んでいるんですよ・・・

と、私の中の白い先生は諭してくれましたが
私の中の黒い先生

男子たるもの、おのれの発言と行動にはきっちり責任もつべし(゚Д゚)ゴルァ!!
舐めてると、同じこと何度でも繰り返すぞ少年!甘えんな!!

と身もふたもない根性論をブチカマシテいましたので
この日は黒鳩子先生にご出動願いました。

子供は褒めて育てるべき
親が子供を追い詰めてはいけない・・・と世の子育て本には書いてありますが
(もちろん、それも一理あると思ってます。本当だよ!)
私は、いつでも本気で彼に向き合いたいと思っています。そのためには、叱ることもある。

「点数なんて悪くても大丈夫~試験なんて落ちても気にしなくていいの~」
なんて一度でも口にしたら、そんな「なんて」程度のことに
息子をこんなにも取り組ませていることになるわけで、それは、あまりにも誠意がない。

私も本気!絶対本気!!母さん、君の2倍頑張るから
だから君も、ケツまくって頑張りなさい!!任せて、母さんが君を合格の向こうに連れて行くから!!!
という、不退転の決意で臨んでおります。

そんなに追い詰めたら可哀想、長男くんの逃げ場がないじゃないか・・・
というときは、正義の味方「パパ仮面」の登場ですww
「お母さんって怖いなぁ~そんなにいつも頑張れないよな~?」と、とびきり甘やかしてもらいます。
まぁ・・・我が家は夫も受験に協力的という恵まれた条件ですので、こういう必殺技が可能になります。
そう
母さんは、君のためなら悪の帝王にだってなるのですよ、長男!
あ、いやビジンダーか・・・ドロンジョ様も捨てがたいか・・・(ただの悪役好きか)

テストの内容を確認すると
算数は、小問はほぼ解けていました。
最後の大問は演習不足で解けていませんでしたが、解説は理解できたので次は大丈夫でしょう。図形問題は、一度理解すると忘れにくいのが便利ですね。

点数が悪かった原因は、計算問題を全問外していたところにあります。
いつもはめったに外さないんですけど・・・彼の油断が見えます。

国語は、時間配分を完全にしくじっておりました。
このところずっと高得点が続いていましたから、ちょっとてこずった問題が表れたときに
「きっと解けるはず!」と無駄に長く取り組んでしまったんですね。
その結果、続く大問をことのごとく外してしまった、と・・・
油断としか言いようがない。

そうは言いつつも、実は苦手な文章傾向(弱点)があって、今回がそれにハマったのかな・・・
とも思ったので一緒に問題を解いてみたのですが
しっかり時間をかけたら、全部正解しました。

やっぱり時間配分か~~^^;
落とした問題の配点を説明して
「ここを諦めて、この選択問題とこの穴埋め問題を解いていたら、何点UPしたかわかる?」
「わー!15点もあがってたんだ!!!そうか・・・勿体ないことした・・・」
というミーティングを行いました。

「そう、できない問題があったら、とりあえず先に解けそうなところに取り掛かることも大事だよ。今のうちはね。でもね、最終的には、そういう”捨て問”は無くそうね。大丈夫、まだ受験までには時間があるよ!この仕上がりなら、絶対全部解けるようになるよ!^^」
「ほんと?うん、そうだね!^^」

最後は和やかにミーティングが〆られました。
可愛いのぅ・・・まだまだ素直な長男に萌え萌えいたしました。

よーし、今夜は理科の日です!
今日のボスは星・星・生物・植物です!!頑張るぞ~

2016-07-08(Fri)

志望校の話

長男の志望校について。

関東や関西と違って、東海地方は、それほど私立校が多くありません。
全国でも指折りの「公立王国」です。
なんたって、複合選抜を実施している全国唯一の県というくらいですから
(注:最大4つの公立高校が受験できる制度です。どんだけ公立好きなんだっていうね・・・)
私立は、はっきり言って手薄です。
東海地方の人は、割と裕福層が多くて(世界のTY。すごいぞTY。)上品で高級志向ですけど
その実、かなりゴリゴリの合理主義という印象があります。
経済的でレベルの高い公立があるのに、どうして私立に行くの?お金、余ってるの?という空気。

でも、レベルの高い私立はそれでもやっぱり人気があって
女子だと南山、男子だと東海が有名です。
共学の滝中学も人気かな。どれも偏差値は60超えの難関校(;´゚д゚`)エエー
東海に至っては、国公立大学の進学実績が5割を超えるモンスター校です。
「トーカイって男子校なの?6年間男子しかいないの?」と次男がビビっておりましたww何を恐れているんだ、次男よwww
「ふーん。女子いないんだ・・・それは楽でいいな。先生も男の人ばかりかな?」いや、君は君で問題があるな長男よwww3年後に自分の不明を死ぬほど後悔しても知らんぞよ。


んで
愛知県に住んでいて、さぁ中学受験するわよ!となったら
どこの塾も「お子さんは息子さんですか?じゃ、東海ですね。」と決めつけます。

(;´゚д゚`)エエ-
殺生な・・・そんなレベルの高いところ、誰も受けるなんて一言も言ってないじゃないか(受けないとは言ってない)ゴニョゴニョ・・・
とうろたえる初心者受験ママを前にして、塾の先生はデューク東郷ばりの冷徹な顔で
「とりあえず東海ですよね。分かります。」
という風に話を進めていきます・・・塾、コワイΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ

その方針が妥当かどうかは、また別の話題として
志望校については、そろそろ検討を始めないといけません。
できるだけ偏差値の高い(いける範囲で)学校を!と勉強するのか
この学校しかない!この学校のために勉強する!と決めるかで
勉強に対するモチベーションも取り組み方も、変わってくるからです。

というか、もっと具体的な話として
そろそろ各学校の学校説明会が開かれる時期なのです。
人気校は早めに申し込んでおかないと、すぐに定員オーバーになってしまう。
塾のセンセも怖いけれど、世の受験ママの本気モードも十分コワイ(((゚Д゚)))ガタガタ
5年生になったら、模試とか特別講義とかで忙しくなっちゃうから、
今年のうちに、有望な学校の説明会は参加しておきたいところです。

そういう次第で、私も来週に1件、来月に1件、学校説明会に参加してきます。
残念ながら東海中学の学校説明会は終わってました。5月って・・・早ぇ(冷やかしだけど行ってみたいじゃん!?だって男子校よ、奥様!!)←

小4の今の時期だと、塾の先生は「あなたのお子さんの成績なら、どの学校でも選び放題です」って言うそうです。
ネットでそのような噂は聞いていましたが、私もリアルで本当に言われて「キター!」とおどろきました。
偏差値30台の子にでも言うらしいww強気だな、先生www
まぁ、実際の志望校対策はまだずっと先の話ですから
今のうちなら、何でも言いたい放題なのだと思います。だから講習いっぱい受けさせてねママってことかと。

だから、塾は頼りにせずに、息子と二人で話し合っている段階なのですが
検討の方向性としては以下の三つを考えています。

1.偏差値で選ぶ(高いところはやっぱ凄い。人に凄いって言われれば嬉しくなるし、授業のレベルも高いからお得)
2.通学距離で選ぶ(あんまり遠いと、通うだけで疲れて嫌になるよねぇ。6年間は長い!)
3.校風で選ぶ(部活とか、ホームステイ先とか、修学旅行とかさ~学校のカラーに合うかどうかって、やっぱ大事だよね)

私は、1+2のハイブリッドを彼に勧めています。
ほどほど偏差値が高くて、ほどほど近い学校。

息子自身は、1+3で探したいそうです。
ほほぅ。
2じゃなくて1?と彼に聞いてみたら
「どうせ勉強するなら、できるだけレベル高いところがやりがいあるじゃん」とのこと。
なるほど。男子は競争がお好きか。レベル高すぎてついていけなかったら・・・とは心配しないあたりが、いかにも彼らしい。

しかし、6年間という長い青春の時間を考えると
私は、一番大事なのは3ではないか・・・と思うようになってきました。
校風が水にあえば、多少の偏差値の差は大学受験の障害にはならないと思うからです。

そうすると、説明会とか文化祭に連れていくことが重要になるわけで
お母さんとしては、その結果彼が選ぶのはアノ学校なのではなかろうかと(部活がね、カコイイ学校があるのです。あれは反則という学校が・・・)
問題は、その学校の偏差値が、アホみたいに高い。ということだけです。
普通(?)は、偏差値が多少低い学校(でも校風は合いそう)を探すものですが、彼が探した結果が、もしあんなレベルの高い学校だったら、もう逃げ道はなくなるわけで・・・。

が・・・
頑張れ長男
アーチェリーなんぞに目を奪われるでないぞ、長男よ!!
難関校以外にも、いい私立はありますしね!(全額特待生という素敵な言葉を知ってるかい、少年)

4年生、夢が広がる時期ですね~
来年の今頃は、合不合の結果をみて蒼褪めているのでしょうか・・・
今年いっぱいは、甘い夢に溺れていたいと思います。
2016-07-06(Wed)

偏差値69.86

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!偏差値69.86!!

ふだんスーパーでお買い物していて「198円」なんていう表示を見ると
「ふざけんじゃねぇ!税込みで200円超えるくせに!!100円台の仲間の擬態(ふり)しやがってヽ(`Д´#)ノ お前なんか200円台よペッペ!!!」
と激しく(心の中で)毒づいているというのに、今回の偏差値に関しては
「んん・・・ほとんど70。だいたい70。70の仲間入りイエー」
と素直に思えるから不思議でございます。ホホホ←200円台のブロッコリーに毒を吐くセレブ主婦のほほ笑み

もとい
先週の週テストの結果が発表されました。
Yでは、テストの翌日(場合によっては当日中)に採点結果が公表され
翌水曜日までに、偏差値と全体順位が発表されます。

週テストは二科目(国算)で、前回の単元は物語文・四角形でした。
四角形はともかく(遅刻しおって!)苦手の物語文で89点とれたのが勝因かと。
解答内容をチェックしてみましたが、まぁ、だいたい題意は把握できているようですし
全体回答率の高い問題は外していなかったので、今回は花丸の出来です。よかったよかった(´∀`*)

これだけ好成績が続くと、どこかのランキングサイトに登録して
息子の好ファイトをいろいろな人に知ってほしくなります・・・。頑張ってるよ、うちのご長男~どこに出しても恥ずかしくないよ~

が、知人以外に公開すると、割とエゲつないコメントが来るんですよね・・・。顔を合わせない相手だと思うと、何でも言えちゃうものなのでしょうか。
仮に知人であったとしても、子供関係のことって、やっぱり意見を言うのは難しいと思います。心のデリケートゾーンですよね。

だから、今の時点では、ランキングに登録したりどこかで宣伝する予定はありません。超ウルトラ弱小ブログですみません^^;
このブログは、近い将来息子に教える予定ですので(彼が読んでくれるかどうかは分かりませんけども)
あまりにも心無いコメントが来ると、読ませにくくなります。
悪いのは私の人となりと頭と文章であっても、息子自身は、自分が攻撃されたように感じると思うからです。
(あ、みゅうちゃんコメントありがとーーー息子に見せるのが恥ずかしかったら言ってね?非公開コメにしておくから~(´∀`*))

っていうか、そろそろ息子に公開可否を問わないといけませんよね~「ブログに書いていい?」って。
よし。
心にメモっとこう(いちおう、今でも書いていることは伝えています)

ブログ公開について補足しておきますと
現在は、友人数名+某中学受験ブログの大手ブロガーさん1名のみに公開しています。
とくにアクセス制限はかけていませんが、他の場所では告知していないので、ネットサーフで流し読みしている人はいないはず。
この「某中学受験ブログの大手ブロガーさん1名」は、同じ愛知県に住む小4男子のお父さんで、
ブログを読んで勝手に大ファンになってしまったので、図々しくも(BBA族の必殺技)アドレスをお伝えしました。
ま、毎日とってもお忙しそうな方なので、まず読みにいらっしゃってはないでしょうが
仮にもお誘いした責任上ww、Y塾のシステムについて(たまには)詳しく書こうと思います。

偏差値の話に戻りますが
これ、実は仕掛けがあります。
Y塾のシステムでは、成績別にS→C→B→Aの四つのクラスがあります(クラス内はさらに細かく分かれています)
そして、クラスごとにテストの難易度が違います。

長男はいま、一番下のAクラスなので、テストが簡単なのです。過去4回ともクラスアップに失敗しおったwwバカモンwww
なので、多少点数が良くても、安易に喜ぶわけにはいきません。
実際の受験は、Sクラスの子ともガチで戦うわけですからね・・・いまはまだ、めっちゃビハインドなのです。
同じ塾の小4生は、全員上のクラスなんだとか・・・「ぼく、一番ビリだよ」と明るく笑ってました。
顔では笑いながら心の中では闘志をメラメラに燃やして・・・・くれてれば良いのですが、さて。
どうかな、うちのノンビリ王子・・・。

さぁ、今夜は三角形の面積を勉強するよヾ(*´∀`*)ノ
理科がオニな分、今月の算数は神よね~等差数列、つるかめ算、四角形、三角形とな!
今回の組み分けテスト、もらったー!(´∀`)
2016-07-04(Mon)

鬼門は星

おーい長男!夏の大三角形、デ(ネ)ブの白鳥以外全部忘れてるっていうのは一体どういうことよ!!ww
まぁ、私もアルタイルが分かりませんでしたけどね・・・ひこ星、印象薄ッ

昨夜は、苦手の理科を一緒に勉強しました。星、星、そして星!
最後は長男が泣き出したので、途中で勉強終了。10歳にもなって泣くほど星が嫌か長男よ・・・。
星座はともかく、星の運行(季節や時間によって星の見える角度がどう違うか、とか)が嫌いなのには参りました。
理系男子なら、そこは楽勝かと思ったんだけどなぁ~
どうやら、理屈というよりメンタルの問題のようです。
とにかく星が嫌い、嫌すぎる、脳が記憶を拒否しているww
プラネタリウムでも連れて行ってやるかなぁ

あまりに辛そうなので、今夜は理科を諦めて算数に取り組みます。
算数だと笑顔で取り組むんですよ・・・私の子供だとは思えない性格です(そうか、パパの子か・・・)。

ふと思いついて、彼の塾ノートを覗いてみました。
そしたら!
なんと!!

問題が解いてあるだけでした!!!
うそーーーーー小学生男子のノートにう○こや棒人間が一個もないなんて!!!!工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
大丈夫かうちの子ッ

・・・と心配になりましたが、塾テキストの「ガウスのオッサン」(前回のココ)を見たら、ダサい眼鏡と前髪が追加されてバージョンアップしてました。
大丈夫だった。うちの子、ちゃんとアホの子だったww

さ~て、これから算数に取り掛かります~今週は三角形です!今週は楽できそうだ♪
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク