2016-11-28(Mon)

塾の面倒見

以前、中学受験を経験→成功させた先輩ママに
「塾は全然あてにならないですよ!」
という感じの情報(ぼやき?)を教えてもらったことがあるのですが

それでまぁ、いま実際にうちの長男が通っている塾がどんな感じか。
あてになるのかならないのか、という
今日はそういう話です。

というのも
ここのところ、ブログでもご紹介しているように、長男の算数の成績が低迷しております。
たしかに難度はあがったし、これからじわじわ上がるのかもしれませんので
それほどトリミダしてはいなかったのですが
それでも、原因がどこにあるのかは気になっておりまして
息子の学習状況をあれこれと探っておりました。どこかに落とし穴がないもんか~と。

で、ひとつ「これは!」というポイントを見つけました。

それは

塾で算数の演習をマルっとやってない

ということ。

うん。

゚(∀) ゚ エッ---------

ですよね。

そりゃ点数とれんわ!
当たり前だわーッ
落とし穴、なんて見えにくいもんじゃない。ただの道路陥没や(時事ネタ)

えーと
これまでは、塾との面談に基づいて
「家では基本問題、塾では応用(ガチ難しくはないけど、基本問題よりはちょっと難しめ)問題」
という割り振りだったのです。

だから、家では計算問題とか、一行問題しか解いていませんでした。
応用問題は、解説を読むだけでは理解が難しいところもあるから、塾で解いて講師に解説を聞く、と。
そういう役割分担だったはずなのです。

それが、塾での演習がまるっと抜けているわけですから
そりゃぁ、応用問題オンパレードの週例テストで、点が取れるわけがない^^;

どうしてそんなことになったかというと
塾は、通常カリキュラムで水曜日に算数・理科の授業があるのですが
うちの塾では、サービスカリキュラムで、その前週の土曜日に、算数の授業を済ませてくれるのです。
その分、水曜日は、演習を延々と解くのに専念できるはずなのですが
その時に取り組む演習内容は、子供の自主性に任されているのだそうです(自主性とな!)

で、理科が好きな長男は、ひとまず先に理科に取り組み始める。
すると、手が遅いから、算数まではたどり着かずに一日が終わる・・・その繰り返し。

長男の通うクラスは、偏差値60超えの優秀な男子ばかりらしくて(4人しかいないけど)
だから、ほかのみんなは、算数も理科もさっさと解き終わっているのです。
うちののんびり王子だけが、一人取り残されているわけです。

長男としては、自分の手の遅さに引け目があるから
算数までたどり着けていなかったことを、いままで口にできなかったようです。

いやいやいや・・・そこは言おうよ!言わないまま放置して、勝手に何かが良くなるの!?(ガチ説教)

っていうか、塾!
できる子だけ手当てして、落ちこぼれは放置なの!?払っている塾費は同じなのにーッ

いや、うちの長男が、宿題もやらないようなやる気のない子だとか
本気で受験するつもりがない子だとかなら
そういう対応も致し方なしとは思いますけど
こんなに頑張っているのに!特別頭が悪いわけでも努力ができないわけでもないのに!!
(同じクラスの子は、今年は特にレベルが高いのだそうです・・・ナンテコッタ)
こんなに豪快に置き去りにするとはーッ!!許せん~
くそぅ、あのダンディ塾長め・・・ヽ(`Д´#)ノ

というわけで
塾とはこのように、文句を言わない子(親)は豪快に置き去りにします。

塾にもよると思いますけど、大手集団塾ならより一層、置き去り感ハンパないと思います。

で、この場合
悪いのは親です(´・ω・`)ソウナル

文句があるのなら、いち早く塾に相談に行くべきなのです。
行って相談してもダメなら、自分たちでなんとかするしかない。
塾とは、家での勉強を補完するものであって、なにもかもお任せできる安息の場、ではないのです。

では、塾に行くメリットはあるのか?

Yes。あると思います。
まず、テキスト。
うちの塾は四谷大塚準拠塾ですが
四谷の予習シリーズは、大変素晴らしいです(塾生でなくても通販で買えますけどね)

それから、いつでも質問ができる講師がいる環境で、毎週長時間勉強できること。
質問するかどうかは子供の性格にも寄りますが(うちは全然しないらしい。モジモジ君か。いやメンドクサガリ病か。)
とりあえず毎週何時間も席について、テストも受けて、バリバリ演習問題を解き続ければ
自宅で黙々と勉強するより、格段に学習効率が良いです。

あとは、勉強友達がいることですかね・・・
同年代の子がたくさんいれば、学校とは違う友人関係を築けますし
刺激にもなります。実際、うちの王子も楽しそうです。

つまり、塾の「放置体質」は文句をいう筋合いのものではない、と・・・
言っても仕方ない、そういうものなのだと、今では思うようになりました。

まぁ、あのダンディ塾長の足元には、闇夜でバナナの皮でも仕掛けてやりたいですけどね←
とりあえず、塾でサボってた分の演習は家で補い
長男には
塾では時間を意識して、理科を30分で切り上げるように!との指示をだしました(塾は90分)。
理科はあとからでも対策できるけど、算数は毎日積み重ねておかないとねぇ。理科が楽しすぎるのは分かるんだけどさ(いま水溶液のところだって。あれ、楽しいよね~)

割と手厚い、と地元で評判の小規模塾でもこの有様ですから
これが都会の大手集団塾だったとしたら・・・
冒頭の先輩ママ(受験王国関西の人)に、同情と尊敬を禁じえません。
すごいですねぇ。それで子供さんを成功に導ているわけですから、どんだけ凄腕なのかと。西を拝んでおくか。

結論
塾は、あてにしすぎると、ビックリガッカリします(`・ω・´)
割り切って上手に使いましょう。

以上、受験生の母・一年生の鳩子よりご報告でした
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

2016-11-23(Wed)

過去問に挑戦してみた2

このブログには、以前はコメント欄が設けてあったのですが
カテゴリーの性質上、納豆系のネバコイ無記名コメントが付きやすかったので
メンドクサくなって閉じてしまいました。

が、そろそろ納豆さんもどこかに去ってくれた頃合いだと思いますので
こっそりとメッセージ欄を設置してみました。

書き込んでいただいたメッセージは、他の人には見えません。
ですから、訪問者さん相互の交流には寄与しませんが(すみません~)
なにか管理人に御用のあるかたは、メッセージをいただけると幸いです。
やんちゃ王子の子育て真っ最中のMちゃんとか、ダチンコ歴25年のYちゃんとか
永遠の心のお兄様(笑)Lさんとか、来世の恋人Cさんとかお待ちしておりますよ~(まさかの指名制)

もちろん、それ以外の方でも、好意的なメッセージでしたらお待ちしております。
管理人は心がささくれ立っている弱いので、お返事は基本リア友にしか返しません。ご了承願います(`・ω・´)
※メッセージ機能はPCビューのみ利用できます。

でね
今日は過去問の話題(*´∀`*)ノ

四谷大塚の会員サイトに、有名校の過去問ダウンロード機能(無料ですってよ奥様)があったので
母さん憧れの滝学園!の過去問をダウンロードしてみました。

データは、掲載年数も単元もトビトビで
網羅的に過去問を研究する用には適さない感じでしたが
「この学校の問題って、どんな雰囲気?」
というのを知るには十分な態でした。

ま、実は5年分の過去問は全科目既に購入済なので(受験生の母なんてそんなもんww)
別にダウンロードしなくて内容は確認できるのですが
そっちは2年後に長男が書き潰すでしょうから(おぉ!もう2年ないのか!!怖ッ)
母さんがお楽しみで解いてみたいな~と思いまして~^^
算数の問題に取り組んだ際の記事は此方

んー、母さん、今月大学のレポートの締め切りが迫ってるんですけど
こんなことしてていいのかしらん
という心の声は、広い棚の上にそっと置いて
滝学園平成22年度社会の問題にチャレンジしてみました。

著作権の関係上、詳細な問題文をご紹介することはできませんが・・・
ザックリした感想を申しますと
そんなに難しくはない・・・ように見えて、めっちゃ深い!
という印象でした。

私が受けた高専の入試問題より難しい気がする(; ・`ω・´)
こう、なんていうか・・・単語の穴埋め練習ばかりしていても、絶対に解けない感じ。。

たとえば、河川の名称が聞かれている設問では
「日本で一番流域面積の広い河川名は?」とか「図に示した河川の名称を答えよ」
というような聞かれ方は、まず、ない。
奥羽山脈と関東山地に源流を持ち、甲府盆地を経て、駿河湾に注ぐ河川名を答えよ
と来るわけです。
おぉー(; ・`ω・´)なんだっけ・・・アレ、アレだよ!アノ川だよ~ッ←オバアチャンによくある現象

日本地図を頭に思い浮かべて、なんとなくアノヘンって見当はつけられるけど
自信ないです~(´ε`;)
河川とか山脈は漢字も難しいよねぇ。駿河湾、とかさ。うちの長男、デカくなりすぎて枠の中に書けないですww

歴史の問題でも
〇〇時代について以下の□に入る記号を答えよ
みたいな問題は全然でなくて
古墳時代から近代社会までがザーッと一通り聞かれてました。
「俺、鎌倉時代はゴチャゴチャしてて苦手だけど、江戸時代は完璧なんだよね」
なんてことを吹いているにわかボウズ(←算数男子ばかりの高専にはウヨウヨおった系)には、まず歯が立たないだろうと思います。
人名、地名、文学(作品)名など、聞かれているジャンルも様々。
人名は強いけど文学は興味なくて・・・なんて言い訳も通用しません。

逆に、年号については、ピンポイントで数字を聞かれている部分は少なく
いくつかのイベントを年代順に並び替える問題のほうが配点が割かれていました。
「歴史は流れが大事。時代の流れに興味を持っていますか?」という、設題者の愛(メッセージ)を感じました。

あと、面白かったのが公民。
衆議院議員選挙と裁判員制度をMIXした問題になっていました。
この入試問題が出された前年は、民主党が大勝した年なんですね・・・イエス!オバマさんの名前も聞かれていたりして
(オバマっち、ファーストネームなんだっけ!?(; ・`ω・´)と焦りましたが、オバマとだけ書けばOKのようです。焦って”イエス!”とか書いたらダメ)←いねぇよ
時事問題と公民問題とがうまく組み合わされている問題でした。

そうか~
時事問題って、独立したカテゴリーのように感じていたけれど
そうではないんだねぇ
時事は、まさに今、この時代の公民問題でもあるし、歴史の問題(現代、という歴史の一部)でもあるのですね。
いやいや、世間の賢いお母さまたちには常識かもしれませんが、社会苦手女子の私には新鮮に感じましたよー

こんな面白い問題を作る先生に社会を習ったら、めちゃくちゃ楽しいだろうなぁ
その権利を(まだ。一応ww)持っている長男が、かなり本気で羨ましくなりました。

ちなみに、昔から歴史は急所だった社会苦手女子の母ですが
「徳川家康の次に将軍になった人物の名を答えよ」の設問には、今回見事に答えられました!遅刻の秀忠ーー!!
現役当時の私なら、「三代目ならわかるけど、二代目とか地味すぎて知らんッ!!!」とキレていたことでしょう。ありがとう、真田丸ww

そして現役当時と同じく、公民問題の正答率が異様に高かったです。
これ、やっぱり、興味があるかないかの違いなんでしょうね・・・(´・ω・`)
富士川は答えられなかったけど、衆議院議員に立候補できる年齢は即答できました(25歳)。
20歳で投票できるのに、立候補は25歳までできないんだ!って当時驚いたし、参議院議員はさらにジジィか(30歳)というのも衝撃的だったので、忘れないのさ~

以上、簡単ですが、滝学園の過去問挑戦感想文(社会編)でした☆
これ、ひょっとしたらシリーズ化するかもしれません・・・まだ理科を解いてないし( *´艸`)←理科大好き
他の年代も解いてみたいし、いずれは東海とか南山の問題も解いてみますぅ(灘は諦めた)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2016-11-22(Tue)

予習シリーズ4年下 第11回結果、そして時事問題

予習シリーズ4年下 第11回の結果(ハッ!第10回を飛ばしちゃった!!第10回は組み分けテストで、B残留です~)

偏差値
算数 42.39
国語 54.52

はい、算数、安定の撃沈ww
今回はちゃんと回答欄を埋められたのに、答えが違う・・・というパターンが多かったです。
後半が白紙で、でも書いた前半部分の正答率はバッチリといういままでのパターンとは、ちょっと違う。
ということは、今回は時間(スピード)の問題ではなくて、計算力の問題だな・・・演習不足か(; ・`ω・´)

最近国語が安定してきましたので
今週は算数にテコ入れしてみることにしました。
国語の記述演習の時間を削除。
漢字と語句だけ対策して、あとは算数の基本的な計算問題(一行問題も含む)に重点を置きます。

もしこれで国語が落ちなかったら、今後は算数の演習に注力できますし
もしもし国語が落ちちゃったら・・・やはり国語の演習は削らずにどげんかせんといかん。ということになります。
うぅむ、小4の段階ではこれ以上演習時間を増やしたくないんだけどなぁ~・・・まぁ、そんなことにはならない予感がしますけどもね。

なにごとも実験実験♪
次回の組み分けテストまでは、いろいろと試行錯誤を繰り返したいと思います。

次回は「消去算」。
まんま方程式やんけ!っていう単元ですww(時間があったら紹介記事書きます!)
文章量が多いので一見難しそうに見えますが
植木算だの方陣算だのに比べたら、1を足したり足さなかったりのヤヤコシイ部分がありませんから
実は結構、簡単なんじゃないかと予想しています。
抽象的概念、ってやつですかね。それができれば・・・
さてさて。
演習頑張らなくてはね~^^

さて、なかなかCクラスに浮上できない現状ではありますが
ここらで空気を変えるべく、新たな分野に取り組むことにしました。

その名も、時事問題!
学校の授業では習わない、中学受験らしいカテゴリーです。
特に配点が高いわけでもないし、まだ地理すら終わっていない現状で新しい分野の先取りをするなんてナンセンス!
という考え方もあるかとは思いますが
時事問題は、受験対策としてのみ詰め込むと、これがまぁ実に退屈極まりなく、ボリュームも多くて厄介なのです。

特に中受の小5・6は暗記物が一気に増大する時期ですので
その時点での負荷を少しでも軽減すべく、今のうちから軽く取り組んでおくことにしました。

と、いいますか・・・
多分、時事問題って
「普段、世の中の動きに関心を払っていますか?おうちの人と、話し合っていますか?」
ってことが学校側に問われているのだと思うのです。
突然詰め込んでも覚えられませんよ?普段から、時事について家庭内で話し合っておいてくださいね、と。

就職のときに受けたSPI、そういえば一夜漬けだったから酷い点数とったよな・・・(遠い目)

息子とのちょうどいい会話のネタになりますし、私自身もニュースはキャッチしていたいですから
一緒に勉強を始めることにしました。

っつっても、新たに勉強時間を割くのは大変なので
夕食の時間に「サピックス重大ニュース2017」(デタ!時事問題の赤本!!)を流し読みする程度です。


これこれ。
2016年の代表的なニュースが端的にまとめられています。
サピックスの入試予想問題や、暗記用のカードもついていますので、なかなかお得。
まぁ、小4受験生には(自習なら)ちょっと難易度が高めですが、親子で読み進めるには適度な難易度・ボリュームです。時事はね、薄くないと嫌だよね・・・。

うちはもともと、夕食の時間にテレビを見ない家庭なので
会話のネタとして、これまでは漢字・語句の音読をやっていましたww(どんだけー)
私が口頭で漢字を聞いて、息子がそれを空気中に書く、と・・・
そんな練習が何の足しになるか・・・と、最初は遊び半分で取り組んでいましたが
音読って、バカにできないですね。これが結構記憶の定着に寄与しているらしくて
漢字問題の正解率が飛躍的に伸びました。

で、この成功に気を良くして
次は時事問題の音読に挑戦してみよう!という次第。消化に悪そうだな^^;

さっそくテキストを開いて中身を一緒に確認しました。
テキストの頭っから読んでいってもいいけど
どうせニュースごとにページが分かれてるだから、好きなところから勉強しよう~どのニュースがいいか選んでみな~
と息子に振ったら
長男がまず選んだニュースは、これ
「中国の海洋問題」

(;゚Д゚)エエェェーーーー
いきなり国際問題つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

尖閣諸島問題とか~北方領土問題とか~(あっちはロシアだから関係ないか・・・いやでも根っこは同じ!?)
軍事問題も当然絡むし(なんだっけ、ほら、領海問題とか、各国の輸送経路の問題とか!!あ”-)、海洋資源の問題もある。フィリピン激おこぷんぷん丸だよね(古ッ)
アメリカの問題も避けるわけにはいかず・・・(´・ω・`)
「母さん、中国って先進国なの?発展途上国なの?」って聞かれたら、マジ母さん泣くぜ(´;ω;`)ブワッ

まさに、うちのパパが鳩胸を膨らませて熱弁を一時間くらい奮いそうなトピックですが
(注:うちのパパは、典型的理系男子&政治経済ネタ大好き男です。そして英語に激弱)
残念ながら、彼が平日の夕食の場にいる確率は、私がショッピングモールで迷わない確率と同等です(つまり”アリエナイ”)。
やるしかない!
この元「国語と理科は満点常連だけど、社会と算数は平均点以下だぉ( `ー´)ノ」娘の私が!!!モレガンガル

・・・ん?
国語と理科が得意で、社会と算数が撃沈・・・
それって・・・
いまの長男の王道パターンじゃん!!Σ(´Д` )

なんだ、やっぱり私たち、似たもの親子だね~(笑)

さーて、今週も頑張りますか~ヾ(*´∀`*)ノ
2016-11-17(Thu)

予習シリーズ4年下 第九回結果

真空弁当箱!その手があったか!!
ネットの力は偉大ですね。お弁当問題、解決の兆しが見えてきました。

さて
第九回の週テストの結果です
偏差値
算数 45.59
国語 55.00

テコ入れした国語はUPして、算数が撃沈ですww

国語が回復した要因を分析してみましたが
おそらく漢字・語句に力を入れたことにより
その部分の正答率があがったことと、見た瞬間に漢字問題を解けた(漢字を思い出すための時間が節約できた)分
記述問題に取り組める時間が増えたこと
が挙げられます。

実は今月、記述問題の演習にはほとんど手を付けられていなくて
ほぼ漢字と語句の対策のみでテストに送り出していました。
統一テスト対策の四教科も追加せねばならず、とても記述までは手が回らなかったのです。

それなのに、今月は国語が望外の出来。
統一テストなんて、得意の漢字問題も出てこないのに、偏差値は58を超えていました。

これってなんでだろう??・・・と長男と話し合った結果
「マークシートだったから」
という結論にたどり着きました。

そう、統一テストは、マークシート方式なのです。
つまり「45字で抜き出しなさい」とかの問題が、ない。

要するに、長男は字を書くのに時間がかかりすぎているのです・・・至極もっともな答え^^;;;

漢字や語句を対策した結果、そこんとこに時間がかからなくなり
これまでやっつけで解いていた記述問題にじっくり取り組めた、と・・・
どんだけ手が遅いんだよ!って話です。やれやれ・・・

でも、思考力は十分にある、ということは分かったわけですし
手の遅さは訓練で伸ばしていくことができます。
対策ポイントがはっきりしただけで、十分に収穫と言えます。
結果オーライですよね。書く練習、がんばろーッ

そして、算数がなぜ停滞しているかといえば・・・

やっぱり、問題の根は国語と同じである気がします。
手が、遅い。

クラスアップしたことで、前段の計算問題が難化しており
これまでよりかなり時間がかかるようになりました。
長男の演習時間を計測してみたところ
30分のテスト問題のうち、20分くらいを計算・一行問題に消費しているようです。

問題の数からいえば、これでも妥当な気もしますが(計算・一行問題で□1~□3、中問が□4、大問が□5)
見直しや検算の時間を確保するためには、あと5分くらいは縮めたいところ。
今の配分の場合、すべての問題をとりあえず埋めた・・・というあたりでタイムアップになっています。

四則計算の穴埋めなんかは、答えを当てはめて検算すれば一発でミスがわかりますから
ここは落としたくない。
でも現状は、かなりの確率で落としてる。

こういうところで
「普段、計算問題に十分取り組んでいますか?こういうところでミスをせずに、大問に取り組めていますか?」
ということを求められているのだと思います。
まぁ、計算問題ってそういうものですよね・・・時間をかければ、誰にでも解ける。難しくはない。それが解けない人は大問なんかお呼びじゃありませんよ、と。

ということは・・・
新規の問題よりも、これまでミスってきた部分の復習の方が大事か、と思いまして
(やぁ・・・それがセオリーなのは重々承知していたんですけど
あまりに退屈なので敢えて無視してきたのですごめんなさい:(;゙゚'ω゚'):)

お母さま(私だ!)謹製の「スペシャルノート」を作成しました。
ババーン
no-to.jpg
(ちょっと暗くて画像が分かりづらいですが)
左のページに手書きの問題
右のページが計算用の余白になっています。

右ページの右端には、答えが書いてあって
解いている間は、裏側に折り曲げて見えなくしておきます。
終わったら自分で答え合わせできるのねん。私が仕事でいない間も、キリキリ勉強せぃよ息子!

親のいない間でも、カンニングせずに演習に取り組める子、にしか使えないノートです(笑)
(なので次男には無効(;´Д`))
計算過程が書き残せることにより、ミスをしやすい部分を可視化できます。

難点は
「作成者が死ぬほど面倒くさい」ところ。
一週間で10ページくらい書くのよ!!もっと間違いを減らして、長男!!!(悲鳴)
プリンター欲しいぃぃぃ手書き嫌いぃぃぃつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

でも、母の愛(と怨念)を感じるらしく
長男は喜んでおりました。気合入れて解くそうです(って、いつも気合入れろよ!)

パパ・・・プリンター買って・・・

ちなみに、この「スペシャルノート」対策
中学受験界では、割とスタンダードな方法だそうです(爆)
世のお母さまたち・・・恐るべし:(;゙゚'ω゚'):

「中学受験は親の受験」ってよく言われますけど
それって「塾弁頑張れ!体調管理ヨロ!」ってだけじゃないのですね。こんなメンドウクサイことを、小4から・・・ッ!(悲鳴)

ま、彼が喜んでくれたのだから、良かったです。
次男なら全力で拒否りそうだよな・・・(吐息)
2016-11-07(Mon)

予習シリーズ4年下 第八回結果、オサルの配達屋さん

偏差値
国語 54.69
算数 47.09

国語、今回も上出来でした~ヽ(*´∀`)ノ
(※我が家の目標は、BまたはCクラスで偏差値55近辺です。真ん中らへんだね~)

算数が下がったままなのは残念ですが、まぁ、こちらは復習中心で基礎を固める時期ということで・・・( 一一)←目をつぶる、の用例
惜しくも3点差で成績優秀者は逃しましたが、十分に今後に期待が持てる内容でした。

次回算数の範囲は「方陣算」。
どんな問題かというと、こんなのです。
「碁石を縦に7個、横に7列びっしりと並べました。この碁石の外周にもう一回り碁石を配置するためには、何個の碁石が必要ですか」
●●●●●●●
●●・・・・・・・・●
●         ・
●         ・
●         ・
●         ・
●●●●●●●


〇〇〇〇〇〇〇〇〇
〇●●●●●●●〇
〇●●・・・・・・・・●〇
〇●        ●〇
〇●        ●〇
〇●        ●〇
〇●        ●〇
〇●●●●●●●〇
〇〇〇〇〇〇〇〇〇

こういうのを
絵を描かずに式で求めよう!という問題です('ω')ノ←絵を描いて解決した大人

絵で描けば分かるなら、別に式なんて使わなくてもいいような気がしますが
そこはちゃんと「碁石が全部でXX個になるときの一辺の石の数は?」とか
「何番目にXX個になるでしょう」とか
「中心に4X4列の中空がある中空方陣の場合は」など
絵では解決ができない(難しい)問題へと発展していくのです。チ←

まぁ、問題の見た目は方陣ですけど、要するに等差数列の応用かと思います。
数列好きの長男、今回は余裕の笑みです。
「碁石を49個並べるって・・・なんか性格暗いね、この人」と文句を言いながら
サクサクと演習問題に取り組んでいましたww確かに、チミチミと7X7列の碁石を並べるって気が滅入るかもねwww

話は変わりますが
先日、図書館で中学受験関係の雑誌を眺めているとき
「共働き家庭は中学受験に不利?」という見出しを見つけました。

私としては(食べて痩せるダイエット、みたいな話だな・・・)と思ったので
そのときは完全にスルーしてしまいました。


先週末、塾に長男を迎えにいった際
余所のママさんに「6年生は塾弁(夕食用)が要るよ~」と教えてもらい
前述の雑誌の見出しが頭に浮かんだのでありました・・・キタコレ(゚∀゚)!!中受共働き家庭の危機!!!

現在、長男の通う塾では18:30に授業が終わりますので
夕食は塾後に家で摂っています。
これが、高学年になると21時くらいまで授業が続くようになるので
手弁当を持って塾に行くことになります。
田舎の駅前塾なので、コンビニどころか自販機すらありません・・・ましてや仕出し弁当なぞ、望むべくもない。

ということは、お弁当を作って持たせることになるのですが
そのお弁当をいつ作るのか。という問題が発生するのです。

うちの場合、学校から塾へ直行しています。一度家に帰ると授業に間に合わない間合いなのです。
すると、朝作ったお弁当をランドセルの中で常温保存することになり
それを夕方食べるというのは、どう考えてもNG。夏場でなくてもちょっと厳しいかと思います。

では夕方作って私が塾に差し入れるかというと
フルタイムで働いている現状では、塾の夕食時間までに届けることができません。

ではでは、育ち盛りの長男に、夜の9時まで食べずに勉強させるのか・・・彼の悲痛な顔が目に浮かびます^^;

なんてこった・・・!これは詰んだか・・・"(-""-)"
もはや私が仕事を辞めるしかないか・・・と一瞬思いつめましたが(※私は毎日”もう仕事辞めなきゃ”と思いつめてます。天気がいいから仕事辞めなきゃ、とかww)
そこで、天啓が閃きました

そうだ。うちにはもう一匹一人息子がいるんだった( ゚Д゚)

オサルの次男!
長男が小6受験生になる(塾弁生活)になるころには、
オサルの次男も小4になっています。
来年から同じ塾に通わせますから、彼も道順を知っているはず!

朝作ったお弁当を私が冷蔵庫で冷やしておき
夕方になったら次男にレンジでチンさせ
ジャーの暖かいご飯を詰めて塾まで配達させればいいのです。名案よ( `ー´)ノ

・・・とてもできる気がしない、という一点を除けば、ね。
2年たったからといって、あのオサル君にそんな高度な作業指示が理解できるでしょうか・・・

塾の夕食時間を忘れ
冷蔵庫からお弁当を取り出したらひっくり返し
レンジでチンしようとしたらスイッチを押し間違え(結果おかずが大爆発)
ご飯のジャーは開けたら開けっ放し(ご飯カピカピ)
お弁当を持ち忘れて塾へ行き
帰る途中で友達に会って、遊んで門限を破る・・・(いや、それどころかお弁当を届け忘れるかも)

そんな次男しか想像できない・・・orz
冬なんかは、寒くて嫌がりそうですしね。お小遣いで釣っても、限界があるしなぁ・・

まぁ、限りなく「9時まで食べずに頑張れ」案に傾いておりますが
まだ一年以上の猶予がありますから、何かしらの方法を模索したいと思います。

余所のお母さんはこの危機をどうやって乗り切っているんでしょうね~??
・・・きっと、うちの塾は専業主婦のお母さんばっかりなんだろうな^^;
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク