2016-12-28(Wed)

予習シリーズ4年下 組み分けテスト第8回&週例テスト第16回結果

第8回組み分けテスト
結果(偏差値)
算数 55.9
国語 50.7
理科 51.4
社会 45.0

4教科合計 51.4

週例テスト 第16回
結果(偏差値)
国語 52.5
算数 56.0

2教科合計 55.1

と、いうわけで・・・
成績優秀者ヽ(`(∀`(´∀`)´∀)´)ノわぁぃ!!!
苦節半年!
ようやく、ようやくBクラスで成績優秀者に返り咲きました!!
よくやったぞ長男~~お祝いしなくちゃね~~( ̄ー ̄)bグッ!

今回(週例16回)の国語は、めっちゃ難しかったです(´ε`;)
文法問題が敬語(尊敬語、丁寧語、謙譲語)の分類で
文章問題が現代詩だったのですが
私が解いても80点ちょっとしか取れなかった( ゚д゚)大人の沽券・・・マジヤバイ

詩って、難しいですよね~
なにもかも抽象表現ばっかなんだもん。小学生男子なんて、具象のかたまりなのにッ
「この詩に多用されている表現技法は何か 1.擬人法 2.比喩法 3.倒置法 4.対句法」

・・・
これ、小学四年生の問題です。
しかも、「多用されている」ですからね。
比喩も擬人法もバリバリ使われているなかで、どれが話の中心か(多いか)見極めなければならない。
記述問題は少な目だったので、手の遅い長男でも全部解き終えられましたが
それでも正解率は7割弱でした。
「お母さん、今回の問題、ちびへびが散歩する話だったんだけど・・・へびの気持ちなんか、ぼく全然わかんなかった」とのこと。
うむ・・・ちびへびさんがイタチに脅かされてどんな気持ちだったかなんて、普通分からんよなぁ・・・(吐息)

結果、点数は69点(漢字を5問も落としおって!!)でしたが、それでいて偏差は50超え(;´∀`)
みんな、よっぽど苦労したんですねぇ。がんばれ小学生受験生~

冬休みの宿題のこととか、冬期講習のこととか、ブログに書きたいことがいっぱい溜まってます!
明日からようやく年末休暇。張り切って更新したいと思います(*´∀`*)ノ=
では、また明日♪
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←更新の励みになります。よろしければ愛のワンクリック、お願いします!
2016-12-20(Tue)

空の巣症候群

今日は、いつもとちょっとイロの違うお話を・・・

うちの次男は、学童保育に通っているのですが

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←待機児童0、月額3,500円、土曜預かり可の恵まれた条件です。専業主婦信仰だなんて憎まれ口叩いてごめん。

そこの指導員(子供の面倒を見てくれる大人。教員免許の有無は関係ない)に愉快なB・・・オバサマがおります。

もうね、このオバサマの強烈さを語り始めたらキリがないっていうか、「そんな人、ホントにいるの?作り話でしょ?」
って思われそうなので、詳しくは書きませんけれど
マルチ商法とか悪徳新興宗教の人って、きっとこんな感じよね。っていう人なのです。伝わるかしら、この感じ?

で、まぁ
私は、いかにも味方が少なそうに見える(実際少ないですけど)ので、チョロイ相手だと侮られているようで
「息子さんを塾に通わせてるの?まぁ、可哀想!塾なんてやめちゃえばいいのに」とか
「あなたって、いかにも教育にご熱心そうですものね。家庭内暴力でもやってるんじゃない?」などという
ま、ま、まじですかー!(  Д ) ゚ ゚
・・・とビックリするようなセリフを、面と向かって吐いてきたりします。オドロキモモノキ

もちろん、こちらは探られても全く痛くない腹なので、何を言われても普段は平気なんですけど
この間は、ついうっかり感心するような(!?)ことを言われました。

「あなたって、いかにも空の巣症候群になりそうな人よね。あら、空の巣症候群だなんて言葉、ご存知かしら?ホホホ」

おぉ!Σ(゚Д゚)
知ってます!知ってますとも!!
私も、その心配はリアルにしたことがあるので、いろいろと調査済です!
「はいはい~知ってます~!さすが、〇〇さんは博識ですね~(意外と)いろんなことをご存知なんですね~ホホホ」
とすかさずにこやかに反論しました(言葉に微妙に棘がある件については、生ぬるくスルーでお願いいたします)

空の巣症候群とは・・・
40代から50代の女性によく見られる抑うつ症状。子育てが終わり、子どもが家を巣立っていったあたりからこの症状が出てくることが多いためこう呼ばれる。燃え尽き症候群、五月病などとも似通ったもの。(Wikipediaより抜粋)

多くは、子供さんが就職(大学進学)して家を出た女性に見られる症状だそうですが
中学受験終了ママにも、わりと起こることが知られています。
うちのパパも、私が子どもに依存して自立心に欠けていることを心配しているようで
「(子供が自立したら)君はいかにもウツになりそうだよね」と常々言っています。

そうか~!
じゃ、空の巣症候群が怖いから、今日から子どものことはパパに全部お任せするね☆
と、言える主婦は普通はいないわけで(いったらアカン(笑))
どんなに恐ろしくても、怖さを事前に想像していたとしても
だからと言って、初めての受験に挑む息子を放り出すわけにはいかないし、仮に放り出したら放り出したで
別の批判を猛烈に受けることは、想像に難くないわけです。つまり、逃げ道ナシ。

まぁ、パパのことは別に腹なんて立ちませんけど(あの人は連帯責任者なので、いずれ一緒に泥を被る運命ww)
そのクッソバ・・・オバサマのいいざまは、あまりと言えばあまりだったので、つい
「そうですねぇ。やっぱりそう見えちゃいますよね。そうなったら、スポーツとか勉強とかを精一杯頑張ります!」
と真面目に反応してしまったのです。
(あぁ・・・私のばかばか!真面目に答えたら面白がってツツかれるのにッ)

すると、案の定オバサマは嬉々とした顔で
「あら!ダメよ!勉強なんか全然ダメ!!やっぱり分かってないわね~ダメに決まってるじゃない!!」
と猛烈にツツき出したのです。
自分より若くて収入のある女(私だ!)に、よくもまぁここまで面と向かってダメだしできるもんだなオバハンよ( ^ω^)ピキ・・・

さらに、こうも言いました。
「そんなの無駄無駄!そういうときは、友達が一番よ~友達と飲んだりするのが一番!そういう友達、いる?あなた、いないタイプよね。今のうちに作っておくといいわよ~そうしなさい!ね!」

いやいや、そんな対策のためにカップ麺みたいに準備された友達ってどうよ!?
・・・と、思わず笑っちゃうところでしたが、
まぁ、言ってることはごもっともです。
というか、なかなかイイこと言うね~やるじゃん、オバハン!(´・ω・`)

さすが、年齢を重ねた女は、言うことに重みがあります。真っ白な心で拝聴すれば、私のことを心配してくれている、とも思えます(だがしかし私の腹は真っ黒だ)
きっとあなたは息子の嫁に全力で嫌われるタイプでしょう(ズバリ)←黒い

でね
たしかに、オバサマのいうことはごもっともだと思うのです。
空の巣症候群って、著しくやる気を削がれる症状なのだそうです。
だから、勉強とかスポーツとか、自分で頑張る系のことは一切できなくなるらしい。
他力本願だけど、自分以外の誰かに解決を委ねるのは、効率的な選択だと思います。

でも、だからと言って、友達なんて簡単に調達するもんじゃないし
自分で好きで始めたこと(子育てとか、受験とか)に関して、最初っから他人の尻ぬぐいを期待するのも、なんか違うと思う。
私は、自分にできる方法で、切り抜けていきたいなと思っています。

これ、空の巣症候群の話に限ったことではなくて
「深海魚疑惑」(無理して有名校に入って成績が落ち込み浮上できなくなる子のこと)とか
「高校受験を経験しない子は就職競争・出世競争に弱い子に育つ」
という説でも、同じだと思う。

それ、受験する前から心配することですかね・・・?
いや、心配するのは当然だけど、それで中学受験を諦めるというのは、もったいない話だと思う。

私は趣味で大型バイクに乗っているのですが
「バイクなんて、危険なのにどうして乗るの?」とたまに聞かれます。

その時に感じる気分と同じかなぁ
乗るも自由、乗らないも自由。乗らない理由を、他人に求めるのは何か違う。
どんなにゴツいプロテクターを装備しても、制限速度でゆっくり運転しても
「バイクはコケるから危ない乗り物」です。自動車でも事故るけど、そこは無視するのが世間てもので。

さて、私はどんな3年後を迎えているでしょうか・・・
中学に旅立った長男の背中を見て、呆けてないといいのですが。


・・・
ハッ
゚(∀) ゚ 次男の受験がまだ控えてたーーーーーシマッターッッ
2016-12-15(Thu)

予習シリーズ4年下 第14回結果、道徳の授業今昔

「兄ちゃんのテストは、シーソーみたいだね!あっちが上がったらこっちが下がる♪」
と余計な発言をして兄からも母からもゲンコをくらった次男ですが
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←九九はイマイチだが軽口のレベルはなかなかだな次男よ

まぁ、次男のいうことももっともでございまして
第14回週例テスト
結果(偏差値)
算数 54.73
国語 31.73

算数を対策すると国語が下がるよね~~
クラスアップへの道のりは険しい(´Д⊂ヽ

で、今日は「道徳」の授業のお話。

昨日、長男と「道徳のテスト」について話が盛り上がりました。
というのも
なんと、長男の学校では、道徳の授業にテストはないのだそうです(!?)

時代の違いなのか地域性の違いなのかは分かりませんが
私が子供の頃は、道徳のペーパーテストがたびたび行われていました。

テーマは、いじめとか同和問題が多かった記憶がありますが
なんと、長男は同和問題もまったく知りませんでした・・・これも地域性の問題、かな?意外と闇だな、道徳教育・・・。

っていうか
他の教科書は絶対家に持ち帰るようにと指導しているのに、道徳の教科書だけは
学校預かりなんですよね。
これも勘ぐってみれば闇に思えるけど、まぁ、実際は単に使用頻度が低いから忘れないようにという教育的配慮なのでしょう。そう思いたい。うん。

私の記憶だと、道徳のペーパーテストの設問というのはなかなか難しくて
たしかいじめの問題で、こういうのがありました。

あなたのクラスの子が、他の友達数人に囲まれて悪口を言われていました。
その子は泣いています。あなたはどう思いますか?どのように行動しますか?
1.自分も悪口を言われたら嫌なので、無視する。
2.先生に相談する。
3.その「他の友達」に「やめなよ」という。
4.自分も参加する。

おーい4番ww
これ、確か正解は2番でした。
3番も一応正解だけど、2番より配点が低かった記憶があります。
私は、2番か3番かで迷って、最終的に2番を選びました。

息子「え!2番なの?僕、3番かと思った!」

母「でしょ?実際3番を選んだ人が多かったのよ。まぁ、ほんとに問題文みたいなことがあったら1番だよね・・・ってみんな言ってたけどね(笑)4番ヤバイwww」

息子「でもさお母さん、”あなたはどう思う?”ってこっちの気持ちを聞いてくるのに、それに正解があるんだね。点数も付くんだ」

母「お!いいところに気が付いたね息子よ。お母さんも当時まさに同じことを思ったよ。でもそういうことは先生に聞かなかった、それがある意味道徳の実践かもねぇ」

息子「そうかぁ。なんか国語の読解問題みたいだね」

母「そう?」

息子「うん。解説見ても、なんとなく納得いかない答えってあるんだよ。問題文にぜんぜん書いてないことを推察しなくちゃいけない、とか。」

母「ははぁ。行間を読む、って難しいよね。でも、慣れればだいたい予想がつくべ?」

息子「うーん、まぁだいたい。・・・お母さんは、こういうの得意そうだね」

母「そうよ。だって、その時もちゃんと2番選んだもの(´∀`)でも母さん、友達少なかったけどねww」

息子「道徳の授業、意味ねーー!(笑)」

母「そうなのよー(笑)」

たしか、この設問のあとに自由記述欄があって
この問題に対する自分の考えを自由に書く(任意)というのがあった気がします。
うちの次男坊なら「この問題、おもしろくなかったです」くらいのことは平気で書きそうです。お前さんはちょっと行間の勉強しようか次男ww

でも、国語の読解問題と結びつけた長男はグッジョブだと思います。
こういう「自分がどう思うかではなくて、世間的な常識の感覚を知る」っていうの
国語の読解に役立ちますよね。
けっこう、、問題文を読まなくても設問だけで正解選択肢が分かることって、あると思います。設題者が期待していること、というか。客観性、っていうの?
国語苦手算数男子だったうちのパパなら、迷わず1番を選びそうです(どうせ道徳のテストなんて通知表に関係ねぇんだろ?なら思ったままを書いてやんよ、的な)
それに比べ、うちの長男は3番まではたどり着いたわけですから・・・十分有望です。やっぱり息子はパパより可愛い←

長男よ、算数が得意なのは結構だが、国語と英語は苦手にしないようにね・・・じゃないと、うちのパパみたいに
「え?Haveって動詞なの?」って言い出す大人になっちゃぞ(爆)
2016-12-14(Wed)

小2次男の受験対策

少々更新頻度が落ちてまいりました^^;
現在、私は通信で大学の講義を受けているので(っつっても放送大学なんでユルユルですけどね)
その単位試験やレポートの準備でブログの更新時間が削られています。
年賀状も書かなくちゃいけないし、大掃除の準備もあるし・・・この時期、主婦は忙しいですよねぇ
とはいえ、このブログは未来の自分へ向けた備忘録的なものなので
がんばって更新していきたいと思います。呑んだくれて爆眠こいてる場合じゃないぞ!>自分(こいてたんか)

先日、息子たちの個人面談に行ってきました。
二人とも、勉強の出来には特に問題がなく、友達とも楽しくやっているようです。
ただ、忘れ物が多いとの指摘を受けました。兄弟仲良く!似たもの兄弟!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

要するに、やんわりと遠回しに「親がもうちょっとしっかりせいや
とのお叱りを受けているわけですから、襟を正して有り難く拝聴してきました。

でもね先生・・・うちの息子がだらしないのは、「お母さまがお仕事でお忙しくて、なかなか細かくチェックおできにならない」
からではないんですよ!(この笑っちゃうような日本語、長男の担任も次男の担任も同じこと言ったよww)

おできか吹き出物かは知りませんが(両方とも若くて可愛い女性の担任なので、BBAはちょっと辛辣)
次男の忘れ物対策は、精一杯手厚くやっています。

例えば、「お小遣いチェックシート」
毎日、「連絡帳を書いたか」「宿題は学童で済ませたか」「学校の用意は済ませたか」「忘れ物はなかったか」
の4点をチェックしています。
チェック1個につき5円(一日最大20円)、全項目全日数パーフェクトを達成すると、400円程度のお小遣い支給額になります。
さらに「パーフェクトボーナス」という制度を設けていて、一日分4個のチェックが二日続けてパーフェクトだった場合、+20円のボーナスが別途出ます。

で、そんなにお小遣い多くて大丈夫なのかというと
これで月額平均200円くらいなので、全然問題ありません(爆)
どんだけ彼が忘れ物大王かって話。
小2男子のお小遣いが月額200円、それが多いか少ないかはご家庭の裁量によると思いますが
漫画本もおもちゃも親が一切買わない我が家では、子供はいつもイイ感じに金欠になっています。
つまり、我が家的には妥当なバランスだと思っています。
(ほぼ全額ため込む長男と違って、すぐに駄菓子の誘惑に負ける次男は特に金欠状態ステイですwwあとくされのない使い道だこと)

この「お小遣い出来合い制」のいいところは
私が、毎日こまめに次男の様子をチェックしなければならない点です。
連絡帳の中身をチェックして、忘れ物の有無を荷物チェックして(先生が連絡帳に朱書きで教えてくれます。最近の学校担任は行き届いてますねぇ)、宿題の内容をチェックして、音読&計算カードを確認して・・・

こういったことを、毎日玄関で正座してチェックしています。
親と子の、(無駄に)濃密なコミュニケーションです。

お小遣いチェックシートの4つの項目は、意識的に連携させています。
連絡帳をかかない→宿題の内容が分からない→忘れ物のチェックもできない→学校の用意全滅

と、数珠つなぎにお小遣いを失う設計になっています。
つまり、お小遣いが欲しくば
連絡帳を書くところから、本人が意識しないといけません。
連絡帳を書く!
よし、これで宿題ができるぞ!
忘れ物もチェックできる!!
今日の俺、天才!!!!
と、一日の生活をリズムに乗せていただきたい。
それが、生活態度の改善というものである。

というメッセージを込めています。息子よ、気づいてくれ母の愛に!!。・゚・(ノД`)・゚・。

ここまでやってもほぼ毎日忘れ物をする次男の不思議さよ(字余り)

なんで!?毎日ランドセルに入れるところまで面倒見ているのに
それでどうして忘れ物をするのーッil||li_| ̄|○il||li
(担任の先生いわく、学校で席に着いてから教卓にプリントを提出するまで数メートルで、宿題が迷子になるらしい。ミステリーか。)

自信をもって断言しますが
もし私が専業主婦だったとしても、これ以上のチェックは「おできになりません」。
コレでだめなら、それはもう、お母さまのお仕事の負荷云々ではなくて、単純に彼と私の能力不足ですわよ奥様・・・(´・ω・`)

でも、いずれは次男にも中学受験に挑んでもらいたいので
生活態度の改善は、一番の急務、重要課題だと考えています。

学童で宿題を終わらせる生活習慣が身につかないと、塾の膨大な宿題はとうてい消化できないと思う。
小学2年生のうちに、どんな先取り学習をさせたら効果的かと
そういう建設的なことを考えた時期が私にもありましたが(遠い目)
今は、そんなことは考えていません(`;ω;´)

これは、うちの息子たちに限った話ですけれど
二人とも、字は読めるし計算も人並みにできます(人並み以上に間違えるけどさ)。
知らないことに対する知的好奇心も旺盛だし、身体も健康、自習習慣もついています。

そこがクリアできていれば、あとは大手塾のカリキュラムがなんとかしてくれる、と感じています。
大手のカリキュラムは、やはり素晴らしいです。
手放しでOK・・・とはいきませんが(前記事参照)、特別に参考書を買い足すとか、個別塾に通わせるとか
何か高級なお習い事をさせるとか、そういう必要性は感じません。受験対策としては、ですけどね。

でもね、生活態度は・・・ここがしっかりできていないと、塾と小学校のダブルスクールはこなせないです。
うちは共働きの核家族なので、時間の制約が特にキビシイ。
限られた時間で、効率よく学習を進めるためには、学校での生活態度(学校のことは学校で済まとけ!ってこと)が
肝になってきます。
今後、万が一私立進学に挫折して公立中へ進学したら(→高校受験)
よりいっそう生活態度が重要になってきます。内申点!内申点!!←トラウマがあるらしい

というわけで
お習い事よりも忘れ物対策が大事
なのです。わかったか次男!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

長男は、次男ほどの手間はかけていませんが
あまり口を出さないようにしています。
彼は今夏から、「朝勉」に取り組み始めました。
最初は私が提案したスタイルですが、いまは自分で起きて朝の5時から勉強しています。
夜は塾の宿題をし、朝に学校の宿題をしているので
寝坊は絶対にできません。
「そのほうが、後がないから集中して宿題に取り組めるし、夜のうちに塾の勉強をしっかりできるから」だそうです。

私が寝坊しても、自分で起き出して宿題に取り組んでます。
その様子を見ていれば、まぁ、たまに三角定規を忘れる程度のことは、目をつぶっても良いかと・・・(その三角定規が3セット目であることにも、一応目をつぶる)
(※当家は、朝6時には学校の支度を始めないと遅刻する立地です)

こんだけ頑張っているんだから
少しは花を咲かせてあげたいですねぇ
週例テスト、あがるといいね長男・・・。
母ちゃんも、スペシャルノートがんばって作りますッ
2016-12-09(Fri)

インフルエンザ

長男が、インフルエンザに罹患しました。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←「罹患」は”りかん”と読みます。”らかん”ではない・・・と何度も説明しているのですが、うちのパパは「らかん、とも読むんじゃない?君が知らないだけでさ。りかん、なんて変だよ」と信じてくれません・・・いっそ”るかん”とか”れかん”と呼ぶか・・・

ということで、2回続けて週例テストをお休みします(前回は学校授業のためお休み)。

四谷の記録には残りませんが、前回、塾で一通りテスト形式で解かせてもらうと
算数が38点しか取れていませんでした(爆)
よかった・・・記録に残らなくて(笑)

演習時間も増やしているし、宿題もサボってないのですが
算数が下げ止まりません。困ったもんです。

原因はシンプルで、計算スピードが遅いことと、ケアレスミスが多いこと。
それから、応用問題が解けないことです。

ただ、応用問題については
前半の計算・一行問題で時間を使いすぎているため、使える時間が足りなくなっていることが要因のようです。
前半で十分な時間を残せていれば、難易度的には解けそう(大問の最後の(2)だけは無理だけど)。
ということは、すべての鍵は計算速度・精度にあるということになります。

じゃ、演習量を増やして計算作業に慣れれば解決する問題なのかというと・・・
それだけでは、ダメじゃないかと。

がんばってもがんばっても上がらないクラス。
かといって、今では下がるほどのギリギリ感もない。
周囲には同じレベルの子もいない(みんなもっと上のクラス)し
モチベーションも危機感も、両方とも薄れる状況なのです。

たしかに、まだ小4ですから、いますぐ死ぬ気で勉強しなくちゃならないほどの成績ではない(と思う)のですが
尻に火が付くまで本気になれない彼の性格は、今のうちに是正したいところです。
なぜかというと、他の子たちだって直前期になればケツに火が付きまくりだからです。お前ら、カチカチ山のたぬき軍団かっつの。

そうやって周囲の子がペースを上げ始めたら、なんとなく気おくれして波に乗り遅れるのが、彼の常套パターン。
保育園時代も、自転車レースに出場したときも、ゴールをした後にやる気を見せ始めるのが彼の特徴なのです。
(レース中は、回りの子にコースを譲ったりする男。なんかみんながんばっててすごいなと思ったから・・・だって(;´Д`))

そんなおっとり体質の彼のために、小4での塾スタートを選んだのです。公文を3歳から通わせたのも、早め早めにスタートを切りたかったからなのです。
ちょっと早めに、地道にスタートを切ること。
そうでないと、人並みなペースでゴールにたどり着くことができない男なのです。大物なんです。聞こえはいいけど、実際困るわー

え?塾小4スタートは別に早くない、ですって!?
まぁね、そうなんですけど(;´Д`)
うちは共稼ぎで塾の送迎ができないので、自力で電車に乗れる年齢までは塾通いができなかったんです・・・
それに、よく言えば大物の彼(ぶっちゃけ単なるおっとりさん)な彼のことですから
たとえ一年早く塾通いしていたとしても、やっぱり計算のスピードが上がったとは思えません。
計算技術というより、受験に対する緊張感、集中力の問題ですからねぇ・・・彼の心の成長を待たないと。
いつの時期からスタートするのが良いかは、子供の性格と能力によって異なるようです。うちは小4でちょうど良かった・・・らいいなwwまだ結果はわかりませんけども。

ということで
「だらだら解いても時間の無駄!死ぬ気で解きなさい!!」( ゚Д゚)ゴルァ!!
とカツを入れてみたところ、以下の問題を30秒もかからずに解きました。

太郎さんは、持っていた金額の4/9を使って1,200円の本を買いました。太郎さんが最初に持っていた金額はいくらですか。

答え:2,700円

これを、私の目の前で、途中式を一切書かずに20秒ちょっとで解いたのです。

いや、別に暗算でもいいんだけどさ(; ・`ω・´)いきなり答えを書くとは・・・。
確かに答えは合ってるんだけど、途中式は書こうよ・・・orz

ちなみに、どうやって考えたの?と彼に聞くと
「もともと持っていたお金が9/9だから、1,200円を4で割って1/9を求めて、それを9倍すれば答えが出るかなって。」

うむ(´・ω・`)
正解です。
要するに9/4をかけるんですよね。
中学以降の数学に慣れた人なら、たしかに暗算レベルの問題です。

でも、今回の「割合」という小学校算数単元の趣旨からすれば
「ある数□の4/9が1,200円です。この時の□を求めなさい。」
ということを聞いている気がします。ぼくたちー、分数使ってるー?って。
長男の考え方は、本筋には違いないんのですが、解答欄に「9/4」が登場してくれないと
設題者はガックリでしょう(笑)

まぁ、それはいいとして、途中で計算間違いをしても気づけないところは問題です。
途中式、ほんと書いてくれないんですよね・・・
どうやら、公文で「途中式は書いてはダメ」と習ったようで
メンドクサイというのもあって、何度言っても途中式を書いてくれません。
それは、公文式としては問題のないやり方なのでしょうが
公文式を中断して中学受験に切り替えた身としては、少々まずいやり方のような気がします。
そもそも、採点しにくいのよ。考え方があっているかどうか、それとも計算を間違えたのか、全然わかんないからね~
自分でも間違いをチェックできないし、この先大問で部分点ももらえないし。困ったもんだのぅ(´・ω・`)

っていうか、20秒て!
母さんが怒鳴らなくても、最初からそのスピードで解いてくださいヽ(`Д´)ノ

そのスピードと計算力があれば、38点なんて取らないはずなのに~ッ(涙)
受験のときは、私の怒声がでるお守りでも持たせようかな・・・。
彼、確信を持って家に忘れて行きそうですけどね。
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク