2017-01-28(Sat)

予習シリーズ4年下 第18回結果、桜はキモい?

予習シリーズ4年下 週例テスト第17回結果
偏差値
算数 64.14
国語 36.42

2教科合計 50.83

こくごぉぉぉぉぉ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ


明日の試験で、4年生のカリキュラムがすべて終了します。

4年生最後の組み分け試験ですので
(ちょっと範囲も狭めですしww)気合い入れて勉強しましょー!ヾ(o´∀`o)ノ

ということで、今週は毎晩晩御飯を食べながら「BTB溶液は!」「酸性で黄色!」などと特訓を重ねました。
むらさき液キャベツは、アルカリ性の液を混ぜると緑になるんですってよ奥様・・・でもBTB溶液は中性で緑なのね。
紛らわしくって大変けしからん!テストにでるイキフンがプンプンじゃ!!

今日は、受験勉強の話とはちょっとズレるのですが
長男と盛り上がった桜の話題を少し。

~ある日の母子の勉強風景~

母「(もぐもぐ)次の植物のうちから、針葉樹を選びなさい。桜、杉、樫、ブナ」

長男「うーん・・・(もぐもぐ)・・・桜!」

母「ブッブー!!」

長男「(もぐもぐ)じゃぁ、梅?」

母「梅とか選択肢にないし!!」

長男「そうか~。ぼく、梅って見たことない。っていうか、梅干し嫌い」

母「そんなの全然聞いてないし!嫌いなら梅なんか選ブナ!ブナだけに!!(プ)」

長男「・・・」

母「・・・こ、答えは杉。」

長男「杉?花粉の?」

母「そう。杉は針葉樹林。あれ~そうなんだ、おっかし(樫)な~?みたいな?樫だけに!(プ)」

長男「・・・(もぐもぐ)」

母「ねぇ相手して!!母さんの相手して!!・・・梅はね、雪に耐えて麗しい花、って言うらしいよ」

長男「へー?」

母「うん。昔は桜よりも梅のほうが人気があったんだよ。和歌で”花”って詠まれたら、それは梅のことを指したってくらいでね。それに梅干しも梅酒も作れるし、梅ってお役立ちだよね」

長男「でも、桜もさくらんぼができるじゃん。梅干しよりさくらんぼのほうが美味しいよ」

母「あれ?知らなかった?日本で一番多い桜、ソメイヨシノって品種なんだけど、あれはさくらんぼができない花なんだよ」

長男「えー!そうなの!?なんで?花が咲いてるのに~」

母「あの花はね、もともとすごーく実や種をつくりにくい品種なんだって。それに加えて、世間のソメイヨシノは、全部クローンなの」

長男「クローン?ロボットみたいなもの?」

母「いや、クローンっていうのは、複製のことだよ。つまり、親がいないの。全部同じヤツが増えていってるだけなの。」

長男「同じヤツ?」

母「そう。人間は、うちならたとえばお父さんがいて、母さんがいて、長男くんがいて、次男くんがいるでしょ?」

長男「うん」

母「ソメイヨシノ君はね、あっちもこっちも、京都のソメイ君も福岡のソメイ君も、みんな長男君って感じなの」

長男「はぁ!?なにそれ!!」

母「お父さんもお母さんもいない。全部自分の分身なんだよ。だから受粉ができない。接ぎ木でしか増やせないんだって。だって、みんな長男くんだからさ。そういうの、結婚も妊娠もできないじゃん?」

長男「キモーーー!桜、きもーーー!」

母「そのキモさが逆に可愛いって気もするしね。さくらんぼ用の品種もあるわけだから、桜全部がそんな風ってわけじゃないよ。キモいのはソメイ君だけ。で、さくらんぼの産出が一番多い県は・・・」

長男「山形!・・・あれ?山梨?」

母「どっちや!そこが重要だってばよ!!」

というわけで、全然テストにでない話題で盛り上がった夜でした。

ソメイヨシノ、不思議な品種ですよね。お前さんのせいで、入学式の思い出は毛虫の雨ONLYだよ(九州産の子供あるある)
葉が出る前に一気に花だけ咲いて、その後一斉に散るさまが潔いということで、武士道になぞらえて戦時中に大量に増やされたのだそうです。
武士道とは死ぬこととナントヤラ、ですね。
そういう話を、歴史の勉強に織り交ぜて話したら記憶に残るかな・・・とか思いましたけど
そういえば小学校の歴史の授業って、昭和史が大胆に削られてるんですよね・・・残念。

今年の春は、桜餅を食べながらそんな話もできるといいな~^^
2017-01-23(Mon)

予習シリーズ4年下 第17回結果、そして日本海へ

予習シリーズ4年下 週例テスト第17回結果
偏差値
算数 54.41
国語 56.96

2教科合計 56.61

祝 成績優秀者(Bクラス2回目)+゚。*(*´∀`*)*。゚+

よくやったぁぁぁ
すごいぞ長男!チューしたる(←全力で断られました)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

2年後の私へ備忘録メモ1
半年間沈滞をつづけた、長男の成績。
上昇できたきっかけは、「計算練習」と「漢字・語句」の積み重ねでした。
応用問題を捨てて、とにかく計算・一行問題を解く、解く、解く・・・
毎日コツコツ。
頑張ったよね~えらいな~~~(すみません、ただの親ばかです)

基本問題の回答に余力を残せるようになったら、自然と応用問題も解けるようになりました。

とはいえ、相変わらず超難関校の入試問題とかには全く歯が立ちませんけれど
まぁ、そういうのは、スーパーサイヤ人小学生にお任せします☆
うちはクリリンで十分だわ~

2年後の私へ備忘録メモ2
とはいえ、
この学習方法は「夜に塾の勉強、朝5時起きで学校の宿題」がこなせる長男ならでは、のこと。
どう考えても、早起きと努力とにんじんが死ぬほど嫌いな次男には、適用できない勉強法です。
2年かけて、次男の性格改造に取り組むか(彼はウーロン。プーアルですらない・・・)、それとも別の勉強法を模索するか・・・

うーん・・・(´・ω・`)

うん。

2年後に考えます。(今日できることは、明日やる。)←次男は間違いなく私の息子

先週末は学校行事のため、土曜日のテストを金曜日に振り替えました。
このパターンのときはいつも成績が振るわない長男ですが
いま習っているところは、スパイラル学習で後日何度もやり直すところですので
あまりカリカリせずにのんびりと迎え撃ちたいと思います。

そういう流れがわかるようになっただけでも、4年生からスタートしていてよかったな~
今月末からはいよいよ5年生カリキュラムがスタートします。
5年生は、週例テストでも理科社会を受けるようになります。
いよいよ本格的に受験勉強スタートですね~
ドキドキしますが、がんばって乗り切りたいと思います!

ますます勉強が大変になっていくから、そろそろ公文(現在は英語のみ通ってます)かスイミングを辞める?
と長男に聞いてみたところ
「とりあえず頑張ってみて、どうしてもきつくなったら辞める」という返事でした。
どうしても辞めたくない、というほど入れ込んでいるわけではないようですが
学校や塾とは違う空気が楽しいし、宿題もほとんどない習い事ですから
気分転換も兼ねて、5年生までは続けるそうです。
まぁ、お利巧さんな回答だこと^^;
お小遣いもたまってるし、成績も上がってきたんだから
ずっとやりたかったゲームを買うとか、『進撃の巨人』のコミックを買うとか(刺激が強すぎて成績が下がる、と現在はパパに禁止されています)お父さんにお願いしてみたら?
と聞いてみたら
「そんなことして、せっかく上がってきた成績が下がったらちょっともったいないよ。上のクラスに上がってからにする!」
という模範解答がかえってきました。
おぉぉぉ・・・!こんな小学生がいるんですね!!
自分を律する小学生だなんて、なんだか不気味なくらいですよ(酷い母)

その自制心、弟に注射してくれまいか・・・(´・ω・`)
「ボクは、一生コタツの中でみかんを食べて過ごしたい」と真顔でいう弟だぞ(涙)

2017年の長男の目標は
「Cクラス入り、そしてSクラスへ!」
「自転車で日本海に行く」
の二本立てだそうです。

よし!
日本海、行こうね!!(←そっち!?)
2017-01-16(Mon)

奇跡のカップル

以前、個人面談の際、次男の担任に聞いたのですが
彼は学級委員に立候補して、先生に拒否され、泣いたことがあるのだそうです。

その時の泣き方があまりにも大仰だったので「ご家庭でもよく話しておいてください」とのこと。

いや・・・あの・・・何を話せとおっしゃる先生よ!(;´Д`)
っていうのが私の正直な感想ですww

「えーと・・・泣いてはいけない、って言い聞かせればいいですか?」と先生に聞くと
そうではなくて、次男君が委員長に立候補できない理由を説明し、あまり悲しまないように説得してほしい、と。

んなもん、事件が起こってから何か月もたって親に言うことかよ~。っていうか、立候補を制限するって、それもう立候補の趣旨が違うんじゃ・・・
と、まぁ、言いたいことは多々ありましたが、「分かりました。では息子が委員長に立候補できない理由というのを教えてください」
と尋ねると
・忘れ物が多い(周りの子の信頼が薄いので、みんなが次男の言うことに耳を貸さない)
・これまで係りの仕事を積極的にやってなかった
・あまり成績が良くない
ということのようです。

ふむふむ。
まぁ、先生のおっしゃることは、ごもっともです。
なんとなくクラスの雰囲気が伝わってきました。なるほどなるほど。
うちの次男なら、いかにも人望がなさそうだ(つるんで悪いことをする友達はいっぱいいるんですがwww)

でも、それなら、立候補を制限するんじゃなくて、立候補させて選挙→落選するさまを見守ればいいのに。
と思いましたが、
まぁ、若くて経験の少なそうな先生でしたから、うっかり当選しちゃったら大変だ、くらいに思ったのかもしれません。
それもまた次男の貴重な経験でもありますので
「分かりました。つまり、君はだらしなくて委員長に適さないから立候補しちゃダメ、って言っておきますね」
と返事をしておきました。先生、苦笑いww

ということがありつつ、の。

先日、次男がポツリと教えてくれました。
次男の元カノのTちゃんは、今度学級委員になったんだ、と
そして、次男の仲良しのK君も、一緒に委員になった、と。

TちゃんとK君は家がお隣同士で、お母さんたちも仲が良く
Tちゃんは学業優秀、品性方向、可愛らしくて気立てが良い子で
K君は、次男よりも10cm以上背が高く、イケメンでスポーツ万能。
保育園時代から仲が良かった二人は、いま協力しあって学級委員をやっている、と・・・。
「ふたりは奇跡のカップルだね、ってみんな言ってるんだ。」と次男は言いました。

・・・
次男、それは・・・・
少女漫画でよく見る、「王道の恋人パターン」ではあるまいか?

次男「うん。誰も二人の世界には入れないね」←ww

つまり、うちの次男は
Tちゃんと一緒に委員をしようと立候補したが、先生に拒否られ
その後TちゃんとK君が急接近するのを、指をくわえて見守るしかなかった、と
そして、自分からTちゃんに別れを切り出した、と・・・そういうことのようです。

「次男・・・お前さん、失恋したの?
いいや。僕が振ったんだ。別の子が好きになっちゃっただけだよ。」

いやーーーーー(≧∀≦)
あまずっぱい!
小2次男の恋模様が、超~~~あまずっぱい!!!
(つか、少女漫画で一番道化な役割だよお前さんwww)

そうか~。
次男の涙には、そんな理由が隠されていたんですね。
母さん、なんだか感心しました。
そんな涙なら、いくらでも流すといいよ次男。

「君、イケメンっぷりでは決して負けてないんだから、ご飯をいっぱい食べて、背を伸ばそうね!」
「うん!今日の晩御飯は何?」
「しいたけの肉詰め」
「えーーーーー」←きのこ嫌い

そんなことを話し合った、冬のある日でした。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←結局次男の好物・ピーマンの肉詰めを作り直した甘い母に「あ~ぁww」と生暖かい目でワンクリックお願いします!
2017-01-11(Wed)

時を駆ける少年

中学受験に関する本やネット記事を読んでいると
「受験をすることによって、子どもにとってかけがえのない時間を奪い人間性を損なってしまう。親のエゴで受験させていいのか」
というような内容のことを、よく見かけます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←肯定的な記事も多いけれど、そういうのはなんというか・・・新興宗教みたいな不気味なポジティブさを感じることもあって。

実際に、私も元から非好意的だった人だけでなく、好意的だった人からも同様の意見をもらいました。
筆頭はパパですねww
そりゃ、問題が解けなくて泣いているわが子を目の当たりにすると
「この鬼母め!お前のエゴで子供を泣かせるな!」って気持ちになると思う。それもまた親心。
私にそれとなーく意見をくれた人も、純粋に親切心なのだと思います。義侠心、とか。

そういうとき、私は思うのですが
受験が子どもの人生にとって吉と出るか凶と出るかは、親次第だし、子ども次第だし、状況次第だと思うんです。
つまり、人によって、状況によってさまざまなんだから、絶対の答えなんか、あるわけがない。
誰かにとって、その時の状況によって吉と出たとしても
それがわが子にとって良いかだなんて、誰に分かるんでしょうか。誰が保証できるんでしょうか。

たぶん、多くの母親にとって一番嫌なのは
仮にわが子が受験に失敗したときに
「ほらね。そうなると思った」「だから言ったでしょう?」
と言われる事ではないでしょうか。
だって、いつだって子どもの問題の矢面に立って責任を被ってきたのは
母親だからです(あ、母親がメインで子育てしてる場合ね)。
他人に責任を被せられて、自分でも自分を責めて、なにより子供が不憫で、そして感情に逃げ場がなくなる。
高校受験はね、仕方ないと思うんです。義務教育終わっちゃうわけだから。ほぼみんなやるんだから。
でも中学受験はね・・・しなくてもいいものを、敢えて飛び込むわけです。しかも、たいていの場合、親の選択で。

ですが、私は、この選択が良かったと思えるように猛烈に努力します。
全然嫌じゃないし、怖くもないです。

そんな決意表明の、2017年冬。
(このブログをご覧の中学受験母(父)さん、あなたが不安そうにしていたら”そんな不安な状態で受験なんかするの?子供が可哀そう”って言われるし、自信満々だと”なんだか無理に思い込んでるみたい。本当に大丈夫?子供が可哀そう”ってきっと言われます。つまり、どっちでも結果は一緒ですwwお互いがんばりましょー)



次男の恋模様で、なかなか面白い情報を仕入れたのですが
それはまた別の機会に記事にするとして(←鬼母)
今日は彼の勉強状況に関する話題です。

公文をやめ、Z会を始めて一年ほど経ちましたが
しつこく指導したかいあって、ようやく学童で宿題を終わらせてくれるようになりました。
それにより、Z会への取り組みが軌道に乗った感があります。

それで、成績が上がったかというと
そんなことは全然なくて(つд`)
成績は中の下、くらい。
ペーパーテストはまぁまぁできるけど、忘れ物や提出物忘れが酷くて
内申は散々、という状態です。

でも、一年かかって、少なくとも宿題への取り組みには改善が見られたわけですから
根気強く教えていけば、なんとか中学受験には間に合うかもしれない・・・と(儚い)希望は捨てておりません。
次男のように、微妙に発達障害のグレーゾーンにいる子こそ私立に放り込んでやりたいので
「またプリントがなくなったー!」「連絡帳はどこーーー!」「ご飯は椅子に座って食べろーーー!」
と毎日叫びながら、なんとかかんとか学習を進めている次第です。疲れる・・・。

いまは、Z会の小2コースに取り組んでいるのですが
問題内容は、別に先取りじゃないし、別段難しくもありません。
とくに、算数は、すごく基本的なことばかりです。
200mlと900mlを足したら何L何mlになりますか、とか。
いい問題ですよね。
ガッコでも出てきそうなレベルだし、単位の変わり目をきちんと押さえてくれてる。ありがたや。

もうちょっと難易度が上がる問題もありますが(例えば二つのコップの水を足して、少し減らすとか)
次男はほぼ暗算で解いています。
公文、少しは役に立ったのでしょうか。
計算間違えも少なく、安定した計算力を見せてくれています。

あとですね、国語が、すごくいい。
公文の国語も好きでしたが、Z会の国語はもっと好きです。
選ばれる題材が面白いし(ガッコの教科書って、30年前からほとんど変わってないよね~!)
単なる抜き出しじゃなくて、登場人物の心情を問うてくれたり、さりげなく記述練習をさせてくれたり
とにかくバリエーションに富んでいるので、採点しているこちらも楽しい。
解いている次男自身も楽しんでいるので、ほんとお勧めです。

・・・と、安心していたら、ですよ。
おととい、次男がふと口にしたんです。
「お母さん、4時って、まだなの?もう過ぎた?」

ちなみに、その時の時間はAM11:20。
もうすぐお昼ご飯、という明るい時間帯です。
彼の目の前には、リビングに飾ってある大きな置時計もある。

一瞬、何を聞かれているか理解できなくて「え?」って何度か聞き返しちゃったんですけど
何度聞き返しても「4時はもう過ぎた?まだ?」と聞いてくる。

私の感覚だと、まだお昼ごはんも食べてない段階で「夕方の4時を過ぎているかどうか」を心配するだなんて
アリエナイ気がするのです。
でも、明け方の4時かどうかを気にする時間帯でもない。
っていうか時計。まさかそんな大きな置時計が見えないとか・・・ちょ!怖い!!

話をよくよく聞くと、
仲良しのお友達が「4時までなら遊べる」といつも言っているらしくて
これから誘ってまだ遊べるか、もう遊べないか?を心配しているようです。

嫌な予感がしたので
「・・・それって、午前4時?午後4時?」と尋ねると
彼は黙って悲しい顔で首を振りました・・・
やばい。こやつ、午前4時と午後4時の区別が付いてない( ゚д゚ )クワッ!!

しかも、大きな置時計が目の前にあるのに
いま針が指している時刻が4時より前なのか後なのか(短針が"時"を表していて、それがどちら周りに進むのか)、判断できていないのです。

「ぼく、時計はちょっと苦手なのよ・・・」と。
ばっかもん!ヽ(*`Д´)ノ
そんなもん、得意苦手以前の問題じゃ!!!

次男の典型的な甘えっぷりが出ました。
苦手な問題は、とにかく考えない。一切の思考を停止する。
彼の能力なら、落ち着いて考えれば決して解けない問題ではないはずなのに
嫌い、苦手と思ったら、意地でも考えない。たとえそれがどんなに生活に必要でも、です。

あぁ、めんどくさい・・・このまま気が付かなかったふりをしてスルーするか

と一瞬迷いましたが
まぁ・・・そういうわけには、いきませんよね(涙)
ガッコの先生ならそれで通用するかもしれませんが、親に逃げ道はないのです・・・。
この先、速度の問題でも数列の問題でも、繰り返し時刻やカレンダーが題材になります。
避けて通れるもんではない。とほほ

というわけで

無題
ぷりんときっず-時計と時間の応用プリント-難しい)

こういうプリントをネットからダウンロードして
一日一問、ご飯の時間に一緒に解くことにしました。
この手の「母ちゃんは君に手間をかけているよ~一緒にやろうね~」感が大好きな彼。
まー、嬉しそうなこと!
あの質問が、ただの甘ったれ表明であって本当は時間なんかわかってる・・・ってことだと良いのですが。
ほんとにわかってなかったら一大事だぞぃ

はぁ、先は長いです
2017-01-07(Sat)

2017エンジン始動!

あけまして、おめでとうございます。
いよいよ来月から5年生カリキュラムが始まります~
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←冬休み、全然勉強進まないねぇ・・・

結局、冬休みは全然ブログを書けませんでした。昨日からガッコ再開です。
うちの息子たちのガッコは1/6(金)の一日だけ行って(給食ナシ)→3連休
彼らの話によれば、授業らしい授業もなかったそうで、本格的な開始は連休明けの10日からだそうです。

そんなんで6日から開始するくらいなら10日まで休めば良さそうなもんですが・・・何やら大人の事情を感じます。授業日数、足りなかったのかしら・・・。

冬休みは、塾の勉強どころではなくて、ガッコの宿題を消化するだけで精一杯でした。
次男の学年は冬休みの日誌とプリントが2枚だけなのに、
長男の学年はドリルもプリントも観察物もどっちゃり(´ε`;)
書初めとか縄跳びとかドリームマップとか(!?)、親の手を煩わす(いや、本来は煩わしちゃイカンのですけどww)課題もてんこ盛りなので
塾の宿題は講習に通うだけでOKとしました。
計算練習だけでも続けたかったな~

ガッコの宿題なんて、ロスタイム(1/7~9の三連休)にやればいいじゃん。と私なんかは思うのですが
優等生気質の長男は「いや、でも宿題ってそういうものじゃないから・・・」と必死に取り組んでいます。

えらいねぇ。誰に似たのやら。
少なくとも私ではない(宿題は初日に強引に終わらせるタイプ。そして提出日に忘れるタイプ)。
そして夫でもない(宿題はロスタイム終了後に頑張るタイプ)。
お星さまになったじいちゃんに似たのかもしれません(そういえばビンビンに生きてるけど)。

仕方ないので、書初めだけは手伝いました。←ちょっとやってみたかった
「・・・下手すぎる。でもこれならお母さんが代筆したってバレないか・・・」と複雑な顔をされましたよ。
正直って時に罪な。

ずっとテスト漬けだった毎日から解放されて、2週間ものんべんだらりと過ごしました。
これはこれで、少々不安も感じるのですが、、小4のうちからあまりにもギンギンに詰め込むと、チキンハートの長男はパンクしかねません。
来月からの小5スタートに向けた小休止、ということで、堕落には目をつぶります。
(ま、堕落してるのは主に私です。新年の酒を飲んだ後に算数とか勉強できるかいな)

というわけで、堕落した毎日も今日でおしまい。
今日から、計算練習&国語記述練習をスタートさせます。3連休もバリバリやるわよ!
次男の塾通いも今月末からスタートしますから、そっちの段取りも忙しくなりそうです。

今年の目標は・・・
ズバリ!Cクラス入り!!
そして、組み分けテストでの偏差値55(4科目)到達!!

どうぞ、こんな当家を今年もよろしくお願いいたします。
がんばりますよ~オーッ

おまけ
ネットでこんな問題を見つけました。
割と有名なので、ご存知の方も多いかも。

40-32÷2=?

小学生「4!」

理系「よくわかってんじゃん」
文系「やっぱわかんないか~w」

元理系(鳩子)「・・・(ヤベェ、元理系のプライドが…(;゚Д゚))」

解答
これ、答えは「4!(4の階乗)」なんです。24ね。
階乗とか!
全然まったくこれっぽっちも覚えてなかったよ!!
全国の高専生、こんな卒業生でゴメンねーッ

こういうのを見ると「じゃ、5のパターンは?」(前から四則ルール無視して計算したら5で、回答が5の階乗になってる数)とか
「じゃぁ6は?7は?」
と夢中になって考え出すのがうちの理系男子(パパ)だろうなぁ・・・そして長男も近い将来その道を行く。
母には見えるぞ、君の将来が(非モテな。でも良き濃い友達には恵まれるじゃろうて)

さらに付け足すなら
「ではこれを一般式で表すと?」(n=・・・みたいに)というところまで踏み込むのが数学で
ただ合致する数を探すのが算数かな、と。
うちの理系男子は、算数は得意だけど数学はどうなんだろう。物理が得意で数学が苦手、ってよく聞きますよね。
先日、パパが友人宅の現役JCに証明問題を教えてあげていたけど
ぶっちゃけ、説明が分かりにくくて、私も彼女も「??」って顔になったんですよね・・・典型的な、理系男子あるあるww

ま、人に勉強を教えるには、理系センスだけでは不十分だと思います。文系的センスも必要よね。
ということで、己の「階乗忘却問題」は上手く水に流したのでした。
社会と国語は母に任せてちょ!
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ
管理人へのメッセージは此方にお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク