2017-03-28(Tue)

中学入試報告会

更新をサボってる間に、ホットなネタがどんどん降ってくる~~(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
先日、塾の中学入試報告会に参加してきました。

大手の塾さんの中学入試報告会は
合格したご家庭の感動ドラマ動画が見られたり、合格した子の偏差値の推移(小4、5、6)が見られたりと
データ量といい構成力といい、それはそれはもう豪華なものだそうです。

それに比べると、我が家が参加した報告会&懇親会は
非常にアットホームなものでした。
今年合格した子たちの最終偏差値と、受験校に対する合否結果
それに、各学校HPで公開されている受験者平均&合格者平均点の一覧を添付したものです。

簡単、とはいえ、実際に通っている塾のリアルなデータですし
(塾生があまりに少ないので)これ以上書くと、個人特定されまくりだよ~・・・という先生方の苦悩が透けて見えて(笑)
まぁ、これはこれで、必要にして十分な有用なデータだったと思います。

私としては、統計とかデータ分析とかは非常に楽しい作業なので
もっと詳細なデータがあればあっただけ楽しめますけど
それがどのくらい長男の勉強に役立つかというと・・・疑問。ただの趣味で終わりそうな気もします(笑)

一番肝心なのは
いま、うちの長男坊の偏差値が、志望校に対してどのくらいビハインドなのか。
過去、うちのレベルの偏差値の子がどれくらい志望校に受かったのか(落ちたのか)の、具体的なデータです。

で、結論を言いますと
現状としてはイイ感じ。
でした。

今のレベルをキープできれば、五分五分。
右肩上がりになれば、80%合格圏内。

もちろん、まだ5年生開始直後ですから
ここからズルズルと下がる可能性も多分にあるわけでして。確実な話ではありません。
ありません、が、「チャレンジ受験」とか「記念受験」とかが大嫌いな我が家としては(まぁ、好き好んで”チャレンジ”している人も少ないでしょうが・・・)
できるだけ早い段階で80%ラインに乗って、そこから死に物狂いでキープする(最後ちょっと上向きになるとなおヨシ)・・・というシナリオを目指しているので
ひとまず、計画通りに進みそうな見通しが立って、ホッとしました。

なんというか
中学受験未経験、しかも他地方出身の私にしてみれば
現状の第一志望校でも、「ホントにイケるのかな・・・夢見すぎかな?」というくらいの、背伸び校なのです。
身内が通っていた、とか知人の子が通ってたりすると「そんな緊張しなくても・・・別に普通の学校だよ」と嵩を括れるのでしょうが、
そういうこともできませんので・・・塾の講師に志望校を聞かれても、毎回微妙に噛んでしまうくらいで^^;

でも、塾としては
「(うちの)第一志望校は、最低ライン!できればそれ以上の学校も合格を!」
という方針らしくて。

(ほー、あそこ以上っつったら・・・アレしかないよね?スーパーサイヤ人ばっか通ってるマンモス校じゃないか。よそんちのお子さんは優秀だのぅ('ω'))

と、完全に他人事の気分でその説明を聞いていたのですが
「現状、うちの塾の小4生には、全員、可能性があると思います」
と講師が宣言するやいなや、会場が総ドヨドヨww私も超ドヨドヨwww(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

「あ、今年から女子が入塾してくれました。女子に関しては無理です。すみません」
という、普段だったらクスリともしないジョーク(あ、その件の”マンモス校”は男子校なのです。東海地方のかたなら、まずみんな知ってるアソコ)にも、ホホホホ!と乾いた金属質な笑いが会場内に巻き起こりました。
みんな、微妙に平常心ではないものと思われる(笑)

まぁ、まだ4年生だもんね。可能性のことを言えば、なんでもアリの時期だよね!(と思いつつも嬉しい母達)

んー。受かるかどうかはともかくとして
より高いレベルの学校を目指して勉強するのはいいことです。
最終的には第一志望校対策に注力することになるでしょうが、そこに至るまでにはまだ時間がありますし、息子の希望も固まっていませんから
じっくり検討していきたいと思います。学校見学も始まりますしね~

会場に来ていたお母さんたちを見ていると
みなさん、とても上品で、点取りにガツガツしてなくて、でも教育熱心という感じ。
あの人たちのなかでは、私が一番ガツガツしてそうな感じでした(そしてうちが偏差値ドベというね・・・(´・ω・`))
実際、懇親会でも「〇〇君かわいそう~もっと褒めてあげて~ッ」と言われてしまいました^^;
そうだよねぇ・・・やっぱり私、キビシイよねぇ・・・

でも、たとえドン引きされても、正直に振舞うほうが楽ですし、その上で仲良くしてくれるお母さんとじゃないと
友達にはなれないと思っています。
仮に取り繕って親しくなっても、お互い疲れるだけでしょうし。

これだけ毎週毎週テストの点で競争させておいて「競争よりも大事なことがある」「頑張れば、たとえ点が悪くてもいい」
などと、息子には決して言いません。
言えません。

辛いけど、しんどいけど、結果をだすために頑張ろう。
点数が落ちたら、一緒に原因を考えよう。
上がったら、一緒に喜ぼう。
そして、必ず合格を勝ち取る。結果を出す。

そういう決意で受験に臨んでいるので、やっぱり余所のお母さんより厳しいと思います。さぞウザかろう。

必ず合格を勝ち取る・・・けど、第一志望とは言ってないよね(`・ω・´)
えーと、進学率の良い私学の候補は、と・・・←ヲイwww

報告会が終わった後は、講師と保護者の懇親会でした。
こういう性格の人間なので、懇親会といっても、話し相手もいないだろうし早々に帰ろうかな・・・と思っていたのですが
何人かのお母さんが優しく話しかけてくれたので、ためになるお話をいっぱい聞かせていただけました。
私の人間性がバレたので、次回は話してもらえないかも・・・と思ったので、今回はチャンスとばかりに(笑)真剣に話を聞いておきました。(それって前向きなの、後ろ向きなの!?)

普段、仕事ばかりでママ友と話す機会もないので、すんごく面白かったです。
その時仕入れた内容については・・・気が向いたらいつかUPしてみたいと思います。

さーて、春休みも残り半分!
がんばるぞ~\(^o^)/
2017-03-24(Fri)

真っ白になったぜ・・・、と事件その2

あ、長男の組み分けはBでステイでした。もうちょっとでCだ!!


小2次男(小3コース)の、第一回の月例テストが終了しました。
結果は・・・


・・・



あ、すみません。ちょっと軽く心停止してました(うそやん!?)

見たことない偏差値キターーーーー\(^o^)/
偏差値って、こんな低い数値もあったんだねー(遠い目)

なにがショックかって
これでも、めちゃくちゃ勉強したんですよ!(次男従来比)
毎日毎日ドリルを解いたし、市販のドリルまで買い足して頑張ったんです!
サボってません、彼はちゃんと真面目に取り組みましたぁぁぁ

でも、できないもんはできない(爆)

よくよく観察してみると
計算問題は、普通に解けているのです。掛け算とか引き算とか。
(あ、時計の問題はだいぶ改善しました。小1程度には解けるようになった!まぁ、いま小2ですけどww)

でも、思考力がトコトン弱い。
ちょっと見たことのない問題とか、長めの問題文に遭遇すると
とたんに集中力を落としてダメになるようです。
能力の問題というか、メンタルの問題というか。両方かー。。。君のやる気スイッチはどこにあるんだ母ちゃん連打するから教えてくれぇぇぇ

塾からは、「あまりにテストの出来が悪いと、本人がショックを受けて学習意欲をなくすからテストをパスしては?」
という提案も受けましたが
「ダメならダメで、それも大事な経験ですから」
と主張して、今回は受けさせました。

結果、本人よりも私がダメージを受けています。
本人は平気なもんですよ・・・「いやー、次はもっとがんばらないとねテヘペロ」だって。

とほほ・・・平均点すら遠く届かないとは・・・大丈夫かうちの子(汗)(お前さんテヘペロって何処で習った!?)

塾とか通信教育とか関係なく、ガッコの勉強すら怪しいレベルです。
このまま無手当てに放り出すと、とんでもない劣等生になりうる。
受験してもしなくても、次男には学習塾が必要だと思いました。
私も教えるし、塾でも勉強させます。
あいつにはそれくらいの勉強が必要だ~~~!

これまでも、ずっとZ会やら公文やらやってきたのです。フォローもしていたつもりでした。

でも、全く身についていないことがこのたびはっきりと分かりました。
いまの段階で気づいてよかったです。
て、手遅れじゃないと誰か言って(切実)
毎月の塾テストでペースを作りながら、しっかりと基礎を固めたいと思います。

世間の「うちの次男型」のお母さま方、どうぞお気をつけて!
あいつら、お金をかけて塾に通わせても、習い事させても、ぜっぜん身につけていません!!びっくりするから!!!

絶望的な気分ではありますが
とにかく、去年一年間で、次男は授業時間に椅子に座れるようになりました。
宿題にもきちんと取り組むようになりました。
連絡帳も書けるようになったし、音読も計算も、自分から取り組めるようになりました(カードに自分でサインして音読をスルーする・・・という高等テクニックもすんなり身に着けた)←
あいつはあいつなりに成長しているのです。

きっと。
たぶん・・・(一休さんか)

今年一年は、なんとか塾生活を定着させて
次男の成長率を見守りたいと思います。

諦めるのは、いつでもできる。
諦めたら、そこで終わりだ。

あ、
ちなみに、四谷大塚の小3ジュニアコースでは
生徒はSかAのどちらかのクラスに振り分けられます(Sが上)。
しかし、このシステムは本部生のものだけで
うちのような地方の準拠塾では、クラス分けはないようです(クラス分けるほど生徒おらんの)。
だから、どんだけアホな成績とったって、クラス落ちはないのね~。よかったような、悪かったような??

一年がんばって、まったく偏差値が上がらなかったら・・・
その時は、潔くこのブログを閉鎖したいと思います。
もともと、あいつの受験のために始めたブログですからねぇ・・・(´・ω・`)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-03-21(Tue)

第一回組分けテストと、事件その1

さぁさぁ!5年生第一回目の組み分けテストが終わりましたよ!(注:すみません、最近更新を怠っておりました。やっぱりコメント欄復活させるかな・・・いやでもやっぱりコワイしな・・・)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←必死でテンションを上げようとしているワタクシ。つまり結果は・・・どうぞお察しください・・・・。

世間の中学受験ブログを見ていると、うちのような底辺層の偏差値なんて、公開したらちょっと恥ずかしいカモと感じましたので
今回から詳細なデータを載せるのはやめました。
もとは2年後の自分への覚書のために書き残していたのですけれど
正直、長男と次男の学力の差が大きすぎて、何の参考にもならないような気がしてきましたので・・・イミナイかなというのもあり。

これからは、自宅勉強のメニューやボリューム、それに伴う彼らの反応や成績変化などを中心に
書き留めていこうと思います。二年後の「疲弊しきった自分」へのエールとなるように、願いを込めて(笑)(いや、笑ってる場合じゃない)

まず、長男。

獲得得点だけを見れば、過去最高点をマークしました。
算数と社会が前回レベルをキープ、理科がアップ、国語がドボン

社会は、キープとは言え決して良くはありません。悪かった前回をキープしたという、ね(´・ω・`)
ただ、最近社会は低空飛行を極めていましたので、組み分けテストと週例テストのレベル差を考慮すれば・・・まぁまぁ健闘といえるかも。
(注:週例テストはクラス別で問題レベルが異なり、組み分けテストは全クラス共通問題です。なので下位クラスにとっては組み分けのほうがレベルが高い。とはいえ社会はBCクラス共通問題なので、組み分けと週例の差は小さいのですけどね)

理科は、単元との相性が良いこともあって、最小の勉強時間で高偏差値をマークしました。なんとエコロジーな科目よ。ありがとう理科くん!
じゃぁもう、これからは理科くんを稼ぎ頭として頼りにし・・・・たいところですが、
まぁ無理ですよね・・・(´・ω・`)
虫とか星とかが出題されたら、すぐにフォンフォンUFOに拉致されて脳みそが旅に出ますもの。水溶液とか電池とか、男子ってそういうのばっかり得意なことない??

算数に関しては、クラスごとに問題レベルがかなり違いますので
クラス共通問題である組み分けテストで、週例テスト並みに得点できたのは上出来だと思います。
長男としては、もっと算数に力を入れて勉強したいようですが
私は、こんだけ出来れば上出来だから、それより国語に力を入れたいと考えています。
この点に関しては、息子と塾講師とを交えて、一度ゆっくり検討したいですね。ちょうど春休みになるしね~

さて、「事件その1」。
長男が泣いて帰ってきた!
塾で、国語の記述問題に関して先生と衝突したようです。

オカンが怖いうるさいので、とにかく塾で演習問題を全部解き終わって帰りたい長男と
漢字や語句問題を切り上げて、とにかく記述問題を先に終わらせてほしい先生(採点したいから)。
「〇〇君、語句を飛ばして記述を書いちゃってよ。時間が終わっちゃうからさ」「いや、採点は家でするから、とにかく先に全部解きたい!」→先生激おこプンプン丸

こうして現象を取り出してみると
全部オカンが悪い。
という気がしますね(; ・`д・´)モウシワケナイ

もちろん、私自身は、塾で採点してくれるならそのほうがいい、と思っていますが(語句はともかく記述はね。採点基準むずかしいし)
「語句なら家、記述なら塾」なんていう細かい違いは、長男には伝わっていませんでした。ちょろっと説明したけど、採点基準なんてコムズカシイことは、ピンと来てなかったみたい。
正直、私としても内心、塾をあてにしていないところがあって
「塾なんて、どうせもっと頭のいい子しか面倒みてくれないんでしょ」と思っていた部分があります。
おっとりし(すぎ)てて主張が激しくない長男(プライドだけは高ぇ)は、集団塾では放置されがちなキャラクターだと思います。
実際、これまでも、90分でテキスト1ページしか解かずに帰ってきたり(先生とは今日は何もしゃべってない、とか言うし!ウソだろ!?)してたので
もう、塾はていのよい自習室みたいなもんと割り切ってるところがありました。

そういう私の空気を、長男は敏感に感じ取っていたのだと思います。
一見KYなようでいて、親の顔色だけは慎重に読む長男。まさに長男気質。いや、悪いこととは言えないよね・・・スマン長男。

なのでこのたび「塾の採点は大事だよー!」ということを、口に出してはっきり伝えました。
家での勉強時間が減ってもいいから、塾でしっかり国語の記述特訓をしておいでー、と。
記述問題の採点基準は、オカンよりも塾のほうが格段に精度が良いの。だから先生の言うことしっかり聞いておいで、と。

塾としても「家で全部採点するなら、塾は自習室になってしまう」という危惧があるらしくて(ギクリ(; ・`д・´))
「もっと(家の人にも息子にも)塾を信頼してほしいので、彼にはきつく言いました」と言ってました。

ふーん。
これまであまり評価してませんでしたが、おもったよりいい講師かもしれません。ちゃんと責任感じてくれてるっぽい。

でも、信頼するかどうかは、結果が出てからの話です。
「塾で採点するぞ!(だから言うこと聞いて手を止めろ)」と息子をどやしつけたからといって
あのプライドのかたまり男(=長男)が、素直に聞き入れるわけが、ない。
なので
「先生とお母さんを比べたら、先生のほうが受験のプロだからね。採点、上手だから、あっちで採点してもらったほうが効率的よ。」
「払う金額が一緒なんだから(塾に延長料金はないので)、少しでもたくさん教えてもらったほうがお得なのよ?」
「その分家に帰る時間が遅くなったら、ちゃんとその旨を母さんに説明しな。そんなことで怒ったりしないから」
と言い聞かせておきました。
くっそ面倒くさいけど、こうして理詰めで説明すると、非常に気持ちよく聞き入れてくれるのが、長男です(次男と真逆)。

これで、穏便な態度で塾の先生の話を聞いてくれるようになるといいのですが・・・。
滞塾時間は長いですから、先生とはうまく付き合ってほしいものです。
がんばれ長男!

そして、事件はさらに起こったのでした・・・・次号、次男編に続く!
2017-03-08(Wed)

予習シリーズ5年上 第4回結果、ニッポンイチの小学生

第四回 週例テスト 結果
偏差値
算数 59.01
国語 44.07
理科 55.57
社会 45.3

全科目 52.64

算数がUP、国語と社会がDOWN、理科がイーブン(ちょっぴりUP)という結果でした。
勉強時間でいえば、算数国語は順当、理科は出来杉、社会は(# ゚Д゚)ゴルァ!何しとるか!!って感じです。
社会、あんだけ勉強したのに~~ 。・゚・(ノД`)・゚・。

国語に関しては、現在手厚く対策中です。
すぐに点数で結果が見えてくる科目でないのは承知の助ですが、
こんだけ出来が悪いのに放置しっぱなしだと、本人が「国語なんてそれでいいのだ」と思い込みかねませんので・・・。レレレのレ。

社会・算数に関しては、自宅で解きなおしたらほぼ満点が取れました。
それでどうしてテストでは派手に落とすのかといえば・・・まぁ、やっぱり集中力でしょうか。それが今の真の実力、ってことですけども(アイタタ)

試しに、昨年度の同じ時期の週例テスト・月例テストも解いてみましたが
こちらも8割以上取れていました。
同じ単元を別の問題で解いてみても解けてたわけですから、現状の理解度・演習量に問題はなさそうです。

とすると、やっぱりテスト時の集中力ですかねぇ・・・
もし神龍(シェンロン)が実在するなら、「私を小人にしておーくれ!」とお願いしたいです。
そしたら、息子の筆箱に潜んでテスト会場に同行し
「ゴルァ!テスト中に指いじりしてるんじゃないわよー!!」と思いっきり激を飛ばしてやるのです(そして息子に黙って潰されるんだなきっと)



先日、息子の幼馴染のD君が、ガッコの成績で「オール甲」をとったそうです。
D君は、長男と同じ年の男の子で、遠くの府県に住んでいる子です。なので学区も習い事も全く被らない関係。
成績の評価方法が全国でどのように違いがあるのか(同じなのか違うのか。たぶん地方ごとに違うんだろうな??)わかりませんが
とにかく、非常に優秀な成績だったということは伝わります。
(あ、「オール甲」というのは彼のお父さんによるユニークな表現方法ですが、元ネタがわかったそこのあなたは、すぐさまご連絡ください。友達になりましょう、提督!ww)

うちの息子たちのガッコでは、たしか「◎〇空白」の三段階で評価されます(たしか?)
中学受験に内申点は必要なし( ̄σ・ ̄*)ホジホジ、と思って真面目に見ておりませんでしたが
私の記憶によれば、科目ごとに評価項目の内容も項目数も違っていました・・・はずです。
評価基準は、聞いたけど一切明らかにしてもらえませんでした。
クラスで二重丸をもらえる人数のパーセンテージが決まっている、というような情報は先輩ママから聞きましたが
真偽と詳細は不明です。
過去の成績表を眺めていると、学科科目と生活態度の採点基準は、かなり違うっぽいです。
学科科目の場合は、空白の項目は「BAD」の評価なんですけど、生活態度に関しては「特に優れている項目にのみ〇をつける」という方針のようです。
つまり、空白の項目が「BAD]というわけではない。「特別にGOOD」の項目だけ〇。

そういう具合なので、「オール甲」に相当する成績を取るのは、うちの場合非常に難しいです。
それでもとっている子はいるのでしょうし、頑張れば出来なくもないのでしょうが
うちの場合、二学期制ですから・・・^^;半年間努力を維持し続けないといけません。
しかも、評価基準が曖昧ですから、先生の好み(というか采配)の部分も大きいと思いますしね。
(先生が不平等だ、という意味ではなくて、先生の評価ポイントに沿った活動ができているかどうか不明、って意味です)

何をどのくらい頑張れば結果がでるのか、
その点があいまいなのに努力する、という状態が、私は好きではありません。
それよりは、透明性が高くて、獲得点数でビシ!っと順位が刻まれる学力テストのほうが、好きです。頑張りがいがあるもの。
たとえば半年間、絶対忘れ物をしないように頑張って、発表も積極的に手を挙げて
それで結果「協調性のある行動をとれる」に二重丸が付いてなかったらどうするのか、と^^;

長男としては、塾にも公文にも通っていないD君が、自分よりもガッコの成績が良いのだという事実に
非常に感銘を受けたようです。
D君、超マジすげぇカッコイイと痺れておりましたww
わかるわかる、その気持ち!男子は順位に敏感だものねぇ(え?女子も!?)
「でも、君にはまねできないから諦めな。君は君で、塾でビシっとクラスUPすることだね」
とアドバイスすると
「うん。ぼくがんばるね^^」
とやる気を見せていました。うちの息子可愛ぇぇ(*´д`*)ハァハァ

でもね
母さんは思うのですが
公立のガッコとは、勉強だけできる子には冷たいのですよね・・・「このがり勉め」とDISられる傾向がある。
勉強というのは、見えないところで密かにするものであって
「勉強をがんばるヤツは人間性に劣る」「がり勉カッコ悪ぃ」などと言われる。気がします。
スポーツが出来て、クラスの人気者だったら「あの子勉強もできるのね素敵ぃ」と褒めてもらえますが
人づきあいが苦手で勉強が得意だと「勉強なんかしてるからあいつはダメなんだ」と言われちゃう。希ガス。
逆だとあんまり責められないから不思議。

そういう風潮に対して、個人的には疑問や不満を感じることもありますが
勉強と人間性は、別にシーソーのように対極にあるものじゃないし
むしろ、受験勉強を通じて、友達が出来たり自立性や自主性を獲得している部分があると思います。

だからいまはただ、長男の努力を素直に褒めてあげたいと思います。
そして、彼が成功感を得られるように。親(私)は努力しないといけないですね。

君は、いい友達がいっぱいいるし、宿題もサボらないし
年間皆勤賞だし、授業でいっぱい手も挙げてる。
自転車で一日に178kmも走れる小学生だし、努力家だし
だからニッポンイチの小学生だと、母さんは思ってるよ( *´艸`)

と長男に言ったら「お母さん、そういうのはただの親ばか、って言うんだよ」と諭されましたwww
え?「じゃぁボクは?」(次男)ですって!?
「うーん、お前さんは宇宙一不思議な小学生だ!」「宇宙、キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!」(長男&次男)
古ッwww
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-03-03(Fri)

予習シリーズ5年上 第3回結果、常にフレッシュな記憶

第三回 週例テスト 結果
偏差値
算数 49.68
国語 50.00
理科 51.69
社会 56.73

全科目 52.61

うーむ、全体的に不調です。
成績優秀者は今回も逃しました。

それでも4教科合計では53弱なので、
これで不調だと断じてしまうのは、少々可哀そうな気もします。

が!
そろそろCクラスに上がりたいと思っていますから
全科目で55は超えたいところです。
今回、一教科も60に届いていませんのでね・・・やっぱりもう一息な結果。

勉強時間と成績との相関関係は
ダイエットに似ていて、「停滞期」があります。
クラスがあがる直前、つまり今のような時期に訪れます。AからBの時もそうでした。
結構勉強したのに成果がでない・・・モチベーションの下がる時期です。

順位が低いうちは、ちょっと勉強しただけでパァッと上がるのですが
今の時期は、気持ちだけ前のめりで、結果に結びつきません。辛い時期です。

でもめげずに頑張ってれば、ちゃんとなんとかなるレベルに来てるのですよね。ふぁいと!

ちょっと、気分を変えるために勉強時間のバランスを見直してみようかしら~
特に国語!3問の記述問題のうち2問も空白って、ちょっと深刻だわ!
と思い立ち、塾での勉強状況をヒアリングしてみました。
もしもし長男君、塾ではどのくらい記述練習をやってますかね?算数ばっかりやってない??

「え・・・塾の時間に記述・・・?解いたかなぁ・・・穴埋めだけだった気がする・・・」

え・・・
えぇぇーーーー( д) ゚ ゚
毎週180分も塾の講義(国語分)受けてて、穴埋めだけ!?記述練習、どこ行ったーーーーー

長男を問いただしたところ
・国語の講義は、文法とか語彙の問題が中心
・社会の演習を解いて、時間に余裕がある人は記述問題に取り組む
・ボクちん、時間に余裕があったことなんてない(キリッ)

そ・・・
そりゃ国語取れないわorz
手が遅い人はどんどん取り残されていくシステムじゃないか(汗)

っていうかさ!
「ちょ!塾で何をどのくらい勉強してるの?先週1週間にやったことを書き出してみようぜ~!」って聞いたら
つい先週のことを何一つ覚えてないって、どーゆーことですかぁぁぁぁ(絶叫)

まじかよ!
君の記憶力はそんなにフレッシュなのか!?新鮮すぎるだろッ
(じゃぁお母さん、昨日何食べたか思い出せる?・・・う、ご、ご飯とお茶・・・ほら、ろくに覚えてないじゃん!)←実録親子喧嘩

仕方ないので(母さん、昨日はキムチ食べたよ。え?それはおとといの事だって!?)
今週は、塾から帰ったらすぐに聞き取り調査をし
その日何をどのくらい勉強したのかを、調査しました。

ついでに家勉の内容とボリュームも書き出して、全体を視覚化しましょうかね~
無題

ふむ・・・(´・ω・`)

偉そうにグラフ化してみるまでもなく
全教科、おもっくそバランス良いですな(爆)

点数じゃなくて偏差値でもグラフ化してみましたが
まぁ、たいして変わりませんでした。
あえて言えば、社会は、51/70点だけど偏差は56もあったし、国語は58/100点で50でした。
男子、国語社会ダメダメ説。58点でど真ん中かね(´・ω・`)

これで、現状のクラスがCかSなら、特に対策は必要ないかと思うのですが
(我が家の目標校は、C以上で偏差58前後。というウワサ)
Bクラスだと、あと一息という感じです。欲を言えば算・理は満点近いのが理想。

つまり、問題はバランスではなくて、理解の深度ということになるのかもしれません。
国語は、得点に結びつけるためのテクニックも必要かな・・・問題量、5年生になって一気に増えたのです。設題、っていうか問題文の量がエゲツナイ。
そろそろ基礎練習過多の現状から、応用問題へのシフトが必要かもしれません。
応用かぁ・・・時間がかかる割に実りが少ないのよねぇ・・・

こうして成績をグラフ化したり、数値から傾向と対策を模索する作業って、楽しいですよね~( ´艸`)
現状のレベルだと、「とにかく全部がんばれ」というシンプルな結論に至るだけですので
こんな数値化なんて、屁のツッパリにもなりませんが(昨日の夕食は牛丼でした。300年。)
息子と一緒にグラフを眺めることで「へー!ぼく、こんなに算数ばっかり勉強してるんだ~」「でも成績は国語とドッコイ」「(笑)」
などと話が弾みます。
結構楽しいので、親子の会話の一助としてお勧めです(限定:算数男子。国語女子にはドン引きされるかも!?)

ちなみに、、画像のグラフはExcelで3分くらいで作ったのですが
「お母さんって、実は結構パソコンが使えるんだ~」と息子に褒められました。

(こうやって公開するのも恥ずかしいヘッポコグラフですが^^;)
「・・・実は?(´・ω・`)・・あのさ、グラフって、何を主張したいのか、どの数値を抜き出すかが肝なんであって
絵面とか、じつはわりとどーでもいいのよ。このグラフ、お父さんに見せたら”なんじゃこりゃ”って怒られるレベルだわ」
と息子に言ったら
「へー・・・お母さんって、意外と理系?」と本気で訝しがられましたwww

長男よ・・・
母さんは”オチコボレ系”です(`・ω・´)
どうせ理系女子でも文系女子でもありませんよ!プンスカ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-03-01(Wed)

150分問題続報、自己採点の結果

「120分から30分たつと150分になる。150分は2時間半である。」を理解するのに、リアルに150分かけた次男の話は以前UPしましたが

通塾開始から約一か月、この程度の問題は解けるようになりました。
KIMG0293.jpg

ケータイの画質なのでイマイチ分かりにくいですが・・・
「4時間20分=260分」「1分20秒-35秒=45秒」などの問題を解いています。

問題の難易度もさることながら、

・お母ちゃんが居ない時間(兄ちゃんの塾の送迎時間)に、自習して問題に取り組む

・分からない問題には丸をつけておく(あとで一緒に解きなおしをするため)

・枠の中に字を収める(これでも格段に綺麗になったのです。以前は自由すぎて、枠どころか紙面に収まらない字でした)

・分からない問題は飛ばして先に進む(こんなことができないって、お前さん、ガッコのテストはどーしてたんだ・・・←テストを持って帰らないのでいままで知らなかったけど、担任に聞いたら”問題が解けなくなると、上手なポケモンの絵を書いています・・・”とのこと。なんですってー!?)

という点に、彼の成長が見られます。

もちろん、塾の成果ではありません(笑)
塾はここまで面倒見良くない。
すべてはお母ちゃんの血の滲むような指導の結果です。

・・・といいたいところですが、
これまでは、お母ちゃんがどんなに丁寧に指導しても、ぜんぜん聞く耳もってくれませんでした。
塾に通ったことで、だいぶ刺激は受けているようです。
そういう意味では、塾の功績ですね^^

学校の宿題は学童で終わらせてきますし、塾の宿題は自習で解いてくれるようになりました。
正解率はご覧の通りですし、字もまだまだ汚いです。
とても塾の他のお子さんのような、ハイレベルなことはこなせませんが
ここまではちゃんと彼なりに進歩しているので、いっぱい褒めてあげようと思います。

あ、そうそう
採点も、自分でやるように指導しました。

解答を見ながら自分で丸を付けること!

ちょっと汚い線と〇ですし、たまに間違ってても平気で丸がついてたりもしますが
そこはお母ちゃんが後でチェックするとして、まずは自学自習の姿勢を学ばせています。
カンニングも(いまのところ)やっていません。

・・・ん?

KIMG0291.jpg

は、鼻がついてるーー!

次男ーーー!(# ゚Д゚) ムッキー
お前さん、赤ペン握らせたとたんにコレかーーーッ!!!
悠長に鼻なんか書き加えてんじゃないわいーーー

まぁ、ポッポやギャラドス(ポケモンのキャラクター)が登場しなかっただけヨシとしますか・・・( ノД`)シクシク…
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ
管理人へのメッセージは此方にお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク