2017-07-30(Sun)

小3次男の夏休み

もともと、次男の受験準備のために長男の記録を残しておこうと思ったのが、ブログ開設のきっかけだったので
次男の記事が少なめな当ブログでございます。

これは、次男に対する愛が少ないわけではなく(いや、少ないかも。あのアンポンタンのおサルめーーッ)
次男の下に子供がいないので、後に続く受験対策が必要ないから・・・という単純な理由です。

また、次男は大変に成績がよろしくないので、こっぱずかしくて他人様に言えないワン・・・という切実な理由も、ございます。
一時期は支援学級への編入も仄めかされていた次男(専門書を読み漁った結果、おそらくあの当時に専門家の診断を受けていたら、グレー判定が出ていただろうと思います。結局テストは受けませんでした。受けたところで、個別的な対応が望める学習環境になかったからです。時間の経過を待って、自然と改善する可能性に賭けた面もあります)ですが
おかげ様で、いまは、ナチュラルに普通学級に溶け込んでいます。
担任の先生も理解のある方で、とっても良くしてもらってます。
勉強も、ごく普通の・・・出来の悪いやつ、程度で収まっています(笑)

そんな次男ですが
この広いネットの海のなか、「次男くんのその後は如何ですか?」とご質問いただける機会があり
また、悩んでネットを彷徨っているお母さまのなかには、うちと同程度のトホホ君を子育て中のかたもいらっしゃるようなので(お互い挫けずにがんばりましょうね・・・)
今日は、そんなトホホ息子の夏休み学習状況をご報告しようと思います。

1、朝練、始めました
夏休みは、朝食づくりを中断して(7月中はずっと次男が朝食大臣でした。一時解雇です)、朝5時からパパと自転車トレーニングにでかけております。

我が家では、勉強を母が担当して、心と体の育成をパパが担当しております。めんどくさいことはパパ任せです

パパも次男も朝が苦手なので、私が鬼の勢いで起こしてます。ということで私も5時起き・・・。
朝早く起きて体を動かすので、朝食時間も短縮され、夜も早く寝てくれます。
今年の10月には、家族全員で琵琶湖まで走る予定です(片道90km)。
ちなみに長男は小1の春に琵琶湖まで走破しております。
成績は凡庸ですが、足腰の強さが我が家の男子の自慢です^^

2.ゆるキャラ47人祭り
都道府県を覚えるために、母が考え出した秘策です。
各都道府県のゆるキャラ(選抜一名。一体?)をスケッチブックに描いています。

お絵かきが大好きな次男に都道府県を覚えさせるために、考案しました。
ゆるキャラって、その地方の特産品や地形の特徴に結びついた格好をしていますので
少しでも社会の助けになればいいな・・・と願っています。

意外と「選抜一名」っていうのが難しいのですよ~
愛知県なんて58体もいるwww
しかも、市のキャラクターは対象外なので(だってキリがないだもん!)、かの有名なひこにゃんもフナッシーもいない!!けっこう選び辛い!!!

こんなもんが勉強になるのかな~と考案者のくせに疑問に思っていますが
まぁ、夏休みの自由研究にも流用可ですし、なにより次男が楽しそうなので、ヨシとします。

ちなみに昨日彼が描いていたのが、滋賀県のキャラクターで
KIMG0376.jpg

人気がないことに悩んでいるびわ湖くん、だそうです(謎設定)。
ちょう適当だなー(爆笑)と思いきや
00003730.jpg
意外と彼のデッサン力がまともだった件。
なぜこれを選んだのかは、やっぱり謎です。

3.学校の宿題&塾の宿題
次男ぐらいの学習レベル(学校の成績が中の下)だと
高度な問題集よりも教科書準拠レベルの問題のほうが
取り組みやすいです。ハイレベルとかだと、ぜんぜんダメ。

定番のオクラの観察は、嫌がる次男をノセるためにデジカメを支給しました。
毎日観察するだなんてケ!という感じの次男でしたが、デジカメの操作は楽しいようで毎日続けられています。
撮影すれば日付が残りますし、細かい様子を拡大して絵にかけますので、観察日記がお嫌いなお子さんにお勧めの方法でござます。
ま、世のお母さまはとっくにやってらっしゃるでしょうけれどね^^
オクラ、でっかいのができるといいな~♪

8月になったら、上記にZ会のドリルも付加する予定です。
次男には、予習学習をさせません。二桁×二桁の掛け算を間違えるようなスットコドッコイには、予習よりも復習です!!
まったく、これで来年の2月から中受コースに参加できるのでしょうか・・・不安しか、ない。

おまけ
KIMG0360.jpg

先週、次男9歳になりました♡
お誕生日おめでとう、次男!
ケーキが苦手な彼のためにマスカットを買ったら、ケーキより高くて目ん玉飛び出た母さんでございます( д) ゚ ゚

まぁ、このブログを読んでくださってる方にはとっくにバレていると思いますが
鳩子母さん、おサルの次男にはアマアマでございます(´・ω・`)
出来の悪い子ほど・・・というやつですかねぇ・・・。
また、折を見て次男の学習状況を報告したいと思います。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ


2017-07-29(Sat)

小5夏期講習スタート、と事件勃発

当初、小5の夏休みは
学校の宿題と、塾の夏期講習と
国語の記述問題、漢字、計算練習をして過ごす予定でした

が、いざ始まってみると
学校の宿題と塾の課題だけでイッパイイッパイ

これでもだいぶ控えめに予定を立てたはずなのですが
学校の宿題が、予想を超える重たさで・・・(ノД`)・゜・。
まぁ、内容は普通です。大量の漢字書き取りと計算ドリル(みなさんきっと経験済みですよね。あの、全然難しくないけど手間だけは死ぬほどかかる系)。
ひたすら書くだけの宿題なので、工夫してショートカットしたり面白味を加えたりすることができず
かなり我慢強い性格である長男ですが、昨夜はさすがに「もうやだ!ほんっといやだ!」と爆発しておりました^^;

午前中は、学校の日誌と漢字書き取り、計算ドリルだけで終わってしまうようです。
昼食を食べて午後からは塾(長男は自力で通塾しています)。
塾から帰ったら、公文がある日は公文、そうでなかったら塾の課題と書き取りの残り(残ってる・・・午前中ずっとやってたのに・・!?)をやり
寝る前に計算練習をやって、一日が終わります。

平日は、テレビも動画も一切見ません(というかできません。禁止はしてないけど、宿題が終わってからという約束なので)。
つまり、夏休み前の生活と、ほぼ変わりません。
土日に思いっきり遊んでいるので、そこだけはちょっとだけバカンス気分かな。
まだ小5なのに、ずいぶんとハードだと思いますが
都会の小学生は9:00-21:00まで通塾と聞きますので(マジかよ!?)、まぁ、うちはマシなほうかと思います。
土日は海水浴だの8耐だの、はっちゃけてますからねww来週の夏期講習テスト、泣くことにならないといいのですが・・・。

塾の課題は、夏季講習用テキストについている練習問題(算数)と、巻末の語句問題(国語)です。
理科社会は要点チェック(基本暗記問題)がついているらしく、塾に行く前に埋めているそうです。
このあたりはもう、長男に進行を任せてるので、私はほとんどチェックしていません。
私はひたすら学校の宿題のサポートです。
今日も、日誌の課題にあった「ネッククーラー(家庭科の宿題)とやらを代作しました。
そりゃ、ほんとはダメなんでしょうけど、糸と針の使い方なんぞ、いまどき中学生女子でもやらんぞ・・・と思います。
夏期講習のテストが終わったら、彼には玉結びを教えておきたいと思います。

長男は、平日5日間、毎日休まずに塾に通っています。
このくっそ暑いなか、自力で片道30分自転車を漕いでの通塾です。
ほんとに、我が子ながら実に意欲の高い男です。塾のお友達は、「今日は雨が降ってるから休む」とお母さんに言って、大バトルになったそうです(笑)(もちろんお母さんの車送迎組なので、無理やり連れてこられてましたww)
その割に成績がイマイチなのは、仕様なのでしようがない・・・www
でもまぁBクラスの上位なら、「イマイチ」とか言っちゃイカンですね。
志望校に対しては射程圏内らしいですし(どうも信用しきれないのですが)。
うちは、十分に恵まれた家庭なのだと思います。次男ならこうはいかないよね・・・>がんばれ二年後の私!

塾は、平日13:00-18:00がデフォルトです。
水曜日だけは、講習場所の関係で15:00-20:00になります。
夏期講習は全20回、出席回数がこれより多くても少なくても、料金は一律です。
少ない場合はテキストが消化できず、多い場合は追加の課題をくれます。

我が家のペースなら、水曜日だけは欠席しても20回をクリアできるのですが
「なに言ってんのお母さん!料金が一緒なら、少しでもたくさん通ったほうがお得じゃん!」
と主張して譲りません。
次男ならこうは(以下略)

いや、勉強してくれるのは嬉しいんですけど!
でも弁当が!!
水曜日は夜弁当が要るのよ(ノД`)・゜・。
私が仕事から帰るのが18時。
塾の夕食時間が18:30からですから、20分で作って、10分で配達しなければなりません。
夕食のメニューを詰めればいいだけ・・・とは思いますが、
汁物、丼ものが×、匂いのキツいものもダメ(よく教室中がカレー臭に染まるカレーテロが起こるそうです(笑)うちもやろうかな)
短い休憩時間で食べきれるように、食べやすさも考慮して・・・となると、意外と制限が多くて大変です。

とはいえ週に一度のことですし、塾の入り口でワクテカ顔で弁当待ちしている長男(弁当組の男子たちは、入り口でお弁当隊の到着を待っています。ツバメの雛みたいで可愛い(*´ω`)そして女子たちは涼しい教室内で賢く待っている次第)を見ると
ちょっと気合いの入ったデザートでもつけてやろうかな?なんて思ってしまいます。
えぇえぇ、親ばかですが何か?(でもこのブログを読んでくれてるお母さんたちは、きっと私と同じ穴のなんとかですよ。女は口のついた生き物に弱いんです)

茶色一色で素っ気ない我が家のお弁当、「よそのお弁当はもっと綺麗だよねぇ。すまないねぇ」と長男に言ったら
「え?知らん~人の弁当なんて、見てる暇ないよ~見る前にみんな食べちゃったからわかんない!」とのこと。
さすが男子・・・(笑)弁当に可愛いもクソもないようです。
挙句の果てには、みんなでお弁当を食べるのが楽しいから水曜日だけは休みたくない、とまで言っています。
嬉々として夜8時まで勉強する小学生・・・長男、強い男です。

しかし、事件はそんな水曜日の夜に、起こったのです。
今週の水曜日は、長男が帰る時間帯に激しい雨が降りました。

長男が帰る時間の少し前、私はわざわざ塾に行って長男に
「雨が降ったら、絶対自転車で帰ったらダメ!電話しなさい!」
と伝言しに行きました。

そのまま長男が終わるのを待てばよかったのですが
次男にご飯を食べさせたかったので、一時帰宅。
長男の電話があってから、車で再度迎えに行く予定でした(自転車は車のキャリアに積みます)。

そもそも、その日は夜に雨が降るという予報だったので、
絶対自転車で行くなよ!電車で行きなさいよ!と言い聞かせていたのです。

でも弁当を届けに行ったら、案の定長男の自転車が塾においてある・・・
小学生男子、自転車という羽があるのに徒歩で20分の電車の駅まで歩いたり、しない。(田舎なんで駅遠いの)

まぁ、男子とはそういう生き物・・・と覚悟してた私は、
だからこそわざわざ手間を払って「自転車で帰るな!」と伝言しに行ったわけですが
長男、「うん。大丈夫。」という謎の判断を下して、自転車で帰りおったのです。ザンザカ降りの雨の中を。

電話がないなー・・・と思った私は
ハ!っと気づいて塾に電話したのですが時すでに遅し。
「え?長男くんですか?もう塾にいませんよ?」
と塾長に言われ・・・長男の犯行に気づいたのでした。

田舎道を舐めんな!むきだしの用水路が、街灯なしでゴロゴロ転がってる道だぞ!!
テキストが濡れるくらいじゃ済まない、川に落ちたら助からないんだぞーーーッ
と心の中で叫びつつ、夜の田舎道を車で激走して探し回る羽目に・・・
ワイパーもきかないような大雨の中、しまいには車を降りて用水路をのぞき込む私・・・全身ずぶぬれ、泥だらけです。
生きた心地がしませんでしたとも。
長男のアホーーー!!
っていうか、どうせなら塾に行ったときにあいつの自転車を回収しておくべきだった!!!私のアホアホ~~~

散々長男を探し回ったあと、ふと子ども携帯のGPSサービスに加入していたことを思い出し
震える手で検索をかけたら・・・
ヤツ、自宅におった。

家に帰って、長男をド叱りしようかと思いましたが
真っ青な顔で泥だらけになっている私の惨状を見て、事の次第を察したらしく
長男が涙目で「ごめんなさい」と謝ってきましたので
静かに説教するだけでカンベンしてやりました^^;

・雨の日は電車で塾に行くこと
・降っていなくても、降りそうな日は(母さんが携帯で指示を出すので)電車で行くこと
・自転車でも電車でも、水曜日の夜は帰る前に電話連絡を入れること(帰りが遅いから)

親子ともども、ケーススタディが足りていませんでした。
長男だけを叱れません。
私も、大反省です。
テキスト、買い直しかな・・・高い授業料でしたこと(笑)

今週は、塾遠足で某テーマパークに出かけていきました。
塾の講師の一人が大型バスのゴールド免許を持っているらしくて
年に一度、子どもたちを引き連れてテーマパークに連れて行ってくれます。
親抜きで遊園地!
楽しそう~。いい青春してるな、長男!^^
お土産話が楽しみです。今度は雨、降らないといいね
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-07-24(Mon)

第四回組み分けテスト結果と、友達を見送った日

お久しぶりです。
週テスト生活から解放されて更新意欲激オチ中@SV鳩子です。

前回の組み分けテストは、K陽中学体験宿泊のため欠席したのですが
一応、別日に受験して点数は出しましたので、ご報告いたします。

第四回組分けテスト 結果
4教科合計 偏差値52~53

仮に正規に受けていたとしても、Cクラス入り、逃してました。
今回は、親子ともども気分が乗らず、惰性のようにダラダラと勉強し、試験日を迎えました。

結果が反映されない(別日の受験は、週報に載りません)ことがあらかじめ分かっていましたし
今回のテストが夏期講習のクラス分けにしか影響しない事実が、著しくモチベーションを下げました。

それならいっそ受験勉強を一切やめて気分をリフレッシュさせるとか、公文や学校の宿題に力を入れるなど
サッパリと気持ちを切り替えれば良さそうなものなのですが、
それができないのが、我が凡人一家の悲しいところ・・・(*´Д`)
なんとなくダラダラと勉強して、でも集中力はカケカケで・・・損した感満点の結果でした。

今後の課題は、モチベーション・アドレナリンのコントロールかなーと思います。
常にピンと張り詰めた気持ちを維持することは無理ですので
テスト日に向けて集中力を高めていって、短いテスト時間で一気に力を使い切れるような
そんなメンタルコントロールができるようにならないと、いけないですね・・・難しい!

一夜漬けの短期記憶が使い物にならないのは当然のことですが
そうでなくても、要点チェックなどの基礎知識事項をひたすら力業で暗記して乗り切る学習方法が身についてしまうと
ひとたびモチベーションを切らしたとたんに、すべての知識が芋づる式に出てこなくなります(悲哀)
頭に入れる知識の順番というか、つながりというか
暗記事項という点と点が連なって一つながりになるようにうまく誘導しないと
今回のように道に迷う羽目になるのだな・・・と深く反省しました。
そのためのスパイラル学習ではありますが、なにせ暗記する知識のボリュームが膨大ですので
カリキュラムの妄信は危険ですね。
もっと賢いお子さんと親御さんのコンビなら、塾カリキュラムだけで大丈夫だと思いますが
うちは、もう一工夫必要だなーと痛感しました。
あと、テスト日に向けた気合いの高め方ですね~。息抜きのタイミングも含めて
まだまだ迷走する日々が続きそうです。。。

とはいえ
全体的には底上げされています(それほど点数自体はひどくなかった)
Cクラスの尻尾、見えてきた気がします。
夏休み、地味だけどひたすら復習に力を入れて(あと歴史もチラっと。あー!歴史怖い!!)
なんとか踏ん張りたいと思います。テストないと逆に辛いぞ~!!(涙)



先日、私の、唯一の塾ママ友(リアルの)が、塾を去っていきました。

うちの長男より、常に上にいる優秀な生徒さん&親御さんでした。
このままいけば、東海中学だって十分に狙える位置にいらしたのですが・・・受験を辞める決意をしたのだそうです。

事情はいろいろとあるようで、気の毒にも思うし、残念にも思っていますが
最後はお互い、明るく笑ってお別れしました。
そのかたの笑顔を見ていたら
こんな、お金をいっぱい使って心を削られて、すごく大変なのに成功の約束なんてありえない世界
「それでも一緒に頑張りましょう!」って言わなくて、本当に良かったと思いました。
大好きなママだったからね・・・本当は、行かないで!って言いたかった(きっと私の顔には出てた^^;)

でも、言えませんよねぇ・・・そんな気楽に「一緒に~」の世界じゃ、ない。トイレじゃあるまいしね(っていうか、連れシ〇ンしたことないですけど)。

だけど!
「受験は降りられても、母稼業はまだまだ続きますから!そこんとこは、敢えてがんばりましょう!って言います!」
と伝えたら
ほんとですね!まだ続きますね。これからもお付き合いしてくださいね
って言ってもらえました。

全米が、いや、全鳩子が泣いた。

あーーー
やっぱりいい人だ・・・(号泣)私はここで、見送るわ♪(←年がバレる歌)

お互いの今後の健闘を誓って、再会を約束しました。

さて、この広い受験砂漠
私は、息子たちを引き連れてまだまだ放浪します。
ちょっと寂しいけれど、光は見えていると思っています。

長男の折れない心が、私の灯台になってくれています。
私も彼の灯台にならねば、ですね。
(そして次男という能天気な暗雲の命運や如何に・・・!?)
2017-07-13(Thu)

予習シリーズ5年上 第19回結果と、武藤さんの後退

第19回 週例テスト 結果

50>算数>国語≒理科≒社会

ドッボ~ン

いや~、ひさしぶりに偏差値50を切りました!
まだまだムラが大きいです。
次回のCクラス入りは、ちょっと微妙・・・
彼、たいてい週例テストは良くて、組み分けテストでドゴーンと逝くのですよねwww
まぁ、それが真の実力というものでしょうし、最近暑くて(なんと我が家は寝室にエアコンが無い設定)眠りが浅いし
仕方ないですね~

今回の算数の後藤さん(間違い→誤答→後藤さん)を確認してみたところ
大問二つのうち、一方の大問の(2)を間違えていました(これは定常運転)。

ただし、計算過程でのケアレスミスだったので、解法の理解はできているようです。
うちの長男は、計算が長くなると途中でケアレスミスしやすくなる傾向があり(誰だってそうでしょうが)
いつものこととはいえ、集中力が低下しているように思います。

まだ、計算問題や一行問題でもミスが目立ち
いずれも、解法は理解できているのに、取れていたはずなのに落としてしまった・・・という結果でした。
長男本人も認めていましたが、今回は、全体的に集中力が欠けていたようです。
内容は難しくなかったけれど、計算の過程が長くなって、途中で落としやすくなる設問が多かったそうです。

武藤さん(無答→武藤さん)は、いつもの「大問2」。一番最後の大問です。
最後の大問は、応用問題の位置づけになっていて、他ができていれば、解けなくても成績優秀者が狙えます。
なので、いつも「最後の大問を解くくらいなら計算問題の見直しをするか、解けなかった一行問題に時間を使おう」と指示しています。

つまり、「武藤さん」状態が定常運転なのですが
長男は「難易度的には、解けたと思う。でも前半部分で時間を使い過ぎて、最後時間が足りなかった」と言っています。

(その割には前半部分で計算ミス連発じゃねーか・・・)(´ω`*)心の声

最近テスト続きでしたし、学校行事やら暑さやらで疲れも溜まっている時期ですから
たまにはこういうこともあるかな~、と甘くとらえています。

一応、理科社会も見直して要点チェック(N能研のメモリーチェックみたいなものです。基本重要箇所を抜き出したもの)をやり直したのですが
ほぼ一か月前の単元まで、よく覚えていました。

これまでは、いかに正確に暗記するか(算数だと”理解するか”になりますが)に注力してきましたが
これからは、それに加えて、集中力のコントロールが求められてくるのかもしれません。

知識のピークを試験の時間にフォーカスする
試験開始とともに一気に集中力を高めていけるように、試験前夜のメンタルコントロール(アドレナリンの出し入れ)に慣れていく必要を感じました。

そんな高度なこと、できるのかな・・・とも思いますが
世間のスポーツ少年少女たちは、わりと普通にやっていることなんですよね。
他の小学生にできることなら、うちの小学生にもできるはずです。
あと一年半。
心掛けていかないと、いけないですね~

ま、組み分けテストで同じ単元に再挑戦できますし
この先、スパイラル学習で戻ってくることもありますから
今回はドンマイ♪ドンマイ♪で流したいと思います。
一番凹んでいるのは、長男本人ですのでね(笑)
次男だと、本人が一番気にしないので叱りあげるところですけど(フー・・・)、長男の場合はサラっと流すに限ります。

ちなみに、国語の武藤さんは記述一問のみでした(記述はたいてい2問あります)。
最近、国語の武藤さんが減ってきたなぁ。えらいえらい♡

あ、K中学の宿泊体験は、先着順の申し込みに間に合ってました☆
なので、今週末は組み分けテストをブッチして蒲郡にお泊りです。
(週報には載りませんが、テスト自体は別日に受けます)
長男の居ない夜、寂しさに負けて飲んだくれないように気を付けたいと思います!自信ないですけどー!!(笑)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ


2017-07-12(Wed)

志望選びで考慮したこと

これまでに、もうかなりの数(数えるのも面倒になるくらい)の私立中学を見学したのですが
用意されたパンフレットを見て、許可された公開スペースを見学して、一通りの学校説明を聞いただけでは
どの学校が我が子に向ているのか否かは、まったく分かりません。

塾の先輩ママにも相談してみたところ
「学校見学では、通学路の確認くらいしかできないよ」
とのこと。
その学校の、本当の空気感や問題点(深海魚や放流魚はいるのか、とか保健室登校の有無とか)は
現役学生さんの親御さんと仲良くなって情報もらわないと、何も分からないとのことでした。

そうなると
忙しいスケジュールの合間を縫って学校見学会に参加する意義はあるのだろうか、とか
コミュ障の自分には、とても適切な学校選びなんてできないんじゃなかろうか、とか
いろいろ悩んでしまって、禿げてしまって、志望選びにひどく苦労しましたツルツルピッカー(うそですフサフサですごめんなさい)

そんななか、いくつか契機があって、長男小5夏前の現在ではだいたい志望校を絞り込めました。
その際の選択ポイントの一つを、後学のために記録しておこうと思います。
耳の穴かっぽじってよく聞くがいいよ2年後の私!!

〇愛知の子は、愛知の学校がいい

これ、塾長に言われたセリフです。
我が家は、岐阜へも愛知へも通学できる圏内に住んでいるのですが(逆に三河方面は通学困難)
「長男君は典型的な愛知っ子ですから、愛知の学校が合うでしょうね」
と言われたのです。

愛知っ子?
岐阜の子と愛知の子、なにか違いがあるんですか?
と聞き返したのですが
なんだか曖昧な笑みが返ってきただけで、具体的な答えは聞けませんでした(何も実のある返事ができなかっただけかも←あまりダンディ塾長を信用してない母)。

偏差値的には、通学圏内において、魅力的な岐阜の学校がいくつかあるのですが
「あんたの子は岐阜の子じゃない」なんて言われたら・・・・どうしようもない。岐阜の学校を、選びようがない。

私学ですから、学区の事は関係ないはずなんですが
だとしたら「愛知の子」「岐阜の子」って、なんなのでしょうね??
交友関係?
人間性??
学食の味噌汁が赤みそとか???(※愛知の子の重要ポイントです)

ざっくりとした所感でいえば
愛知の学校はどこも開放的で、来るもの拒まず去るもの追わずの緩い(いい意味で)雰囲気でしたが
岐阜の学校は、生徒のカラーがピシっと統一されている印象でした・・・身内には優しいけど外部生には厳しそうというか。

でも、こういうのって
地域性の問題なのか、学校独自のカラーの問題なのか、偏差値の高低の問題なのか
具体的な判断材料がないので何とも言えない問題だと思います。

どっちがいいの?っていうのも微妙。
いちど身内(内部生)になってしまえば、岐阜の学校の雰囲気は快適そうでしたし
愛知校の雰囲気は、深海魚には厳しいのかもしれない(笑)落ちこぼれたいんなら勝手に落ちればー?的な。

で、私は
結果的に、長男の志望校を愛知校で統一しました。
岐阜の学校は一つも受けません。

何故かといえば、愛知の某国立大学への進学を狙っているからです(某、て!)
同じ県の学校のほうが、OBなどの人脈も多いし、受験情報も豊富です。世はネットの時代なのに、不思議なものですけどね・・・。

ということは
愛知の大学を狙ってなければ、岐阜の学校もアリだということです。
つまり次男のときには岐阜校も真面目に検討しないと・・・>聞いたか、2年後の私!
近いんだよね、岐阜の学校・・・。

結論からいえば
「愛知の子は愛知の大学へ」説は、あまり深刻に考えなくても大丈夫かと思います。

たとえ大学のことがあったとしても
大学になれば、他府県に行くことのほうが多いくらいだと思いますし
18にもなった男が、親の志望通りの進路を選ぶとは限りません。
それに受験情報が少なかろうがOBがいなかろうが、結局は学力選抜ですから、地域性は関係ないように思います。

それでは、なぜ私が敢えて愛知の学校を選んだかというと(前振り長すぎ)

〇学校の通っている子の雰囲気

最初の子なので、あまり冒険したくなかった(愛知信奉説、全捨てするのはチト怖い)ということもありますが
一番のポイントは、学校に通っている生徒さんの雰囲気、です。

学校見学に行った際に出迎えてくれた、某中学の生徒さんが
なんとも言えず「長男っぽい子」の多い学校でした・・・(´ω`*)カワイカッタ

うまく言えませんが
「とても勉強はできるけれど、なんともマイペースすぎてゆんゆん電波(西原理恵子先生の漫画に出てくる言葉)が飛んでる感じの子」

だったのです。

ゆんゆん電波、経験のないお母さまには「は?何言ってるの??」と感じられると思いますが
少しでも経験のあるお母さまがたは「それな(´・ω・`)」って力強く頷かれると思う。
あるんですよ。そうとしか言いようのない、とてつもなく独特のテンポが!!

名古屋のN中と、男子校のT校の学校説明会で
奇しくもほぼ同じ趣旨のメッセージを講演で聞きました。

「小学校では、勉強はできるけれどなんとなく変わった子として浮きがちだったお子さんも
うちの学校では、きっと同じような趣味を持った仲間に出会えます。」

あーーーーーー
すごいわかる・・・。
私もそうだった。
公立中学を卒業して高専に行ったら、一気に息がしやすくなったっけ・・・。

学力、進学率、通学時間、学費などを勘案して
いくつかの学校が候補に挙がったとしたら、最後は「親の直感」で選ぼうと思います。
長男が選んだ学校を第一志望(本人の直感も大事にしないとね)、私が選んだ学校を第二志望としましたが
どちらも愛知の学校でした。
それならもう、無理に岐阜の学校を選ばなくてもいい。


そして、やはり学校見学は大事だと思います。
その学校に通う生徒さんを生で見てみると、我が子がそこに馴染むかどうか、空気感がピンとくると思います。
たとえみんなが余所行きの顔をしててもね・・・おばちゃん、ゆんゆんは見逃さないよ(´ω`*)

>2年後の私へ
次男のときは、岐阜の学校も見て回りましょう。

あの自由人に合う学校か・・・はぁ、難題だわ・・・( ノД`)シクシク…
2017-07-05(Wed)

予習シリーズ5年上 第18回結果と、国語がぁ!

第18回 週例テスト 結果

国語>算数>60>理科>55>>社会

4教科の合計得点による偏差値が63を超えました
成績優秀者、獲得です♡
連続Getだぜー!ヨーギラスより貴重だぜイェイ

今回は、栄光の1ページ目です。
あーん、ほんとに久しぶりぃ(´ω`*)
安定して1ページ目に載れるようになれば、いよいよクラスアップも間近です。

ただ、残念ながら
夏休み前の組み分けテストは、一年で唯一、クラス分けが無効になる回です。

無効、っていうか無益というか。

7~8月の40日間は夏期講習期間となりますので
通常の週例テストは停止、テキストはクラス分けナシの講習用テキストになります。

なので、実質的にクラス分けが機能しなくなるのです。
(都内の本部だと、夏期講習もクラス分けされるようです。)
せっかく昇格の気配があるのに・・・長男、運のない男ww

まぁ、名目はどうあれ
長男の学力が上がってきたことは事実なので
昨夜は、家族みんなでお祭り騒ぎでした(笑)ヽ(*´∀`)<ワッショィワッショィ♪>(´∀`*)ノ

何か月ぶりかな~久しぶりの報奨金!!
でも、お金うんぬんよりも、この明るい雰囲気が何よりのご褒美です^^

最近、成績の上昇に伴って、勉強時間が減ってきました。
算数の課題が、短い時間で終わるようになってきた(なんなら塾で全部終わる勢い)
→理科社会を家で勉強する時間ができた
→偏差値UP

しかも、勉強が終わったあとに、動画を見たりポケモンGoをやる時間もねん出できるようになってきたので
気分転換もバッチリ☆
睡眠時間も増えたので、塾での居眠りも減り、
何もかもが明るくてよい方向に変わってきました。

算数よ、お前はそんなにも重かったのか・・・という感じです。算数、大事ね。
どの科目が得意かは、子どもの性格や適性によってさまざまだと思いますが
算数が得意な子のご家庭は、間違いなく楽をしていると思う・・・うちの子が社会ッ子じゃなくてホント良かったです。
(社会国語スキーで算数アンチだった鳩子女子の暗い過去を聞きたい?)

ただ、無条件に頼りにできるほどは算数と仲が良くない子なので
(数列の時は完全に敵だった!まだまだ敵が潜んでいる気配・・・)
引き続き、理科社会との和睦に尽力したいと思います(`・ω・´)

理科はね、実は一番勉強してないのに何故か点数は悪くないから
(生物とか星の単元になると突然敵に寝返るんですけど)
地味に同志だと思っているのですが、社会はね・・・国語の陰に隠れて、いつも足を引っ張るイケズなヤツ(-_-メ)

こ・・・
国語ーーー!
そうそう!

驚くべきは、国語です!!


何が驚くかって、今回、獲得点数が65/100点だったのです。
7割取ってないのに偏差値は64超え・・・・なにこれ、男子ども、どんだけ国語嫌いなの・・・??

と、ここで
いつも当ブログにコメントをくださるstudyjournal2020さん(※リンク、問題あったら連絡ください!急いで削除します>studyjournal2020さん)さんの記事を読んでいて気が付いたのですが
四谷の国語って、BとCが共通問題なのだそうです。
( д) ゚ ゚なんだってーーーー!そりゃ難しいはずだぁッ

「長男~!国語って、もしかしてBC共通問題なの!?」って彼に聞いてみたら
はぁ?今頃何言ってんの?という絶対零度のまなざしで見返されました。
ご、ごめん・・・母さん、算数は毎回見直してたんだけど、国語は全然見てなかった・・・だって解答欄真っ白けで嫌になるんだもん・・・←
(や~いや~い、国語ダメ男~オシーリペンペン!くらいのことは酔っぱらって言った気がする。で、母さんカンチョーの刑に処された)

まぁ、それならこの偏差値にも納得です。
四谷の国語、バランス悪いなぁ!
というか、BC問題でこの難しさならSの問題って・・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

国語だけは週例テスト問題集が発売されていないので、Sの問題がどういうものかは分かりませんが
(息子の塾友達@Sクラス君によると”まぁ、ぶっちゃけ、地獄。”だそうですwww)
我が家はSを目指すことは一生縁がないな・・・と思いました。
メリットなさ杉。ムズカシ杉。
(tudyjournal2020さん、S問題は手ごわそうですよ~頑張ってくださいね!)

さて
そろそろ海陽中学の宿泊授業の抽選結果がわかる時期です。
今年は5年生からの参加だそうですが(去年は4年生も参加できました)
長男は、組み分けテストを蹴ってでも参加したいと言っています。
さて、申し込みは間に合ってたのかな~今年こそは天体観測ができるといいな♪
楽しみです!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-07-03(Mon)

ダンディ塾長との対決結果

長男の小学生全国統一テストの国語の偏差値が、65を軽く超えていて
週例テストの偏差値が、40台という現状。

これが何故かと考えてみると
素人母がまず安易に思いつく点が「マークシートと記述式との違い」です。
みなさんご存知のように、統一テストはマークシート、週例テストは記述ベースです。
長男は記述力が弱いので、週例では点数が取れないのだろうか、と。

でも
でもですね
統一テストって、年に一度なんですよね。
去年の統一も、やっぱり望外に良かったのです。
なんと国語が一番良かった。国語だけならSクラス常連の子より良かったのです。

あれから一年。
塾で、毎週毎週記述を練習してきました。
テストも、何回も受けてきました。

ということは、ですね
長男は記述が苦手だ、と分かり切っている状況を前にして塾は一年間何を教えてきたんだ?
という疑問が、湧いてくるわけなのです。

あれから一年。
国語、いっさい変化なし。
入試まであと一年半・・・ここから変化してくれるのか。間に合うのか。プロは、何をどう計画しているのか。

この点に関する塾長の言い分としては
1.東海地方の子供は、総じて国語力が弱い。
2.男子は言語能力が未熟だ
3.東海地方の私立中学の入試問題なんて、主語と述語のつじつまがあってれば、内容はどうでもいい(点数が取れる)レベルだ
ということでした。

これを聞いた時の、私の顔は
(´・ω・`)
こんな感じでした。

えー・・・
だって・・・・・・

1→週例テストの県別偏差値分布表を見たのですが
別に、関西や関東に比べて、東海地方の偏差値が特に低いという結果には見えませんでした。
確かに、関東は国語が高めで関西は算数が高めですけれど・・・東海地方がそれに比べて抑えめの数値である、という結果に見えなくもありませんが
東海地方には関東御三家(開成、麻布、武蔵)も灘もラサールもありませんので、
そこまでの受験勉強量が必要ではない、という結果にも見えます。(御三家や灘を受ける東海地方の子は、それぞれの各地方でテストを受けている可能性もありますね)
国語だけが突出して低いわけでもありませんし、そこまで顕著な地域差があるようには見えなかったのですが・・・

でもまぁ、塾長はプロ中のプロですから
偏差値表の見方も違うのでしょうし、偏差値以外の有用な情報も持っているのだと思います。
だから私の知らない判断もできる、と。
うぅむ・・・。ムズカシイ。

2→うちの長男の語彙力を高く評価してくれている塾長ですが、語彙力は十分なのに記述が弱いって・・・それって・・・
ただトレーニングが足りてないだけじゃないのか・・・これこそが素人考え??

3→これが本当なら大事件です。
いくらなんでも言い杉、断言し杉、危険杉ですがな(; ・`д・´)
それが本当なら、国語の講師なんかイラン!って話ですよね。じゃ、塾は普段国語の授業で何を教えてくれてるんだ?ですます調の語尾について一年間教え続けてきたのか?(そりゃアカーン!)

というわけで、鳩子母の結論。
国語は塾にお任せは危険。家でしっかり面倒みましょう。

受験初心者母からの意見は、以上です。

疑いだしたらキリはないし
国語以外は塾に不満はないので
あとは家でやるしかないです。
ここまできたら、こっちも腹を括らねば、ですね。
採点基準は不明だし、素人の自分に指導ができるのかどうか不安でいっぱいですが
漢字・語句問題でもまだまだ点数を落していますし、短時間での文章構成方法などは理系仕事で培ったノウハウもありますので
焼け石に水でもなんでも、きっと何もやらないよりはマシです。

「うちの子、国語ホントにダメー!」という男子母は、たしかに身の回りにも多いです。
男子国語ダメダメ説、まったくの出鱈目ではなさそう。
しんどいのはみんな同じ。
頑張りましょうね、全国の同志・国語ダメ男子母のみなさま(笑)

うちの塾長さんはかなり手ごわいですが
幸いなのは、彼が敵ではない点ですね。
完全に味方、とは言えなさそうですが、敵じゃないならまぁいっか。という感じです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク