2017-09-29(Fri)

志望校判定テスト(結果はまだ)と、返品可能記事について

今日の記事は、お子さんが同じ四谷大塚系塾に通っていて、かつ志望校判定テストを受けていない5年女子の母さん&studyjournal2020さんに捧げる記事です(勝手に捧げてすみませんww返品可です!コメントも、なくて大丈夫ですのでお気楽に読んでいただけると嬉しいです)

今回うちが受験した、志望校判定テストですが
なんだか、わりと人気のないテストのようです。

理由としては
・ただでさえ忙しい季節だというのに、組み分けに全然関係のないテストなんて受けてられないっつの!
・5年生のうちに判定したって、何の参考にもならないじゃないか
・受験塾に行ってない子にとっては未履修の単元が出てくる(社会の歴史とか)。したがって塾ナシ派は受けない。他塾生は自分の塾の模試を受ける→ほぼ四谷生しか受けない

特徴としては
1.組み分けテストよりも簡単。高偏差値が出る。
2.点数と偏差値だけでなく、「思考力」「計算力」などの詳細な能力分布分析が出る
3.過去に登録志望校に合格した子たちとの、同時期の偏差値と比較してくれる

ということだそうです。

6年生になったら合不合テストが嫌というほど行われますから
5年生のうちは受験しなくてもいいじゃん。
という空気が強いみたいですね。
なるほど、そう言われてみれば、そういう気もしてきます。

でもでも!
特徴1~3を見ると、「お得よー!」って思ってしまいます(*'ω'*)
1番はともかく(こんな飴玉で保護者のご機嫌取りをするとは・・・四谷くん、恐ろしい子!)
2番と3番はかなりお得だと思います。

点数だけだと、「社会が苦手~」などというザックリしたことしか分かりませんが
志望校に合格した子たちとの、同時期の能力との比較・・・記述力が劣っているのか、思考力が足りないのか、それとももっと別のところに問題があるのか、などなど
まさに、そういう分析にこそ、データ蓄積の多い大手塾にお願いしたいところだからです。
あぁ、データ好き!愛してる!!←

とはいえ
5年生の今の時期に、そんなことやって何の意味があるの?
という疑問は残りますので(それはきっと、保護者の精神衛生のためよねww)、受けなくても全然問題なさそうです。

ただ、うちは受けて良かったです。
うすボンヤリがデフォルトの我がマイペース王・長男ですが
今回のテストでようやく、ピリリと気合が入ったそうです。
それが遅いか早すぎるのかは、ともかくとして。

次回の志望校判定テストは来年の1月です。
次はどしようかな~成績があがってたら受けようかなww

いじょ!
ご報告でした。
さて、次回は「次男の児童英検挑戦(でも検討段階)」について記事にしますよ~☆
みなさま、よい週末を
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-09-26(Tue)

九月祭に行ってきました

東海中学の文化祭(九月祭)に行ってきました。

午前中に志望校判定テスト(5年生のうちに受ける、四谷大塚の模試です。登録6校に対する合否判定をA~Dの4段階で示してくれます。6年生になると”合不合テスト”という身も蓋もない名前に変わります^^;)を受験して
その足で急いで会場へ向かいました。

東海中学の文化祭は二日間公開されており、前日の土曜日も開催されていたのですが
その日は自校の運動会で参加できませんでした。

文化祭は15:00まで。
12時に試験が終わってから電車に飛び乗り、ご飯も食べずに会場に駆けつけましたが
到着したのは14時ちょっと前・・・。
実質1時間ほどしか見学できませんでした。残念。

9月は学校行事が目白押しですから、こうなってしまう可能性は高いのです。
なので、本来なら4年生までに有力校の学園祭には参加しておくべきなのだと思います。
学校説明会は、逆に5年生以前に参加してもピンと来ませんし、
参加したとしても、毎年情報の細かい部分がアップデートされますから、結局受験年にふたたび参加し直すことになりそうです。

したがって、文化祭は4年生までに回る。
通学範囲内の有力校を片っ端から見て回る(といっても関東圏のかたはものすごい数になりそうですから、そこはまぁ、常識と情熱の範囲内で)と良さそうです。
5年生以降は、第一・第二志望校あたりまで絞って参加するのが現実的だと思います。そしてこちらの場合、受験生本人の同行が必須です。

一方、説明会は、5年生以前は冷やかし程度で数校回っておけば良く、5年生以降はできるだけ多く回ると良い
と感じました。
こちらの場合は、受験生は同行しなくても良いのではないでしょうか。
実際に候補校になったなら、通学路を確認するためにも一度くらいは受験生も足を運ぶと良いのでしょうが、説明会自体は子供には退屈です。検討する段階では、同行は必要ないと思います。
(注:志望校の先生がたにうちの子を見て覚えてもらうザンス!という親御さんは、全ての説明会に子供さんを同伴させるそうです。個別の事情によっては、そのほうがよさそうですね。うちは文化祭とオープンキャンパスだけでいいや~)

いいか、以上をよく覚えておきなさい2年後の私!(←説明会に息子を同伴して何度も痛い目に遭った人。こら長男!音たてていびきかくなバカモノ!)

さて、話は元に戻って、東海中学に行ってきた件。

まず、通学路。
周囲の環境は、静かな住宅地で申し分ないのですが
とにかく遠い。
乗り換えがスムーズに言っても、自宅から片道2時間弱かかります。
これを往復、6年間も・・・と思うと少々もったいないような気がするのですが
長男自体は「でも実際に、僕より遠いところからでも通ってる人がいるんでしょ」と前向きでした。
(さては塾長にそうとう吹き込まれたな・・・)
まぁ、できるかできないかで言えば、通えなくはない距離なのでしょうが・・・
問題は、通学時間ではなくて偏差値のほうですねww記述問題、めっちゃ多いんだココ^^;

そして学園祭は
KIMG0550.jpg
門をくぐったら、いきなりAKBばりのアイドルたちがお出迎え!!
これが噂の男の娘(こ)か!?(爆)

ものすっごい野太い声のアイドル(・・・)たちが、飛んで跳ねて歌って踊って、ステージ上を大暴れ。
衣装がめちゃめちゃ気合い入ってて、完全にプロ仕様でした。
あと、すね毛ね!みんな、完璧に処理してる!!
わたしの母校でも女装は毎年定番コンテンツでしたが(男子校あるある)、
ストッキングからこぼれ出るすね毛が汚くて(汚いから剃りなよ!嫌じゃ、一度剃ると生えかけが痒いんだ!!と毎年女子と男子でバトルしてたなぁ)、完全にイロモノだったよな。
東海の男の娘は可愛かったですよ~喉ぼとけが立派なアイドルでした☆
アイドルの周りでキレッキレのオタクダンス(っていうんでしたっけ??)を披露する団体の迫力が物凄くて
見学している女の子たちが完全に引いてる様子が面白かったです(笑)
次男も「お母さん、ぼく怖いからあっち行ってていい?」と完全に逃げ腰(爆笑)
長男は「・・・お母さん、愛知で一番勉強した男子は、スカート履いて踊らなきゃいけないの?」と真顔で聞いてくるので
「履かない自由はあるけれど、履く自由もあるところが名門校だね」と無難に答えておきました。
ちょっとイイコト言った?(そうでもない)

次男がかぶりついた、模型部の展示
KIMG0552.jpg

LEGOっぽい見た目の模型がラジコン操作で動いています。
模型、っていうよりロボコンですよねこれ・・・。
動きは単純ですけど、二日間ものあいだ来場者のチビっ子にいじられて可動状態を保っていたそうですから
なかなか優秀だと思いました。
この手の展示、壊れやすくて苦労するよね~

このほか、生物部の展示や中学3年生のクラス展示(脱出ゲーム系が多かった)、マイコン部の展示などを見学しました。
コメント欄で5年女子の母さんがおっしゃってたように
滝中学のほうがエンターテイメント系展示が多かった気がします。

あと、外部者に対するサービス精神に違いを感じたかな。
滝だと、外部の見学者が来たら生徒さんたちはさっと道を開けてくれるし、質問にも丁寧に答えてくれる。
東海生は、生徒たちが(自分たちのクラス展示ではないのだろうけど)小さな子を待たせっぱなしで自分たちが盛り上がっていたり
質問に対してもそっけない返答だったりして、やっぱり滝が特別だったのだなぁと感じました。
とはいえ、話しかけたのは数人程度ですので、たまたまかもしれません。
学校全体の雰囲気は明るかったし、年頃の男子がぶっきらぼうなのは当たり前ですから、当然といえば当然なのかもしれませんね。

総括すると
滝は、先生方がきっちり裏で生徒さんたちの接客を指導している印象を受けましたが
東海生は、生徒の自主性を特に重んじているムードを感じました。先生は、ちょっと離れて見守ってるっていう感じ。

私立校って、学校によって本当にカラーが違いますね。
さて、うちの長男くんはどちらの学校を選ぶのでしょうか・・・
いやその前に、偏差値が届くかどうかのほうが重要ですね^^;
頑張れ長男!

次回は、志望校判定テストでヤラかした長男の件を記事にしたいと思います。
こらぁぁ!時間配分でミスるやつがあるかーーー!(怒)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-09-24(Sun)

第二回週テスト結果と、最近習ってることのご紹介

(※今日の記事は、親愛なる黄色のお兄様(笑)を思いながら書きました。最近の中学受験問題、こんな風なんですよ~)

獲ったどーーーー

4教科総合偏差値 58.59
算数≒国語>社会>>理科

今回理科はほとんど家勉しなかったので、順当な結果だと思います。

落とした問題は丁寧に復習し、組み分けテストでの挽回を誓うとして
それよりも!
注目すべきは、国語です!!( *´艸`)

第二回の国語、私も解いてみましたが、けっこう難しかったです。
そんななか、記述問題2問中1問が満点正解、他方の一問も部分点を取りました。やぁ~メデタイ(*´з`)

第二回の国語の問題(長文部分)は、論述文(っていうのかな?)だったのですが
なんだか論旨がボンヤリしていて面倒くさい文でした。
挫折を恐れずに柔軟に成長していこう、ということを言いたいようでしたが
その「柔軟」のキーワードを「ヌープラ」だか「スープラ」だかいうおFrance語に置き換えてあるもんだから
もう、何が言いたいのかさっぱりわからない。
日本の戦後の高度成長期を論じるためになぜおFrance語を持ち出してくるのか・・・経済学って、フランスが聖地だったっけ??
私自身は、おFranceっていうと「犬のうん〇まみれのシャンゼリゼ通り」だとか「フランスの独身男は80%がゲイ」だとかいう耳年増な噂しか思い浮かばないものですから
邪念に邪魔されて論旨がさっぱり掴めませんでした(完全に自業自得)。

でも~、四谷の国語ってホント難しいんですよ~( ˘•ω•˘ )
塾長いわく、首都圏は国語の難易度が異様に高いのだそうです。
四谷は首都圏がメインステージですから、国語の問題は難化する傾向にあるのだとか・・・ムムム
で、関西は算数が難しいのだそうです。商売人の国だからかしら・・・???

じゃ、間に挟まれた東海エリアは、というと
双方の中間を取って、算数も国語もほどほどの難易度に収まっているそうで
双方の最高値を採用していなくて(笑)本当に助かりました。
結局は偏差が問題なんだから難易度は関係ない・・・とも思いますが
あんまり難しいと、見ただけでゲッソリしちゃいますよね^^;
解説読んでも「???」となるような問題は、できるだけお近づきになりたくないものです。
小5でこれか・・・来年はどうなるんだろう・・・国語はともかく、算数は教えるのも苦労しそうです。

などと偉そうなことをいいつつ
すでに小5現在で、算数の最後の大問が解けなかったワタクシ( ˘•ω•˘ )
(あ、毎回、週テストは母も解いています)
「最後の大問、難しかったよね~!比の問題だけに、母さんヒィヒィ言ったよ♡ナンチャテ」
と長男に言ったら、氷河期のような目をして完全に無視されました。
む、息子って厳しい・・・(もし長男が女の子だったら、今頃口も聞いてもらえないよ?と先輩ママに慰められましたww娘はもっと厳しいのか。ヒィ)

社会は、古墳・飛鳥時代から平城京に舞台を移しました。
「なんと(710年)大きな平城京」ですね。
私自身は、平城京なんて、平安京の前にあったオマケの時代くらいの感覚でいましたが(奈良に謝れ!)
いざ息子と一緒に勉強してみると、三世一身法から墾田永年私財法への流れ、東大寺と国分寺(国分尼寺)、
行基と仏教文化、貴族の荘園制度などなど・・・割と大事なことがてんこ盛り。こりゃ大変。
それでも政治問題のほうは長男の覚えもいいのですが(鑑真なんて一発で覚えた!あのオジサン、超すごいよね!)
難航しているのは、文学問題。
万葉集で山上憶良で貧窮問答歌、風土記に日本書紀に古事記などなど・・・
これらの作者名に加えて、万葉仮名やら和歌の訳やら、いろいろな問題が絡められてきます。
坂上田村麻呂と犬上御田鍬が混同したりとか(笑)
犬上って誰よ!?私の時代は習わなかったぞ!!?
典型的リケダンの長男は、和歌にまったく興味が沸かないそうで、覚えるのに苦労しています。

理科は、「水溶液の濃度」問題になりました。
まさに「比」の問題です。ヒィヒィ(もうやめろ)

や~、これが存外にややこしくて、たとえば
125cm^3の水に、35%の濃硫酸を加えて10%の薄い塩酸を作る。この時の濃硫酸の体積を求めよ
という問題が出るのです(これが基本の基本というのだから!もう!)

えー?
濃硫酸を加えたら溶液の総体積は当然変わっちゃうから
これ、方程式書かないと分かんないじゃないの??方程式を封じられた小5にどうやって解けと???
と思って解説を読んだら
「35%を10%に薄めるためには35%÷10%-1倍の体積の水が必要ですから・・・」
でいきなり始まっとるΣ( ̄□ ̄;

ちょ!
なにその「-1」て!!
何、どっから来た!?ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿アワワ

と思って夫に聞くと
「あぁ。だからこれは重量パーセンテージだろ?比の問題じゃん」
とアッサリ。
余計ワケワカランわ!(`皿´メ)なんや、そのナンチャラパーセンテージっちゃ!!

と思いきや
「あ、そうか・・・なるほどね」
とか長男が納得しおる!!( ˘•ω•˘ )

もう、イヤ!これだからリケダンって嫌いなのよ!!
(だからねお母さん。希釈する前の濃硫酸の体積を1とするんだよ。加えた溶液の体積を求めるんだから濃硫酸の体積は引かないといけないでしょ。で、塩酸1gは体積で0.85cm^3だから最終的には重さにこれをかけて・・・と、長男に詳しく解説してもらってようやく理解しました。くっそ小学生めwww)

算数は、平行四辺形と比の問題です。
つまり理科と算数が何気に連動しているのですよね・・・よくできてるわ予習シリーズ君。
比の問題になると、長男の計算と理解に速さにまったくついていけない母なのでした・・・はぁ(←だからー!ここに補助線を引いて2辺をかければ面積比になるでしょ?ね?と長男に叱られる41歳大人女子。そして暗算を間違えて小5にため息をつかれるwww)

今週末は運動会にて、週テストはお休みします。
今日は志望校判定テスト、その後東海中学の文化祭に行ってきます。
ほとんど見れないけど、少しは雰囲気が分かるかな?

それでは、次回は東海中学の文化祭について記事にしたいと思います。
みなさま、よい週末を
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2017-09-18(Mon)

次男の進捗報告

後日詳細をUPしますが
長男、週テスト2回目、成績優秀者に返り咲きました。
勉強密度も総勉強時間もUPしましたが、いまのところ悲壮な感じはなくて、成績を伝えたら( ̄ー ̄)ニヤリとしていました。
さーて、ゴリゴリっと行きますよ!次こそCに上がります


さて、相変わらず塾のテストではパッとしない次男ではありますが
最近は、勉強に対して少し前向きになってきました。

学校の宿題は4日/週5日くらいの割合で学童で終わらせてきますし
やっていない日でも、全部白紙ということはありません。
また、以前ならやっていなくても全く悪びれていませんでしたが、最近は素直に「ごめんなさい」と謝りに来ます(まぁ許しませんけどね?)
これは、結構な進歩だと思います。

なにより、ノートの字が綺麗になってきたのが◎。
長男もそうでしたが、うちの息子たちは、それはそれは字が雑なのです(でした)。
字の形が不格好、というよりは、書くことそのものへの嫌悪感と倦怠感が字ににじみ出ていて
書いた自分ですら読めないことがデフォルトでした。
こういう字を書く人の学校の成績は・・・言うまでもアリマセン。アチャーです(´Д⊂ヽ

たとえ字の形が不格好でも、丁寧に書けば相手に誠意が伝わります。
そう繰り返し注意指導してきたのですが、何度言っても治らず苦労してきました。

それが、長男のときは、ある日を境に突然綺麗になりました。
それはもう、劇的な変化でした。
ひょっとしたら、なにか学校できっかけになる出来事があったのかもしれませんが
彼に聞いても、(いつものごとく)よく分かりません。
「そう~?前から綺麗だったよ~?」とのウスラボンヤリした返事しか返ってこないのです。そんなだから傘が年に9本もなくなるんだYo・・・何処に目を付けてんだorz(あ、イジメにあってるわけではありません念のため。私が学校を捜索すると4本くらいはちゃんと見つかります)

ひとたび綺麗になったあとは後戻りすることもなく、そのまま塾の成績も向上し始めました。
しつこかった夜尿症も、その頃治りました。
団体行動で注意を受けることがなくなったのも、同時期です。なにか関連があるのかもしれません。

そして、次男も、夏休み終了と同時にノートの字が変わりました。
相変わらず紛失物は多いですが、連絡帳やノートの字は別人のようにきれいになりました。
(傘は今年6本壊しましたけどね。傘職人を自宅に雇いたいよ・・・)
「字が綺麗になったね!がんばったね!」と彼に声をかけると
「先生に、きれいに書いたら褒められたのよ」と嬉しそうに報告してくれました。
もちろん、これまでもずっと、先生も私もみんなずーーっと彼の字の汚さは指摘してきましたし、たまに綺麗にかけば盛大に褒めるようにしてきたつもりですが
それでも、全然改善してこなかったのです。
それが何故今になって突然良くなったのかは・・・長男の時と同じく、謎です。
でも、長男と同じように、後戻りせずに他のことも改善していくきっかけになってくれれば、いいなと思います。

朝ごはんづくりは、まだ続いています。
包丁も火の取り扱いも、だいぶ上達しました。
最近では、運動会の練習と称して夜のジョギングにも参加するようになり
いろいろなことに前向きな彼です。
一度は挫折した公文でさえも「僕は暗算が遅いから、公文に行きたい」と主張するようになりました。
自分を分析したり、好きじゃないことでも敢えて取り組もうとする姿勢は、思いっきり評価して褒めてあげたいと思います(でも公文は行かせぬけどな!あれは宿題が大変なのじゃ!!)

さて、せっかく次男がやる気を見せてきましたので
このタイミングをうまく拾いたいと思い、塾に相談してみました。

実は、前回うけたテストの結果(有料で3000円くらいするやつ)がまだ返ってきておらず
入金済みのテキストも、受け取っていないのでした。
ちょっとノンビリしすぎですよね・・・次男のやる気が萎えないうちに、塾のほうもなんとかしてほしいものです。

すると
・答案は当日に返した。次男くんが無くしたのでしょう。コピーはないから塾ではなにもできません
・結果は、あまりに悪いので見なくてもいいと思います。そのうち返します。
・テキストは、まだ次男のレベルが低くてやっても仕方ないので、渡してません。
・次男の成績が伸びないのは、塾の指導の問題ではなくて次男の性格が悪いからです。

という返事でした。
あぁ・・・
デタ「性格が悪い」

これ、長男のときも言われたなぁ・・・
そのときも、ちょっとあんまりな言い分じゃナイデスカ!と腹が立ちましたが
結果として家で勉強の面倒を見るきっかけになったのでした。
そして成績が向上したので、それはそれで、塾の戦術の一つなのかもしれません。
つまり、家で面倒見ろってことですね・・・
でもさ、長男で手一杯だからせめて、次男小4までは外注したかったのになぁ(´;ω;`)トホホ

2歳差の受験サポート、想像以上にハードですね。
でも、時間は待ってくれないのですから、やるしかありません。
明るく楽しく、乗り切りたいと思います
とりあえずあの塾長は闇夜でバナナの皮を投げてやろう・・・←

次回は、長男の健闘についてご報告したいと思います♡
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

2017-09-14(Thu)

第一回週テスト結果と、滝中学校の学園祭

9/10(日)、滝中学校・滝高等学校の学園祭に行ってきました。

午後から別の用事があったため、午前中しか見学できなかったのが残念。
ステージも校内展示も想像以上に華やかで、とても楽しかったです。

正直なところ、以前見学したことのある愛知県内の某大学祭(4校くらい行きました)よりも
お金も企画も回っている印象を受けました。
大学の学祭は、どこも(良くも悪くも)内輪受けなイベントが多かったのですが
滝の学園祭は、外部の人を楽しませようという熱意がすごく伝わってきました。
そして、自分たちもしっかり楽しんでいる。
いままではなんとなく、「滝は管理系」と言われるくらいだから生徒さん達も大人しめなのでは・・という先入観を持っていたのですが
実際に目にした彼らは、「先生や外部生の目は気にしつつも、それはそれとして青春☆しちゃってるYo」という雰囲気がビシビシ伝わってきて
見ているコチラまで心ほっこり、パワーを充電させてもらいました。

うーん
共学って、思った以上に・・・こう、華やかですね。女子と男子が、すごく仲がイイ。
私自身は女子慣れしていないので(悲哀の電気工学科卒)、あまりの華やかさに目まいがしました。
以前、塾で「滝は子供がチャラくなるから嫌なの」とおっしゃっていたお母さまがいましたが
まぁ、そのように思われるのも、少々頷ける気がしました。いいな。青春、羨ましい・・・←
でも、別学だからチャラくない、っていうわけでもありませんし(経験談)
そんな心配は合格してからにしろ!という正論もありますから(グサッ)
あまり気にしないことにします。
こうなると、ますます東海中学の学園祭も見てみたくなりますね。

さて。
先週の週テストの結果。
偏差値ベース
社会≒算数>国語>理科

成績優秀者?え??なにそれワタシニホンゴワカンナイアルヨ( ˘•ω•˘ )

社会は、長男が一番嫌いな科目です。
今回点数が良かったのは、見るに見かねた私が本格的にテコ入れしたからです。
今月から歴史の単元がスタートしたので、地理時代の暗黒を繰り返さないために、いま一番力を入れています。
その割に点数が凡庸なのは(あんだけやれば満点取ってほしかった・・・)、ひとえに「社会、大嫌い!」という
長男の気持ちの問題かと思われます。

とにかくも~、覚えられない(´Д⊂ヽ
興味が持てないから、同じ暗記事項を5回も6回も落とす。
ストーリーを説明しても、全然頭に入らないようです。「ちっとも面白くないから、覚えられないよ・・・」とのこと。

中大兄皇子が天智天皇になって、天武天皇から持統天皇になるまでの流れなんて、かなり胸キュンの浪漫だと思うのですが
長男の手にかかれば「中大兄皇子って・・・推古天皇だっけ?」となります。
時代も性別も変わってるぅッ(悲鳴)

社会は配点が低いですし、どうやっても覚えられないならいっそ全部無視したいくらいですが
このまま手を離すと、致命的に社会が苦手科目になりそうなので(今がすでに致命的じゃん、という説もありますが(悲鳴))
しばらくはテコ入れを続けたいと思います。
(テコ入れ・・・毎日30分近くテキストの読み合わせをやっています。メモチェ、四谷の要点チェック、歴史漫画も併用)

そして、国語。

最近、かの有名な中学受験ブログ「共働き家庭の中学受験」さんの記事を読みふけっています。

とても有名なので、多分みなさんご存知なのではないかと思うのですが
二人の息子さんを優秀な学校へ合格させたお母さまの、体験記です。
国語の勉強法が、とくに参考になりました。
優秀なお子さんでも、やっぱり国語は苦労されるんですねぇ・・・( ˘•ω•˘ )

このブログ主さんのご家庭は
・長男くんが優秀(御三家)
・次男くんが発達障害グレーゾーン
・お母さま(ブログ主さん)がフルタイムワーカー
ということで、我が家との共通点も多くて、とても参考になります。
(似ている、とは言っても、御三家ということはY65以上だし、次男くんもY60台の学校に合格されたようですし
ブログ主さんもバリキャリのようなので、「似ている」という表現は大変おこがましいですゴメンナサイ)

まぁ、偏差値の違いについては、心の棚(広大)に置いておくとして
四谷の教材を使いながらの勉強スタイルが紹介されていて、そこが非常に参考になりました。

拝読すると、やっぱり、復習にすごく時間を使っているんですよね・・・
間違えた問題を、一問一問、すごく丁寧に解きなおしている。
同じ問題を、何度も繰り返す。
そう、この「繰り返し」がとても大事なんですよね。
知識も解法も、定着させなければ、意味がない。

特に、国語。
国語は、勉強しても沼(やってもやっても点数上がらない)の科目なので
これまでは、ほとんど塾にお任せしていました。

でも、社会をテコ入れしたら、長男の弱点がはっきり把握できましたので
国語も、塾にお任せせずに親がテコ入れするべきかな…と今回思いました。
長男が、どういう思考回路で間違えた選択肢を選ぶのか、どういう「思い込み」読解をしているのか
記述が遅いのは、本当に手が遅いからだけなのか
そういうことを、しっかり把握してアドバイスしないと
このままでは塾のペースから落ちこぼれるのではないかと、思うのです。
うちの塾は小さなところで、担当講師は一人きりですから
結局、一番成績の良い子に合わせた授業になっているんです。
うちみたいな、中くらいの地味な子は、綺麗にスルーされちゃってる可能性が、高い。

これまで、土曜日午後と日曜日は、宿題だけやればあとはしっかりと遊ぶようにしてきましたが
少しずつ、勉強時間を増やす時期に来ていることを、感じました。
長男と相談しつつ、今後の勉強スケジュールを練っていこうと思います。

余談ですが
来年の2月のフルマラソンにエントリーしました。(あ、私がね。長男ではありません)
マラソンのトレーニングは受験勉強の息抜きになりますし、食生活も体型も改善されます。
マラソントレーニング用の食事はね・・・ストイックだよ・・・全部自炊で一日15001500kcalなんだよフフフ(稲川淳二より怖い話)
職場で食べるおやつも全部手作りします。でもお酒は飲む(一番最初にヤメロ)
本日のディナーは、キャベツの千切り・自家製煮卵・お手製ドレッシングでございます。もちろん息子たちとは別メニュー(同じにしてやろうかクソゥ)←
トレーニングの一環として筋トレ20分を毎日やっているのですが、それを横目で見ていた長男に
「お母さん!大変だ!!腹筋が割れてる(;゚Д゚)キ・・・すご~い!」と褒められました。
うん。
なんて言いかけたのかな少年?お母さまの大事な腹筋であらせられるぞ?

次回は、最近上向きになりつつある次男の近況についてご報告したいと思います。
それでは、また

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←台風が来て仕事休みになんないかなぁ(ばちあたりな妄想)

2017-09-08(Fri)

第一回組み分けテスト結果と、美意識の問題?

理系の学校を卒業して
理系の職場に就職して
理系男子と結婚したけれど
未だに自分が理系女子だとは認めていない@SV鳩子です。みなさまおはようございます。

朝6時、長男の独り言
「はぁ~。比の問題って、美しいよね~。こう、ぴったりと数値が合うっていうか。魔法のように解けていく感じがさ・・・算数って美しいよね」

はぁ(´Д` )=3
私は全然理系じゃないのに、腹を痛めて生んだ子はガチ理系男子になっちまった・・・
母さん、朝の6時から台所で脱力しましたよ・・・どうしてこうなった俺(解説:夫→理系 息子→理系 職場→理系男子集団 オセロならそろそろ私も理系に裏返るはず)

ちなみに、理系男子と楽しく過ごすためには、自分が理系女子になる必要は、実はないと思っています。
現に私も理系女子ではありませんが(数学が美しいだなんて、私はたまにしか思いませんことよ?)
職場のおじさん達(総理系男子)とは、楽しく快適に過ごせています。
理系男子と楽しく過ごすコツは、彼らの蘊蓄やコダワリを生暖かく興味を持って受け止められるか(とかいつつたまにスルーしちゃってます)、それだけ。
たったそれだけで良くて、彼らと一緒になって熱く議論を戦わせる必要は、ないのです。
というわけで、世の非理系女子のみなさん、うちの長男を「キモ!」と嫌わないでくださいましね・・・彼、きっと将来は稼げる系の男に育ちますから!っていうか私がそう育てるから!!(悲鳴)

さて、第一回組み分けテスト 結果

国語>算数≒社会>理科

4教科平均偏差値 51.7

国語(最高)偏差値-理科(最低)偏差値≒3以内

またしてもC入りを逃しました~
でも、全体的にはじわじわと上がってきています。
今回は、4教科のバランスが非常に良かったです。
いつもは、国語と社会がドボーンと低くて、算数と理科で挽回する形なのですが
今回は、差が3以内に収まっています。

つまり、国語が大躍進しています(社会はこんなもんが普通ですわ。いつもが悪すぎる!)

理科がいつも通りに仕上がってくれていたら、もうちょっと底上げされたんですけどね~
でも、難しいと言われる四谷の国語で健闘できたので
今回は割と満足しています。
社会もね、やっと普通のレベルに乗れてホッとしました^^;

ただ、偏差値55(Cクラス)を目指そうとしたら
全体的にもう一息の底上げが必要です。
どれか一科目だけUPしただけでは、これ以上のUPは見込めない。

私としては、現状のレベルを入試まで維持してくれれば十分なのですが
長男は、あくまでもCクラス入りを目指したいのだそうです。
そのためにはどのくらい勉強を増やせばいい?と彼に相談を受けたので
・時間時間量を増やすのではなくて、密度をあげよう(密度を挙げれば、勉強量は増える)
・復習時間を確保しよう。漢字や語句の問題、社会の暗記事項など、定着系問題に弱すぎる
・ダンディ塾長にも相談してみたら?
の3点をアドバイスしました。

塾は熱意のある子が大好きですから(熱意のある保護者は敬遠されるのですが(笑))、何か具体的なアドバイスをもらえることでしょう。
たまにはあのオジサン塾長に自分で食って掛かってみるとヨロシ。

「Cには上がれなかったけど、全体的には偏差値が上がったよ~」と長男に伝えたら
輝くような笑顔で「うん!次こそ頑張るね!!^^」と言ってくれました。
泣かせるねぇ
気味との勉強は、母さん、本当に楽しいよ

(次男は前回のテスト結果(空白多め)を握りしめて「ボクは過去を振り返らない男」と言っています。ふ・り・か・え・れ・よ(怒))

そうそう
8月から、東海中学の「秋の授業体験」の申し込みがスタートしていたようです。
春の授業体験が6年男子のみだったので、油断しておりました(汗)
早速申し込みを済ませました。
まだ申し込みを受け付けてくれてますので、興味のある方は是非☆
宗教の授業、面白そ~~(※長男には拒否られました・・・英語か数学に行きたいのだそうです)

そして当面の最大の問題は
9/24の志望校判定テストを受験するか否か、です。
東海中学の文化祭とカブっちゃうんですよね~(´;ω;`)
来年は文化祭に行ってる暇などないでしょうから、行くなら今年なんですが・・・志望校判定テストも気になるし・・・フムム

ちょっと長男と相談してみます。
あいつなら「なんとかして両方行く」とか言いそうだな・・・(助けてパーマン!)
東海中学の文化祭に参加される予定の方、もし当日現地で鼻の赤い親子を見つけましたら
どうぞ決して鼻を押さないでやってください・・・コピーロボットに戻ってしまうかも、しれません(!?)
それでは、また

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←二号がおサルって、今にして思うと超斬新よね(何の話!?)
2017-09-04(Mon)

ダンディ塾長との対決結果(完敗)

ダンディ塾長と対決してきました。

結果としては、なんだか上手に丸め込まれてしまった感があります(ダメじゃん!)。テヘペロ

鳩子の主張
・四谷からテストが配布されているはず。つまり講習費に含まれているはずなので、テストはやって欲しかった
・テストをやらないのなら、その旨を事前に説明してほしかった
・テストが受けられないレベルだというのなら、何を、どこまで、いつまでに履修すればよいのか、具体的に指示してほしい。保護者と生徒両方に!
・テストを受けない状態で、どうやって習熟度・定着度を測るのか?(ただテキストを解くだけ、なんて許さへんで!)

塾長の回答
・テストは個別ではなく全体で受ける。他の生徒の進捗が遅れていたので、全員テストは受けなかった(レベル別、どこいった??)
・事前に説明?そういえばそうですね。すればよかったですスミマセン(アッサリ)
・長男くんは常に進行が遅れていたので、テストをするよりも復習をするほうが大事です
・今週末に組み分けテストがあるので、そこで習熟度を測ってください(それじゃ遅いですやん・・・!なんで夏休み中にやってくれないのよーッ)

ま、そんな感じです(´・ω・`)

いろいろと納得できない部分はありますが(カッコ内ね)
・たしかに長男のペースは遅いので、テストをするより復習に時間を割いたのは正解だった
・いまさら言ってもどうしようもない(夏休み中に文句を言わなかった母が悪い)
・テスト問題は分けてもらえるので、そのうち時間を作って解いておきましょうかねぇ

はぁ、問題はどこで時間をひねり出すかですが・・・
一にがんばる、二にがんばる、三四がなくて五に小宇宙を燃やす、しか答えようがありません(燃えよ、俺の小宇宙!)モエツキタ

さて、夏休み最終日のこと。
以前、記事「第四回組み分けテスト結果と、友達を見送った日」でご紹介した塾ママ友さんから、嬉しいメールが届きました。
塾を変えて、心新たに受験勉強を開始したそうです。
今月は学園祭などの学校イベントがたくさんあるので、どこかで再会したら情報を交換しましょう、と約束を交わしました。

塾長は
「あいつ(塾を辞めた子)は別の塾に移った。あいつには負けるな」と長男たち塾生にハッパをかけているそうです(笑)
まぁ、冗談なのでしょうけどね。
それとも、そういう軽いマインドコントロールも戦略の一つなんですかね??
今年の小5塾生は男子率が高いそうなので、競争心を煽って盛り上げているのかもしれません。どこまで本気なのやら・・・。

私としては、そんな「あいつが落ちれば俺が受かる」的な当確ギリギリラインを責めるつもりは毛筋ほどもないので
辞めた方について、含むところは全くありません。
情報交換大歓迎('ω')ノみんなで受かればヨロシイ。

その件(くだん)の方は、有能な中受担当者のいる個別塾に移ったそうです。
もともととても優秀なお子さんで、四谷のテキストを予習すれば(一部の難問以外は)自力で解ける子だったので
その「一部の難問」だけ個別塾で手ほどきを受けて、あとはマイペースに自宅学習を進めているのだそうです。

あぁ、個別塾ってそういう使い方もあるんだ・・・!と目から鱗が落ちた気分です。
個別って、集団塾でこぼれた子を、お金の力でTHEカスタマイズ学習させるところ・・・というイメージを持っていました。
自由度は高いけれど、お金は高いし、講師の固有能力値に品質が左右されすぎるので
これまでは検討の土台に乗ったことがありませんでした。
でも、その方の場合は、週4コマの集団塾→週一コマの個別塾への転身だったので
塾費も下がったし自由時間が増えた・・・と喜んでました。
特に、復習の時間が確保できたことが大きいそうです。
うむ。いいことづくめですね。

では、うちの子も個別塾に・・・
とは、ならないですけどね^^;
うちの子は、上も下も、集団塾向きの性格だと思っています。
いわく、周囲に塾友達が多い、一斉講義形式が好き(集中力が保てる)、頻繁なテストでこまめにモチベーションを保てる、という点。
自習が得意で、マンツーマンの指導に抵抗がない子なら
個別の方が向いていると思います。
料金も、組み方次第で安くできそうです(集団塾は、料金パターンが少ないのよね)
ただ、個別塾の場合は優秀な講師の取り合いになるそうなので
保護者のかたの情報収集力と決断力(あと経済力ww)が、肝になってきそうです。
うん。
うちは絶対、無理です(`・ω・´)キリッ

そのママさんが言うには
「四谷での勉強は、復習の時間が確保しづらかった。やっぱり復習が大事だと思う」
とのことでした。
私としては、テキストさえしっかりしていれば、塾が予習ベースだろうと復習ベースだろうとあまり気にしないのですが
それでも、「復習が大事」だという結論には、強く共感しました。
どっちがベースでもいいけど、結局、定着させるための復習が一番大事なんですよね・・・
6年生後半で一気に全体の復習をしようとしても、そんなの、うちの王子には、絶対無理です。
おっとりが服を着て歩いているような男どもですから(誰に似たんだ!)、一気に復習するのではなく、こまめに復習していかないと・・・
だからこうして、長期休暇の時に苦手単元を振り返るのは、とても大事だな~と思いました。

まぁ、総括すると「今年も良い夏でございました」。

ここのところ、寝る前に、歴史漫画を親子で読み合わせしています。
歴史漫画、あれ、侮れないですよ!
漫画といえど、かなりテーマは高度です。
でもエピソードが限定的過ぎて(ページの都合があるから仕方ないんですけど)、あれを読んだだけでは、全体の流れは???なままだと思います。
なので、巻末の「出来事一覧表」的なものをママン(私♡)が読み聞かせて、嚙み砕いて説明しておいて
その事前学習の上で読み進めないと、何を言ってるか全然分からないようです。
一応、いまはそれなりに楽しんで読み進めてくれてるようです(毎晩声が枯れてます(涙))
ちょっとメンドウクサイけど、私自身が歴史に弱いので、すごく楽しく勉強できています。
はぁ~だから三世一身法→墾田永年私財法なのねん!!すごいね歴史のエライ人~みたいな。(今頃か!?)
一緒に学んでいけるので(ついでに次男も参加してます。”私腹を肥やす”を覚えた小学3年生(笑))、なかなか楽しい夜のイベントです。

さぁさぁ、怒涛の週テスト週間が始まりますよ~!
今月は、週テストと志望校判定テストと、男子校Tの学園祭と共学Tの学園祭があります!!盛りだくさんッ
あ、運動会もあった!!!ひゃぁ、組体操で骨折しないでね~~ww
才能はない親子ですが、体力と意欲だけは、売るほどあります。
鳩家の底力を、見せる一ヶ月にしたいですね。
エィエィォー

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク