2018-03-27(Tue)

初めての過去問♡

先週末は、長男、初めて過去問に挑戦しました。
事前に塾長に相談したところ「今の長男くんなら、正答率2割くらいでしょう」と言われていました。

ベテランの塾長!
あなた、間違ってましたよ!!

正答率じゃない、回答率が2割でした(´・ω・`)
(正答率は1割5分位)

全然解けねーーーーー(笑)
ほんとにあと10か月足らずで解けるようになるのかしら~(; ・`д・´)

意外だったのは、A校よりもB校の問題のほうが回答率も正答率も高かった点です(A校とB校については此方)。
(塾長はそう予想していましたが、私は内容から見てぜったいA校のが解けると思ってた)

どうやら、A校のほうが記号選択問題が多めだったため、ふんわりとした理解では得点に結びつけられなかったみたいです。
記述問題のほうが、少しでも書ければ部分点狙いでマスを埋められるため、場合によっては点数に結びつくのですね。
以前もる様がコメントで「共学Tはミスなく落とさない方の類なので、男子校Tが受かるレベルでも落ちる子もいます」と書いてくださいましたが
まさに、その怖さを実感しました。記号問題、甘くない・・・。
記述問題ばかりに気を取られて、シビアに内容を把握する記号問題を疎かにしてました。反省反省。

でも、模範解答を鑑賞するだけでも参考になりましたし、間違えた要因を息子と分析して
「この問題を作った人、小学生男子の間違えそうなツボ、超知り尽くしてるよねー!」と一緒に大笑いしました。
う~ん、楽しかったです!(*´ω`*)

もっとも、楽しんでいたのは母だけで、当の長男は
「も・・・もうだめだ・・・チョコレートが食べたい・・・」orz
と燃え尽きてました。まだ国語だけなのに・・・。

国語理科社会は解説なくても大丈夫なんですけど・・・算数が・・・解説読んでも難しい。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
A校はなんとかなったけど、B校の算数にてこずっています。
あーーーうーーーお母さんが賢い子は、楽できるんだろうな~~~スマヌ息子よ~~
塾長や理系パパを上手に活用しながら(活用っていうな)、なんとか進めていってます。
いいないいな。私もあと30年若かったら、A校の入試に挑戦したいな~~♡(入試問題を解いてみて、一気に好きになりました。この学校の問題、ほんと解きやすい♡)

今日のお弁当
KIMG0771.jpg

左が次男、右が長男用です。
自家製鶏つくね、ピーマンと豚肉のチャプチェ、カニカマ入り卵焼き、プチトマト&ブロッコリ、ミートボール
ミートボールだけは、自家製にすると怒られます・・・イシイのミートボール、美味しいよね。
当初入る予定だった竹輪のマヨ焼きは、前日母のおつまみとして消えました・・・竹輪好きの次男、ごめんよ。酔っぱらって食べちゃった♡

2018-03-27(Tue)

偏差値50台の子の勉強計画

もる様のブログ記事「勉強の計画を立てれないヒトのハナシ」にコメントしようとしたら、
またしても拒否られてしまいました。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

ここんとこ、5回に3回くらいは挫折しております・・・エキサイトさんに「危険な女」認定されちゃったワタクシ。
顔文字を消したり、半角を消したり、アスキー文字を全削除してみたけど「禁止キーワードを含んでいます」って怒られちゃう~ッ

というわけで、そのままひっそり消そうとも思ったのですが
よく考えたら、もる様もstudyjournal2020様も関東の5年女子の母さんも、「放課後にキャッキャウフフ」のお仲間(笑)だったので
ひょっとしたらここに書いたら読んでくれるかも?と思いなおしました。

我が家では、こんな風に勉強計画を立てております。
こんなの誰の参考になるんだ・・・という気も致しますが、まぁ、偏差値50台の子ってこんな感じだよ~という読み物みたいな感じで
よかったらご一読ください。


>もる様、studyjournal2020さま、関東5年女子の母さま

おじゃましまーす|д゚)コソコソ
今さらですが、私もとても頭を悩ませていた話題なので、コメントさせていただきます。

何が理解できていないのか、何が自分に足りないのかが把握できたら、そこで勉強計画の90%は終わったね☆
と思っているので、うちはハナから「自分で計画立案できる小学生」なんて期待していません。
それは、偏差値60overの世界のファンタジーだと思います。御三家クラスの子はバリバリやってそうですよね恐ろしい・・・(゚A゚;)

とはいえ、「自分で立案した計画を実行している俺」というイメージは、鼻っ柱が強くて自惚れ屋の小学生男子にとっては、ダイレクトにモチベーションUPにつながるようなので
大計画は無理でも、中・小計画は自分で組み立てるように誘導しています。

うちの例なんて参考にはならないかもしれませんが(笑)(>studyjournal2020さま)、
とある小学生男子の勉強計画の一例です↓

休みが何日あって、そのうち外出する日が何日で、だから勉強に使える日数は〇〇だね・・・と。

消化したいテキストが〇単元あって、1単元に2コマ必要だと仮定するよ(ここは一度実験して、親子で確認し合います)

勉強できる日の代表例がこういうスケジュールになっていて、とすると午前中に3コマ、午後に2コマ確保できるよね?(一緒にスケジュール表確認。1コマは30分に設定)

ということは、〇単元x勉強日数で全必要コマ数が出るから、これを一日当たりのコマ数に割り振っていって・・・(全体の割り振り)

あ、〇〇日は午前中の2コマが使えないから、1コマは予備に取っておこう。未消化のコマがでたときのバッファだね。未消化が出なかったら、漢字・計算の毎日セット+ゲーム時間にしていいよ(全体の微調整とご褒美人参の設定)

こうしてコマ割りしておくと、勉強の達成率を小学生でも定量的に把握することができます。

コマ内で目標単元が終わったら残りは自由時間、と設定しているので、ご褒美が小出しにできるのも利点の一つ。小学生男子、大きな目標では頑張り切れないですよね(ケシカラン!)
なるべく計画は少な目にしておいて、本人の達成感をくすぐるよう、母が姑息にハンドリングしています。

もちろん「どのテキストをやるのか」とか「コマ数に対する作業量の見積もり」とか「消化できなかった場合の切り捨て方」とかが一番の肝なのですが
そこは全部親がかり・・・意味ねーww^^;

でも、ふんわりとでも「自分で考えた」「工夫した」「努力した」と思える点を作っておくと
男子は結構ふんばってくれる気がします。かわいーですよね?

シール作戦、すごくいいアイデアだと思います。うちは親がメンドクサガリすぎて挫折しました・・・悪いことをしました(/ω\)
中学に入ったら、こういうめんどくさいことを全部先生方に丸投げできるのかと思うと、いまからとても楽しみです!



2018-03-24(Sat)

春休みの宿題(母編)

真面目で、努力家で、でもたまにこ狡くて(うちも答えの丸写し、過去にやったことがあります>もる様)
(でも、答えは合っているのに式が違うというトーシローの仕業だったので、一発バレしました。「どうせやるなら、もっとうまくやりなさい!」と叱ってしまった母・・・しまった、叱り方間違えた・・・)
親の望む志望校に、届きそうで届かない・・・そんな男、我が長男坊。

先日、次男の件で塾に面談を申し込んだところ
面談の時間は、ほぼ70%は長男の話題に費やされました。

余談ですが
うちの塾は、少数精鋭集団塾という不思議な看板を掲げております。
集団塾なのか、個別塾なのか?判断に困る書き方です。
一応、お値段的にもシステム的にも(←一斉授業がありますので)集団塾だと解釈してきたのですが
このたび、塾長と面談するにあたって、実は個別塾の位置づけなのだと判明しました。
(´・ω・`)えーっと・・・個別にしては講師数も面談回数も少ない気がするのですが・・・(1学年に講師2人、面談は年1)
6年生になると、面談数は増えるそうです。基本は年3だけど、実情は随時と。ずいじ・・・か。

それで、せっかく忙しい塾長を捕まえられたのですから
この際、不安に思ってることは全部棚卸しておこうと思いまして、グイグイ迫ってみました。
いわく
・四谷大塚のCコースの国語が難しすぎる。志望校の入試問題のレベルに合ってないのでは?
・志望校対策って、いつからどのくらいやるの?
・調査書って、どんなことが書かれるの?
・春休みにやっておいたほうがいい家庭学習は?
以上、4本立てです。

2~3番については、みなさまにはあまりご興味のない部分だと思いますので、回答を割愛します。

1番ですが、軽くご報告いたしますと
「合ってないですよ(あっさり)」
というシンプルな回答でした。

(これは、私と塾長とで共通の見解なのですが)理科と社会は、当家の希望する第一・第二志望校の入試レベルに、ほぼ合っていると思います。
第一志望校と第二志望校とは、我が家の中でも頻繁に入れ替わっていますので、ちょっと伝わりにくい部分かと思い
仮にA校・B校とします。

A校とB校とは、Y偏差値で5くらいの差があります。
成績表上ではほぼ同じラインに並んでいることもありますが、
実際の入試問題の傾向と難易度は、まったく違います。

算数の難易度は、B校のほうが上。
理科・社会の難易度は同じくらいですが、B校のほうが記述問題が多めです。
国語に関しては、B校のほうが抽象的・概念的な題材を好んで取り扱う傾向があるので、思考力としては高めを要求されている感じがします。
ただし、合格最低点はA校のほうが高いので、一概にA校のほうが簡単だとは言えません。
処理能力が高く、計算ミスが少ない秀才型ならA校のほうが取り組みやすいし
算数が得意で、抽象的な概念、多面的な思考方法に免疫がある子なら、B校のほうが攻略しやすいかと思います。

塾長いわく「A校のみを狙うなら(実はこの地域の秀才は、ほぼA校狙いなのです。B校は人気ありません)、四谷大塚のA・Bコース問題を満遍なく、ミスなく、素早く確実に解く練習をしたほうがいいです。特に国語は、Cコースレベルである必要はありません。基本問題レベルをじっくり解くほうが得点効果が高いでしょう。」
「でもB校を狙うなら、応用問題に慣れておいたほうがいい。突然入試問題の傾向とレベルが変わる場合もありますから、Bの真ん中辺の成績で安心してると、ちょっと不安です」
とのこと。

いま、長男と5年生用の国語応用演習問題集を解いているのですが
そこで感じたことは
「読解は、実はほぼできている」
ということなのでした。
思考力としては、きちんと届いてるようなのです。
では、なぜあんなにもテストの点数が悪いのかといえば・・・単純に、時間が足りていないようです。
時間がないから、読解が甘くなる。設問を、読む余裕がない。
時間さえあれば、なかなかに練った記述解答もできるようです。

そう・・・「長男君は中学受験に向いてない」問題です_(:3 」∠)_
結局、ダンディの見立ては正しかったということですね・・・「処理能力の低い子」は、中受では致命的だと思います。
評価しようにも、真っ白な解答欄では、先生方もどうしようもないでしょう。

だから、高い処理能力を要求されるA校は、実はリスクが高いというのが塾長の見解です。
どちらかと言えば、B校のほうが長男向きだというのです。

でも、ねぇ・・・( ˘•ω•˘ )
(塾長は、たぶん分かっててトボけてますけど)B校だから処理能力が低くていい、ってわけじゃないですよね?
そこはもう、「A校に受かるレベルの処理能力は、当然持ってる子」というのが、暗黙の了解としてあると思うのです。
ま、多少精度は落ちるにしても、それなら代わりに高い思考力を見せてよね~。四谷の応用問題レベルはサクっと解いてね♡
ってことかと

簡単にいうぢゃねーか・・・"(-""-)"
それってつまり「うちの志望校は四谷大塚の、BコースとCコースの間くらい」という見解なわけで
すなわち「Cコースの問題、ぜんぶまともに解けなくてもいいけど、ぜんぶ捨てていいってわけでもないから、お母さんが内容を取捨選択してね☆」ってことなのだと思います。
死ぬほどメンドクセーぢゃねーか。どーしてくれるよ、四谷さん?

算数は、BとCとで問題が違いますから、C問題を解かせて最後の大問を捨てればOKだと思うのですが(捨てるなよww)
BC共通問題の国語は!国語はどーーーするんですかぁぁぁ
(ここで塾長はそっと目を逸らしました・・・くそ、逃げおったなダンディめ・・・)

そもそも
国語の問題の難易度を見極めるって・・・かなり難しくないですか?
私なんて、息をするように国語を解く体質なので(※綺麗な言い方をしてますけど、要するに頭を使ってないという意味)、国語の難易度、というものピンと来ません。
長男がポロポロ落とす随筆文も詩も、私にとっては「あ、素材文が短い!ラッキーらくちーん☆」としか思えないのです。
そんなドシロート母に、国語問題の取捨選択とか・・・無理やん。絶対無理。
だからこそのプロ(学習塾)頼みだというのに、当のプロは「いずれ長男君の理解力が育ってくれば・・・」などという、ケシカランひよりかたをする。

とりあえず、話題の銀本とやらを買って、いろいろな学校の入試問題を解いてみるか?
という作戦に落ち着きました。
まだ入試までには時間が残されてますから、片っ端から解いていって、とにかく読み解きのスピードを上げていく・・・
(取捨選択とかムズカシーから、絨毯爆撃でくまなくぶっ潰しちゃえ☆作戦)

と思ったら、まだ銀本、売ってないし_(:3 」∠)_

あれって、今年度分は夏以降に販売なんですかねー?
去年のやつならネットで買えるけど、さすがにあの値段クラスは実物を確認してから買いたい~
あ、適性試験は、すでに今年度分が販売されていました。へぇぇぇ

あんなに詰め込んで全カリキュラムを終わらせたというのに、その割には、今の時期にちょうどよいテキスト・勉強スタイルというのが、塾側から提案しきれてないような気がします。
こんなにポッカリ空くなら、なんであんなに詰め込ませたよー?( ˘•ω•˘ )
この余裕を無駄にしないためにも、6年春休みは、親が頑張って漕がないと、ですね。
お互いがんばりましょー
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-03-21(Wed)

お母さんは心配性

昨日は、小学校の卒業式だったので、次男を学童保育に預けてきました。
4年生以下は式に出席できないので、学校がお休みになるのです。

学童保育の開所時間は7:30からで、フルタイムのお母さん組は、たいていギリギリの出社になります。
家族に送迎をお願いしたり、フレックスや時短勤務を使える優秀ママなら問題になりませんが、どれもムリッス(。+・`ω・´)な平凡ママのあたくしは
いつも石川五右衛門バリに研ぎ澄まされた表情で(笑)開所を待っています。
一方、学童指導員のかたも百戦錬磨のツワモノですので、銭形警部バリの揺るぎない姿勢で「規則です。開所時間は1分たりとも早められません。」とドアを開けてくれません。
夏休みなどの長期期間になると、毎朝ママVS指導員の息詰まる攻防戦が繰り広げられています(笑)

昨日の指導員さんは、長男と私が最も苦手としている、難物Xさんでした。
「塾なんかにいく子は、性格が悪くなる!ろくな人間にならない!」と公言してはばからないような人でして
何事もコンニャクのようにフニャフニャと受け流すタイプのあたくしでも、たまに避けきれなくてウッ!っとなってしまう、難しいタイプの人なのでした。

(ありゃ~。こりゃ、開所時間がいつもより遅れるな~。次男、変に絡まれなきゃいいけど・・・)
と私がひっそり心配していると、Xさんは満面の笑みで
「あらぁ!次男くん、おはよう。いいわよ~。はやくお入りなさい~」
と、早めにドアを開けてくれるではありませんか!

えーーー( Д ) ゜ ゜ポンッ
長男のときは「でもお母さん、決まりは決まりですのよホホホホ」とか言って、ぜったい3分くらいは引き延ばしてたのに!!
なにこれ、一体なにが起こった!!?

「あー、うん。なんか、最近あの人優しいんだよね~」
とあっさり受け流す次男。

・・・( ˘•ω•˘ )
たまたまかもしれませんけどね。

過去にも何度かあったのですが、私や長男が最も苦手とするタイプの女性に、妙に可愛がられる次男です。
意志は弱いし、努力は嫌いだし、根気も向上心もないタイプの、我が家では異分子の彼。
その代わり彼は、家族の誰も持ってない特技「平穏に過ごすためのコミュニケーション能力」を持っています。
なぜだ次男よ・・・。お前さん、どこでその能力を拾ってきたんだ・・・。

次男の受験の役に立てばと思って始めた、弊ブログ。
気が付けば2年近く続けていますが、その上で分かったことと言えば
「長男で学んだノウハウは、ほとんど次男では役に立たない」
という厳然たる事実でした。
成績も違う。性格も違う。能力も志望校も適正も違う。全然違う!違いすぎる!!

この違い、例えるならば、ですね
長男との勉強は、少年ジャンプの世界なのです。または少年サンデー。
強いヤツを倒したら、もっと強いヤツが現れた!
やっと世界一を達成したと思ったら、次は宇宙一ですって!?
みたいな。

でも、次男との勉強は、コロコロコミックの世界なんですよね・・・。
もう・・・ウン〇とお〇りが全て。下ネタこそ正義。ウケたら勝ち!の世界・・・orz

長男はポケットモンスターの世界なら、次男は妖怪ウォッチ。
女子ママのみなさま、お分かりになりますかね、この落差・・・。

女子のおかあさま方のために、少女漫画の世界で例えてみますと
長男との勉強は、「ガラスの仮面」ですよ。「エースを狙え」です(※「トップを狙え」ではない)。

一方、次男との勉強は・・・「お父さんは心配性」です。
「究極超人あ~る」でも結構。(鳩子女史、最近の少女漫画を読んでない疑惑)
(「あ~る」は少女漫画かしら・・・いや、でも「ちはやふる」も「3月のライオン」も読んでますよ!「聖☆お兄さん」は、あれは少女漫画ではないよね・・・)

いったい、どこまで私にブロードバンド対応になれと?


2歳しか違わないのに・・・( ノД`)シクシク…
同じように育てたはずなのに・・・。
なぜだぁぁぁうわぁぁん・゚・(つД`)・゚・

つまり、今回の話は何のことかと言いますと
第一回 4年生 月例テスト
次男、大沈没の巻☆
という話なのでした。

すごかったばい~
相変わらず、母が見たこともないような驚愕の数値を叩き出してくれますウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!

次男の場合、何が一番戸惑うかというと
一緒に勉強したら、そこそこ解けるっていう点なのです。
つまり、ちゃんと読めば内容は理解できている。
日本語はちゃんと読めている。数字も認識できている。
線分図も掛け算もOK。Aコースの問題なら、普通に解ける。
なのにテストは・・・ウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!

気持ちの問題、ですかねぇ
次男いわく、テストになると、とたんに頭が痛くなるのだそうです。
頭がフワっとしちゃって、最後まで問題文を読めなくなる、と。うーむ_(:3 」∠)_

そんなに嫌なら、もう塾は辞めようか~?
学校の勉強はふつうにできているから、塾なんて無理しなくてもいいよ??
と彼に提案したら
「塾は楽しい!テストも、もっとがんばりたい~お母さん、続けさせて~」
と言うのでした。うーむ_(:3 」∠)_

まぁ、楽しいのなら続ければよろしい。楽しい・・・のか、こんな成績で・・・?うーーーーむ_(:3 」∠)_

あ、算数と国語は壊滅的でしたが理科社会は、平均ちょうどくらいでした。
ノー勉でこの程度なら、きちんと勉強すれば、まぁ普通についていけるかな。

さて、次男の勉強は、どうやって組み立てようかな~
春休みが始まる前に、母、もうひとつ大事な宿題ができました。
偏差値30付近の子の勉強スケジュール表作成www
どこにも載ってないだろうなぁ\(^o^)/
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
2018-03-19(Mon)

予習シリーズ6年上 第6回結果と、親子で国語の読み合わせ

先日、ふとアクセス解析を覗いてみたら
長男の成績とアクセス数の推移とが見事に一致していて
思わず笑ってしまいました@SV鳩子です。みなさま、よい週末を過ごされましたでしょうか?^^

ということは、今回はアクセス数が落ちるのですね(笑)
みなさん、縁起の悪い記事は読みたくないのかもな~

60≒算数>>理科>50>四教科>社会>>40>国語

こ、こ、国(以下3回目なので略)

いや、別に驚くほどのことはなくて
前回とほぼ同じ得点です(笑)安定の低空飛行。
(あれ?ということは、CでもBでも、あまり偏差値が変わらないということでしょうか??いや、今回は問題が簡単だったのかな・・・( ˘•ω•˘ ))

今回は、全教科満遍なく悪かったです。
一緒に解きなおしをしてみましたが、算数は大問を仕留めていたのに計算問題でポロポロ。一行問題も、最後に2で割り忘れていたり、途中式で自分の書いた数字を見間違えたり。
社会は漢字間違い、時間配分ミス。理科は大嫌いな植物で暗記が甘い。
総括すると、注意力の欠如が一番の原因だと思われる結果でした。
最近、花粉が増えましたからね~^^;
花粉症がひどい長男には辛い季節です。パンパンに腫れた顔で鼻をすすりながら受験する季節がやってきました・・・入試が冬でほんっと良かった~!

それでね、聞いてくださいよ奥さん~!(いや、一部だんなさまも含まれていますね。お久しぶりです、夢追人さん~♡)
最近、長男と一緒に解きなおす国語が、とっても楽しいのです!

もうね、小学生男子の「空気の読めなさ」ときたら!!サイコー!!!ヾ(≧▽≦)ノ←面白がってる場合かッ

たとえばですね
今回の週テストの国語は、素材文の内容が
「挨拶というのは、人と人とをつなぐコミュニケーションの方法である。挨拶するということを通して、人とのつながりを見直し、ひいては自己を見つめなおすことにつながるのである」
という主旨の文だったです。
(途中を省略しているので、結論がちょっとぶっ飛んでますけれど、まぁだいたいそんな雰囲気の文です)

ところが、うちのリケダン候補生は、この文を
「自分も年を取ったなぁとしみじみ寂しく思っている話」
と解釈していたらしく
「この文で作者が言いたかったことは何ですか」の設題に対して、上記の選択肢を自信満々で選んでいたのです。

なぜそんなスーパー解釈になるのだ?(;゚;ω;゚;)この話のどこに、そんな後ろ向きの要素があるのだ少年よ!・・・と問いただしたら
「えー?( ˘•ω•˘ )だって、なんとなくだけど・・・ほら、見つめなおすとかじっくり考えるとかって、年寄りのすることかな?と思って。」
と暴言を吐きおったのです・・・!

なるほど(´・ω・`)
(・・・ハッ!ち、違う!!そうじゃない!!)

っていうか!!
誰がお前さんの意見を聞いたよ?
設題は、作者の意図を聞いたんじゃーーーーー!!
・・・ということで、こんこんセツセツと、素材文をかみ砕いて説明する羽目になった土曜日の午後なのでした・・・。ツカレタ

そんで、私も解説を読む前に長男への説明を始めてしまったので
もしかしたら私の読解が間違っているかもしれないと思い(正直、四谷の素材文は私でも理解できないことが多い)
あらためて解説冊子を読んでみたら、今回はキッチリ合っていました。。。ホッ←

ま、今回の素材文はわりかし素直な文だったかなーと思います。それほど抽象的でもなくて、結論もアリガチな落としどころ。
長男は、スーパー解釈だったのでひどい正答率でしたけどね(笑)

「へー。お母さんって、ほんとに国語得意だったんだねー」
と、妙に感心されました。
「・・・ほんとに、ってことは、今までは疑ってたのかね少年?
と、頭グリグリしておきました。けしからん~ッ

あ、そうそう。
今回(というか、毎回ですけど)、長文素材は二つあって
もう一方のほうは、
「ニッポン人は働きすぎだよ~。もっと欧州人を見習って優雅に生きろや」
という題意の文でした。(鳩子女史、ほんとに国語得意なの?疑惑発生)

この素材文は、題意はともかくとして、文章の構成が面白かったです。
文章全体がA、B、Cの三つくらいのおおまかなグループに分けられるのですが
それぞれのグループは、テーマが共通していて、少しずつ表現を変えていく構成なのです。
同じテーマを表現を変えて繰り返すことで、スパイラルに理解を深めていく・・・という手法。

こういう手法の場合、「傍線部の示す言葉を文章中から抜き出しなさい」的な問題が、ちょっと捻るのです。
これまで触れてきた素材文は、起承転結があって話が一方向に流れていくパターンが多かったので
言葉を抜き出す問題が出ると、たいてい、傍線部の前後近辺を見直せば足りたのです。
だけど、今回のような構成の場合・・・

「あ、お母さん、分かった!この文、そこが面白いね。抜き出す言葉を探すとき、傍線部の近くを探してもダメなんだ!」

と、説明の途中で長男が気が付きました。
そうそう!えらーい(*´▽`*)

つまり、A、B、Cと同じテーマが扱われているので
Bに傍線が引かれていても、AやCのグループから言葉を抜き出す場合がある。
(つまり、傍線部の近辺に抜き出す対象の言葉がない。離れたところにある)
試験時間内で、できれば一見でそこまで把握できたら上等だけど、それはかなり高度だよね~
でも慣れたらパ!とできるようになるよ♪・・・という話をしたら
「う~ん。そうなりたいね~。こういう文、もっと読まないとね。これはこれで面白い」
と感想を漏らした長男でした。

理系は、システムで説明するとあっさり全体を理解してくれるので、そこんとこは楽ですね。
内容とは離れて文章構成を楽しんでくれるとは、母も意外でした。
点数は悪いけれど、うちのぼっちゃん、たぶんセンスは悪くない。
でもね~致命的に遅いんだよね~処理能力がぁぁぁ(笑)

なかなか点数には結びつきませんけれど
今回は漢字も語句も全問正解でしたので、そこはたっぷりと褒めておきました♡(親ばか)
読解は、遠回りのようでも、こうやってじっくり理解を深めていくことで、改善していく気がしてます。
あとは・・・入試に間に合うか、だけですね^^;

それではみなさま、今週もがんばりまっしょい

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←四谷大塚の週テスト向けの新サービス、ご覧になりまして奥様?あてくし、喜び勇んで志望校を登録しましたのに
愛知県は海陽一択ザマス~(涙)岐阜や三重は、登録すらありませんのよ!よっちゃんのイケズ~~( ノД`)シクシク…
2018-03-16(Fri)

春休みの特訓プラン

「毎日がジェットコースター並みに大荒れだよー」と母がこぼしたら、それを聞きつけた長男が
それって、恋みたいってことだよね
などという気の利いた発言をしました。

長男「落ちる時のパワーで一気に上り詰めることができるけど、自分の馬力で登ることはできない。で、上りきったら、あとは落ちるだけなんでしょ?
母「・・・オタリーマン?」
長男「うん。あれ、面白いよね」

私が図書館で借りていた「ぼく、オタリーマン。」を読んでいたようです。
母は、若干「この人いつまで新卒気分なの・・・」という苦い気持ちで読みましたが
長男には充分に面白かったようです。
っていうか、意外なところで息子の読解力の向上を感じました(笑)
小学生に、あの機微が伝わるんだ?ww

さてさて
マラソン、PTA、夫の単身赴任、息子の脱走事件と慌ただしい日々を過ごし
かなりメンタル的に打ち込まれ気味な(笑)最近でございましたが(コメントのお返し、遅れて申し訳ありません~)
ナントカ、春休みに入る前に学習計画を立案しました~マニアッタ

もる様のところで見たフォーマットを拝借しました。Excel、LOVE♡
KIMG0760.jpg

なぜ紙にわざわざ打ち出して写真で取り込むのかというと
画像ソフトで処理せずに画質を落すためです(`・ω・´)←メンドクサガリ
あ、灰色で塗りつぶしているのは、志望校の名前の部分です。今さらかくしてどーなる感、ハンパない。

社会と理科は、もる様のところでも紹介があった旺文社の「でる順シリーズ」を軸にしています。
目標校が似ているかたの真似っこをしたから、という面もありますが、それだけではない。
「でる順シリーズ」は、個人的におススメでございます。
小さな書店でも手に入りやすく、発行部数が多いからお値ごろで、内容が基礎ガチガチで取り組みやすい。
偏差値50バンドの子が復習するのに、非常にお手頃だと思います。
理社は、これに四谷の期間講習教材(恒例の100題集)を追加。冬休みの分も解き残し分も一気に消化する予定です。

基礎固めといえば「四科のまとめ」(四谷大塚の教材)が有名ですが、今回は除外しました。
うちの塾では、秋ごろに取り組む予定のようですし、内容は100題集と大差ありませんでした。100題集なら無料だもんね(*´з`)
同じ基礎固めでも、「でる順」のほうが、実際の入試問題から抜粋しているだけあって実戦的です。


「でる順」は、一つの単位(1位とか)で60分の枠を取りました。
うちの長男は、非常に、非常~~に手が遅い子なので、休憩時間も含めて大目に枠を取ったのですが
さすがにこれはやり過ぎたようです。
Y偏差値50バンドの子でしたら、15分もあれば十分かと。
試しに一つ取り組ませてみましたら、うちのノンビリ王子ですら30分かかりませんでした。
なので、ここは最低ラインのようなもので、時間が余ればどんどん先に進ませる予定です。
順調にいけば、春休み中に2~3周はできそうな気がします(が、ダンディの宿題がエゲつなければ、この限りではありません)。

国語は、四谷大塚の5年応用問題演習集を軸に取り組みます。
解き残している(まだ残してた!)「塾で教える国語」も消化します。
たくさん読んで、じっくり解説する。
これが、この春休みのメインの勉強になると思います。

理社のメモチェも2~3周させたかったのですが、意外と通塾時間が長いので(といっても5時間/日x週6ですが)、ブッコめませんでした。
そんなら塾で解けば・・・とも思いましたが、塾でメモチェをすると、塾長の機嫌が大幅に悪化するらしい(笑)
ま、メモチェは移動中のお供で我慢します。
隙間時間でも取り組みやすいので、私はメモチェ、大好きです♡

あとは、第一・第二志望校の過去問を一年分解きます。
何点とれるでしょうか・・・楽しみです(*´ω`)

一般に、小学6年生の夏休みは、受験の天王山と言われていますが
私は、この春休みが、我が家の天王山だと思っています。
(その割に基礎ばっかぢゃねーか・・・と思われるかもしれませんが、応用問題は塾でアホほど解きます。家では足元固めに徹します)

チャレンジ受験って、ほんとうに、ほんっとーーーに嫌なんです。
この春休み後の合不合でB判定以上がもぎ取れないようなら、もう、受験プランを練り直す決意です。
第三志望校を第一に切り替える~。
受けるだけなら全部(第一~第三)受けてもいいけれど、どこを第一に据えるかで、プレッシャーって変わりますよね!?
偏差値が5以上足りない学校を第一志望に据える勇気は、弱虫母には無いのでした・・・。

それではみなさま、よい週末を♡

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←こんなに細かく決めたら窮屈で嫌がられるかな・・・と思いきや、計画がザックリしているほうが嫌だと言われました!?ついついボサっとしてしまうから、細かいほうがやりやすいんだって。それってさ・・・やっぱり管理系の学校のほうが向いてるってことなのでは?(;´・ω・)

追記:
「この春休み後の合不合でB判定以上がもぎ取れないようなら・・・」という話をパパとダンディにしたら(別々に、ですけど)
メンズ二人は、「まだ早い!もうちょっと待ってあげて」と同じ反応をしました。
でも、夏休みは第一志望校でA判定を安定させていたいし、あまりしんどい受験はさせたくない。第三志望校も素敵な学校だから・・・と説明したら
「それはそうですけど、彼はまだ伸びますよ。力を感じます」とダンディ。
「第三志望校でいいや、と思ったら、あいつそれ以上努力しなくなるよ?」とパパ。
「お母さん、持久力には自信があるんじゃなかったの?」とパパ&ダンディ。
な・・・なんですか!(; ・`д・´)
普段は気の合わないこと甚だしいメンズ二人が、揃いも揃って長男の味方ですよ!?(長男は、県内一番の男子校を希望しております。無謀と勇気は違うのだぞ少年!)
でも、長男には、私が過去に味わったような辛い酸の味は、知らないままで過ごして欲しいのです。それが母心っていうもの・・・え!?それでお前は受験に成功して楽しい学生生活送ったんだろ、ですって!?
ソレヲイワレルトーーーーでももう、あんなアブナイ綱渡りはしたくないし、させたくないのよぉぉぉ(ノД`)・゜・。
はぁ~~とりあえず「B判定→C判定」くらいに緩めておきます・・・。
2018-03-15(Thu)

我が家の大事件と、図々しいお願い

第一志望校でA判定がとれるまでは、この奥の手を使わないでいる決意でしたが
ちょっと事件がありまして、事情が変わってしまいました。

もし、弊ブログの読者のかたで、東海地方A県の私立中学に提出する調査書についてご存知のかたがいらっしゃいましたら
教えていただけないでしょうか。
調査書って・・・どのくらいの情報が記載されるのでしょうか。
たとえば・・・
学校を脱走して町内を逃げ回るような児童は、その旨を調査書に記載されるでしょうか・・・?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←調査書を必要とする学校の公式サイトによると、概ね「出席日数などの情報だけ」「内申書ではありません」「成績のボーダー時のみ参考にします」と書かれてあります。が・・・これも、公式アナウンスと実情は違う、とかありそうで。ふぅ。

いきなり物々しい冒頭文から始まりまして、失礼いたします

調査書、何もかもが手探り状態で情報が見つからないので、とてつもなく不安になっております。
内申書とは違い、出席日数とか学校での授業態度などが書かれるだけ(だけ!?)とは聞いておりますが
いつ頃、どういう手順で入手し、提出し、具体的に何が書かれるかが分からないので
「とにかく、学校で目立つ悪さはするなよー!」と長男には言い聞かせてきました。

不安、ではありましたが
とりあえず出席日数が足りていて、補導歴がなく、問題なく学費を払える程度の家庭環境であれば
とくに問題になることはないだろう、と甘く見ていました。

これまでの5年間で、長男が学校を休んだ日数は、全部合わせても片手の指が余るほどです。
学費も普通に払ってきましたし、まさか補導されるような度胸もないだろうと思ってましたから
まぁ、大丈夫でしょう?と思ってきました。
具体的に時期が近付いてきたら、なんとかして調べてみないとね~。説明会で聞いてみればいいかな?
などと余裕かまして構えていたところ
なんと

本日、教頭先生から直々に電話がかかってきてしまいました_(:3 」∠)_

長男、友人と連れ立って学校を抜け出し、近所の人に通報(あ、学校にです。警察沙汰ではない)されたそうです。
しかも、捜索隊の先生と目を合わせたとたんに逃走を図り、1時間逃げ回ったとのこと・・・。


・・・
シュッシュ←鉄拳制裁の素振り中


・・・・・・・
シュッシュッシュッシュッシュ←鉄拳制裁のレベルを上げることにしたらしい

事情は、また後日機会がありましたら、記事にするかもしれません。
いやぁ~、そんな深刻な事情ってわけでもないのですが、調査書に響かなければ、受験とは関係のない内容ですから
興味のないかたも多いかな?と。

ダイジェストだけご紹介しますと
今年度の担任の先生、とても受験がお嫌いな方で、長男との折り合いがずっと悪かったのです
私も何度も学校に出向きましたし、電話でも連絡帳でもやりとりを続けてきました。
先生の教育方針も分かりますし、学校の授業も宿題もきちんとやるべきだと思っていますから(その上での受験勉強です。学校の課題や活動をおろそかにしてはいけない、と私は考えます)
どんなに塾の勉強が大変でも、学校の宿題はきちんと提出するように努力してきました。
ただ、他の子には出ないのに長男にだけ出されるスペシャル宿題、というのがとても多くて・・・漢字プリント100文字x5枚(一日分です)とか、計算ドリルを全部書き写すとか^^;
答え合わせも家庭でやる方針なのですが、答え合わせをしたらしたで「カンニングしたでしょう」と言われて課題が増やされたり(笑)
いや、もう笑いごとではないんですけどねぇ。どーしろっていうの~~って感じで。
でも、友達との関係は良好だし、先生との折り合いが悪いのは当家だけではなかったので
「あともうちょっとで一年が終わるね~~もう少しだけがんばろう!」
と声を掛け合って、なんとか乗り切ってきました。

まさか、あと2週間もせずに春休みという今になって、こんな事態が起こるとは・・・_(:3 」∠)_

おおかた、売り言葉に買い言葉で、先生ともめたのだと思います(うちの長男、ただやられっぱなしの大人しいお子さんではないので・・・(;´・ω・)そんなことだから余計に狙われるんだよ少年・・・要領の悪いやつめ)
詳しくは、本人にも担任にも事情を聞かないといけませんが・・・
これって記録に残るのかな~_(:3 」∠)_残ったらまずいよなぁ。。。

もし、どなたかご存知のかたがいらっしゃいましたら、秘密コメントでもPC版のメッセージ機能でも構いませんので
教えていただけると、幸いです。
こちらからは言葉以外のお礼が何もできませんが・・・なんでしたら、うちのプリティなナマモノ(おサル似の次男)をプレゼントいたします。
※限定一名です
※※クール宅急便で対応いたします。離島は除く(笑)

やれやれ
少しは成長したかと思ったのにな~。
たまにとんでもない爆発パワーを出すんだから、もう~~( ノД`)シクシク…
これもいい勉強になるといいな。世の中、いい先生やいい上司ばかりではないですしね|д゚)
2018-03-14(Wed)

公開組分けテスト6年 第1回 結果

ただいまBコース!(ドッカーン

55>算数≒社会>理科>4教科>50>>40>国語>35

4教科の合計点数でいうと、あと15点くらいでCコースに届きそうでした。
あれれ??統計って難しー。算・理・社のどれも55に届いてないのに
あと15点でそんなに偏差ってあがるんだ・・・ふーん(´・ω・`)←アホ子露呈

懸念していた国語が、悪い予想的中で大沈没しました。
それに引きずられて、またしてもコース落ちです。
最近、学校で担任の先生と激しく揉めており、かなりのストレスを抱えている長男。
普段がんばっている姿を間近で見ているだけに、どうやって声をかけようか、このたびは非常に悩みました。

荒れた態度を叱るか、励ますように明るく話しかけるか
全然違う話題に切り替えて場の雰囲気を変えるか、それとも一緒に悲しんで見せるのが良いのか
(あ、悲しんで「見せる」というのは、私自身が実はそれほど悲しんでいないということです。残念は残念だけど、母には悲しむより先にDoリスト、アクションリストを見直すという大事な仕事が待ってるからです。オニハハww)

いろいろ迷いましたが、その程度の私の小細工は十分に察する能力がある子なので
ここはシンプルに、事実だけを淡々と羅列したほうが〇、と判断しました。
算数〇点(偏差値〇〇)、国語〇点(偏差値〇〇)、理科・・・
算数:大問〇(1)正解、計算問題〇問不正解・・・
国語:漢字〇問不正解、記述〇点・・・
社会:・・・

「さて。以上テストの報告終わり。これからどう勉強しよう?」と長男に聞いてみました。

落ち込んだ彼に優しくしたいのはヤマヤマですが、この先もテスト生活は続くのです。
毎回毎回荒れてふてくされてモチベーションを落すようでは、今以上のチャレンジ校は目指せません。

さーて小学5年生、どう反応するのかしら?と出方を待ってみたところ
長男は予想外の明るい声で
「うん。たくさんやるしか、上達しないっしょ!」
と言いました。

彼曰く
・国語の演習を春休みに大量に取り組みたい→苦手教科を底上げする
・算数の応用問題をもっと解きたい→得意教科を強化したい。国語が一番、算数が二番の勉強量で調整する
・理科社会は、現状の勉強方法・勉強量でキープ→応用問題よりも、苦手単元の穴を埋める
と自己分析&プランニングしていました。

激しく落ち込んでからそこまで持ち直すのに、20分もかかりませんでした。
これは・・・
私としては、ここ最近で一番彼の成長を感じられた瞬間でした(若干ダンディのマインドコントロールが見え隠れしてる気もします)。

すごいなー、少年!(*´ω`)
君みたいにプライドが高くて、かっこつけシーで、努力も惜しまないタイプの子は
もっと挫折に弱いかと思っていたよ。
だって、君はまだ小学5年生だもの。
毎日毎日朝5時に起きて勉強して、6㎞歩いて学校に通って、塾で勉強してゲームもテレビも制限して
それでも成績が思うように上がらなかったら?

いいじゃん、もう受験なんて辞めれば。きっと誰も君を叱らないよ。

私が小学生の頃には、とてもこんな風に自分の成績と向かい合うような能力は、なかったと思います。
受験生活は、確実に彼を強くしてくれています。
成績は奮わなかったけれど、息子の成長を強く感じた一件でした。
さーて、国語、がんばりまっす

えーっと、ただの負け犬の遠吠えですけども(笑)
国語が偏差値50程度まで仕上がれば、他の教科がステイでも、十分にCの真ん中あたりでいられます。
国語さえ対策すれば、目標校に届くということが分かりました。
ここから先は、持久力と精神力の勝負です。
それなら、うちは負けない。
才能は平凡ですけど、粘り強さとしつこさには自信があります。
明るく楽しく前向きに、モリモリと春休みの学習に突き進みたいと思います!
待ってろ志望校判定テストーーー!第一志望校のA判定をもぎとって焼肉に行くぞ!オー

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←それで、第三志望校のスカラーシップの条件は、と・・・・え?も、もちろん息子の合格を信じていますとも!オホホ
2018-03-12(Mon)

我が家と公文式

は~い、3/11のコメント書き込みが異様に早かった(4時台)のは、もる様のお察し通り、名古屋ウイメンズマラソンに出走したからです♡
もちろん完走いたしました。完走率97%ですってよ奥様www
おかげで組み分けテストの結果は、まだ把握できていません。
夫にテストの引率を託しましたが、果たして、いつも通りに集中できたのでしょうか・・・結果はまたブログでご報告いたします(そのまま世を儚んで旅に出るかもしれませんが)。


チャレンジと並んでメジャーな学習素材と言えば、やはり公文。
チャレンジと違って、教室に通う要素も含んでいるので、習い事の一種というべきかもしれません。
我が家では、息子たちが3歳になる頃からずっと通わせています。

←とはいっても、次男は国語と算数に挫折して、英語単科に切り替えました。長男も中学生教材が終わる前に辞めましたので、公文教室の中ではライトユーザーです。

私が子どもの頃は、「お金持ちの家の子は、公文とピアノ(YAMAHA)を習っている」という空気がありました。
変則球が武道系、エレクトーン(やっぱりYAMAHA)、バレエ。普通の家の子はそろばんと習字で、私のような貧〇な家の子は空き地(笑)というのが王道でした。
・・・という話を書くと、私が如何に下町育ちのド庶民かがバレるというものですが、まぁ別に隠してませんので構いませんww
公文はずっと子ども心にあこがれていましたが、とうとう一度も習わせてはもらえませんでした。

息子たちの習い事を検討するにあたって、子どものころのあの憧れを実現させたい・・・!という気持ちが、自分のなかにあったと思います。
なんというか、私の中では、公文をやってる子は頭が良くて計算が早いというイメージがあったのです。
息子を出産した当時から中学受験は検討していましたから(もる様聞いたらブッ飛びそうな話ですねwww)、
「お受験、っつったら公文でしょ!」
と思い込んでいた部分はあります。
一応、他にも幼児教室や通信教育を検討しましたが、通塾時間が自由だったこと、家から近かったこと
たまたま出会った先生がとても良い方だったこともあって、入会を決めました。

実際に公文式をやってみると
中学受験と公文式とは、それほど親和性がないことが分かりました。
うちのように、就学前から公文式を習わせている家庭というのは、たいていの場合中学受験を視野に入れてはいるのですが
一方で公立中への進学も捨てておらず、どちらか決めかねているという場合がほとんどです。
本格的に私立進学を目指す家庭は、多くの場合、小4か小5で公文を辞めます。
つまり、親和性どころか、小学生高学年になると「公文vs進学塾」の構図になるのです。

公文の先生は
「塾なんてね~、5年生からで十分よ?みんな塾塾って飛びつくけど、本当に大事な勉強は塾では教えてくれないのにね~」
と公言してはばかりませんし
塾の先生は
「公文?もっとも不要な習い事ですね。すぐに辞めたほうがいいですよ」
と、身もふたもない言い様をします(;´・ω・)
お母さん!塾の先生は公文が嫌いみたいだよ?公文の先生は塾が嫌いなんだね!
と、長男が愉快そうに報告してくれました。うむ、確かに笑えるww

私はどちらも好きですし、双方に感謝をしています。方向性は違うけれど、どちらも立派な教育理念をお持ちだと思ってます。
今日の記事は、そこのところではなくて
「公文の計算って、受験の役に立つの?」という部分。

我が家限定の、ごく個人的な意見ですが
「計算は速くなる。でも正確になるかどうかは、個人の資質次第」
だと思います。

公文は、とにかく大量のドリル(主に計算問題)をこなす勉強法なので
宿題に取り組むうちに、毎日の学習習慣が自然と身に付きます。計算も早くなります。
速くならないと、次の教材に進めません。
とにかく宿題が多いんだよ(ノД`)・゜・。・・・うちのように手が遅いタイプの子は、毎日の宿題でかなり苦労しました。

で、そのペースになんとかついていって計算が速くなれば、漏れなく正確性も身に付くかどうかというと・・・
うーん"(-""-)"
ミスをすると何度でもやり直しになるので、その過程で、ある程度はミスが減るのです。
でも、途中式を書かないので(うちの教室だけ?)、どこで間違えたかがわかりにくい。
何度もリテイクを受けるうちに、たまたま正解にたどり着くことがあって
「なんだか、いつの間にかミスが減った」
みたいな状態になることを目指している感じです。
反射神経で解けるように、って風。

これって、どうなんでしょうね??
私自身は、絶対に途中式を省略しない方針です。
間違えたとき、どこで間違えたのか、どのパターンが間違えやすいのかを自己分析して
少ない手数で精度を上げていきたい(頭があまりよろしくないので、反射神経などに頼らず経験と工夫で乗り切りたいタイプ)ものですから、
公文式のやり方は、いまいちピンと来ませんでした。

現在、長男の算数への取り組み方を見ていると
分数でも、約分とか仮分数とかを書かないのです。すごく嫌がる。これは公文の遺産かなと。
(教室でそう習ったらしい)
それで絶対に間違わないなら構わないのですが、これがまた結構ミスするの"(-""-)"
ミスをするくらいなら、途中式を書けばいいのに・・・と思ってしまいます(聞き入れてはもらえませんけど)。
とくに、仮分数を書かないのには参りました・・・。
いや、小学生の段階では、仮分数(最終解)は×ですけども
数学になったら、逆に帯分数なんて使わなくないですか??ンなもん、必要なら一番最後にやれ、と。

でも、彼はぜったいに、頑として(誰かー!あの頑固者を倒してー!)暗算で帯分数にします。最終解の前にね・・・。そして間違える_(:3 」∠)_
最近では、母のしつこい熱心な説得に折れて、とうとう仮分数に変換するようになりました・・・最後の最後に!(こらー!逆だばかもーーんヽ(`д´;)/)
そして解答欄に仮分数を書き込んで、テストでバッサリ点を落すのです。おおばかものめぇぇぇ

まぁ、本質的なところは、公文か塾かにあるのではなく
子どもの癖や適性を素早く親が見極める・・・という点にあるのかもしれません。
公文式で東大に合格した人もいるのだろし(ンなもん、公文やってなくったって合格したろう!というのは言わないお約束)、塾ナシでケンブリッジ大学に行く人だっているのでしょうから、我が子の不出来を公文のせいにすることはできません。

でも「公文ッ子は途中式を嫌がる」という話は随所で聞きますので、公文派の保護者さんは、子どものミスパターンを要チェキ☆ですよ~

以上、「我が家の公文式」でした。次男、あいつ公文の宿題やったのかしら・・・
2018-03-06(Tue)

ダンディ塾長のアドバイス

次男の漢検ボツ事件といい、「長男くんは受験に向いていません。性格が悪いからです(キッパリ)」発言といい
手練れなのかウッカリさんなのか、イマイチ判別できない謎の塾長(@中年の巨漢女性。ということにしておいてください)ですが、
ひょっとして、もしかして、実は優秀でベテランな講師なの?と思う時があります。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←散々な言い様ではありますが、それだけ、受験親というのは疑心暗鬼に陥るものだと思います。浪人の許されない中学受験、親はいつだって真剣そのものです。子どもよ、君も真剣にナレ。ナッテクレ。

ずっと国語が低調で回復の兆しが見えなかったので
このたび、とうとう塾長に面談を申し込みました。

国語の点数が伸びないのだけれど、そのことについて塾はどのように対処しているのか
自宅学習について改善点(アドバイス)はないだろうか
四谷の国語に見切りをつけて、とっとと志望校対策を始めて欲しい
以上3点です(3点目www)

もうすぐ春休みになります。
学校の宿題がない、貴重な休みです。
苦手科目にテコ入れする、絶好の機会。
ぜひ国語学習についてアドバイスをして欲しいと思い、ダンディ氏に詰め寄りました。

私としては、実は四谷大塚の国語問題に嫌気がさしていました。
解説を読んでも、なんだか納得できないことが多い。
この地域の受験レベルに合ってない、ような気がする。

うちの長男、口は非常に達者なのです。
大人を言いくるめる技能に長けていて、それで余計な反感や怒りを買う子です。
最近は、その技能を加減できるようになってきて、同年代の友達や信頼している大人には使わないようになってきました。
嫌いな大人に対してのみ、遺憾なく発揮しているようです(それで担任と死ぬほど折り合いが悪くてですね・・・それはまた別の話)。

つまり、国語の、基本的な能力値は高いと思っていました。
言葉を知らなければ、そんなややこしい技能、使いこなせないと思ったからです。

でも、記述問題が解けない・・・。真っ白な解答欄ばかりです・・・。
記述の訓練が足りないのだろうか?
だとしたら、ごく基本的な演習問題を題材にして、とにかく手を動かす訓練が必要ではないか

・・・というわけで、もう四谷大塚のクッソ忙しい国語には見切りをつけて、志望校の国語過去問や
他校(目標校と同偏差値の関東校とか)の国語過去問に挑戦してもいい時期ではなかろうか?
と考えた次第です。
あとは、4年生予習シリーズの基本演習問題集とかね。
難易度を落すべきではなかろーか?(´・ω・`)

これ対する、ダンディ氏の所見
・うちの長男は、口が立つので国語力が高いように思われがちだが、書く能力は平均より低い。
  →具体的・論理的に話を組み立てる能力は高い。その一方、抽象的な概念の把握は弱い(それってただオコチャマなだけでは・・・(´・ω・`))。
   「とにかく手を動かす」ということが、どうしてもできない。最後までしっかり考えをまとめないと、手を動かせない。
   (こういところが”中学受験に向いてない性格”の所以なんでしょうね・・・(´;ω;`))

つまり、国語に関しては、点を稼ぐ能力が低いということのようです。
抽象的な概念の把握に弱い、という点については、語彙力の不足も関係しているみたい。
本(物語)をたくさん読む子が国語に強いのは、この辺り(語彙力の豊富さ、抽象概念の把握力)が要因かと思います。
共感する能力→自分にない思考系統を想像力で補って把握する→抽象的概念OK
ということかと思います(あ、これは私の勝手な意見です。ダンディ氏はここまで言ってない)
(あと、大人は、想像力だけではなく経験でも思考を補えるから、精神的に大人になると国語が得意になるんだと思います。女子国語得意説)

ある意味典型的な理系男子である我が長男王子・・・この「共感力」は皆無に近いです。
だって「みんな違ってみんないい」と教えて育てましたのでね・・・^^;
その結果、自分と違う考えに対して反感はないけど興味もない。そういう子に育ちました(結論:親の教えが一手足りない)。
_(:3 」∠)_←

・志望校の過去問、そろそろ解禁
 →単元はすべて終了したので、もういつ過去問を始めてもOKとのこと。国語が不安なら、過去問で実力を確かめてみましょう、と言われました。
 うちと同じように、四谷大塚の国語に嫌気がさして、過去問に手を出す家庭が急増しているそうです(笑)

どうして四谷大塚の国語が難しいのかと言えば
(みなさまご存知のとおり)それは、単純に、関東校の国語のレベルに合わせている(高いから)だそうです。

だから、「目標校と同偏差値の関東校の国語過去問を解いてみる」は、おススメしないとのこと。
難しくて自信を無くすかもしれない、と言われましたww
というか、そもそも関東校は、合格最低点がうちの地域よりもずっと低いのだそうです。
つまり、全問正解するなんて、先生方も期待してない。
程よいレベルの過去問を見繕うのは、かなりの経験が必要なんだそうです(僕はできますけどね、とシレっと自慢しおった)。
(あぁ、関東の5年女子の母さん!studyjournal2020さん!がんばってー!関東校の国語は悲しいくらい手ごわいー!)

では、過去問ではなく、基本問題をたくさん解くという案は?
 →NGだそうです(´゚д゚`)
5年生の前半段階なら、それもいい手だったそうですが
今の長男の段階だと、おススメしないとのこと。

なぜなら、長男の志望校では、四谷大塚レベルの素材文が使われるのだそうです。
だから、良質で高度な素材に、普段から触れておいたほうが良い。
長男の現状の語彙力では、まったく歯が立たない可能性が高いと言われました。
平易で具体例の多い素材文(つまり難易度が低い)ばかりを読んでいたのでは、思考力が伸びなくて危険だと指摘されました(暗に「これまで読書をサボってきましたね?」と言われた気がします。うん、正解です←)。

四谷大塚の国語の素材文は、非常に良質なので、いっぱい触れておくことを勧められました。

あ、でも
この地域の学校の場合、素材文は高度でも、設問は易しめなんだそうです。
だから、テストの難易度は低め(V.S.関東難関校)。
これから過去問でチューニングしていけば、十分対応できるだろう。と言われました。
そのためにも、ご自宅で一緒に週例テストの素材文を読んでください、と。
設問の意味、解説を読み合わせて、一緒に内容について話し合ってください
地道だけど、長男の場合は、そういう下積みが結局は早道になるでしょう・・・と言われました。

なるほど・・・。内容が素早く把握できれば、あのクソ頑固な手も動くようになるだろう、と。

素材文は高度、設問は易し目(´・ω・`)
なんだか、感動に近いほど大きく納得しました。
塾長、実はすごい人かも。
モミアゲぶっこ抜くなんて言って、ちょっとだけ(ちょっと?)ごめん・・・。
なんだかんだ言って、うちの長男の特性をよく見てくれていると思いました。

一緒に素材文を読み合わせる
なんだか、とてつもなく楽しそうな勉強です。
そんな勉強で、本当に大丈夫なんだろうか?

不安は残りますが、とりあえず過去問を一回分だけでも解いてみれば、現段階での立ち位置がハッキリします。
その結果を見て、春休みの学習計画を練りたいと思います。
たぶん、国語と地理が分かりやすく大きな穴なんだろうとは思いますけどね(笑)

春休み、いまから楽しみです!
受験生&受験父母のみなさん、お互い充実した春休みを過ごしましょうね♪エイエイオー
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
メッセージ
管理人へのメッセージは此方にお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク