差集め算、てんびんとばね、日本のすがた

先週の週テストは、理科が9割くらいとれました!
社会も7割くらい。漢字の間違いがなければ9割くらい解けてたかな(まぁ、社会は最終的にはソコがミソになってくるのですがww)

算数も半分くらい解けて、とても気分よく1週間を締めることができました。

よかったよかった

・・・ところで次男、おうぎ形の面積の公式、覚えてる?

「えっと・・・うん!分かるよ!・・・えっと
(3分経過)
半径かける半径かける・・・3.14・・・かける中心角!割合だよね!」

( ˘•ω•˘ )・・・割合・・・
それはそうなんだけど・・・
360は、どこに行ってしまったのでしょうかねぇ・・・「お母さん、なんだかおうぎ形って面積おっきいね」(そうでしょうね、120度ですもの120倍だからね・・・)

大丈夫。
鳩子、負けない。(゚∈゚ )

ということで。
今週は第9回。組み分け前の最後の週です。

今週は、塾で一度も算数をやらなかったようです。
「なんで!?差集め算ってめっちゃ難しいのに!!」
と次男に聞いてみたら
「うーん・・・なんでだろう?塾の先生が、社会が大変だからそっちをしっかりやろう、って・・・」
とのことでした。

おーい、塾~~~
社会はこっちで面倒見るから、全部算数してくれって何度もお願いしてるじゃないか~~(涙)

塾との面談は大事ですね。
同じことでも、何度でも繰り返し伝えないと・・・すぐに情報が劣化します。

ま、たしかに今週はとっても大変なんです。
理科は、いよいよ力学(てんびん)に入りますし、社会は、北方領土やら時差の問題やら、めんどくさい部分がコッテリ入ってます。

そして、算数は差集め算。
個人的には、つるかめ算と並ぶ「THE中学受験問題」じゃないかと思ってます。
これとカレンダー問題、旅人算、図形問題あたりが五大巨頭じゃないかな~

もうちょっと四教科で密度を考えて欲しいな~
こんなに算数がドギツイ週は、理科を軽くするとかさ・・・
と思って5年生上の学習予定表(四谷大塚)を眺めてみたら、「軽い週」なんてこの先、一回もないのでした(爆)

そうだったそうだった!
5年生って、いきなり密度が上がるんだよ:(;゙゚'ω゚'):

ま、できる範囲でコツコツと、ですね。
めげずに頑張るしかありません。「計算」、あの冊子は神だわ~!←イマココ

意外だったのが、理科。
てんびん、全然できないだろうな~と思っていたのですが
やってみたら、なんだかアッサリ理解してくれました。

a問題のてんびん問題って、「おもりの重さ X 支点からの距離」くらいしか計算がでないんです。
あとは「つるまきばね」とか「このてんびんは、どちらに傾きますか」とか、数字に弱い子でもわりと直感で解ける問題。
bc問題とのギャップがすごい

でも、大事なのは、難しい問題を解くことではなくて簡単な問題を繰り返し解くことだと思いますので(長男の受験勉強3年間で得た一番の気づき)
a問題を大事に浚っていきたいと思います。
そろそろメモチェもやってみるかしら。メモチェ、あれも神教材です(注:個人の感想です)

さーて、今週もがんばります~

売買損益、季節と生物、結びつく人と情報

長男、次男ともに新学期が始まり
ようやく生活が落ち着いてきました。

長男の受験が終了すると、私の受験パワーも燃え尽きてしまった感があります。
長男に比べて、次男の勉強への意欲が薄いこともあって
「もう、そんなら公立に行けば・・・」というムードが親子ともども漂っています。

でも、目的意識を持って公立を選択したのならともかく
ずるずると勉強を先延ばしにして公立に進学すると、高校受験で地獄を見ることは明らかです。

それに、受験のあるナシに関わらず、いま踏ん張って学習習慣を叩き込んでおかないと
彼は一生、勉強しないような気がしてます(っω・`。)
たとえ公立に進学するにしても、「真ん中よりチョイ上」を維持できる程度には鍛えておかないと・・・競争意識の高い思春期男子の群れの中で、生き残っていけない気がするのです。

というかねぇ・・・公立中学って・・・受験ナシで進学できる分、学力の幅が広いから、下の層の切り離しもシビアな雰囲気なんです(注:個人の感想です。あと、地域差も大きい。)
おっとりしてて気の優しい次男には、やっぱり一貫校でのびのび部活させるほうが向いてるんじゃないかと・・・親(バカ)心としては思うわけで


・・・というわけで、挫けそうになりつつも、毎日必死に計算練習に励んでいます。

次男ーー!お前、三角形の面積の公式、また忘れたかーーーーー(慟哭)



さて
偏差値30台の次男の勉強計画ですが

算数・・・四谷大塚の「計算」シリーズを毎日解く
国語・・・市販のテキスト(「国語のつまずきを基礎からしっかりと」)を地道に解く
理科社会・・・四谷大塚の予習シリーズ「要点チェック」+週テスト問題(a)を解く

という具合に進めています。
次男ぐらいのレベルの場合、塾の勉強は、あまり効果を期待していません。
集団講義にはレベル的についていけませんし(モチベーション維持のため、参加は継続してます)、塾で渡される課題も、お客さん状態で解いているだけです。
とりあえず解くし、答え合わせもしているけれど、解法を理解しているわけではなくて機械的に書き込んでいるだけ→1週間たったら綺麗さっぱり脳から消えてる
という状態。

個別指導とはいっても、次男くらいのレベルだと講師もチューター主体になるので
勉強の基本は家庭学習、塾はその補強or学習習慣の維持、という感じです。

長男のときは、塾での学習を家庭でサポートする形でしたので
全然違います。
あの頃のノウハウは、まったく通用しません(笑)なんのためのブログだったのかー(遠い目)

ま、愚痴はこのくらいにして

理科社会は現時点、ちょっとやったらすぐに点数が上がります(家で解く分には、です。テストでは全然取れません)。
要点チェックと、たまに(時間のあるときだけ)週テスト問題(a)をやるだけですが
それでも、組み分けテストレベルの問題が半分くらい解けます。

だから、ついたくさん勉強したくなるんですけど(点数が取れると元気でるから~^^;)
結局、国語と算数ができないと、すぐに壁が来るのかなー?と思うようになりました。

国語ができないと、社会の記述系がまったく書けません。
文章量が増えたらすぐにサチレーションしますし、問題文の切り口が変わると手も足も出ません。
結局は語彙力・読解力・理解力なんですよね・・・暗記で稼げる点数は、さほど高くない。

で、理科は、テコやてんびん、カロリーの問題などがこれから増えてきますから
算数の割合、損益問題ができてないとアウト・゚・(つД`)・゚・
あと、グラフから読み取る問題系も、結局は国語力ですよね・・・えぇえぇ、当たり前のことですね(っω・`。)

分かってても、思わず繰り返し書かなくては救われない母心なんです・・・やっぱり算数と国語なんです。はい( ノД`)

でも、長男と受験勉強を一緒に戦ったおかげで
問題のレベルの見通しというか、捨てる問題(言い方が悪いですが)のレベルが、少しわかった気がします。

理科社会は、ひたすら薄くてもいいから繰り返すこと。

とくに社会!
歴史が始まったら、地理は綺麗さっぱり忘れるから!!(笑)
そして公民は、次男なら絶対に拒絶反応を示すから(確信)、とにかく地理を丁寧に解くこと。基本問題を、です!(`・ω・´)オウヨウムリ
夏以降も、歴史を進めながら地理も繰り返し解いていく予定です。

次男くらいのレベルだと、四谷大塚の6年生カリキュラムは、一切利用しないと思います。
でも、5年生の週テストはいいですね~!とても良問だと思う。とくにaとbc問題。
テストはついていけませんが、問題集として有難く利用させてもらってます。
市販のテキストを選択するのって、すごい大変なんだ~~四谷のテキストは、とても優秀だと思います。

でも、国語はアカン(笑)
四谷のレベルがどうこうというより・・・基礎ができてない子は、親がねっちりみっちりむっちりと教えないと
何を勉強してもダメなんじゃないかな、と感じています。

次男の場合、文章の行間を読む力は長男以上にあるんですけれど
スピードと集中力がね・・・どーにもなりません。
例えるなら、「かけっこするのに筋力と心肺能力が足りない」状態(笑)笑うしかないwww
(でもセンスはある。きっとある。どこかにある。

なので、ひたすら短めの問題をこなしていって、読解スピードをあげることに勤しんでおります。
っていうか次男、お前、4文字以上の抜き出し問題は「めんどくさい」の一言でぶっ飛ばしてるだろうウガー
根性叩きなおしてやるぞコイツメー

算数は、「計算」の問題ができないと、a問題すらやっても意味がありません。
塾の授業はb問題レベルにチューンされているので、現状は塾は意味なし。

でも、「計算」、あれはいい冊子ですよね・・・毎日きっちり解けば、かなりの心肺能力(?)がつきます。
あとは、テストという時間の限られた場での集中力かな・・・そこさえ乗り切れば、aコースでの真ん中あたりは狙えそ・・・うです(謎の行間)

ま、実際のテストでは酷い点数なのでしょうが・・・シカタナイ
できることをコツコツとやるしか、ないですよね。

中学受験は、基本的にはカシコイ子の集団なので
うちのようなノホホンとしたレベルの子が周囲にいなくて、なかなか寂しいです。
こんなペースで、ほんとになんとかなるのでしょうか・・・

夏には、一度塾長面談を申し込んでみたいと思います。
GWは、少しは勉強できるかな~~~

今月も、がんばりまっす!


受験終了後の長男のチャレンジ

長男はただいま、父親と一緒に四国自転車旅行に出かけております。

小学生のうちに琵琶湖到達、琵琶湖一周、日本海到達を自転車旅で成し遂げた長男。
小学校の卒業旅行は、自転車乗りにとっての聖地のひとつである「淡路島」でアワイチ(淡路島一周)にチャレンジしてきます。

そのまま四国に渡って、かの地も廻ってくるそうです・・・さすがに四国を一周する時間はなかった(笑)
男の二人旅。
じつ~に地味ですwww
ブログ友達のもる様なんて、海外で海水浴だそうですよ!!!なんてお洒落なの!!!!

まぁ、でも
それでこそ鳩家という気もします。地味で結構!
自転車で山道を一日180kmも走れる小学生なんて、立派なもんじゃないですか!!(主に体力が。)

母さんは「海外のお洒落なビーチでキャッキャウフフ」のほうが羨ましかったりもしますが(本音かよ)
汗臭い男子を二人も産んでしまったのだから、ある意味仕方ないかなー…と思うことにしました。

もう、家族旅行を喜んでくれるお年頃でもないんですよね~
パパと二人の自転車旅行、たっぷり楽しんできて欲しいものです。。。


さて、そんな長男ではありますが
受験終了、新生活を迎えるにあたって
ダイエットをすることにしました。

小学生がダイエット???しかも男子なのに???
と思われるかもしれませんが、
うちの長男、受験最後の7か月間で、なんと11kgも太ってしまったのです

うちの長男、姿勢が良くて動きが軽いので、ぱっと見は肥満児に見えません。
お菓子もジュースも一切口にしない生活(夕食以後は間食もゼロ)なので、私もパパも油断していた(ちょっとふっくらしてるけど、そんなに肥ってるとは気が付いてなかった^^;)のです。

でも現在、私より8cmも身長が低い(8cmしか、とも言えますが)のに、体重はほぼ同じなのです:(;゙゚'ω゚'):
これから成長期を迎えて身長が伸びていくとしても、
あまりにも急激に体重が増加すると内臓への負担が心配です。
なので、少し体を絞ることにしました。

ダイエット、というと「子どもにはダメ!」という印象があるかもしれませんが
適正な栄養管理と運動管理は、健康の基本だと思います。

生活が健康的であれば、(病気とかでなければ)過剰には太らないはずだと思うのです。
現状の長男の体重増加は、明らかに健康の範囲を逸脱してますから
まずは食事内容の見直しと、適度で規則的な運動を心掛けることにしました。

というわけで、今は食事の内容を全て書き出す「レコーディングダイエット」に取り組むことにしました。
アプリを使って、栄養素の内容もチェック。
一日のカロリーを1800kcalまでに制限し、
①減らしすぎないこと。1600kcal/日以上は死守
②1800kcal/日を超えた場合は、一週間単位で調整する「(別の日の食事を減らす)
③タンパク質、炭水化物、ビタミン、脂質のバランスに気を付ける(極端に減らしすぎない)
④運動した場合は、消費したカロリー分だけ多めに食べても良い
という点に気を付けて食事を採るようにしました。

うちの長男はメンドクサイちょっとこだわりが強い子なので
「ダイエットする」と決意したら、極端に食事を減らしてしまう懸念がありました。
お菓子を一切食べない、とか一日一食にするとか・・・
すぐにそういう極端なことをやってしまうのです。

しかも、強い意志でやり遂げてしまう(;´∀`)バランスワルイ
なので、とりあえず食べたものを記録させるだけで、ダイエット(食事面)では大丈夫かと思ってます。
記録すれば、自然と意識できます。
摂取量を超えないように食べるものを選びますし、逆に「あ、もうちょっと食べていいんだ」と食事に対して前向きな気持ちにもなれます。

そして、運動面では、水泳を取り入れることにしました。
本当は、毎日ジョギングをしたかったんですが・・・彼、一回やってすぐに挫折しました(笑)
自転車なら一日180kmを走れるのに、ジョギングは3kmで挫折ww走るの嫌いすぎwww

ま、身体が重いと、走るのはおっくうになるものです。
関節も痛めやすいですから、手軽に思えますけど実は難しい。
その点、プールはなかなか良いチョイスだと思います。

というわけで、週に3回、1時間/回でザブザブ泳いでいます。
1時間で、2kmくらい泳いでいるそうです(私は1kmがやっと・・・)。水の中なら身体が軽いのか・・・。
「泳いだら、ご飯お代わりもOKだ!」と目をキラキラさせて泳いでいます。
ご飯どころじゃない、ケーキだって食えるんでは・・・と呆れてしまいます。。。

あとは、中学生になったら運動部に入るそうです。
もうね、運動部に入ったら、絶対痩せますよね^^;
そんならもう、ダイエットも要らないんじゃないかと思うのですが
ま、健康にもいいことなので、しばらく続けてみようと思います。

さて、長男は果たして何か月で適正体重まで戻せるのでしょうか。
中学生男子のダイエットチャレンジ、気長に見守っていこうと思います(一緒に私も痩せる計画)
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク