次男の夏休み5年生版

2週間ぶりにこんにちは(n*´ω`*n)
長い長い夏休みが、とうとう始まってしまいました。

毎年、夏休みの時期になると「お弁当を毎日作らなくちゃいけない!」「学校の宿題が終わらない!」「塾の課題が多すぎる!」と苦しんできましたが
今年はとても心穏やかに日々を過ごしております。

お弁当は、どうせ長男のために毎日作ってます。小食次男の分が増えたところで大して手間の差はありません~(゚∈゚ )ホジホジ

学校の宿題も、長男のときもあわせるともう7年目ですから、いい加減手の抜き方がわかってきました(7年間もビタイチ変わらない学校の宿題・・・)。

そして、塾の課題については
ブッチギリだぜ
の一択です(`・ω・´)

偏差値30バンドを舐めんなよ(゚∈゚ )
夏期講習中は、オリジナルカリキュラムで仏恥義理だぜぇイェイ

ダンディ塾長とも話し合った結果、今年の夏休みは社会と算数に絞って対策することにしました。
(余談ですが、塾の先生と円満にお付き合いするコツ(←たまに秘密コメで質問されます。私とダンディが円満に見えるのでしょうかウッソーww)は、”塾のことは塾にお任せ。口を挟まない。ただし家で取り組む課題についてはプロにアドバイスをもらって自己流にアレンジすること、という感じです。塾のことは塾で。家のことは家で、です)

算数は、5年下の予習学習が中心です。
「計算」のテキストや、週テストの過去問aコース問題を使って演習していきます。

社会は、5年上の復習が中心です。
夏休み前の組み分けテストのとき直し、5年上のbcコース問題15回分(組み分けテストは除外)、それが終わったら5年下(歴史)の予習をします。

夏休みは、午前中は家で塾の勉強・・・上記の算数・社会をして過ごし、午後から自転車に乗って塾に行きます。
塾では4時間(休憩を除く)勉強して、夕方は学校の宿題をします。

なんとも薄~い勉強ですが(笑)、これでも学習時間は6~8時間になります。
次男だと、このくらいが限界ですね・・・仮に私が仕事を辞めて次男に付きっきりで過ごしても
これ以上勉強させることは無理だろうと思います。

理科は・・・国語は・・・こんなペースで本当にaコースから脱却できるのかしら・・・と内心はモヤモヤしておりますが
次男の場合は、彼が一人でも取り組める量と質(難しすぎても多すぎてもダメ、それが偏差値30バンド男^^;;;)を見極めながら
薄く薄~~~く、何度も繰り返しながら演習させていく方式をとっております。

でも、ひそかに成長はしてて
社会は(はい、10行前に注目~)「bcコース問題」に取り組んでいます。
aコース問題なら、安定して8割以上とれるようになってきたのです♡(だったらなぜテストで8点など取るのだ次男よ・・・(; ・`д・´))

「そこまで解けるのに、そんなにテストの出来が悪いなんて、それは何か別の問題があるのでは・・・」
という不安はあるのですが

それはまぁ、また別途考えるとして(心の棚に上げたー!)
とにかく、この長くて暑い夏休みを、なんとか平穏無事に乗り切りたいと思います。
親子バトルはもう御免だぜぇ~~~次男とはケンカせずに和やかに平和に過ごすんだぜぇ~~~(問題:鳩子女史は次男以外の誰とバトルしているのでしょう?)

先週末は海水浴、今週末はレース観戦、そして8月は2週間の帰省という・・・受験生らしからぬ楽しい夏休み計画ですが
貴重な小学生時代、できるだけ仲良く楽しく、平和に過ごしたいと思います☆

それではみなさま、よい夏休みを☆

6年生になってからの国語対策

海ぶどう様♡

遅くなってすみません。
本日は記事の中で先日のお返事を書きたいと思います。

6年生になってからの国語対策・・・悩みますよねぇ((+_+))

うちの長男は6年生のとき、ずっと国語で伸び悩んでいました。
その苦悩、この辺りの記事にガッツリ書いています^^;
捨て問使えない説

この記事は、もるもってぃ様のコメントが素晴らしかったと思います。
もしよかったら、ご一読ください。

解く順番とか、題材による取捨選択とか、ペース配分とか・・・
5年生のころと違って、6年生時の対策はずいぶんと細分化した印象があります。

細分化、というより、個別対応の特化、ですかねぇ・・・

どうして国語の点が伸び悩むのかって、詳しく調べれば調べるほど、子供の個性(能力の方向性)にハマって行きます

例えば、5年生のころは「長文が苦手」とか「物語文は得意だけど説明文は苦手で・・・」くらいのザックリした分析だったのに
6年生になると
「この説明文は、最初の段落の最後に結論が書いてあるけど、以前もこの手の文章構成で落としたよね?結論が最後に書いてあるとは限らないよ?〇〇校の過去問は長文素材が多いから、集中力が落ちないうちに記述を済ませよう。こういう、最初に結論が書いてある文章はねらい目だよ・・・」
とか(笑)

今にして思い返すと「お母さーん!ちょっとイキりすぎだから!!難しく考えすぎだから!!!」
と笑っちゃうくらいのハマりようでした^^;

うちの長男は、頭にクソがつくほどの理系っ子なので
こうやって構造的に分析したり取り組んだりすることに、とても意欲的でしたが
この手、次男には、絶対に通用しないと思います(確信)

長男のときは、設題者の意図や文章の構造的な分析を繰り返すことでちょっとずつ長文に慣れ、
6年生の冬、突然脳の回路がつながったようです。
結果として、受験のときは、国語が一番の得点源となりました。
今でも、国語ではあまり困ってない(から試験勉強をサボりおる!)ようです。

ちょっと文章が散逸的になってしまいましたが

1・子どもの特性(語彙力がネックなのか、集中力の問題か、題材の好き嫌いか等)を研究する
2.ぶっちゃけ、志望校ごとの特色が大きい科目なので、目標校の過去問との相性を確かめる
3.親が悩んでるすきに、子どもが勝手に解決することもある(脳の回路スイッチとか)→今のまま、しっかり塾の課題やってればなんとかな・・・る(←なにその間)
4.経験上、一番親子バトルが起こりやすい科目なのでどうぞご注意ください・・・(ねぇ、そんなことない!?)

こんな感じでしょうか。
あまり有益な意見が言えなくてすみません^^;

受験国語は良質な素材文の宝庫なので、中学生になってからもとても役に立ちます!
付き合う親も疲れますけど、がんばって付き合ってあげてください♡
英語も理科も社会も、けっきょくは国語の力が効いてくると思います。

本番は、6年生秋の志望校対策からかな・・・
はぁ、私も、来年の今頃は・・・:(;゙゚'ω゚'):
あの地獄をもう一度体験するのかと思うと、今から痩せられそうな気がします・・・(無理)
では、また♡

From 鳩子

ダンディ再び

先週末、久しぶりにダンディ塾長と面談してきました。
(過去のダンディとのバトルについては、この辺りをご覧ください)

最近は、メールで塾とやり取りする体制が確立しましたし、次男が送迎なしで塾通いできるようになったこともあって(小5男子、頑張ってます^^)、ダンディと直にお会いするのはとても久しぶりでした。

いや~、久しぶりに会っても、彼はやっぱり”ダンディ”でした_(:3 」∠)_
彼、結構体育会系なんですよね~何かスポーツやってるっぽい体格で。
風貌は理知的でメガネ男子、声も甘いので、たぶん、一部の奥様方には人気があるんだろうと思います。

まぁ、私の塾ママ友によると
「顔はよく見てない(←)からわかんないけど、とにかくアクが強すぎて困る!」
ということで(笑)、ちょっと個性的な方ではあります。

私たち受験母にとっては、塾長はイケメンだろうと宇宙人だろうとそんなことはどーでもよくって
自分の子供の点数を1点でも多く上げてくれるのなら、たとえ目が三つの妖怪でも全然気になんてしない・・・というのがホンネです^^;

なので、塾長がどんなにイケメンでも個性的でも押しが強くても、強い心と平常心で面談に臨まないといけないのでした・・・(要するに、鳩子母はダンディとの面談が苦手^^;)

苦手なりに、頑張って面談してきました!
二人目ともなると、お互いに距離感がつかめているからか、ケンカにはなりにくくなりました。
長男のときと違って、希望志望校と持ち偏差値との差も小さいので、面談は終始和やかなムードでした(*'ω'*)ホッ

こちらからの提案は
・塾では国語をメインにサポートしてほしい
・週テスト復帰は6年生になってから
・5年生後期は、4年の復習に立ち返るか、それとも5年後期カリキュラムを推し進めるかの判断

以上3点を依頼しました。

週テストは、結局5年生のうちは復帰しないことにしました(たぶん、このまま最後まで参加しません)。
競争心の強い長男には週テストが向いていましたが、次男には向いていません。
彼は毎週毎週突きつけられる厳しい結果に、やる気を感じるどころか心が折れてしまいます(爆)メンタル弱男ww
(個人的には、週テストはBとCを変動するレベルの子じゃないと厳しいように思います・・・Aコース鉄板組には重い。Sクラスの子には冗長、かな?)

組み分けテストは、現状のまま継続します。

そうすると、国語が手薄になります。
週テストの過去問には、著作権の関係で国語がないからです。
なので、家では算数理科社会を面倒みて、塾では国語メインで指導してもらうようにしました。

長男のときは、一度は塾での国語指導を見限って家でサポートしましたが
最終的(受験直前期)には塾に合流し、結果として飛躍的に国語の点数を伸ばしました。
ちょうど長男の心の成長に重なったのもあるようですが、それだけでなく、やはりプロの国語指導力が大きいのだと実感しました。
”塾”と一口に言っても、講師の能力によってだいぶムラはあるようですが、うちの塾長の国語指導力は信頼できそうです。

一方、算数はちょっと難しい選択でした。
希望志望校のレベルからいうと、5年後期の四谷のカリキュラムは、ちょっとオーバースペックなのです。
無理して難しい算数に取り組むよりも、ここらでいったん4年生の内容に立ち返るのも一手かもしれません・・・

この考えには塾長も賛同してくれて、一緒にテキストを開いて検討してみたのですが
少なくとも、理科社会は5年後半をスキップできません(社会なんて、丸ごと歴史に入りますしねww)
だからと言って算数だけ4年に立ち返ったら、「僕は算数がデキナイ子」とイジケてしまう恐れがあります。
それもまためんどくさいので(←)、このまま5年後半に進むことにしました。

最近では、A問題なら8割程度取れるようになってきました@週テスト。
社会なら、BC問題でも同様に得点できます。
特に算数は、大問1を落とさなくなった点が嬉しいです(*'ω'*)成長を感じます。
組み分けテストは相変わらず散々ですが、着実に力をつけてきていると思います。

志望校には、四谷大塚の公式資料と比較すると、現状だいぶ偏差値が届いていません。
その点を塾長に相談してみたところ、上位校以外は情報のアップレートが杜撰な管理らしく(なんて失礼千万なww)
去年の塾合格実績と比較すれば、今の偏差値でも十分射程内にいるとのことでした。

たしか9月と1月に、志望校判定っぽいものがあったと思いますので
そこでリアルな判定が出てくる・・・かな?
もう、そんな時期になっちゃうんですね~。楽しみなような、怖いような・・・
果たしてどこまで夏休みで追い込んでいけるか。
秋に向けて成績が安定するように、しっかり夏期講習に取り組みたいと思います!
勉強するで次男~( `ー´)ノエイエイオー!

夏期講習の予定については、後日改めて記事にしたいと思います♪
それではみなさま、よい週末を
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク