2018-04-29(Sun)

基本能力値は息子の方が高いのに

よく、「きょうだいの上の子は努力家で面倒見が良く、下の子は天真爛漫で要領が良い」というような話を聞きますが

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ←私は二人姉妹の下の子、夫は二人兄弟の上の子です。でも私は要領ワル子だし、夫の面倒見がいいかどうかは未だに不明です??

私自身は別に要領は良くもないし、天真爛漫でもないです。5歳でサンタクロースを信じなくなった現実派です。
姉とは、声も顔もそっくりですが、性格は笑っちゃうほど違ってまして、義務教育終了後は、進路もまったく重なることのない姉妹でした。
成績は、中学生の頃までは似たようなものでしたが(体育を除いてオール5。姉妹揃って運動は得意ではなかったww)
大学に進学せずに就職した姉は、子供に中学受験をさせるだなんて可哀想だしロクな子が育たないと常日頃口にしていますし
高専に行って勉強が楽しかった私は、基礎学力と学習環境は親からの最大のプレゼント、というポリシーを持っています(※姉妹仲は悪くありません。)

うちの父上どのは、「女が勉強なんかしたら嫁に行けんくなる!」と公言してはばからない人で
勉強に関しては、非常に非協力的な人でした。
そうやって書くとなんだかひどい人のように思われそうですが(笑)、まぁ、要するに、勉強なんかしなくったって就職はできるし、幸せになれる
お金と時間をせっせと無駄にして何の意味があるんだ?と思っているようです。
いわゆる団塊の世代の人ですから、実際、学歴なんてなくったっていくらでも就職できた時代を生き抜いた人なんですよね。
だから、学歴だの勉強だのを鼻から馬鹿にしているのです。
ただ、非協力的ではあっても妨害したりはせず、私の学費はちゃんと出してくれました(結果的に育英会で賄いましたが)し
娘が高専に合格・卒業できたことを密かに友人に自慢しているそうです。
まーかわいいジーサンだことwww

姉は、そんな父にずっと反発していましたが、結果的に自分の息子たち(姉は男子3人の母になりました)には父と同じように
「勉強なんて、しなくても立派な大人になれる」と言い聞かせているようですし
私は、父とはずっと仲が良かったですが、父を反面教師にして
「どんな人生を送るにしても、基礎学力は一生キミタチを支えてくれる。母さんと一緒に勉強しよう!」と口にする、教育ママになりました。

このあたり、面白いところだなーと思います。
お互い、自分の人生はポジティブに捉えている(と思う)のですが、父に反発しつつ同じ教育方針を採る姉と、父大好きっこなのに彼を反面教師にする私。
結局のところ、親の影響なんて、なくはないけど、どう生かすも個人差なんだなーと思います。親のせいでこうなった!は通用しないよね

ただ、こういう親の元で育った場合、明らかに弊害というものもあります。
親の影響なんて・・・とは思いますが、でも無縁とも言えない。害はある。

それは何かと言うと、「受験ノウハウがまったくなくて合格したから、なぜ合格できたのか自分でも分からない」という点です。
私の受験は、人生で高専一度きりです。現役第一志望学科での合格でしたし、併願していた私立高校(特待狙いだったから、偏差値はだいぶ低め)も合格しましたので、ノウハウとか分析なんてハナクソほどもありません。親は完全ノータッチです(高校受験だから当たり前?)。

一応、過去問は5年分を丁寧に解きました(高専だけね。私立は、一度も過去問を見ないで素で受けました)し
そもそも偏差値だの合格可能性だのもよくわかっていなかったので、D判定をもらって喜んでいたくらいです。やった!Eじゃない!!凄い~、みたいな(笑)
いや、もちろん学校の先生は判定の意味を知っていたと思いますし、私も「AやBのほうがDよりいいのだろう」ということは理解していました。
だけど、どうせ記念受験だと、周囲も私すらも思っていたので(浪人する気満々でした。嫌な中学生・・・。)、良くも悪くも真に受けていなかったのです。

そんな私がなぜか合格して、私より優秀な判定を貰っていた人が落ちた受験結果だったのですが
当時の私は、単純に「ミラクルが起こった」と解釈していました。

今にして思うと、私が合格できたのには、それなりに理由も根拠もあっただろうと思います。
当時の成績や答案は残っていないので、想像するしかありませんが、自分で思っているよりはずっと、着実に勉強していたのだと思います。
どんなに塾に通っても、たくさん過去問を解いても、それはどれだけ定着して消化できているかの保証にはなりません。
私は完全に独学で勉強しましたが、それゆえに、曖昧な理解に任せずに、徹底的に理解するまで考えるよう努めたので
初見の問題が出ても闘志を失いませんでしたし、過去問の類似問題は一問たりとも落とさずに攻略してやんよ!と息巻いていました。

たぶん、その鼻息の粗さが合格の分水路だったのだと思います・・・つまり、大学受験していたら失敗したでしょう(笑)
大学受験ともなれば、みんな鼻息は荒くなりますものねぇ。理科や社会も、大学受験ほど難しくはありませんでしたし。

それで、時代が移っていざ息子が受験生になると
自分の経験を反面教師にして「とにかく王道」というパターンを目指しました。
数年がかりで入念に準備して、塾に通って、ガチガチにA判定の学校を受ける!
もう、ひたすら石橋を叩きまくって受験に臨んでいます。
なんなら石橋を叩いて壊してやる勢い。
二度と自分の轍は踏まない!

それでも、進学先に関しては長男の希望を尊重したいので、(それがたとえ公立であっても)彼の希望を汲みいれようと決意した結果
まさか、彼が母の憧れの共学校Tではなく、むさくるしい男子ONLYの男子校を志望したのはご愛敬です_(:3 」∠)_
そう来たか少年・・・。その道は、楽しくも茨の道だぞ…(主に恋愛面でね。進学はキラ星なんだけどさ・・・)

ま、まぁ、受かるかどうかはまた全然別の話ですしね
志望するだけなら、いいんぢゃないかな。うん(;´∀`)(←まだ共学校を諦めきれてない)

「弊害」というのは、親が介入しすぎちゃう・・・というのもありますが
どちらかというと「どれだけやり込んでも、たとえ判定でいい結果が出たとしても、どこまでも全然安心できない」という点かと。
なにせ自分の受験がアレでしたから、方法論もないし成功までのイメージも描けない。
あまりに親が燃え盛っているので、当の本人はノホホンとしてしまっている・・・というのも弊害か?
まぁそれは、12歳中学受験と15歳高校受験という差も、あるのだと思います。
生まれたときから自分の部屋が用意されているようなボッチャマの長男が、私のような清貧闘犬少女に気合で敵うわけが、ない。ワンワン
基本能力値は息子のほうが高いですが、気合と闘志という点で、私は彼には絶対負けないのでした。
最終的には、受験生の気迫が物を言うんだよね、きっと。

というわけで、最近着実に伸びてきている長男を手放しでほめてあげられないのが、私の一番の悩みなのでした・・・
(まだこんな簡単な問題で落としおってー!邪馬台国くらい漢字で書け長男ーーー!)

それではみなさま、組み分けテストお疲れさまでした!
お互い、よい連休を過ごしましょうね♡

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

おはようございます。(*^ω^*)
連休でダラダラ暮らしてます(親が💦)

ご家庭の考えは色々あるのは当たり前で、ご兄弟であれど それぞれの価値観は違っても仕方ないと思いますが、地域柄とか世代差も大きいんでは??とは思います。

私も女の子が学をつけたら嫁に行けなくなるなんて言われるど田舎でしたが、
どっちかというと、女の子には学費をかけたくないから、家から通える国公立になら行ってもいい、みたいな感じでした。(オイオイ学歴的にはムシロ高い方じゃーーん(ーー;)ていう。

↑しかも大卒ではない親たち世代における知ってる家から通える国立とは、某旧帝大一択・・・そこに行くことが親孝行で、東大とか行くのは親不孝。笑
強いて言えば どうせ嫁に行く女の子にはお金をかけたくない、の方が本音だった気がする。長男神話の強い田舎地域です。

だけど、ここが工業王国 愛知県だからこそ?、いい大学出てる方がいい就職先になることは分かっていたから、学歴をよくすることには否定的ではなかったですね。


受験は、やはり年齢で随分違うな、というのが私の感想なのですが、
内申が関係する高校受験と大学受験はまったく違いますし、自分の意思の曖昧な中学受験と、本人の意思で選んだり決めたりすることが多い大学受験は、年齢による精神力の差が、全然影響力が違うというか、、、

受験予備校バリな高校に通っていたので(2年でどうにかしないといけないので、ある意味共学Tよりもっとスパルタ ガリ勉的には凄かった💦)、
周囲も含めて受験の悲喜こもごもはたくさん見ました。受験ノウハウは、あったのかなぁ????
予備校も分からん問題を分かりやすく教えてはくれるけど、大学受験はもっと自分の力量次第で、受験ノウハウとかにドリーム抱きすぎる方がダメになる人が多かった気がします、、、

その上で私は受験に関しては、実はやや鳩子様とは反対の考えを持っています。
最初からA判定取れるような志望校の場合、、、2方向に分かれますが、
次第にもっと上のレベルに目標を変え、ぐんぐん伸びて行くか、
春からAとかBだと安心して徐々に下がっていき、受験に失敗する系、、、

特にもう目標は達成できそうにないからと、秋以降で志望校ランクを下げた子は、大抵その下げたランクすら失敗し、、、、
春にはD.C判定であった子でも、絶対そこに行きたいという思いの強い子は、たいてい(春の状態からすれば)ミラクル合格してました。

だから私はよく書いてますが、頑張れば手が届きそうなところの方が最後まで伸びる、というのと、この学校に行きたいという思いが強い方がいい、に帰結する訳です。
気迫というか、夢を叶えたいという思いの強さなのかなぁ?

だから私はムスメには危機感があり、上のレベルの方の共学Tまで受かりたいと思わせないとアブナイなーって思ってる訳です(T ^ T)
私の育て方もあって💧、競争心、ライバル心の薄い子ですし、、、

補足

言葉足らずだった気がするので、1つだけ補足させてください

春にA判定で、どんどん志望校レベルを上げていける子(伸びていく)の場合は、
その人の目標は〇〇学部とか、将来〇〇になりたい、のであって、〇〇大学を目指しているわけではないから、だと思います。

二大成功タイプは、
・.ある憧れの学校に何とかして入りたいという学校への憧れ系
・なりたい職業があって、そのために必要なレベルの学校に行きたいという将来の夢叶える派

中受だと下の目的はなかなか持ちづらいので、憧れの学校に行きたいというモチベーションが合否に大いに影響すると思うのです。


そういう意味では、モチベーションが本当に大きく影響するんだなと思ったり

Re: No title

> もる様

おはようございます。
ブログ本体より、コメント欄でのこのやりとりのほうが内容が濃いよね・・・と思う管理者の朝なのでした(´∀`)
これぞブログの醍醐味ですねぇ♡

どうせ嫁に行く女の子にはお金をかけたくない、まさに至言でございます。
うちの親は、言葉が達者なほうではなかったので「勉強なんか」としかいいませんでしたが、きっと本音はそんなところだったんでしょう。
学費って大変ですものね~。親にはたいへん感謝しております♡

だがしかし。
先日、お知り合いの奥様@女子母が
「女の子はお嫁に行くから勉強しなくていい、って言いますけど、学歴があって生活力のある男性と知り合うためには、こちら(娘)もそういう(高学歴な)学校に行かないと知り合えないじゃないですか」
って言ってて、なるほどー!って思いました。
良家の子女がお嬢様学校に通うのは、まさにそういう理由なのかも。虫がつかず、旦那様の社交界や会話のレベルについてこれる教養を身につけられて、しかも出会いの機会も約束されてる・・・
さらに言うと、高専女子ってモテないんですよね・・・同じくらいの偏差値の女子大の子はモテモテだったのに!
(あ、私がモテなかったのは、それが理由ではないですけどww)
モテない理由は「頭良すぎる理系女子はとっつきにくい」「仕事バリバリする系の女子はちょっと・・・」というのが多かった。「ダサい」もよく言われたけど(笑)
レベルは違うけど、東大女子も恋愛では苦労すると聞きます。同じ大学の男性じゃないと、敬遠されやすいとか・・・(逆に男女比がいびつなので学内ではモテモテという噂も。学外でモテないなんて、なんだか信じられない気もしますけど)

Re: Re: No title

> > もる様

長くなるので、こちらで続きを。

まぁ、モテるとか幸せな結婚とか、そういうのは別の問題だと思いますので、このさい棚にあげておくとして
親から経済的に自立して生計を立てていくにあたって、学歴を積んでおくことや考え方・プレゼンテーションの方法を学んでおくこと=大学に進学することは、とても有益なことだと思います。
他に方法がないわけじゃないし、偏差値が高いからっていい大学(希望を叶えてくれる大学)ってわけでもないのでしょうが
一つの有効な手段ではあると思う。

ましてや男子の場合、嫁に行くわけにもいかないので、やっぱ学歴は良くしておこうね~、って思います^^

あれ、なんだか話の本筋を見失った気がしますが・・・
あ、そうそう。
「実はやや鳩子様とは反対の考えを持っています。」について。

Re: 補足

続きです♡

春にA判定をもらって油断するのは危険、という考え方
実は、ダンディにしつこいくらい言われています。
長男より成績のいい子が、最近どんどん調子を落としてきていて・・・最初はビリケツスタートだったあの子が、気が付けばNo.2になっていました。(うちにもいるのですよ、スーパーサイヤ人。。。)

ダンディいわく「早いうちにCコースに上がった子らは、もう勉強を舐めちゃってるんですよ。それで、5年スタートの子に追い抜かれて、でもモチベーションが上がらなくてグダグダになってるんです。長男くんは、マイペースだし、上り調子だから、まだまだイケます。むしろ、いまのままでいいなんて絶対に口にしちゃダメです」と。

なんだよ、営業トークかよ?と思ってハナクソほじって聞いてましたが、今にして思うと、もる様と同じようなこと言ってますね。もうちょっと真面目にダンディのいうことも聞かなきゃなぁ・・・(もる様>ダンディ)←鳩子の基準ww

そのダンディの洗脳が効いたのか、それとも少年のなかで何か意識改革があったのか
最近では、長男は「僕はもっとイケる!第一志望校でA判定とる!」と非常に意欲的です。
意欲的すぎてから回りしがちですけど(笑)、こんなに明るい気持ちで天王山の夏を迎えられるのなら、CD判定も悪くないですね。
AB判定だったら、「これを落とさないように・・・」と守りの姿勢に入っちゃってたかも(それって、けっこう辛いですよね。チャレンジャーのほうが空気は明るい)。

ダンディはもっと酷くて「この地方だと、男子校TでA判定とっちゃったら、その上がないんですよ。では灘とか開成とか・・・とはならない。そうすると、A判定もらった子が油断して毎年落ちてるという現実があって、長男くんくらいのレベルの子が、一番伸びるんですよ」と言われました。
それはつまり、うちがTHE中堅ってことですかー!(笑)
最後までA判定もらえなかったらどーーしてくれるんだダンディ!!

A判定、とはいっても、上は天井知らずの偏差値ですから、そこがトップ校を受験する場合の難しさですよねぇ。
共学T校も、N女子に落ちた超優秀っ子も来るし、「家に近いから。」などという理由で、偏差値70クラスの子もしれっと受けに来る・・・あぁ怖い怖い(´;ω;`)ウゥゥ

うちは、〇〇大学に行きたい、といのはないけど、「何かになりたいと思った時に、なんにでもなれるくらいの学力を身につけたい」と言ってました。
それはそれで、いいモチベーションになるかと。
・・・そんなこといってどうせエンジニアでしょ、という心の声は、今は静かにしまっておきます。
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク