2018-10-08(Mon)

平穏に入試を迎えるための準備

最近、弊ブログのコメント欄がわりと静かなのは
単に弊ブログの人気が低いからだと思っていましたが、改めてアクセス数を見ると意外と落ちておらず(テストの後だけ急激にアクセス数が増えるのはまぁ仕様の一つとして(笑)ごめんなさい、最近あまり成績を書いてません)
むしろ若干増えていたのが意外でした。

本日も弊ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。
こんなド中堅の、しかも成績が思わしくない(ヒデブ)地味な受験ブログですが、少しでも皆様のクスッ( *´艸`)に貢献できればと思い、細々と続けております。
ブロ友・もる様の2018/10/7付の記事を拝読して、「あ、そうやん。ランキング・・・」と思ったりもしましたが
うちはもう少し、このままの体制で運営していきたいと思っています。何卒、今後ともよろしくお願いいたします。

うん、でもブログランキングはですね・・・確かに、そろそろ引き際かと(だいぶ機を失した感もありつつ)思うこともあるので
ある日突然、登録を消すかもしれません。
もしそうなって失われてしまうつながりがあったとしても、それもまたご縁の一つの形と承知しております。
だけど少しでも、繋がり続けられるご縁があったらいいなぁ~( *´艸`)と願っております(※よかったらブックマークしてくださいね、という婉曲なおねだりです)

さて。
受験当年度だからこそ実感している事柄として
「平穏で順風満帆な入試を迎えるための準備」について、書き残しておきたいと思います。
聞いていますか、2年後の私!
溺れる者は藁をもと言いますが、藁は天から降ってくるものではなくて事前に自分で用意しておくものです。
できれば藁などという不確かなものでなく、情報と事実に下支えされた堅牢確実な鉄のワイヤーを用意しなければなりません。

ほとんどの方は、「チャレンジ入試」は望んでいないと思います。
できるだけ穏やかに、和やかに、子どもさんとバトルすることなく入試を迎えたいのではないでしょうか。
もちろん、その先に「第一志望校合格」が待っていれば言うことはありませんが
例えそうはならなくても(そうでなくてもいいから)悲壮で悲惨な親子バトルは避けたい、
平常心を保っていたい、理性を無くしたくない^^;と思う方は、多いように思います。

そのような、穏やかな入試期を過ごすために必要だと思う私なりの条件を、以下に挙げてみます。

・熱望の第一志望校があること
・第一志望と持ち偏差値の差が10以内であること(できれば5以内)
・受験生自身が行きたいと思えている併願校があること
・併願校は、入試半年前から安定してR4をキープできていること
・受験プランについて、受験生自身としっかりコンセンサスが取れていること

あ、これは「合格のための条件」ではありません。だってうちはまだ合格してませんので^^;;;
でも、こうして並べてみると、穏やかな入試期を過ごすための条件は、合格のための必要条件かもしれないと思います。十分条件ではないだけで。

このような条件が非常にうまく機能している例としては、(いつも引き合いに出してごめんね)ブログ友達のもる様のところが好例だと思います。
もる様やstudyjournal2020さんのブログを読んでいると、親のマネジメントの偉大さを痛感します。
娘さん(息子さん)の努力も素晴らしいですけれど、同じ受験親として彼女たちの偉大さにはホントに頭が下がります。
あんなお母さんがいてくれたら、うちの長男ももっと楽に受験戦線を戦えていただろうにねぇ・・・_(:3 」∠)_

でもまぁ、うちの長男にはこの鳩印のお母さんで頑張っていただくしかありません( ノД`)
生まれの違いは受け入れるしかないからね☆戦国のレディは受け入れるんです♪(←この歌、知ってる?)

では、上の条件に照らし合わせてうちはどーなのかというと

・第一志望と持ち偏差値の差が10以内であること(できれば5以内)

これ以外はちゃんとクリアできているのです。
(※一応、5以内は外すこともあるけど10以内はキープしてます。ダガシカシ過去問の出来は
そう。
なんだか最近、弊ブログには隠しようもない寂寥感と倦怠感が漂っておりますが、その割にはちゃんと明るくいられるのは、併願校の条件(上記2番目以降)が揃っているからなんですね。

ただうちの場合、偏差値的には安全圏なんですけど、過去問との相性が悪くてですね
なかなか安心できない
当日ヤラかしてしまうんじゃないかと・・・っていうか、過去問との相性が悪いってことは学校側に求められていない人材なんじゃないかと(混乱)
そんなこんなで迷走していますが、でもまだ10月。もう10月・・・いやいや!まだまだ10月です(;゙゚'ω゚'):
偏差値的にはずっと届いているし、一番調子が悪かったときでもR4を外さなかったのだから
きちんと過去問対策すれば、合格はもぎとれるはずです。

そして、非常に運が良いことに、第一志望校の前に第三志望校を受験することができます。
というか、この地域は関東方面に比べて難関校の数が少ないので
たぶん、意図的にトップ校の受験タイミングを遅らせているのだと思います。
逆かな。トップ校の前に周辺校が入試日程を組んでるのかな。
ともかく、入試日がずれている。そして、トップ校受験の前に周辺校の合否を知ることができる。
(※某男子校2校だけは例外←東海地方の人にだけ分かる某2校ww)

だから、午後入試だとか入学金の損失だとかを心配しなくても
併願校さえ丁寧に合格できていれば、自信をもってトップ校に挑むことができます。
受験校数をミニマムにできるのですね。
こちらの地域では、3~4校くらいがスタンダードではないかな。

では、早めに偏差値が届いていれば良いのかというと、小学生、そうもいかないらしくて
うちの塾のスーパーサイヤ人くん(仮名)は、5年生の頃からずっと第一志望校にR4判定だったらしいのですが
ちょっとダレちゃってテンション下げ気味なのだとか。だから灘を受験することにしたと・・・。
開成だと、東海地方からは通えないですからねぇ。灘でもそうとう遠いけど(でもいることはいる)。
だから、「熱望の第一志望校がある」「第一志望には、手が届きそうで届かない」というのも、明るい受験に必要な条件のようです。めんどくさいぞ小学生ェェェ(*_*;

以上のことから、我が家の今後の方針としては
第三志望校対策をもっと頑張る!お試し受験校より、やっぱ第三志望!!
という結論に落ち着きました。
プレテストは受けるけれど、実際の入試は受けないと思います。
そして、受験校は3つ。広げても4つに収めたいです(特待狙いはナシ)。

ということで、昨日取り組んだ第三志望校の過去問結果
国語74%
算数76%
社会78%
理科76%

おぉぅ・・・4教科揃ったなぁ
合格者最低点は余裕を持って超えました。
よかった・・・だいぶ仕上がってきた・・・( ノД`)

さーて、今週末は合不合です♪
がんばってきまーす
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんばんはー。
そうなんです、うちのブログはランキングからは消しました、、、
でも訪れてくれる方の数はさして変わらずだったので、やはり模試結果の回だけ興味本意層が増えているだけなんだという気がしました。

私は勉強が仕上がるという感覚はあまりよく分からないので(いや、何度やっても満点なら、それは仕上がったと言っていいのかもしれないですが。←公立高校入試だと、こういうことは可能ですが、満点狙う系テストではない私立の入試はそういう状態になることはないと思うので)

うちの娘は、まあまあ計画通りに進んできてはいるけど、私の中では五分五分にしか思えず、不安はいっぱいです(T ^ T)

えーワタクシ、おぼっちゃまと大変似たタイプなので( ̄▽ ̄;)
周囲からは なんでそんな自信ありげ?でポジティブに考えられるの??と思われがちですが、本人は案外 客観的に自分の能力を把握していて、この程度はいける、これ以上はないな、とか、自分の中で線引きしているだけなんですよね。
↑自分のことを客観視してるだけなので、出来ることは出来るといっているだけだったのに、そーいやー自分も小学生の頃、天上天下唯我独尊って言われたなぁって、思い出しました。
まあ、自分のことを主観で見てないから、謙遜もしないので、いけないんですが💦←大人になるまでには謙遜も身につくヨ。笑笑

なのでおぼっちゃま自身がなんとかいけると思っているなら、なんとかする気概があるということであろーかと。頑張ればダイジョーブイ👍

さてさて、今だから言いますと、
私はレベルが低すぎる学校の特待は(プレを練習で受けて自信を取り戻すのは大賛成ですが)あまりオススメできず、
特に受かっても行く気のないようなところならなおさら、、、💧
ましてやこれまでそれなりの成績にいた子は、周囲にそんな下の学校受験するの?とか言われるの、多分プライドが傷ついてしまいましょうし、、、

それくらいなら本気で行きたい学校の過去問を徹底的に解く方に時間をかける方が有意義と思っていて、第3でそのくらい点が取れるなら、第1〜第3までに注力を注ぐ方がいいと思っています。

小学生は時間的無理がきき辛いので、使える時間は案外少ないので、優先順位をつけて集中しないと、手を広げすぎると対策が追っつかなくなると思いますし。

もう偏差値より過去問の出来を信じる時期に来てる気はしてます。
私も何が娘にいいんだかは、タイプが違うので半信半疑だけど、自分と周囲の受験体験から、こうだっていう勝利の方程式を信じて突き進むのみなんだと思ってます。

うちも過去問2周でも3周でもやって、覚えるくらいやって、本番にこれ以上の努力はできないというくらい頑張ったんだから、全力を尽くしてくるのみ❣️っていって送り出せるようにしてやりたいかな。

一番しんどい時期ですけど、がんばりましょーーー╰(*´︶`*)╯♡

こんにちは

こんにちは、いつも楽しくブログを拝見しております。
東海地方の中学受験情報を探して、半年ぐらい前からこっそりお邪魔しています。
ブログの内容から隣町に住んでいることがわかり、勝手に親近感を持って応援していますので、息子さんの希望が叶うよう祈念しております。

ところで...、親が言うのも何ですが、息子は時々話に出てくるスーパーサイヤ人くん程では無いけど近いものがあります。今後失速する恐怖におびえながら息子のお尻を叩いているところです。なので、スーパーサイヤ人くんの今後の動向も(もちろん他人様なのでどこまで書くか微妙なところがありますが)気になっております^^。

こちらはまだ3年生で自分から発信できるような情報はなかなか持ち合わせていないので、今後もコメントを書くことは無いかもしれませんが、更新楽しみにしていますね。

Re: No title

こんばんわもる様

> やはり模試結果の回だけ興味本意層が増えているだけなんだという気がしました。

成績が良い人のブログは、みなさん気になるのだと思います。
少しでも技!?を盗んで自分のお子さんとの勉強に役立てたいのではないでしょうか。
ご利益にあやかりたいという気持ちもあるかな。私なんかはそのタイプです^^
明るいブログを読むと、気分が明るくなります。もる様のブログからはいつも元気を頂いています。ありがとうございます。

一方で、推移が思わしくない人のブログも参考になると思うのです。何が問題の原因か、比較研究は大事ですよね。
うちのブログも、誰かしら何かしらの参考になっていれば良いのですが・・・さて。

> 私は勉強が仕上がるという感覚はあまりよく分からないので

私の場合は、近年数年分の過去問で安定して8割以上取れるようになったら「仕上がった」と判断しています。
第一志望だけは暗記するほどやり込みたいですが、第二志望以下は8割取れるようになったら
線を引きたいです。おっしゃるように、時間が限られていますので。

> えーワタクシ、おぼっちゃまと大変似たタイプなので( ̄▽ ̄;)

光栄です。
うちの長男も、将来大企業の管理職になって欲しいものです^^
残念ながら、うちの長男はもる様ほどハートが強くありません。
最近は、さすがに弱音を吐くようになりました。グチグチと繰り返すわけではありませんが、小さな声で「ちょっと無理かもしれない」と言っていました。
本音でしょうね。切ないです。
でも、まだ意欲的に明るく勉強しています。
もる様ほどではないけれど、けっこうハートは強い子だと思います。

> 私はレベルが低すぎる学校の特待は(プレを練習で受けて自信を取り戻すのは大賛成ですが)あまりオススメできず、

そうなんです・・・いま、まさにコレで悩んでいます。
うちの塾では、もう何年も受けた子のいないような学校なのだそうです。
一応、塾に依頼して過去問は取り寄せましたが、ずいぶんと難易度が下がっていました。
おかげでケアレスミスを連発して(合格点には余裕をもって届きましたが)合計点はさほどでもなかったというね・・・。
ここを受験したら、塾の友達との空気も微妙になりそうですし、やっぱりプレ模試だけにしようと思います。

> もう偏差値より過去問の出来を信じる時期に来てる気はしてます。

本番環境でどのくらい実力が発揮できるか、気になりますよね。
そういう意味では、偏差値はともかくとして学校別模試の結果は気になります。
もうね、合不合とかどーでもいいから!?、あの会場で志望校の過去問解かせてくれないかなー、
とか思ってしまいます。

もる様のところほど順調な推移でも、お母さまのご心労は絶えないのですね・・・楽な受験なんて、この世のどこにもない気がしてきました(´;ω;`)

Re: こんにちは

はじめまして、3年男子の父親さま

隣町・・・!やはり、住んでいる市町村までバレていますか^^;
長男の合否については、ブログではご報告できませんが(身バレ必至なので)
次男の受験記録を通じて去就の一端はお伝えできると思います。
お子さんが3年生、ということは次男の翌年ですね
がんばってください。私も心より応援させていただきます

スーパーサイヤ人くん、とってもいい子です
成績はとびきり良いですけれど、それ以外はほんと普通で、面白い子です。
でもそれだけ頭が良いと、学校ではいろいろと軋轢を生むようで、苦労があるみたいですね。
THE中堅くんのうちの子ですら、「塾なんかに行ってる子」として揶揄されるそうです。
私立受験組が少ない地域ですから、子どもも子どもなりに苦労をしています。
そういう子には、塾や私立校での授業はとても楽しいだろうと思います。
親としても、応援したいです

よかったら、また遊びに来てくださいね^^
コメント、ありがとうございました

No title

こんばんは。

今現在、平穏に入試を迎えられる条件がクリア出来ている様で良かったですね(^.^)

私は、この時期、成績が伸びていると平穏に入試を迎えられるのかなと思います。

この地方の入試は長丁場になりますが、何校かの結果を知った上で、最終週に本命校の受験という子達が多いので、モチベーションアップしやすいと思います。(駅近の男子校は得点開示があるので、達成度も確認出来ますし。)
最初から本命校というよりは、どこかの学校の合格を貰った上で、本命校の受験が出来ると、精神的には随分楽だと思いますよ。
私の息子の場合は、本命校の受験日はかなり緊張しており、併願校の受験日とは雰囲気が違っていましたけどね(ーдー)p

こんばんは

あ、ちょこちょこ訪問していますが、
コメントしないことも多々あります😅
モル様とstudyjournal様と鳩子様は、
朝夕の日課です😊

で、私も受験校を絞るのに賛成。
娘も第1志望校をやめて、
本気で対策するのは、第2と第3のみに
します‼
時間ないし😂

で、長男君の気持ちがよくわかる。
第2と第1の偏差値は差がないのに、
志望校判定の差があるのよ。
この時期、R2にも届かないのはキツい。
撤退も作戦だから。

このあと、志望校を書き込みます😉
リアルに気持ちがわかっていただけると
思います😅

Re: No title

おはようございます、夢追人さん

残寝ながら、条件の一つを完全にはクリアできていないので、不安でいっぱいの毎日です。
でも、すべての条件をクリアしているもる様ですら不安は拭えないということですので
完璧に平穏な受験期というものは、望むべくもないのかもしれません。

本願校と併願校とでは、同じ気持ちでは臨めないですよね。仰る通りだと思います。
結局当日にならないと分からないのだと腹を括ることにします。
それと、本願校が一番最後だと、安心できるのは併願校の合格を手にできた場合のみ
と言うのが辛いところです。
全落ちした場合に、急遽出願できる学校が残されていないのですよね
うちの場合は、そうなったら公立校に進学するという合意が得られていますが
人によっては絶対に公立に行きたくないという場合もあるでしょうし、うちだって、頭では合意していても気持ちは複雑でしょうし
悩ましいところです。

Re: こんばんは

関東の6年女子の母さま

良かったり悪かったりで調子が乱高下しているならまだしも、6年になって一度もよい結果を出せていないので
(全統小だけは妙に良いんですよねぇ。やっぱりマークシートの魔法かな)、「これがボクの実力」と現状を冷静に受け止めているようです。
大人の目から見ると、後半の大問を取って大問1を半分以上落としてますから、丁寧に落ち着いてケアレスミスをなくせば合格点にも手が届くようになると思うのですよねぇ。それができないのが小学生、ということなのかな。がんばりますッ

それで、志望校ですが、全問正解ですv-82
多分ですけど、うちの第四志望ともる様のところの第三志望が同じじゃないかと思います。知らんけど(笑)
うちは第三までは、受けても第四までで、できるだけ男子校希望なので
同じ地域に住んでいても志望校はあまり重ならないのでした。

入試のタイミングで言えば、鳩家が先鋒、もる家令嬢が中堅、関東の6年女子の母家の令嬢が副将でstudyjournal2020家のご子息が大将(次鋒不在!?)ですかね~
(偏差値順じゃないですよ!偏差値で言えば、うちは先鋒ではなく補欠です(爆))

このコメントは非公開ではないので、詳しくは言えませんが
御家の第二志望は私が一番すきな関東校です♡
もし私が現役小学生女子だったら受けたい学校です~あとは〇〇〇〇とかも受けてみたいかな。
しかし、偏差値と志望校判定って、一致しないのですね!おどろきました~
単純に偏差値で輪切りにしているだけかと思っていましたが・・・そうか、R4ということはN能研さんの評価ですね
そういえばデータのN能研さんは、過去の合否データを基に算出していると聞いたことがあります。予想R4と実績R4だったかな。
それらがあまりずれていないところが強みだとか。
ややこしいですが、あとは過去問の出来で判断するしかないですかねぇ。あぁ、胃が痛い・・・。
最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク