差集め算、てんびんとばね、日本のすがた

先週の週テストは、理科が9割くらいとれました!
社会も7割くらい。漢字の間違いがなければ9割くらい解けてたかな(まぁ、社会は最終的にはソコがミソになってくるのですがww)

算数も半分くらい解けて、とても気分よく1週間を締めることができました。

よかったよかった

・・・ところで次男、おうぎ形の面積の公式、覚えてる?

「えっと・・・うん!分かるよ!・・・えっと
(3分経過)
半径かける半径かける・・・3.14・・・かける中心角!割合だよね!」

( ˘•ω•˘ )・・・割合・・・
それはそうなんだけど・・・
360は、どこに行ってしまったのでしょうかねぇ・・・「お母さん、なんだかおうぎ形って面積おっきいね」(そうでしょうね、120度ですもの120倍だからね・・・)

大丈夫。
鳩子、負けない。(゚∈゚ )

ということで。
今週は第9回。組み分け前の最後の週です。

今週は、塾で一度も算数をやらなかったようです。
「なんで!?差集め算ってめっちゃ難しいのに!!」
と次男に聞いてみたら
「うーん・・・なんでだろう?塾の先生が、社会が大変だからそっちをしっかりやろう、って・・・」
とのことでした。

おーい、塾~~~
社会はこっちで面倒見るから、全部算数してくれって何度もお願いしてるじゃないか~~(涙)

塾との面談は大事ですね。
同じことでも、何度でも繰り返し伝えないと・・・すぐに情報が劣化します。

ま、たしかに今週はとっても大変なんです。
理科は、いよいよ力学(てんびん)に入りますし、社会は、北方領土やら時差の問題やら、めんどくさい部分がコッテリ入ってます。

そして、算数は差集め算。
個人的には、つるかめ算と並ぶ「THE中学受験問題」じゃないかと思ってます。
これとカレンダー問題、旅人算、図形問題あたりが五大巨頭じゃないかな~

もうちょっと四教科で密度を考えて欲しいな~
こんなに算数がドギツイ週は、理科を軽くするとかさ・・・
と思って5年生上の学習予定表(四谷大塚)を眺めてみたら、「軽い週」なんてこの先、一回もないのでした(爆)

そうだったそうだった!
5年生って、いきなり密度が上がるんだよ:(;゙゚'ω゚'):

ま、できる範囲でコツコツと、ですね。
めげずに頑張るしかありません。「計算」、あの冊子は神だわ~!←イマココ

意外だったのが、理科。
てんびん、全然できないだろうな~と思っていたのですが
やってみたら、なんだかアッサリ理解してくれました。

a問題のてんびん問題って、「おもりの重さ X 支点からの距離」くらいしか計算がでないんです。
あとは「つるまきばね」とか「このてんびんは、どちらに傾きますか」とか、数字に弱い子でもわりと直感で解ける問題。
bc問題とのギャップがすごい

でも、大事なのは、難しい問題を解くことではなくて簡単な問題を繰り返し解くことだと思いますので(長男の受験勉強3年間で得た一番の気づき)
a問題を大事に浚っていきたいと思います。
そろそろメモチェもやってみるかしら。メモチェ、あれも神教材です(注:個人の感想です)

さーて、今週もがんばります~

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク