ダンディ塾長との対決結果

長男の小学生全国統一テストの国語の偏差値が、65を軽く超えていて
週例テストの偏差値が、40台という現状。

これが何故かと考えてみると
素人母がまず安易に思いつく点が「マークシートと記述式との違い」です。
みなさんご存知のように、統一テストはマークシート、週例テストは記述ベースです。
長男は記述力が弱いので、週例では点数が取れないのだろうか、と。

でも
でもですね
統一テストって、年に一度なんですよね。
去年の統一も、やっぱり望外に良かったのです。
なんと国語が一番良かった。国語だけならSクラス常連の子より良かったのです。

あれから一年。
塾で、毎週毎週記述を練習してきました。
テストも、何回も受けてきました。

ということは、ですね
長男は記述が苦手だ、と分かり切っている状況を前にして塾は一年間何を教えてきたんだ?
という疑問が、湧いてくるわけなのです。

あれから一年。
国語、いっさい変化なし。
入試まであと一年半・・・ここから変化してくれるのか。間に合うのか。プロは、何をどう計画しているのか。

この点に関する塾長の言い分としては
1.東海地方の子供は、総じて国語力が弱い。
2.男子は言語能力が未熟だ
3.東海地方の私立中学の入試問題なんて、主語と述語のつじつまがあってれば、内容はどうでもいい(点数が取れる)レベルだ
ということでした。

これを聞いた時の、私の顔は
(´・ω・`)
こんな感じでした。

えー・・・
だって・・・・・・

1→週例テストの県別偏差値分布表を見たのですが
別に、関西や関東に比べて、東海地方の偏差値が特に低いという結果には見えませんでした。
確かに、関東は国語が高めで関西は算数が高めですけれど・・・東海地方がそれに比べて抑えめの数値である、という結果に見えなくもありませんが
東海地方には関東御三家(開成、麻布、武蔵)も灘もラサールもありませんので、
そこまでの受験勉強量が必要ではない、という結果にも見えます。(御三家や灘を受ける東海地方の子は、それぞれの各地方でテストを受けている可能性もありますね)
国語だけが突出して低いわけでもありませんし、そこまで顕著な地域差があるようには見えなかったのですが・・・

でもまぁ、塾長はプロ中のプロですから
偏差値表の見方も違うのでしょうし、偏差値以外の有用な情報も持っているのだと思います。
だから私の知らない判断もできる、と。
うぅむ・・・。ムズカシイ。

2→うちの長男の語彙力を高く評価してくれている塾長ですが、語彙力は十分なのに記述が弱いって・・・それって・・・
ただトレーニングが足りてないだけじゃないのか・・・これこそが素人考え??

3→これが本当なら大事件です。
いくらなんでも言い杉、断言し杉、危険杉ですがな(; ・`д・´)
それが本当なら、国語の講師なんかイラン!って話ですよね。じゃ、塾は普段国語の授業で何を教えてくれてるんだ?ですます調の語尾について一年間教え続けてきたのか?(そりゃアカーン!)

というわけで、鳩子母の結論。
国語は塾にお任せは危険。家でしっかり面倒みましょう。

受験初心者母からの意見は、以上です。

疑いだしたらキリはないし
国語以外は塾に不満はないので
あとは家でやるしかないです。
ここまできたら、こっちも腹を括らねば、ですね。
採点基準は不明だし、素人の自分に指導ができるのかどうか不安でいっぱいですが
漢字・語句問題でもまだまだ点数を落していますし、短時間での文章構成方法などは理系仕事で培ったノウハウもありますので
焼け石に水でもなんでも、きっと何もやらないよりはマシです。

「うちの子、国語ホントにダメー!」という男子母は、たしかに身の回りにも多いです。
男子国語ダメダメ説、まったくの出鱈目ではなさそう。
しんどいのはみんな同じ。
頑張りましょうね、全国の同志・国語ダメ男子母のみなさま(笑)

うちの塾長さんはかなり手ごわいですが
幸いなのは、彼が敵ではない点ですね。
完全に味方、とは言えなさそうですが、敵じゃないならまぁいっか。という感じです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

SV鳩子

Author:SV鳩子
国公立出身の母が息子と一緒に難関私立中学受験に挑みます。表ブログには書かない素の家族バトルを実況中継!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク